転職

GW(ゴールデンウィーク)明けの転職活動に備えておくべきこと

GW(ゴールデンウィーク)中に転職活動を積極的に進めてほしいと思うが、GWが明けてからの転職活動の戦略について書かせていただく。

新年度の転職活動に間に合わなかった人、新しい配属が合わず転職を考えている人、夏のボーナスをもらったら転職活動をしようと考えている人と様々だろう。

今回は、こうした人々のニーズに応えるために、GW明けの転職活動方法について詳しく解説させていただく。

転職活動の波が来ている

人材業界にいて感じるのは転職の波が来ているということだ。空前の人手不足であるため、転職活動をするタイミングに乗っかって欲しい。

転職活動の波が来ているというのは、あらゆるポジションがオープンになっており、採用も一気に進めようとする企業が増えているということだ。

大手企業でも、ベンチャー企業でも採用が補充できていないところが多く、転職エージェントのフィーを上げてでも必死に採用しようとしている。

エージェントフィーの話をすると年収の30%を転職エージェントに支払っていたが、現在は、50%を転職エージェントに支払うようになってきた。

GW(ゴールデンウィーク)明けに転職エージェントが活動を始める理由

GW明けに転職エージェントが活動する理由としては、1つは単純な理由で、個人で活動している転職エージェントは、4月末にある報告作業に追われているからだ。

人材紹介免許を持っている事業者は、4月から翌年3月までの人材紹介実績を労働局に提出する必要がある。

4月のギリギリに出す事業者が多いため、ひと段落ということでGWは休んでGW明けからエンジンをかける転職エージェントが多い。

しかし、後述するがGW中をチャンスととらえているエージェントもいるので大きく二極化していると考えてほしい。

ここで転職エージェントについて少し触れておくと、他の記事でも書いたが、転職エージェントは免許を持っていないとできない仕事であり、人材紹介免許を保有している事業者は1年ごとに報告義務があるのだ。といっても内容は単純なものではあるが。

人材紹介免許は基本的に法人に付与されるため免許取得に必要なプロセスや、講習は一部の人しか受けていない。よって大手人材会社の若手転職エージェントは法律への理解が浅い場合がある。

5月は人事部が中途採用に少し注目してくれる

5月になると人事部が中途採用に熱を入れてくれる。4月は中途や新卒の方を受け入れ作業でいっぱいいっぱいで採用に手がまわっていないことが多い。

転職エージェントにも情報がなかなか入ってこなくなるので、4月でもきちんと採用の仕事に時間を割けている人事は有能である。

かなり大規模の企業でない限り、採用がおろそかになってしまいがちな4月が終わり、5月になるとチャンスである。

タイミングを逃さぬように、企業へのアプローチ、転職エージェントとの接触を図っておこう。

アクセンチュアのような短期決戦も増えている

最近の転職面接の傾向として短期決戦勝負の導入が流行だ。アクセンチュアでは2018年の4月に、MC(Management Consulting)のCMTにおいて1日選考が実施された。

説明会から内定までを1日でクローズしていこうというとんでもないものであったが、時代に沿ったやり方ともいえる。

もちろん、アクセンチュアも迷っている人にフォローをきちんとしている。短期決戦型の採用選考では、大量採用を推し進める会社が、ある程度型にはまった選考を行うので、ステップアップを狙う人にチャンスだ。

言い方は悪いが、選考がざるになっているため、大量に採用している短期決戦型選考を狙うのはチャンスだ。

こうした選考はGW明けて1か月程度で行われる事例も見かけるためチャレンジしてみることを勧める。そのためにもGW明けから転職活動を本格化させよう。

短期決戦型採用のいいところは、内定辞退も比較的やりやすいので、実力だめしに転職活動をするのにちょうどよいところだ。

f:id:daremotsukawanai:20180430165831j:plain

GW明けはすぐにアポが埋まるため行動を早く

GWは転職エージェントのアポが一気に埋まっていく。GW直前に大手転職エージェントとアポを設定しようとした候補者が全く予約できなかった事例が2018年は多かった。

これは転職希望者が多く、転職エージェントがさばききれないほど活況となっているためである。連休前、連休中に転職を考えた人の相談が、連休明けに一気に流れてくるので、予約がとりにくくなる。

ちなみに、転職エージェント自体の採用がうまくいっておらず人手が足りてないので、人材業に興味ある人は今がチャンスなので転職を検討してほしい。

大手エージェントより個人エージェントがGWはおすすめ

GW中に転職活動を少しでも進めたい人は個人の転職エージェントを活用しよう。

大手の転職エージェントは活動していないが、個人の転職エージェントで活動しているところもあるので、転職サイトに登録してスカウトメールを待とう。GW中に連絡してくる転職エージェントがいたらすぐに相談しよう。

経験上、GW中にスカウトメールを受信する数は少なくなるので、できるだけ多くの転職サイトに登録してほしい。転職サイトのおすすめについては後述するので、できる限り多く登録してほしい。

転職活動を迷っている場合もとりあえず連絡

転職活動について不安がある方も多いだろうが、とりあえず連絡してよい。というか、若者はとりあえず相談という形が特に多いので、転職エージェントも慣れている。

とりあえず不安で…のレベルで相談にいってもよい。きちんと相手にされるかどうかは転職志望度が関わってくるが、情報は収集できるので利用しよう。

最新情報を取り入れないと失敗する

さて、アクセンチュアの年収が2018年になって大きく変わったことを知っているだろうか?
アクセンチュアに関しては一例としてあげたが、採用ポジションや年収が最近はめまぐるしく変わる。

背景には、外資系企業やZOZOTOWNを運営するスタートトゥディのような企業が高い年俸で優秀な人を採用しようとしているため、対抗して色々な企業が制度を変えていることがある。

特に年収は、ベースサラリーのアップやストックオプション制度の設計など一気に変更されることがある。

逆に、めまぐるしく制度を変えていない企業は元々業界1位で圧倒的な強さがあるか、今後つぶれる企業のどちらかしかないのではないだろうか。

転職サイトを利用して早めの連絡を心がける

転職を煽るわけではないが、チャンスなのでGW明けの動きを見越して転職サイトに登録しよう。

ビズリーチには絶対登録しよう。転職エージェントのアクティブ率がGW中も比較的高い(個人の転職エージェントが多いことに由来する)。

またキャリアカーバー、も利用しよう。加えてリクナビネクストも余裕があれば登録しよう。

コンサル等を目指す方で英語に不安がかなりある場合は、スタディサプリ ENGLISHに今すぐ登録しよう。TOEIC対策にはもってこいなのでおすすめである。

転職活動をすぐに始めて、GW明けに良いスタートダッシュが切れることを祈っている。

今日は以上だ。

2019年8月の転職トレンド

2019年8月時点では、各社の採用意欲は引き続き旺盛だが、求人案件数が減少する業界も現れてきている。例えば、積極的に採用を行っていたリクルートキャリアをはじめとする大手人材会社や、各コンサルティングファームも軒並み採用数が減少に転じている。人材業界やコンサルティング業界は、各社の業容拡大の支援を行う業界だ。だからこそ、各社が業容を拡大したいと感じる景況感が良いタイミングほど顕著に業績が向上する。そのような会社の採用人数が減じていることは、景況感の悪化リスクが高まる兆候だと言っても良いだろう。

今後は、景況感の悪化懸念が増すことで、多業種の求人案件が減少する可能性も高いだろう。そうすれば、キャリアチェンジの難易度は格段に上がってしまう。転職を検討している方には、早いタイミングでキャリアチェンジを行うことをお勧めしたい。

筆者のお勧め転職サービス

1位 ビズリーチ キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

2位 JACリクルートメント ハイキャリアに特化した転職エージェントであり、年収アップに繋がる転職支援に定評がある。年収が500万円以上の方や、その給与帯を目指したい方は登録すべきだろう。特に、年収1000万円前後の転職では日本有数の実績を有している。まずは、レジュメを登録し、キャリアコンサルタントとの面談に参加してほしい。
また、JACリクルートメントに相談した人へのインタビューは→こちら

3位 リクルートエージェント 日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

4位 アクシスコンサルティング お勧め度は4位としたが、コンサルティングファームに転職したい方には、一番お勧めしている転職エージェントだ。コンサルティングファームへの転職では日本有数の実績を有しており、主要なファームのほとんどと取引している。特に、事業会社に在籍するコンサル未経験者の支援には定評がある。どのファームでどのような選考が行われ、どうすれば合格できるかを熟知しているので、コンサルティングファームへの転職を視野に入れている方は面談に参加すると良いだろう。

5位 パソナキャリア 日本有数のHR企業であるパソナの転職支援サービスだ。丁寧な候補者支援に強みを有しており、候補者の性格や気持ちを理解しながら、ホスピタリティの高い転職支援を行ってくれることだろう。案件数はリクルートエージェントよりやや少ないが、仕事が丁寧で、自分に合った求人を丁寧に紹介してもらうことができる。他のエージェントの面談に参加し、違和感を感じた方には特にお勧めできるエージェントだ。