キャリア相談室

良い転職エージェントを見つけるまで諦めないことが大事

自分が理想とする企業に巡り合うことは非常に難しい。新卒時はネームバリューや建て前しか言わないOBOGから聞いた話だけで会社を決めた方も多いだろう。

今回は転職を成功させるために良い転職エージェントに出会うコツ/考え方を書かせていただく。

中途しか採用しない企業が多い

新卒の考え方では、なんとなくそこそこの規模になれば新卒をやっているとなる。しかし、ある程度儲かっている大きい企業でも中途だけで十分会社がまわっていくと判断すると新卒採用を実施していない。

新卒採用は、採用費がかかる、内定から入社までのタイムラグが大きい、育成コストがかかるといったデメリットが目立つ。

メリットとしては、長期的に働いてもらいやすく、カルチャーに染まりやすく、経営者が理想とする会社をつくるのに寄与してくれる可能性があることだ。

だが、中途の離職率が低く会社経営がうまくいっていれば、わざわざ新卒採用をしなくてもよいのだ。

中途入社組は今後の選択肢がある程度見えるのか?

中途で転職していく人はある程度、選択肢が狭まってきていることもありキャリアの方向性は見えやすい。一方で、中途採用しかしていない企業は思っている以上に多く、選択肢に入る企業の数は多くなってくる。

選択肢の多さが迷いを生み、転職の沼にはまってしまうのだ。こうした経験をした方もいるのではないだろうか。

良い企業に巡り合うのはそれだけ難しい。

転職エージェントは引き出しだと思ってほしい

転職エージェントは職業柄、幾多の企業を訪問しているため、通常の人が知らないような企業を知っている。

企業の格付け会社や信用調査会社などに勤めていた経験をもつ人材エージェントもおり、通常の人が知らない優良企業を知っている。

よって転職エージェントにはキャリアのアドバイスをもらうことも重要だが、企業名をとにかく教えてもらうことが重要である。

f:id:rs_shinya:20180112184740j:plain

大手の人材エージェントの活用方法に困る方へ

大手の転職エージェントは、担当者の当たりはずれがある。(大手に限ったことではないが)

人と人が関わり合う仕事の関係上、合わない人が出てくるのも当然だ。昨今流行っているマッチングアプリで顔や文面からはタイプだったが、実際会ってみるとあまり相性の良さそうな相手ではなくてがっかりした経験をされた方もいるのではないだろうか。

このようなことは事前に理解した上で、大手の転職エージェントの利用を検討してみてほしい。

リクルートエージェントとマイナビエージェントの2社は大手なので、まずは使ってみてもらうとよい。2社とも求人数が多い、つまり多くの企業を知っている。

採用に困っていない優良企業は、大手の転職エージェントとだけ付き合い、他の転職エージェントがもっていない企業の転職案件をもっていることがある。

逆もしかりでできたてのベンチャーで大手転職エージェントが行き届いていない企業の転職案件をもっている中小転職エージェントもいる。ビズリーチにいる転職エージェントでかなり凄腕のエージェントがいるが1人で経営しており、マンションの一室でやっている一見怪しい転職エージェントが大手のエージェントよりいい場合がある。

大手転職エージェントの担当者には自分が知らない企業のリストアップをお願いすると良い機会に恵まれることをお伝えしたい。

転職エージェントとのコミュニケーション

転職エージェントはこれまで多い人では何千人と会ってきている。つまり、それだけ人のキャリアの悩みを聞き、実際にどういうキャリアパスになると成功するかを知っている。

キャリアに関する知識だけは十分に有しているため、事例を聞き、場合によってはキャリアの悩みに対して適切なアドバイスをもらえる。

背中を押す役割も担っているため、迷っているときの最後の番人として機能することもある。

転職エージェントに悪いという気持ちをもたない

転職エージェントに会っていくと、この人にはお世話になったから転職しなきゃという考えを持つ人が特に若い人にはいたりする。

日本人は特にお世話になったからというマインドが働きそう思うのも無理はない。だが、転職しない結果となっても気にする必要はない。

なぜならば、あなた自身の現職の情報を伝えるだけで転職エージェントは十分なリターンを得ているからだ。

情報こそが転職エージェントにとって重要なものであるため、生の最新情報をもらえると転職エージェントは非常に喜ぶ。そのため積極的に情報を伝え、受け身になりすぎないようにしよう。

ビジネスパートナーたる存在として付き合っていってもらうとよいだろう。

転職エージェントはたくさん会うことが重要

あまり賢い表現ではないがたくさんの転職エージェントに出向き、多くの人に会ってほしい。あなたが働いている会社で優秀でない人とそうでない人がいるだろう。

なぜその違いがわかるかというと営業成績のみならず定性的な情報からも感じ取っているからではないだろうか。

多くの社員と会っているから比較してどちらがよいということが実際に感じ取れるのだ。

よって転職エージェントも安直なアドバイスにはなるが足を運んでほしいビズリーチに登録すると多くのエージェントからオファーがくる。

その後気になった転職エージェントに返信して、オファーを見てみるとよい。様々な企業を知ることができるはずだ。

まずは行動から

転職成功している人は行動量が違う。転職エージェントに会うのはあくまで一指標であるが、多くの転職エージェントに会い、いい転職エージェントに出会う経験ができたら高確率で転職の成功が近づく。

あなたの成功を祈っている。ビズリーチに登録して会ってみて、まずは人材業界のレベルを知ろう。そこからがスタートだ。

今日は以上だ。

2019年10月の転職トレンド

2019年10月時点では、各社の採用意欲はおしなべて旺盛であるものの、ポジションの募集が減少する会社と、引き続き多くの社員を募集している会社に二極化している。景況感の悪化リスクが高まる中で、人材業やコンサルティング業など、労働集約的で「なくても困らない」サービスを提供している産業では、採用意欲が減退している。

大規模な会社は採用人数が多く、個別研修を実施するのが難しいため、10月1日や4月1日など、期の切れ目に新入社員の入社を集中させたいと考えるが、外資系企業など、会社によっては1月入社可能なところもある。 また、10月に転職をするメリットもあるので、下記の記事を参考にしていただきたい。

→10月に転職活動を開始すると有利な理由

マクロでは転職市場が狭まり始めていることを踏まえると、転職を検討しているなら、少しでも早く情報収集に動いた方が賢明だ。→ビズリーチなどの転職サイトにまずは登録し、プロのエージェントに直接ヒアリングすることをおすすめする。

10月のトレンドは、以上だ。

筆者のお勧め転職サービス

1位 ビズリーチ キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

2位 JACリクルートメント ハイキャリアに特化した転職エージェントであり、年収アップに繋がる転職支援に定評がある。年収が500万円以上の方や、その給与帯を目指したい方は登録すべきだろう。特に、年収1000万円前後の転職では日本有数の実績を有している。まずは、レジュメを登録し、キャリアコンサルタントとの面談に参加してほしい。
また、JACリクルートメントに相談した人へのインタビューは→こちら

3位 リクルートエージェント 日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

4位 アクシスコンサルティング お勧め度は4位としたが、コンサルティングファームに転職したい方には、一番お勧めしている転職エージェントだ。コンサルティングファームへの転職では日本有数の実績を有しており、主要なファームのほとんどと取引している。特に、事業会社に在籍するコンサル未経験者の支援には定評がある。どのファームでどのような選考が行われ、どうすれば合格できるかを熟知しているので、コンサルティングファームへの転職を視野に入れている方は面談に参加すると良いだろう。

5位 パソナキャリア 日本有数のHR企業であるパソナの転職支援サービスだ。丁寧な候補者支援に強みを有しており、候補者の性格や気持ちを理解しながら、ホスピタリティの高い転職支援を行ってくれることだろう。案件数はリクルートエージェントよりやや少ないが、仕事が丁寧で、自分に合った求人を丁寧に紹介してもらうことができる。他のエージェントの面談に参加し、違和感を感じた方には特にお勧めできるエージェントだ。