20代~30代のキャリアを考えるブログ

若手のキャリア、転職についてインタビュー、意見を発信しています。

なぜ20代のうちに転職すべきなのか

転職活動はタイミングが難しく、とりあえず3年、とりあえず係長、とりあえず課長と、無思考によくわからない根拠で一定ポジションや年数まではいたほうがいいと指摘してくるだろう。

今回は将来的に転職する可能性を考えている人、また業界3位以下の企業に所属し、いずれ合併や最悪の場合、倒産する可能性がある企業に所属する方に読んでほしい。業界1位のトヨタや三菱商事の方はあまり読む必要がない記事であるだろう。

20代の転職はどういう位置づけなのか

20代の転職は世間的にどう捉えられるかを話したい。20代における転職と30代以降の転職は会社の規模によって違うが、企業側から来てほしいと思っているかそうでないかに分けられる。

もっと詳しくいうと30代以降は、マネジメントポジションとして専門知識が豊富で部下のマネジメントができる人を企業側が採用しようとしてくる。こうしたマネジメント×専門知識人材はどの業界においても不足しているため、企業側は躍起になって採用をしようとしてくる。

他方20代では、例外はあるもののマネジメントポジションではないため求職者側が入りたいですといって採用をお願いされて、企業側は「採用を検討してみようか」という流れになる。

ある日、会社や個人の携帯に電話がかかってきてヘッドハンティングが行われるが、ターゲットとなるのは30代以降の世代である。

20代の転職では、会社が欲しいというのももちろんあるが、あなた自身が転職をしたいか、将来何をしたいかを明確にして転職をしたいと伝えることで成り立つということを覚えておこう。

40代になって部長になったら、いつしか他の会社からあの人がほしいとヘッドハンター経由でくることになるのだ。勝手に声がかかるような人材になったら一生食うに困らないように思う。そこまで成果を出せるよう努力し、結果がでることを祈っている。

20代のうちに転職すべき理由

将来転職の可能性がある場合、30代40代ではなく20代のうちに転職したほうがいい理由はいくつかある。

1点目は、同じカルチャーに染まりすぎることを避けるためだ。自社での常識が他社にいくと非常識になることは往々にしてある。同業でさえ社内のルールが全く異なることはよくあるのだ。

転職をすることによって客観的に会社を見ることができるようになるのだ。その点において一度転職しておくのは有効である。40歳手前で初めての転職をして全く適応できずに活躍することなく会社を去ってしまう人はいる。

2点目は、市場価値に敏感になれることだ。転職する際に今より年収が上がった、下がった、年収がいくらもらえるかはあなたの市場価値をそのまま表す。

市場価値に敏感になると市場価値を上げようと努力するし、適切なタイミングで転職ができるようになるのだ。市場価値と自分の認識が大きくずれており、転職すると思ったときには転職先が全くなくなってしまったということにならないように気を付けていただきたいものである。

3点目は、キャリアのゴール、目的を明確化する良いチャンスになるからだ。新卒就活のときは一括採用であるため同じタイミングで自己分析、自己PR作成、SPI対策をして否が応でもキャリアのことを考え始める。賛否両論はあるが、就活は将来のことを考えて成長できるいい機会になるはずだ。

転職活動もそれなりに負担がかかるが、一度働いてみて実際に何がしたいんだっけ?どう生きていきたいんだっけということを考えるようになれるため、キャリアを考えていくうえでいい機会になる。

特に、働いたことがない新卒とは異なり、実際に働いてみて「社会とは」「働くとは」といったことを理解しているので、より賢明な選択肢につながるだろう。

4点目として30代以降は転職先が限られてくるからだ。30代では自分の専門性を生かした転職しかできないが、20代のうちは未経験転職を含め様々な可能性がある。

30代になってやりたいことをしているわけでもないし、やむを得ず今のつまらない仕事をするしかないなとなってしまっては、将来退屈な人生を送ってしまうことになる。

以上、転職すべき理由を書いたが、もし一生今の会社で働きたい、働けそうということであれば、転職サイトに登録して今の会社が最もいい条件かを常に確認するだけにとどめておけばよいだろう。

転職を繰り返すこと自体は幸せなことではなく、働いていて幸せになることが理想的なので今の会社に心から満足していたら市場把握だけで十分である。

20代における転職回数について

20代のうちに転職回数が多いと転職に不利になるのは事実だ。ただ、1回目の転職では在籍年数に関係なく転職活動に不利になることはほとんどないと思っていい。20代で4,5回転職している人もいるが、転職する理由をきちんと説明できるならば何社経ていても受かる。

幸いなことに転職回数については書類の段階で企業側が判断してくれるので、面接にいって落ちたら転職回数の多さではなく実力不足だと思おう。大っぴらにしてはいないが、企業は人材会社に対して、××歳以下なら転職回数は○○回までという条件を課している場合がある。

よって転職エージェントが転職回数的に無理ですといったら、企業側の指定で無理なのである。場合によっては書類すら出さなくても合否はわかるので、転職回数は転職面接にいって以降はあまり気にする必要はない。

転職回数の多さよりも無職期間が多いほうが不利になることが一般的には多い。無職期間が多いかたは第二新卒エージェントNEOという会社に駆け込んでほしい。特殊な事例にも対応してくれるので良い会社だ。

もし20代転職に失敗したら

20代の転職失敗はよくある。入った会社が自分には合わなかった、最初に言われていた条件と違った、ということはたびたび起きてしまう。転職エージェントの紹介先が悪かった場合は転職エージェントの問題なのだが、自分の調査が不足して認識と違った場合もあるのできちんと調べておこう。

ただし、20代の場合は転職に失敗しても気にせず次を探そう。20代は年収もそれほど高くないのですぐに仕事は見つかるし、企業も転職理由がそれっぽい理由であれば受け入れてくれる。

例えば、新卒の会社に5年いて次の会社を3か月で辞めて、3社目に転職しようとしても、新卒の会社に一定年数いたとわかれば採用してくれる。

私の経歴では、とあなたが心配するほど、人事側は心配していないのでどんどん挑戦していこう。挑戦はしていいが、最後転職する場合はじっくり考えよう。応募は簡単だが転職は人生の大きな意思決定の1つなので周りの人に相談しよう。上司に相談したら引き止められるので、間違っても上司にするのは辞めておこう。

20代転職におけるおすすめの方法

20代で転職する際には、転職サイトに登録し、たくさんのオファーをもらおう。たくさんのオファーがくる経験は今の時期でしか得られない。

転職サイトのビズリーチに登録するとわかるが、40代以降になるとスカウトが来ないため自分から応募するしかなくなる。一方、20代は若いというだけでオファーがたくさんきて、自分から応募する必要がないくらいの状態になる。

恋愛における「選べる状態」はよほどモテる男女という限られた人にしかない特権なのだが転職においてはほぼ全員にそのモテる状態が発生する。

転職サイトをまず使ってどんどんスカウトが届くようにしてほしい。転職サイトは年代の高い人向けだと思われがちだ。それに関しては違うことを伝えたい。

転職サイトは、求人掲載型とスカウト型の大きく2つに分かれる。現在の転職サイトはどちらも混在しているものがほとんどだが。求人掲載型は、自分からコンタクトを取るタイプのサイトになる。だが、現在はスカウト型が主流になってきた。

ビズリーチといったスカウト型サイトの多くは若い人ばかりにスカウトを送るため、若手の多くが利用するサイトになってきた。一昔前は年収が非常に高いシニアを中心とした層がビズリーチを利用していた。もちろん今でも高年収の案件もたくさんあるが。

今は、自分からアプローチする時代から企業からアプローチする時代になってきたのだ。スカウトを受け取れるように多くの転職サイトに登録することをおすすめする。スマホからも簡単に登録できるので便利だ。

20代転職は必ず転職サイトを使え

20代における転職では転職サイトを使うべきだと書いた。もう一点使ってほしい理由としては市場価値の把握をするためだ。市場価値は、転職経験が少ない20代にとってはなかなか把握しづらい。

そこで転職サイトでたくさんくる求人の中で大体の年収レンジがどれくらいなのかを把握しておいたほうがいい。

転職市場について知れば知るほど、自分はあまり年収アップを望むことはできないなということに気付かされるだろう。

もっと貰える、もっと稼げると思っているのは幻想だということに気付いてほしい。ではどうしたら年収が上がるのかということを常に考えていくことが仕事への成功につながるだろう。

年収にばかりこだわるのは本質ではない。しかし年収はとてもわかりやすい指標なので気にしておいたほうがいい。例えば、1,000万円を超える年収が欲しくて転職活動をしているのに転職サイトではそのような求人が全くこなかったとしよう。その場合には、転職エージェントに相談するか、自分で副業を始めるのが賢明である。

転職エージェントは達成したい年収に向けてどうすべきか具体的なアドバイスをくれるので積極的に活用してほしいと思う。

f:id:istiyorum:20180218212715j:plain

転職エージェントとうまく付き合うことが20代転職成功のカギ

転職エージェントのサポートは転職成功においては欠かせない。特に転職に疎く、人脈も厚くない20代においては転職エージェントが果たす役割が大きい。そのため、できるだけ多くの転職エージェントに会って、信頼できる人を1人作っておこう

転職エージェントは転職初心者をどれだけサポートできるかで彼らの価値は変わってくる。すでに転職慣れしている人に求人を紹介するだけの転職エージェントはこれから淘汰されるであろう。

転職初心者にもキャリアの指針と選択肢を提示して、どうしたら転職活動が成功するかを豊富な事例をもとにきちんと説明できる人は信頼できるだろう。

古い友人というわけではないが、長い期間をかけて転職エージェントと関係を構築してほしいので社会人1年目から転職エージェントとは会ってほしい。

5年目以降なのに転職エージェントと付き合いがない人は、将来取り残される可能性がある。今すぐにビズリーチに登録して転職エージェントと会ってほしい。無料で会える素晴らしいサービスだ。

20代の転職は女性にとってチャンス

20代の転職は女性にも大きなチャンスになる。女性の積極採用を推し進めている企業があるものの女性の採用がうまくいっている企業は少ない。基準を緩和してでも女性を採用したいという意向すらあるくらいだ。

どんな形でも入りたい企業に入れるのはいいことである。女性の採用率がKPIになっている外資系企業も少なくない。その基準を達成していない企業を受けると特によい。

一方、これまであった秘書や営業事務といった仕事は自動化されてなくなるかもしれないので女性だけがやっている仕事はこれから減っていくと考えていこう。能力差は男女間ではないので、女性も積極的に高年収の仕事を取りにいくことを強くおすすめしたい。

活躍できる土壌はそのうち追い付くはずだ。ただし、中には女性蔑視をする50代部長がいるようなとんでもないド日系企業もあるので気を付けてほしい。女性がどれだけ定着しているか、また睡眠時間が短くても大丈夫なスーパーサイヤ人以外の女性もきちんと働けているかをチェックしよう。

資格の勉強に走るなら20代前半に絞れ

転職となるとすぐに資格の勉強に走る人もいるのではないか。資格があったほうが転職や就職に有利になるかというと、なることは間違いないだろう。ただし、大学を卒業した後の時間を勉強に費やすのはかなりのリスクがある。

現在資格によって守られている業界も医師を除くと、かなり厳しい業界になることは間違いない。弁護士や公認会計士だって今後は競争が激化し、士業も考え物だ。税理士にいたってはすでに高年収を得ている人は限られている状況だ。

資格の勉強に走るならせめて20代前半にしてほしい。一方、仕事をするうえで簿記をとりたいといった仕事にダイレクトに関連するものであれば業務をしながら学んでいってほしい。

業務に関係あることを勉強していると、上司も一生懸命仕事にうちこんでいることを評価してくれるし、学んでいることを生かせる仕事の機会をどんどん与えてくるだろう。

経理の仕事をしているのに関係ない色彩検定を受けるようなことは時間がもったいないので、趣味でない限りやめておこう。

資格で何事も解決するわけではないのだ。たとえ資格があっても、資格がある人のなかで若い人、学歴の高い人が優遇されていくので、掛け合わせの特殊技能がないと後から厳しくなってくる。

英語だけはやっておこう

英語は何歳になってもどの業界になっても役に立つ。英語力は資格に近いが、グローバル化の競争にさらされていない業界のほうが少ないので、必死にやる必要がある。英語は長期的に勉強する必要があるので、筋トレや食事といった基礎的なものと同じように日々の生活の中で意識して勉強してほしいと思う。

20代で転職するにあたってのオススメ業界

20代で転職するにあたってのおススメ業界は、いくつかある。というより、20代のうちにしかいけない業界があるので未経験で転職するうえで参考にしてほしい。

まずはコンサル業界だ。ハードワークで何事も吸収することが求められるコンサル業界では、若い人が圧倒的に有利だ。30歳を超えてから未経験で転職して成功するのはなかなか難しい。

特定の専門的な経験をもち、コンサルタントとしても同じ業界をしないのであれば30代でも生き残るが、せっかくコンサルになったのであれば様々な業界をしたいだろう。そうした願望があればできるだけ早いうちに転職しよう。

次に広告業界だ。広告業界はテクノロジーの変化が早く、またハードワークである。広告はデジタルの領域が避けられないのでデジタルの知識を吸収し、クライアントのニーズに応えられるように積極的にハードワークができるように努力していくことが重要だ。広告も未経験で歳を重ねてからいくと大変なので早いうちの転職をおすすめする。

最後に金融業界だ。金融業界は未経験にかなり厳しく、カルチャーが独特だ。銀行にしても証券にしても新卒で入るのが望ましい。投資銀行であればハードワークと鬼のようなプレッシャーに耐えられる精神力を身につけてほしい

付け加えると、どの業界も30代になってから未経験転職は厳しい。働き盛りの20代の時間を費やした業界で、未経験の素人に負けることはあなたもないだろう。その中であなたが未経験の業界に転職したら、同様に、20代をそこで過ごした人がいるので、彼らに打ち勝つことは難しい。

経験をうまく活かせて未経験業界で転職し活躍できればよいのだが。転職エージェントに成功事例を聞いて進めていってほしい。

20代転職における成功例

最近の20代転職における成功事例では、コンサルに転職した後マネージャーに昇格していく、といった人が多くいる。未経験を大量に受け入れ、育成したいい事例であろう。

DeNAなどといったメガベンチャーに早めに転職して、よいポジションとチャンスを掴んでいる人も多い。ベンチャーへの転職のポイントは、これから伸びそうな企業に入ることだ。現在であれば、メルカリのような企業だ。

すでにメルカリは大きすぎるが、ニュースで注目されているベンチャー等で人数が100人未満の段階で転職するのはおすすめだ。ただし、ベンチャー企業自体が成長しないというリスクもあるので注意してほしい。

バイオベンチャーや宇宙関連のベンチャーが今後注目だ。ロングテールのビジネスで当たったら大きい。繰り返すが、失敗する確率も高いので注意しよう。おそらく経営陣と投資家は成功するまでおカネとリソースをつっこむつもりなので最後は執念で成功させるだろうが、一社員となったあなたがそこまで情熱と人生をかけられるかどうかは考えたほうがいい。

20代転職は第二新卒と中途で分けて考えよう

20代ではまず第二新卒という3年間の猶予時間がある。第二新卒はチャンスなのでせっかくの機会を生かして転職しよう。ただし第二新卒はキャリアが活かされるわけではなくポテンシャルを見込んでの採用なので、将来役に立つ勉強をしていたわけではない大学院に通っていたつもりで転職しよう。

中途は20代でも戦力とみなされるので、これまでの経験と会社にどのような貢献ができるかをしっかりと見られる。経験を棚卸し、自己PRを精緻に作りこんでおくべきである。良い方向でとらえるとこれまでの学歴があまり関係なく、仕事の頑張りで評価されるようになるので、がんばっていけば新卒時に学歴に苦しんだ人にとっては朗報になるだろう。

20代での転職を考えているあなたへメッセージ

20代の転職は貴重なタイミングで人生に影響を及ぼす。仮に転職をする必要がないと思っていても市場調査、情報収集はすべきだということは何度も言っておく。何かのタイミングで転職をしたくなる、また転職をせざるを得ないことになる場合もあるので、いつでもスタートをきれるようにしておこう。

ただし、転職エージェントの口車にのせられる転職ではなく、自分から情報を集め、自分から動く転職活動にしていこう。第一歩としてビズリーチを活用しておくとよい。次に、業界ごとの転職エージェントや転職サイトを使おう。

また、転職サイトでビズリーチをすでに利用している場合はキャリアカーバーを使ってほしい。転職エージェントでかつコンサルを少しでも検討している場合はアクシスコンサルティングを使ってほしい。ベンチャーの転職であればGEEKLYだ。

また英語に不安があればPROGRITライザップイングリッシュがおすすめだ。ぜひ様々なサービスを利用して自分で自分のキャリアを掴み取ってほしい。成功することを強く祈ると同時に応援したい。今日は以上だ。