基礎スキル

仕事が楽しい人の特徴と楽しくする方法

仕事が楽しい

仕事が楽しくないという人によく会う。毎日が単調なことの繰り返しで変化がないといったことや、クライアントワークで毎日残業続きであること、上司に毎日怒られるなど、人によって楽しくない理由は様々である。自分が生活をするお金を稼ぐために仕事をしている人が大半だと思うが、仕事をすることによって得られるものはお金だけではないと思う。

本記事では仕事を楽しくすることをテーマに書いて、少しでも読者の仕事や人生に変化を起こしたい。

とはいえ、仕事の内容があまりにも単調過ぎてつまらない等、人によってはすぐに今やっている仕事を変えたほうがいいと思う人もいるだろう。今の仕事がつまらない人はまずビズリーチに登録してほしい。転職先企業の情報や業務内容など、転職時に具体的に知っておいたほうが良いことについて、ビズリーチのコンサルタントは多く知っているのでおすすめだ。

ほかにも、業界最大手のリクルートエージェントはエージェントの質が高いため、仕事がつまらないという理由で転職を考えている人にとって、とても良い相談相手になる。

より刺激があり、年収が高いコンサルへの転職を考えているならキャリアインキュベーションも良い。外資系求人や高年収案件を見ているのであればJACリクルートメントもおすすめだ。

仕事が楽しい人の特徴

読者の周りには仕事を楽しいと言っている人はいるだろうか?まずは私の周りにいる、仕事を楽しんでいる人たちから要素を抽出して、書いてみる。

仕事が楽しい人の特徴①:自分に対して仕事の意義付けができている

基本的に世の中の大半の人は、もともとは自分がやりたいと思っていた仕事をしていないと思う。それなのに仕事を楽しめている人の大半は、自分のやっている仕事の意義を理解している場合が多い。

筆者も多くのビジネスマンと会ってきたが、仕事を常に楽しんでいる人の一番の特徴は、この意義付け力が高い人であると思う。

仕事が楽しい人の特徴②:自分のことを理解している

自己理解が高い人は、自分の好きなことや行動のトリガーを客観的に理解している。自己理解の高い人は、自分が仕事においてできない点などを正しく素直に理解できるため、成長のサイクルに入りやすく、自己肯定が適切にできている。

また、仕事の成果も出しているため、周囲から評価されており、承認欲求も満たされているため、仕事が楽しいと感じられている。

仕事が楽しい人の特徴③:シンプルに考えられ、アナロジー思考ができる

私の知り合いで、仕事ができる力をドラゴンボールの戦闘力に例えている人がいる。て採用候補者のことも戦闘力で表現をして、ゲーム感覚で仕事を楽しんでいる。

自分の仕事の解釈をシンプルにできる人は、仕事を楽しめる仕組みを理解しやすいし、自分が楽しい方向に仕事を解釈できる。自分の身近なものに例えながら仕事をすると、より仕事を楽しく考えられるだろう。

仕事が楽しい人の特徴④:成長を目的として仕事をし、成長実感を得られている人

ビジネスマンの中には成長欲求が高い人がいる。こうした人は自分の能力や成長を実感でき、目に見える成果が出て変化を感じられている場合は仕事を楽しんでいられる。

自己実現のために仕事をしているので、自分のできることが増えていくことやレベルが上がっていくことで仕事を楽しめるのだ。

仕事が楽しい人の特徴⑤:職場の環境が充実している

人間関係が良好な職場の場合、周りの人間関係の充実度によって仕事を楽しめる場合がある。仕事自体というよりは、人間関係の充実度の高さを重要な価値とおいている人の場合は、職場の人間関係が良好であるほど仕事を楽しめることになる。

仕事が楽しい人の特徴⑥:裁量権を持っている

裁量権を持っている人は仕事でも重要なポジションについていることが多く、仕事を通じて自分のやりたいことを実現できたり、自分が決定した事項が世の中にインパクトを与えているという実感が強いため、仕事を楽しんでいる場合が多い。

ここまで仕事を楽しんでいる人の特徴をまとめてみたが、一番重要なことは、自己理解をした上で自分にとって重要な価値観を理解し、その価値観に合わせた仕事選びと能動的な実行が出来ているかどうかだい。

現在の仕事であまり楽しめていないと思う人はまず、転職エージェントへのキャリア相談を通じて自己理解を深めていくべきだ。転職エージェントは多くの候補者に会っているため、人の理解度と言語化のスキルが高い。

最初に登録するならビズリーチだ。情報収集の基盤となるし、自分が楽しいことの方向性が決まれば、ビズリーチの豊富な案件から転職先を見つけることができるからだ。

エージェントにキャリア相談するなら併用して、リクルートエージェントにも登録してほしい。エージェントの質が高いので的確なキャリア相談ができるだろう。

仕事が楽しくなるにはやはり環境が重要

仕事を楽しむ上で自己理解をすることの重要性を述べたものの、やはり何をするにしても環境は重要である。会社によって所属している社員の空気感はかなり違うものであるし、上司のレベルも違う。

何をやるかによってやりがいも変わってくるので、自分に見合った環境を探すことや、より挑戦的な環境を選ぶことで仕事が楽しくなることは確実だ。自分の力で今ある環境に変化を起こすのは難しいが、自分が所属する環境を選び直すことはできる。

環境によって人は大きく変わるものであるし、仕事がつまらないのであればまずは環境を変えることを考えたい。仕事自体も、何をやるかということ以上に誰とやるか、どこでやるかのほうが変化は大きく、人が変わるだけで楽しめなかった環境が楽しくなることもある。

まず変化を起こしたいのであれば、時間の使い方を変えるか、付き合う人間を変えるか、所属している環境を変えることが一番変化を起こしやすいため、仕事がつまらない人はまず転職を考えるのが良いだろう。

楽しい仕事を探すなら転職エージェントに相談しよう

面白そうな仕事や環境を見つけるためには、何度も言っているように転職エージェントに相談しよう。あまりにも情報が溢れすぎているため、自分自身で情報収集するよりも、にプロに聞いて一次情報や二次情報を集めた方が信憑性が高く、効果的だ。

まずはビズリーチに登録しよう。案件数も多いし、各企業や業界に精通するエージェントがいるため、一次情報も収集しやすい。

まだ、転職未経験で転職自体が不安という人であれば、エージェントの質が高い業界最大手のリクルートエージェントに登録して、転職のいろはを教えてもらおう。

コンサル業界で仕事からの刺激を多く求めたい人であれば、キャリアインキュベーションがおすすめだ。コンサル業界に特化しているし、未経験でも対策ができる。外資系やハイキャリアの転職を考えているのであればJACリクルートメントもおすすめしたい。

いずれもまずビズリーチに登録してから併用しよう。

編集後記

いかがだっただろうか?仕事を楽しむ人の特徴と、仕事を楽しむための方法を述べたが、何かしらの仕事を楽しむきっかけにつながればうれしい。

今日は以上だ。

2019年11月の転職トレンド

企業は10月に下期の採用を終えて体制が整い、今の時期は求人情報としては凪の状況であるという向きもある。11月の採用決定者数は、数字としては低調になっているのが事実だ。

転職希望者も、上半期末や下半期初の繁忙期を終えて一息つき、転職活動をなかなか始めない。実際に、転職メディアの閲覧数は、11月は決して多くない。

だからこそ、実は、11月に転職活動を休む、年末年始休みまで転職活動を始めなくていい、というのは誤りだ。管理職や、チャレンジングなポジションの転職を望む人がいれば、少なくとも情報収集は、確実に11月から開始したほうがいい。

日本の企業の多くは3月決算だが、上期の業績の着地結果が固まるのは今、11月の始めである。企業側では、業績の着地結果を踏まえて事業計画を修正し、下期の業績達成に向けて動き出していく。

業績を達成するため、欠員を急いで補充するケースもあるが、逆に、チャレンジが必要なプロジェクトで、クリティカルに必要な人を採用するので、重要な求人ポストの募集が意外と始まる時期なのが11月だ。

中途入社は4月がピークだが、重要なポジションは採用決定まで時間がかかる。重要なポジションを4月に確実に充足させるため、先行して、とりわけ非公開ポジションの募集を始める会社も多い。 重要なポジションは数も少ないので早い者勝ちだ。あっという間にクローズするので、多くの転職希望者が気付かない間に、募集が終わっていくのである。

→ビズリーチなどの転職サイトにまずは登録し、経験豊富なプロのエージェントに、非公開ポジションの情報を、直接ヒアリングすることをおすすめする。

11月のトレンドは、以上だ。

筆者のお勧め転職サービス

1位 ビズリーチ キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

2位 JACリクルートメント ハイキャリアに特化した転職エージェントであり、年収アップに繋がる転職支援に定評がある。年収が500万円以上の方や、その給与帯を目指したい方は登録すべきだろう。特に、年収1000万円前後の転職では日本有数の実績を有している。まずは、レジュメを登録し、キャリアコンサルタントとの面談に参加してほしい。
また、JACリクルートメントに相談した人へのインタビューは→こちら

3位 リクルートエージェント 日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

4位 アクシスコンサルティング お勧め度は4位としたが、コンサルティングファームに転職したい方には、一番お勧めしている転職エージェントだ。コンサルティングファームへの転職では日本有数の実績を有しており、主要なファームのほとんどと取引している。特に、事業会社に在籍するコンサル未経験者の支援には定評がある。どのファームでどのような選考が行われ、どうすれば合格できるかを熟知しているので、コンサルティングファームへの転職を視野に入れている方は面談に参加すると良いだろう。

5位 パソナキャリア 日本有数のHR企業であるパソナの転職支援サービスだ。丁寧な候補者支援に強みを有しており、候補者の性格や気持ちを理解しながら、ホスピタリティの高い転職支援を行ってくれることだろう。案件数はリクルートエージェントよりやや少ないが、仕事が丁寧で、自分に合った求人を丁寧に紹介してもらうことができる。他のエージェントの面談に参加し、違和感を感じた方には特にお勧めできるエージェントだ。