キャリア相談室

売り手市場はいつまで?転職は今のうちにするべきか

日本の人口減少は、今もっとも深刻な社会課題だろう。今後30年間で総人口は2000万人減少すると言われ、生産年齢人口も大幅に下落の一途をたどる。

あらゆる企業で人手不足が嘆かれ、同時に求職者にとっては企業を選びやすい時代に入ったと言える。もし転職をするなら、「市場のニーズが高いうちに…」と考えている人も多いのではないだろうか。

しかし、注意してほしい。企業が人手不足だからといって、あなたのキャリアに活かせる都合の良いポジションが手に入るとは限らない。

売り手市場のうちに転職をすることが、有利に働くと考えるのは浅はかである。

今回のブログでは、売り手市場をチャンスできる人について説明した。今、転職を検討している人は、自分が転職に適したタイミングなのかをぜひ考えてみてほしい。

また、可能であれば本ブログに限らず、企業から直接評価を受けるのも良いだろう。ビズリーチに登録すれば、スカウトを通じて、今の自分が売り手市場でどこまで評価を得られるのかを知ることができる。

あるいは、若手の方であればリクルートエージェント、ハイキャリアの方はJACリクルートメントに登録して、直接自分のスキルや人柄を踏まえて判断してもらうのもお勧めだ。

今のタイミングが転職にふさわしいのか、改めて精査してほしい。

売り手市場はいつまで続くのか?

売り手市場とは、求人倍率が1.0を超え、求職者が求人を選べる状況のことを指す。生産年齢人口が減少傾向にある今、どの企業も人手不足が著しい。

一般的に売り手市場は、向こう2年間は続くと言われている。

2020年の東京オリンピックを機に景気が傾くことが主な理由ではあるが、2021年以降から新卒の解禁ルールが廃止されたりと、採用面での変化が起きることも要因も一部とされている。

加えて、これまで潜在労働者であった女性の社会進出や、外国人労働者の増加によって、売り手市場も落ち着くと言われている。

しかし、注意してほしい。売り手市場だからといって、全ての業界、職種、役職における求人倍率が高い訳ではない。あくまでも、建築・介護といった業界や、契約社員・パートといった非正規雇用の需要が大きい。

つまり、売り手市場だからといって、ハイクラス層の転職が容易になる訳ではない。企業が求めているハイクラスの人材は、市場にそもそも少なく、景気の良し悪しにかかわらず常に人手不足だ。

世の中が売り手市場であることを転職のきっかけとして良いのか、改めて考えてほしい。ちなみに、自分一人でこういった情報を集めるのは、かなり難しいはずだ。

出来れば、ビズリーチをはじめとしたハイクラス層向けの求人サイトに登録し、企業からどんな業務・役割でスカウトが来るのかを調査してほしい。

また、直接エージェントに質問したい場合は、JACリクルートメントがおすすめだ。ハイクラス層の転職に強く、高年収/ハイスペック案件/外資系を検討している人は良い情報を得られると思う。

売り手市場という時代だから、なんとでも転職は上手く行くと容易に考えず、第三者からの客観的な意見を集めてほしい。

今の20代は現実味がないだろうが、2008年のリーマンショック時は、内定切りに合い、再度面接を受けさせられたり、入社直前に内定取り消しとなったりすることがあった。

景気の変動によって、自分の転職やチャレンジが突然不況に立たされることは十分に考えられる。この点もきちんと踏まえて、転職を検討してほしい。

売り手市場で転職すべき人の特徴

先に述べた通り、売り手市場といっても、全ての人にとって好都合で転職できる訳ではない。特にハイクラスの人材となると、売り手市場にかかわらず、高いレベルのスキルを持っていなくては意味がない。

自身が今、転職して意味がある人材なのかを改めてチェックしてみてほしい。

転職によって理想の条件が手に入る

そもそも転職活動の目的は、今の職場に対する不満を解消することや、キャリアアップを目指すことである。

しかし、最近、売り手市場のうちに転職しておけば、年収アップが狙えるのではないか、という軽い気持ちで転職を検討する人が増えてきた。

転職は、あくまでも手段であり、目的ではない。たとえ、給与が上がったとしても、現場での実際の労働時間や、福利厚生を踏まえると、たいして待遇が良い訳ではないことは十分にあり得る。

特に、売り手市場の場合、仮に重役として転職できたとしても、人手不足のため、その領域を全て自分で担わなくてはならないケースもある。例えば、営業中心の企業においてマーケティング領域を全て一人で担う..などだ。

売り手市場だからこそ手に入れられる役職と、売り手市場ゆえに重労働を強いられることを天秤にかけ、自分が転職すべきなのか考えてみてほしい。

需要の大きい業界や雇用形態を希望している場合

冒頭でも述べた通り、社会的トレンドから需要が拡大している業界が多い。特に、2020年の東京オリンピックに向けて、建築、ホテル等の接客業の需要が大きく、加えて高齢社会であることから介護業界のニーズも大きい。

この業界内で転職を考えている場合には、積極的に高待遇な求人を探すべきであろう。

転職しない方が良い人

人によっては、売り手市場で転職してもキャリアアップが見込めない場合や、かえって今の待遇よりも悪い環境に陥る可能性が考えられる。

市場価値の低い人

ハイクラス層の人材はいつの時代にも母数が少なく、簡単に採用することは出来ない。売り手市場においても、役員レベルの人材は変わることなく、高いレベルを求められる。

つまり、自分自身にスキルがないにもかかわらず、売り手市場を利用してキャリアアップしようとするのは見当違いである。

実際、日系の大手企業だと、データを入力するだけ・ホッチキスを止めるだけの単純作業ばかりしているとか、他でいくらでも代われるスキルしか持っていない人材が多くいる。

あるいは、産業的にニッチすぎて、転職できる業界に限界がある人もいるだろう。自分が転職したい企業にとって自分の実力が価値のないものとして捉えられないか、考えた方が良いだろう。

もちろん、今の会社での役職・年収をキープしたまま転職するのであれば、会社のネームバリューなどを落として実現するかもしれない。しかし、キャリアアップを考えているのであれば、間違いなく踏みとどまった方が良いだろう。

現職への在籍期間が短い

売り手市場で企業が恐れるのは、高い採用予算をかけて採ったにもかかわらず、すぐに人が辞めてしまうことだ。ここ数年で何度も転職している人や、現職への在籍が著しく短い人の場合、企業側は採用することに抵抗を覚えるだろう。

特に、年収が高い場合、エージェント経由だとかなり高額な採用予算をかけるため、採用に足踏みしてしまう可能性が高い。

仮に、今の企業を早めに退職しようと考えているのであれば、こういったリスクを踏まえて決断してほしい。今の企業をやめる理由や、転職先に何年勤めたいかという意思によっては、転職が厳しくなる可能性もある。

自分の転職意欲とリスクを天秤にかけて判断しよう。

総括

今回は、売り手市場で転職するべきかについて論じた。

優秀な上位層はどの時代であれ、多くの企業が求めている。売り手市場だからといって、その求められる基準が低くなるわけではなく、いつの時代も高いレベルの人材が必要とされている。

あくまでも、役員やマネージャーレベルのハイクラス人材は、求められる基準がいつの時代も変わることはない。売り手市場に大きく左右される転職市場ではないので、売り手市場だからと焦らないでほしい。

自分自身が転職で果たしたい目的を満たす企業があるのか、について冷静に見極めて決断しよう。

編集後記

いかがだったろうか。

今、転職を考えている人の中には、「売り手市場のうちに結果を出さなければいけない」と焦っている人も少なくないだろう。

出来る限り良い企業に勤めたいだろうし、可能な限り要望を叶えたいだろう。しかし、焦ることはない。ハイクラス層の転職は、時代以上にそもそも求められるスキルを持っているのかがポイントとなる。

もちろん、自分自身で実力の有無を測るのは難しいと思う。ぜひ、ビズリーチに登録して、客観的な評価を知ってほしい。世の中に出ていないハイクラス向けの求人を見ることで、求められる基準を知ることができるだろうし、企業側からスカウトを受け取ることで自分のレベルを把握できる。

直接アドバイスがほしい場合には、ハイクラス向けのエージェントであるJACリクルートメントがおすすめだ。ハイクラス層向けの求人や情報が揃っており、効率的に情報を集めることができるだろう。

なお、まだ広く業界や企業を検討したい人は、リクルートエージェントがおすすめだ。業界問わず広く情報を持っているので、まだ転職先のイメージがつけられていない人にはぴったりのエージェントといえる。

転職は焦ることなく、客観的なアドバイスを集めてから決意してほしい。まずはビズリーチに登録することから始めよう。

このブログが良いきっかけとなれば嬉しい。今日は以上だ。

2019年9月の転職トレンド

2019年9月時点では、各社の採用意欲はおしなべて旺盛であるものの、ポジションの募集が減少する会社と、引き続き多くの社員を募集している会社に二極化している。景況感の悪化リスクが高まる中で、人材業やコンサルティング業など、労働集約的で「なくても困らない」サービスを提供している産業では、採用意欲が減退している。

また、大企業は採用を手控える時期に来ていることを、覚えておいてほしい。というのも、大規模な会社は採用人数が多く、個別研修を実施するのが難しいため、10月1日や4月1日など、期の切れ目に新入社員の入社を集中させたいと考える。今から内定を出したとしても、多くの候補者が10月1日入社に間に合わないため、一旦ポジションをクローズしてしまうのである。逆に言えば、今のタイミングでもポジションをオープンしている大企業は、よっぽど人数が足りずに困っている可能性が高いので、入社難易度が通常時よりも低くなっている場合が多い。

ビズリーチなどのサイトで、どのような会社がないかを探り、是非、積極的にチャレンジしていただきたい。
9月のトレンドは、以上だ。

筆者のお勧め転職サービス

1位 ビズリーチ キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

2位 JACリクルートメント ハイキャリアに特化した転職エージェントであり、年収アップに繋がる転職支援に定評がある。年収が500万円以上の方や、その給与帯を目指したい方は登録すべきだろう。特に、年収1000万円前後の転職では日本有数の実績を有している。まずは、レジュメを登録し、キャリアコンサルタントとの面談に参加してほしい。
また、JACリクルートメントに相談した人へのインタビューは→こちら

3位 リクルートエージェント 日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

4位 アクシスコンサルティング お勧め度は4位としたが、コンサルティングファームに転職したい方には、一番お勧めしている転職エージェントだ。コンサルティングファームへの転職では日本有数の実績を有しており、主要なファームのほとんどと取引している。特に、事業会社に在籍するコンサル未経験者の支援には定評がある。どのファームでどのような選考が行われ、どうすれば合格できるかを熟知しているので、コンサルティングファームへの転職を視野に入れている方は面談に参加すると良いだろう。

5位 パソナキャリア 日本有数のHR企業であるパソナの転職支援サービスだ。丁寧な候補者支援に強みを有しており、候補者の性格や気持ちを理解しながら、ホスピタリティの高い転職支援を行ってくれることだろう。案件数はリクルートエージェントよりやや少ないが、仕事が丁寧で、自分に合った求人を丁寧に紹介してもらうことができる。他のエージェントの面談に参加し、違和感を感じた方には特にお勧めできるエージェントだ。