転職エージェント

転職のやり方に迷っている方へ 転職エージェントや求人サイトの見極め方

いざ転職活動を始めようと思い立ったが、何から始めたらいいかわからないと迷う方は多い。

転職活動は、情報戦だ。最新の転職マーケットの情報や、クローズドな優良案件は、インターネットや知人を頼って自力だけで獲得するのは至難の技だ。

転職の第一歩は、転職サイトと転職エージェントへの登録から始まる。どのサイトやエージェントがいいのかわからない、何社くらい登録すればいいのかわからない、という方に向けて、見極め方を一挙解説する。

この記事を読み終わった時には、自分の目的に合わせて必ず登録すべきサイト、エージェントが明解になっているはずだ。

転職サイトは、まずビズリーチに登録すべし

20代で転職を検討しているビジネスパーソンの多くが、ビズリーチに登録している。まず最初に必ずビズリーチに登録してほしい理由は以下だ。

企業から直接スカウトを受けられる

ビズリーチは、転職エージェントを介さず、企業が直接求職者をスカウトする仕組みがある。求職者側には、待っているだけでスカウトを受けられるというメリットがある。忙しいビジネスパーソンでも、効率的に転職活動を進めることができる

加えて、スカウトの内容(年収やポジション)を踏まえて、自身の市場価値を客観的に理解できるため、年収やポジションなどを精査した上で転職活動に臨むことができるはずだ。

他の転職サイトにはない、限定の有料案件が豊富である

ビズリーチは他の転職サイトと異なり、成功報酬型の優秀な転職なエージェントが積極的に利用している。よって、他の転職サイトにはない、非公開や限定の優良な求人の情報を得ることができる。

ビズリーチの登録から活用方法までは、以下にまとめてあるので参考にしてほしい。

なお、実際にスカウトを受けてからは、企業の担当者10名前後に会うと良い。よりビズリーチを有意義に活用して、ベストな転職先を見つけてほしい。

転職エージェントとビズリーチをうまく併用すべし

ビズリーチに加えて、自分の目的に合う転職エージェントを別途登録することをお勧めする。

なぜなら、特定の転職エージェントにしか、優良な求人や、ハイクラス向け求人をオープンにしていない企業も多いからである。試しに複数の転職エージェントに登録してみると、転職エージェントによって保有している案件がかなり異なることに気付くはずだ。

転職エージェントの探し方

転職エージェントによって、強みや保有案件が異なる。以下を見て、自分の志向にあうエージェントを複数登録してほしい。

高年収・ハイクラス向けの案件を知りたい

まず登録してほしいのはJACリクルートメントだ。ハイキャリアに特化しており、年収アップに繋がる転職支援に定評がある。特に、年収1000万円前後の転職では日本有数の実績を有している。

ハイクラス向けの案件や、マネジメントレベルの案件は、どうしても情報がクローズドになりがちだ。しかしJACリクルートメントは、求人企業との強固な信頼関係を築いているので、良い案件、最新の情報の提供が可能である。

  • 現在マネジメントレベルで年収がすでに高く、さらに高年収を目指したい
  • まだ20代〜30台半ばで、マネジメント経験はないが、年収500万円以上のポジションに転職し、キャリアアップを目指したい

という方は確実に登録すべきだ。

コンサル業界に転職したい

キャリアインキュベーションは、コンサルティングファームに転職したい方に一番お勧めしている転職エージェントだ。

特に、事業会社に在籍するコンサル未経験者の支援には定評がある。どのファームでどのような選考が行われ、どうすれば合格できるかを熟知しているので、コンサルティングファームへの転職を視野に入れている方は面談に参加すると良いだろう。

グローバルに活躍したい

グローバルに活躍できる会社やポジションを志向する方は、JACリクルートメントがおすすめだ。外資系企業や海外進出企業への転職支援で抜群の実績を残している。

ロンドン発祥の日系転職エージェントというインターナショナルな企業文化、英国とアジア8カ国に広がる独自のグローバルネットワークを背景として、求人企業との強固な信頼関係を築いているので、良い案件を大量に保有している。

アドバイザーから丁寧なサポートを受けたい

初めての転職で、親身なアドバイス、質の高いサポートをしてほしいという方には、リクルートエージェントパソナキャリアをお勧めしたい。

リクルートエージェントは、日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる

特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

パソナキャリアも、日本有数のHR企業である。丁寧な候補者支援に強みを有しており、候補者の性格や気持ちを理解しながら、ホスピタリティの高い転職支援を行ってくれることだろう。

案件数はリクルートエージェントよりやや少ないが、仕事が丁寧で、自分に合った求人を丁寧に紹介してもらうことができる。他のエージェントの面談に参加し、違和感を感じた方には特にお勧めできるエージェントだ。

ビズリーチに加えて登録したい転職サイト

ビズリーチは、すべてのビジネスパーソンが必ず登録すべき転職サイトだと自信を持ってお勧めできるが、その他にも特色ある転職サイトをご紹介しておく。

気軽に登録・転職活動を始められる

キャリトレは、一問一答形式で、短時間で気軽に登録できる転職サイトだ。登録時のプロフィールの入力が面倒な方や、まだ本格的に転職活動を開始する心の準備ができていない方にはおすすめである。

スキルや職務経験、希望条件や興味を登録しておくと、自動的にあなたに合った募集案件を集めて紹介してくれるというユニークなサービスだ。

案件も多岐に渡っているため、いますぐに転職したいという方だけでなく、自分に合った会社やポジションになんとなく興味があるという若手の方等も登録して損はないと言える。

とにかく幅広い案件を探せる

転職者の8割が利用しており、転職決定数NO.1を誇るのがリクナビNEXTだ。

掲載案件の85%が「リクナビNEXT限定案件」なので、自分のプロフィールと希望条件を登録しておいて、掘り出し物の案件がないか眺めてみるだけでも役に立つ。

第二新卒の方にアドバイス

第二新卒の方は、はじめての転職活動だし不安もあるだろう。そこで、最後に第二新卒の方に向けたちょっとしたアドバイスをお伝えしよう。

第二新卒での転職を本気で転職を考えているのであれば、おすすめしたいことは「良質な情報収集を徹底的に行う」ことだ。

まずは、ビズリーチに登録して、企業からのスカウト内容を確認してほしい。

たくさんスカウトを受けることが良い訳ではないが、どういう企業からどんなポジションの案内が来るかを見て、客観的に自分の市場価値を知ってほしい。

次に、前述の転職エージェントのうち、自分の志向に合いそうな会社に複数登録してほしい。

いずれも実績、定評のある優秀な転職エージェントだが、求職者と担当者の相性はある。多くのエージェントと出会って、自分と一番相性の良い担当者を見つけることを意識してほしい。

また、個人的には、一社の転職エージェント、ひとりの担当者の意見だけで転職先を判断することは、特に転職活動経験の浅い第二新卒の方にはおすすめしない。

転職エージェントに会ったからといって、転職活動を開始しなくてはいけないわけではない。「転職すべきかどうか悩んでいる」という方にも、ぜひ複数の転職エージェントにフラットな気持ちで相談しにいってほしい。

編集後記

いかがだったろうか。自分の目的に合わせて必ず登録すべきサイト、エージェントが明解になっているはずだ。

転職活動をしようとすると、どこから情報を集めて良いのかもわからないし、情報を集めた結果、どう動いて良いか分からないことも多いだろう。

今の時代は、転職がスタンダードであり、採用需要が流動的である。

ぜひ、求人サイトと転職エージェントを併用して最新情報を集め、効率的に転職活動を進めてほしい。

繰り返しになるが、ビズリーチと、自分にあった転職エージェントを活用して、転職活動という情報戦に勝利していただきたい。

転職を決意したならば、さっそく今日から行動してほしい。

今日は以上だ。

2019年9月の転職トレンド

2019年9月時点では、各社の採用意欲はおしなべて旺盛であるものの、ポジションの募集が減少する会社と、引き続き多くの社員を募集している会社に二極化している。景況感の悪化リスクが高まる中で、人材業やコンサルティング業など、労働集約的で「なくても困らない」サービスを提供している産業では、採用意欲が減退している。

また、大企業は採用を手控える時期に来ていることを、覚えておいてほしい。というのも、大規模な会社は採用人数が多く、個別研修を実施するのが難しいため、10月1日や4月1日など、期の切れ目に新入社員の入社を集中させたいと考える。今から内定を出したとしても、多くの候補者が10月1日入社に間に合わないため、一旦ポジションをクローズしてしまうのである。逆に言えば、今のタイミングでもポジションをオープンしている大企業は、よっぽど人数が足りずに困っている可能性が高いので、入社難易度が通常時よりも低くなっている場合が多い。

ビズリーチなどのサイトで、どのような会社がないかを探り、是非、積極的にチャレンジしていただきたい。
9月のトレンドは、以上だ。

筆者のお勧め転職サービス

1位 ビズリーチ キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

2位 JACリクルートメント ハイキャリアに特化した転職エージェントであり、年収アップに繋がる転職支援に定評がある。年収が500万円以上の方や、その給与帯を目指したい方は登録すべきだろう。特に、年収1000万円前後の転職では日本有数の実績を有している。まずは、レジュメを登録し、キャリアコンサルタントとの面談に参加してほしい。
また、JACリクルートメントに相談した人へのインタビューは→こちら

3位 リクルートエージェント 日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

4位 アクシスコンサルティング お勧め度は4位としたが、コンサルティングファームに転職したい方には、一番お勧めしている転職エージェントだ。コンサルティングファームへの転職では日本有数の実績を有しており、主要なファームのほとんどと取引している。特に、事業会社に在籍するコンサル未経験者の支援には定評がある。どのファームでどのような選考が行われ、どうすれば合格できるかを熟知しているので、コンサルティングファームへの転職を視野に入れている方は面談に参加すると良いだろう。

5位 パソナキャリア 日本有数のHR企業であるパソナの転職支援サービスだ。丁寧な候補者支援に強みを有しており、候補者の性格や気持ちを理解しながら、ホスピタリティの高い転職支援を行ってくれることだろう。案件数はリクルートエージェントよりやや少ないが、仕事が丁寧で、自分に合った求人を丁寧に紹介してもらうことができる。他のエージェントの面談に参加し、違和感を感じた方には特にお勧めできるエージェントだ。