20代~30代のキャリアを考えるブログ

若手のキャリア、転職についてインタビュー、意見を発信しています。

35歳からの転職で、年収アップを続ける方法

35歳を超える転職は非常に難しい。転職すること自体は簡単なのだが、条件が色々つくために転職を簡単に意思決定できないという現状がある。

今回は、難しいとされている35歳からの転職について実情を踏まえて、どうやって転職活動をしていけば年収をアップさせつつ、自己実現をできるようになるか考えていただきたい。

35歳からの転職が難しい理由

35歳からの転職活動は難しい。35歳になると、背負っているものが多すぎる。家族の暮らし、返済しなければならないローン、また、すでに出世している学生時代の友人たちに負けられない思い、働き盛りなので活躍しなければというプレッシャー。

様々なものがひしめき合う中で転職活動をしていくことは、かなり難しい。30代前半までは20代の延長戦だったのが、35歳になると、40代が見えてくるので足場を固める意識が嫌でも出てくるのが人間であろう。

こうした35歳からの転職活動に関して具体的な事例を見ながら、どうやったら転職がうまくいき、そして最終的に、自分の職業人生を終えたときに良かったと思えるようになるか一緒に考えていきたい。

まだ35歳になっていない方もこれから差し迫った問題として考えてほしい。

35歳からの転職の成功事例

35歳からの転職事例については、大きく分けて2つある。1つが、大企業から、中小企業へ転職をして、そこそこの管理職につくパターンだ。例えば、大企業の課長が、中小企業の部長として転職するイメージだ。

こうした転職は、将来の取締役を見据えての転職であり経営に携わることができるようになるので、転職としては大きな成功の可能性を秘めている。大企業で役員になれるのはごく一部で50代からは出向も当たり前の時代になっているため、大企業に残っていることが幸せとは限らない。

具体的には、大手自動車メーカーで勤務している課長が、中小企業の部品メーカーに転職するパターンだ。部品メーカーは自動車メーカーと取引があるため十分に経験が生かせる。

また、大手電機メーカーから、ニッチな工業系製品をやっている企業への転職もある。大きい法人対応に慣れている大企業の課長であれば転職してもやっていける。中小企業とはいえ、買い叩くかれるところではなく製品に競合優位性がある場合、簡単に転職失敗ということにはなりにくい。

もう1パターンは、今働いている企業よりも格上の会社に給料アップで転職するパターンだ。より業界上位の会社に転職できれば基本的には年収があがる。

具体的には、広告代理店で10年以上営業を担当しており、複数アカウントをこれまで担当してきてステップアップのために超大手広告代理店に転職して年収アップして転職する場合だ。

業界が同じである場合、基本的には転職しやすく、また営業という仕事は接する相手は社外の人なので、失敗しにくい。社内の人と接することが多い仕事だと、社風によって大きく影響されるが営業のような仕事は転職失敗が比較的少ない。

35歳からの転職の失敗事例

35歳からの転職で失敗するのは、日系企業から外資系企業、もしくは外資系企業から日系企業への転職だ。同業転職であってもこのパターンは失敗することが多い。

最近だと中国系の電機メーカーが進出してきており、日本企業から転職している人も多いが、中国系企業は米系企業以上にシビアな面があり、成果が出せなかった場合は会社を去らざるを得ないことも多々ある。

日系企業から欧米系の外資系企業へ転職する場合も、ドライに感じたり、うまくみせようとする同僚のやり方が肌に合わず会社を去る事になることも多い。

また、意外かもしれないが外資系企業から日系企業に転職する場合も、転職に失敗することは多い。その原因の大多数はカルチャーギャップだ。

意思決定に時間がかかりすぎたり、部長以上の役職の意向で全部決まったり、大きな改革ができなかったりと、カルチャーギャップに悩みこれまでとは同じやり方で通用しないことで会社を去ってしまう。

カルチャーギャップというと定性的だが、細かい点を振り返ると定量的に示すことができる。転職で失敗する事例はある程度限られてくるので、事前に失敗しそうな因子を洗い出すとよい。

転職活動は積極的にすべきだが転職には二の足を踏むくらいでよい

転職活動はガンガンすべきである。転職の情報を得ておくことがマイナスになることはほとんどないからだ。しかしながら、実際に転職をするかどうかは非常に慎重になってほしい。

特に35歳になると簡単に、すぐ次の転職というわけにはいかない。よって、慎重に慎重に、より慎重に検討して、転職したときのリスクを軽減できるかを検討しておくとよい。

二の足を踏んで転職を辞めたからといって、あとで悔やむことはあるかもしれないが、現状維持になるわけなので、不幸になる可能性は低い。体調等を崩さない限り現状維持は決して悪いことではないと思っておこう。

20代の方には「今のままでいいのか?」と問うが、35歳を超えた方には「今のままでもいいのでは?」と聞いている。

管理職が不足している現在は年収アップのチャンス

管理職が不足している状況が続いている。特に大手の製造業系では、景気の良さも受けて、30代の管理職の採用が活況だ。製造業に限らず、管理職クラスの募集が盛んに行われており、年収アップもだいぶ実現しやすくなっている。

外資系への転職でないのに、年収アップかつ転職しやすい環境というのはそうそう訪れないチャンスである。

先ほどと言っていることが矛盾するが、今の時期の転職は思い切ってすると年収面では報われる。

家族との相談は事前にしておくべき

家族に転職を止められるケースは少なくない。人材業界では嫁ストップという単語は当たり前のように使われるが、家族の待ったによって転職を辞めるケースが多い。

家族の声で転職を辞めるくらいなら、それほど転職に前向きではないということなので転職はしないほうがいいだろう。

よほど納得感があり、自分でチャレンジをしていきたいと感じない限り転職はしないほうがよいし、家族の客観的なアドバイスの通りになることが多い。家族の幸せとキャリアの幸せはつくづく難しいものであると実感させられる。

f:id:daremotsukawanai:20180412170131j:plain

カルチャーギャップに悩む35歳以上が多い

先ほどの失敗事例でも挙げたが、35歳以上で転職すると、カルチャーギャップに苦しむ人が多い。長年同じ会社に居る人は特にそうで、新しい雰囲気に慣れるのは難しいだろう。

例えるなら、小学校から高校までずっとクラス替えのない学校に通っていたのに、いきなり大学になって、友達もいない状況のクラスに放り込まれるようなものだ。

今までの暗黙の了解や言語を使わなくても通じていた取り決めが全部なくなり、共通言語を一から学ばないといけないので大変である。

ましてや変化に柔軟な20代とは異なり、35歳以上になると自分のスタイルが確立している。自分のスタイルを確立させておくことは重要なことである。

一方、部分部分で柔軟に対応していくということは忘れてはいけないので注意しよう。

残りの人生の年収を確実に上げていくためには

35歳を過ぎると、定年までの働き方を意識する人も少なくないだろう。長期的に働く上では、自身の年収を確実に上げていくために、常に情報を得続けよう。アンテナを張らなくなったときは向上心がなくなったときで年収も上がらなくなる。

会社に在籍していれば右肩上がりで年収が上がり続ける構造が崩壊しつつある今、常に自分の頭で年収を上げ続けるにはどうしたらよいかを考えたほうがよい。50代になってくると取締役をはじめ経営に関わることも多くなる。

よって全体を見る力を身につけておくべきであると考える。学校に通って勉強しようというのも重要なことだが、会社で今までにない取り組みを自分で起こすなど経営陣に必要なリーダーシップを培っていってほしい。

変化を嫌う人間だけにはならないようにしよう。

40代を見据えての健康リスクを考えよう

さて30代まではある程度の激務に耐えることができただろう。激務に耐えることができるのは立派であるが40代になってくると健康リスクも高まってくる。1つ言えることは健康に問題があると昇進ができなくなるということだ。30代のうちからできることは対処し続けていかなければならない。

対処を常にし続けることは仕事とも同じだが、飲み過ぎ、食べ過ぎに気を付け、運動をするといった当たり前のことも実践してほしい。ぽっくりといってしまっては、これまで積み重ねてきたキャリアが無駄になる。

特に40代からは年収も人生で最も高い10年になるはずだ。このチャンスで輝けるかどうかはあなた次第だ。

誰と働くかは鍵

転職にあたって、可能なら上司になる人や部下になる人と面談をしておこう。外資系ではチームの人数が少ないこともあり、事前に配属されるチームの上司です、といった形で紹介があったのちに転職が決まることも珍しくない。

転職サイト、エージェントについて

35歳以上の転職をうまくサポートできる転職エージェントは少ない。ただ転職をさせるだけならだれでもできるが、あなたの裏側にある様々な文脈をくみ取り、生涯のキャリアパートナーとして走る事ができる人は多くない。

転職エージェントはできるだけ多く付き合ってほしいので、転職サイトと転職エージェントは間口を広げておこう。変化を嫌って最近の転職サイトは使いたくないとなっていたら危険シグナルの1つであるといえる。

転職サイトはビズリーチに登録しよう。また35歳以上であればキャリアカーバーもおすすめなので併用していただきたい。

また転職エージェントはハイクラス転職サイト「転機」というサービスがおすすめだ。またクライス&カンパニーも良い案件をもっている。すでにコンサルタントで事業会社に行きたい場合はアクシスコンサルティングがよい。成功を祈っている。ではまた。