キャリア相談室

仕事でイライラする原因は何か?根本的な解消法とは

仕事をしていてイライラしたことのない人はいないだろう。イライラしたまま仕事をしても、仕事に集中できず、いつもはしないミスをしたり、作業スピードが落ちたりと、いいことは一つもない。

イライラの原因は明らかだろうか?もし原因が、仕事そのものだったり、人間関係などの職場環境だったりする場合は、転職を検討することを勧める。

まず、ビズリーチに登録してほしい。ビズリーチは優良企業の求人を確認したり、企業や転職エージェントからのスカウトを受けたりでき、自分の市場価値を知ることもできる。

また、数ある転職エージェントの中でも、

等、自分の志向に合ったキャリアアドバイザーと面談するのも有効な手段だ。

ビズリーチにはまず登録し、その上でいくつかのサービスを併用していただきたい。

このブログでは、仕事でなぜイライラするのか?イライラした場合はどう対処したらいいのかについて述べる。

イライラの原因

私たちは、自分の価値観や期待値と大きく外れたモノやコトに遭遇した時に、イライラを感じる。

さらに、その違いを受け入れる余裕がある時とない時で、感じるイライラの程度は異なる。

仕事上でのイライラの原因は以下に分類できる。

  • 仕事そのものが原因
  • 職場の人間関係が原因
  • 職場の環境が原因
  • 自分の心身状態が原因

仕事そのものが原因

仕事の量が多すぎたり、少なすぎたり、求められるスキルが高度すぎたり、簡単過ぎたり、自分の望んでいる状態との乖離が大きいと、イライラの原因となる。

また、他人が自分のしたい仕事をしているのを目の当たりにした時、自分のミスが続き仕事がうまくいっていない時などもイライラが増すだろう。

職場の人間関係が原因

職場の人間関係はイライラの原因の宝庫だ。

パワハラ、モラハラはもちろんだが、そこまではいかない些細なことでも、常に理不尽な要求をする上司には最もイライラするだろう。

さらに、正当な評価もされないとなると、なおさらだ。

また、仕事ができない部下や同僚もイライラの原因だ。仕事ができないことだけでなく、仕事ができていないことこに対して無自覚で無頓着な態度はさらにイライラを増す。

上司や同僚、部下、取引先などの立場に関わらず、愚痴が多い人、ミスを認めない人、嘘やごまかしが多い人、約束を守らない人、意思の疎通が難しい人などと仕事上で関わっていくことは、非常にストレスを感じ、イライラの原因となる。

職場の環境が原因

オフィス環境もイライラの原因となりうる。絶えず電話が鳴り続け自分が取らざるを得ない状況、必要な書類や備品のありかが不明、プリンターやパソコンの調子が悪い、寒暖の調節が効かない空調なども、イライラが増す原因となる。

また、社内ルールが厳格で、書類を通すための手続きが煩雑だったり、意思決定が滞ったりすることで、仕事が思うように進まないこともイライラの大きな原因となる。

自分の心身状態が原因

さらに、自分自身が仕事以外のプライベートなことで心身ともに疲弊していたり、気がかりがあったりする場合は、平常心の時には気にならない些細なことにも、過剰に反応してしまいイライラの原因となりうる。

上記のようなイライラの原因に思い当たることが多い場合は、転職を視野に入れることを勧める。

まずは、ビズリーチに登録するのが近道だ。エージェントと企業の両方から同時にスカウトを受けることができるため、仕事が忙しくても、効率的に転職活動を進められる。

さらに、日本一の転職実績があり、サポートが手厚いリクルートエージェント、ハイキャリア求人・グローバル求人や、収入アップのサポートに強いJACリクルートメント、コンサル狙いならアクシスコンサルティングなどのエージェントを併用してほしい。

イライラしてしまった時の対処法

次に、イライラしてしまった時の対処法についていくつか紹介しよう。

イライラを他人にぶつけない

イライラしているときに、そのままの感情を他人にぶつけることはNGだ。感情的にぶつけても、イライラはなくならないし、イライラの原因である相手の態度が改善されることはまずない。

気分転換をする

イライラの原因から一旦物理的に離れることで、気持ちが落ち着くこともある。席を離れる、トイレに行く、軽くストレッチをする、違う仕事に取りかかる等、気持ちを切り替えるために効果的だ。

デスク周りを片付ける

デスク周り等を簡単に整理整頓するだけでも、心がすっきりと落ち着くことがある、デスク周りが整っていくのと同じように、心の中や頭の中が整理される。

イライラした感情に支配されている状態から、冷静で理性的な状態へと落ち着き、新たな気持ちで仕事に向き合うことができるようになる。

イライラの根本的な解消法

仕事をとりまく環境には、イライラさせる多くの原因が存在する。その場しのぎの対処ではなく、根本的な原因を解消することが肝要だ。少しでもイライラを減らすためにできることを以下に述べる。

イライラの原因を知る

まずは、イライラの原因に関心を持ってみることだ。原因を考えることで、自分の中にある様々な前提や思い込みに気づくきっかけとなる。

イライラの原因に気づくだけでもイライラは軽減されるし、自分がイライラしやすい場面を知ることで、事前に回避する策を考え実行することができる。

他人への過度な期待をやめる

先にも述べたが、自分の価値観や期待値と大きく外れたモノやコトに遭遇した時にイライラを感じる。つまり、期待値を下げることでイライラを減らすことが可能だ。

他人に期待してしまうと、期待から外れてしまった部分に対してイライラする。そのため、最初から他人に過度な期待はせず、割り切って仕事をするとイライラは減るだろう。

ただし、期待できない人たちと一緒に仕事をすることそのものが、虚しさやイライラの原因にもなりうるので、要注意だ。

他人は変えられないが自分は変えられる

仕事中のイライラは、他人や仕事を理由にしがちだが、自分の考え方や行動を変えるだけでなくせることもある。

イライラの原因となることが、なぜ起きたのか?自分のやり方や行動を変えられるところはないだろうか?と考えてみよう。

・話が通じないのは自分の伝え方が原因ではないか?

・約束を確実に守ってもらえるように必要な情報を理解してもらえるまで共有したのか?

など、相手を変えることは難しいが、自分の行動や関わり方を変えることで、イライラの原因をなくすことができないか考えてみることが大切だ。

相手を変えるのは難しいが、自分を変えることは自分の意思でできる。

環境を整える

職場を整理整頓するのもイライラ解消の1つの方法だ。雑然とした環境が理由のイライラは減らすことができる。

また、職場で集中して仕事ができる場所を確保することも有効な手段だ。

生活を整える

自分の心身のバランスをとるために、自らの生活を整えることも重要だ。十分な睡眠と栄養のある食事をとることを心がけよう。

イライラは自分の受け止め方によるところが大きいため、心の余裕がもてるよう、生活を整えるべきだ。

転職することで環境を変える

これまで、自分の考え方や認識を変えたり、仕事や生活の環境を整えたりと、自分自身の努力で仕事でのイライラを解消する方法を述べてきた。

しかし、現実には自分の努力だけではどうすることもできないことが多いのも事実だ。

職場で起こる理不尽な物事や人間関係からくるイライラが原因で、ストレスがたまり、心身ともに疲弊するよりも、思い切って環境を変えることを検討すべきだ。

そもそもイライラするということは、あなたが周りの人よりも優秀だからなのかもしれない。

その場合、周りに合わせて自分のレベルを下げる必要はない。もっとあなたに合った環境へキャリアアップすべきである。

まずは、ビズリーチに登録するのが近道だ。エージェントと企業の両方から同時にスカウトを受けることができるため、仕事が忙しくても、効率的に転職活動を進められる。

さらに

などと、エージェントを併用してほしい。

今日は以上だ。

2020年1月の転職トレンド

「転職したい」と思いながら2019年が終わってしまった方も多いのではないか。新年早々だが、新年度に向けて転職したいなら、今すぐ転職活動をスタートさせてほしい。

一年で最も採用活動が活発なのは1月から2月だ。一年で最も入社が多い4月に向けて、2ヶ月前内定が一般的だ。2月中旬に内定獲得し、現職に退職届けを出せば、3月末退社まで少しの余裕を持って新しい職場に備えることができる。

もし管理職やベンチャー幹部のような重要ポジションを狙っているなら、1月中がラストスパートだと心得よう。新年度に向け事業計画を立てたり遂行したりする役職者は、早めに採用する必要があるからだ。

一般社員のポジションも、ライバルが多い期間だと当然厳しい戦いになるし、魅力ある求人には応募が殺到し、応募開始から1週間で終了してしまうこともザラだ。出遅れて後で後悔しないように、1月のうちに必ず転職活動を始めて欲しい。

転職活動といっても、ただネットサーフィンをしているだけではまずい。転職エージェントしか持っていない限定求人は、ネットに情報が載る前にクローズしてしまうことも多い。まずは転職エージェントに登録し、希望にあう求人情報の提供を受けよう。

→ビズリーチなどの転職サイトにまずは登録し、経験豊富なプロのエージェントに、非公開ポジションの情報を直接ヒアリングすることをおすすめする。1月のトレンドは、以上だ。

筆者のお勧め転職サービス

1位 ビズリーチ キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

2位 アクシスコンサルティング コンサルティングファームに転職したい方には、一番お勧めしている転職エージェントだ。コンサルティングファームへの転職では日本有数の実績を有しており、主要なファームのほとんどと取引している。特に、事業会社に在籍するコンサル未経験者の支援には定評がある。どのファームでどのような選考が行われ、どうすれば合格できるかを熟知しているので、コンサルティングファームへの転職を視野に入れている方は面談に参加すると良いだろう。

3位 リクルートエージェント 日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

4位 JACリクルートメント ハイキャリアに特化した転職エージェントであり、年収アップに繋がる転職支援に定評がある。年収が500万円以上の方や、その給与帯を目指したい方は登録すべきだろう。特に、年収1000万円前後の転職では日本有数の実績を有している。まずは、レジュメを登録し、キャリアコンサルタントとの面談に参加してほしい。
また、JACリクルートメントに相談した人へのインタビューは→こちら

5位 パソナキャリア 日本有数のHR企業であるパソナの転職支援サービスだ。丁寧な候補者支援に強みを有しており、候補者の性格や気持ちを理解しながら、ホスピタリティの高い転職支援を行ってくれることだろう。案件数はリクルートエージェントよりやや少ないが、仕事が丁寧で、自分に合った求人を丁寧に紹介してもらうことができる。他のエージェントの面談に参加し、違和感を感じた方には特にお勧めできるエージェントだ。