20代~30代のキャリアを考えるブログ

若手のキャリア、転職についてインタビュー、意見を発信しています。

第二新卒を採用する大手優良企業

第二新卒を採用する大手優良企業

新入社員の約三割が三年以内に退社している現状のなか、第二新卒として就活をする人はとても多い。
企業においても第二新卒を受け入れているところも多々あるのだが、新卒に比べてその情報が圧倒的に少ないのが現状だ。
そこで、第二新卒を積極採用する大手優良企業を業種別に紹介させていただく。今回は、主に自社の公式HP上にて第二新卒採用を明記している企業を中心にまとめてみた。

コンサルティング企業

コンサルティング業界は第二新卒を積極的に採用している業界であり、多くの第二新卒者が活躍している。アクセンチュアなどでは特に、コンサル未経験の第二新卒者も積極採用しており、社内で多数ご活躍している。

企業 職種 公式採用HP
ベインアンドカンパニー コンサルタント・アソシエイトコンサルタント http://www.bain.com/offices/tokyo/ja/careers/applying-to-bain-tokyo/experienced-hires.aspx
アクセンチュア 戦略・ビジネス・デジタルコンサルタント 第二新卒採用案内|アクセンチュア
ATカーニー 経営戦略コンサルタント 募集要項 - A.T. Kearney | Japan
CDI 経営戦略コンサルタント 新卒(学士・修士・博士・第二新卒)エントリー | CDI

IT系企業

近年の産業界への急速なIT進出に伴って、人材不足が顕著なIT業界においても第二新卒への求人は多い。特に人材不足であるプログラマーやシステムエンジニアについては、需要は高く、今後もより高まってくるだろう。

企業 職種 公式採用HP
ヤフー エンジニア 採用情報 - ヤフー株式会社
サイボウズ エンジニア職・ビジネス職 第二新卒 | サイボウズ 採用情報(新卒・キャリア)
cookpad ソフトウェア・機械学習・iOS・Androidエンジニア 採用情報 | 第二新卒採用 | クックパッド株式会社
日本オラクル 営業など キャリア採用 | Oracle 日本
ミクシィ エンジニア・デザイナー・総合職 新卒採用情報|ミクシィグループ mixi GROUP

銀行・証券会社

この業界はもともとの人気が高いということもあり、第二新卒としても比較的難しい転職先と考えてもらってよいだろう。
しかし、近年では三井住友銀行が第二新卒採用を始めるなどの動きもあり、十分に可能な転職先といえる。

企業 職種 公式採用HP
野村信託銀行 総合職 第二新卒採用情報|野村信託銀行
三井住友銀行 総合職 採用情報トップ : 三井住友銀行
SMBC日興証券 SMBC日興証券
大和証券 総合職 大和証券採用情報

f:id:kiyyo:20180614101952j:plain

工業系企業

大手メーカーでは第二新卒を採用するイメージはあまりない印象だ。しかし、ソニーが第二新卒を新卒枠として採用することを発表するなどしている。
JAXAについては、第二新卒を募集するものの、高度な専門的能力を必要とされる特殊な業種と言えるだろう。
表内のシャープは、二年前の経営危機のイメージが強いだろうが、ここ2年で業績を大幅に回復させている。

企業 職種 公式採用HP
ソニー 技術系(ソフト・ハードウェアなど多種)、事務系(セールス、ビジネスマネジメントなど) Sony Japan | 採用情報 | 新卒採用 | 選考 | 募集要項
シャープ 技術系・ビジネス系各種 採用情報 新卒採用/第二新卒|採用情報:シャープ
三菱電機 事務系・技術系総合職 三菱電機 採用情報 新卒採用 秋季採用制度 応募資格
JAXA 技術系(人工衛星・ロケットの開発・打上げなど多種)・事務系(プロジェクト業務など) http://stage.tksc.jaxa.jp/recruit/info/recruit.html
日本航空 業務企画職 JAL採用情報|日本航空株式会社

その他の企業

以上の業界以外にも、ユニクロをてがけるファーストリテイリングや、スターバックスなども募集を載せている。
募集がまだ始まっていないため載せていないが、博報堂は第二新卒募集を昨年の2倍とすることを発表している。

企業 職種 公式採用HP
ファーストリテイリング LIFE at FR | ファーストリテイリンググループ採用情報
スターバックス 総合職 第二新卒採用|スターバックス コーヒー ジャパン
カルビー 募集要項 | カルビー株式会社 採用サイト 2019

まとめ

今回調査してみたところ、大手人気企業のなかで、自社の公式HP上に第二新卒の募集をかけている企業はそれほど多くはない。
もちろん、第二新卒として募集をかけてはいないものの、受け入れている企業も多いため、気になる企業には直接調べてみるのがよいだろう。
何度も言わせてもらうが、第二新卒についての情報はなかなか入っては来ないものである。そのためにも、企業調査を入念に行い、ビズリーチなどの転職サイトや転職エージェントを有効に利用しよう。
ビズリーチは、大手企業も多数利用しており、登録している会員に対してスカウトがくる。まずはビズリーチに登録しておこう。
また、第二新卒の募集は、不定期で募集を出す企業もあるため、頻繁に企業の公式HPや転職サイトをチェックしておきたい。