インタビュー

ビズリーチを長年利用している敏腕転職エージェントが語るビズリーチを活用して転職を成功させる方法

当サイトではおすすめの転職サイトとしてビズリーチを挙げてきたが、長年ビズリーチ上で多くの転職を決定してきた、ベンチャー転職領域でトップクラスの実績を誇るキープレイヤーズ高野秀敏氏にお話を伺った。

転職サイトを使って転職活動をする際の参考にしてほしい。

なお、先日の高野氏のインタビューは下記からご覧になれる。

転職活動をはじめようとしているなら、ビズリーチに登録した後に他のエージェントも併用していくことがおすすめだ。
コンサル業界に特化して転職活動をしたいならキャリアインキュベーション、外資求人等のハイキャリア向け求人のみに特化したい人であればJACリクルートメントを利用すると良いだろう。

ビズリーチには優秀層が集まっている

-高野さんは、ビズリーチがローンチした初期のころから転職エージェントとしてビズリーチを利用していますね。ビズリーチの良さを教えていただけますか。

母集団の質が高いことです。ビズリーチがローンチされた当初は外資系企業のハイクラス層の方が多く登録されており、最優秀層が最初のころから登録していました。

優秀な人が使うというブランドイメージがあったためか、その後、他の業界の優秀層がビズリーチを利用するようになっていますね。

現在では、ほとんどすべての業界の優秀層が登録しています。

社長の南さん自体もモルガンスタンレー出身ですし、外資系金融をはじめとする、ユーザー理解も優れていたのだと思います。

-他にビズリーチが優れているところはありますか。

UIUXが最高で使いやすいことです。これには当初衝撃を受けました。

当時、転職サイトは、転職者向けにも転職エージェント向けにも使いやすいサイトがなかったのですが、ビズリーチは衝撃的な使いやすさでした。検索機能も優れており、登録者の経歴もわかりやすくなっています。

現在も、スマホ対応がしっかりしておりPCがなくても確認できますし、使う人のことを本当に考えたサービスではないでしょうか。

恐らく登録者の方も使いやすいからか、返信のスピードが早いサイトだという印象を持っています。

転職支援は求職者目線で行っている

-ビズリーチで求職者を探すときにどのように探しているのでしょうか。求人ありきなのか、人ありきで探しているのか、そのあたりが気になります。

求人ありきもないことはないですが、人ありきで探してますね。

求人をたくさん持っているので、面白い人に出会うことができればその人に合う求人を紹介できる自信はあります。

あくまで求職者目線で転職支援を行っていますので、その人に合ったものを紹介していきます。

もちろん企業から頼まれてその企業の幹部候補になりそうな人を探すこともあります。

– 高野さんは紹介や、求職者側からのアプローチだけでかなりの転職決定をしていますよね。それでもビズリーチを使っているのはなぜでしょうか。

大手で、年収数千万円を貰うような方って、本来は転職サイトに登録しないんですよ。ヘッドハンターのほうから勝手にアプローチがくるので。

会社に手紙が届いたり、電話がきたりする人もいますよね。

ただ、そういったエグゼクティブ層もビズリーチだけは登録しているんですよ。昔は金融業界だけだったのが、今はインターネット業界をはじめ、ベンチャー企業の幹部クラスも登録しているので、こうした人たちに会えるのはビズリーチの良い点です。

最近だと、若い人20代で大企業やベンチャーに勤める優秀層も利用しています。

ビズリーチは求職者、転職エージェント双方にとって必須のツール

-ビズリーチに登録すべき理由

ダイレクトスカウト、転職エージェントへの相談どちらもあるので、便利だと思います。ダイレクトスカウトとは、企業の人事や経営者が直接スカウトすることです。

最近のベンチャーは、経営者が自らビズリーチを使ってスカウトしているので、ビズリーチでPRするだけで転職のチャンスを掴めるわけです。

-転職エージェントも高野さんのように一流と言われる転職エージェントも数多く利用していますね。

そうですね。転職エージェントにとっても、ビズリーチは必須のツールの1つとなっていると思います。特に優秀層を中心に支援している方にとっては。

-ビズリーチで他者と差別化するレジュメのポイントはありますか。

どんな結果が出ているのが明確にわかりやすく記載することだと思います。

短期間でも結果を出している方は転職しても成功する確率が高いですし、その方の成果が目に見えてわかると、スカウトを送りやすいです。

スカウトを送りたくなるようなレジュメにすることは重要ですね。

f:id:kiyyo:20180620233645j:plain

周囲の評判が良く、結果と実績の出ているエージェントを見つけよう

-転職エージェントってたくさんいてどの人がいいかよくわかりづらいんですよね。どうやって良い転職エージェント探したらよいでしょうか。

良い評判のエージェントの人が良いかと。自分の友人や、自分と近しい属性の人に、どの転職エージェントが良かったか聞いてみるといいと思います。

やっぱり評判はある程度信用できるので、限られた時間で転職活動をするには評判はいいスクリーニングになると思います。

そして結果や実績がでている方が良いと思いますよ。結果や実績が出ている方は、色々な企業から採用の相談がきます。

幹部ポジションになると競合に情報を漏らしたくないので、信用できる転職エージェントにだけ企業の経営幹部の方が相談しますので。

実績のある方は、こうした相談を受けているのであまり多くのエージェントが持っていない求人をたくさんもっていますし。

– 高野さん自身は転職エージェントとしての評判を上げるために工夫していることはありますか。

評判を上げるために工夫したことは特にないのですが、やはり転職後の成功、採用後の成功を意識しています。転職、採用はあくまでもスタートですので。やはり結果が出て欲しいので。
転職後に活躍できるように、転職してからもコンタクトをとって、活躍できるようなアドバイスをすることもあります。

転職エージェントには本音で話そう

-ビズリーチ経由で転職エージェントに会う際に気をつけるべきことは何ですか。会う前に何か準備しておくこと、会っている時間に話すことはなんでしょうか。

きちんと自分が得意なことできることをお話しすることです。また、なんでも本音がいいですので、本音ベースの転職理由が知りたいです。

上司と合わない、給与が低すぎる、時間が遅いので21時には毎日帰りたいなどです。
早く帰りたいという理由で転職がしたいのに、いつまでも本音を言わず、内定が決まってから言われても早く帰れない会社を紹介していたらその分時間が無駄になってしまいます。
自分の要望は最初から伝えておき、各要望に優先順位があるといいでしょう。

-ありがとうございました。

編集後記:

転職エージェントとして長年活躍するキープレイヤーズ高野秀敏氏にビズリーチの使い方について詳しく伺った。

ビズリーチは、年収アップを成功させるためのチャンスが多数転がっているのでまだ登録していない方はぜひ登録してほしい。

高野氏もビズリーチを利用しており、複数の他のエージェントと比較できるのもメリットである。ぜひご利用してほしい。現在転職を考えていない人にとっても長期的に市場価値を測定するうえでも利用してほしい。

ビズリーチ以外とも併用したい場合、案件が多く、質の高いエージェントが多いリクルートエージェントに登録しておくと良いだろう。コンサルに特化しているなら、キャリアインキュベーション、外資等のハイキャリア向け求人であればJACリクルートメントビズリーチと併用して登録しておこう。

また、高野氏に相談したい際は、下記のラインから相談も可能である。

高野氏はLINE@で個人の皆様の転職相談・キャリアアドバイスを受け付けており、コンタクト後は直接、高野氏にお会いできる。今日は以上だ。

友だち追加
2019年10月の転職トレンド

2019年10月時点では、各社の採用意欲はおしなべて旺盛であるものの、ポジションの募集が減少する会社と、引き続き多くの社員を募集している会社に二極化している。景況感の悪化リスクが高まる中で、人材業やコンサルティング業など、労働集約的で「なくても困らない」サービスを提供している産業では、採用意欲が減退している。

大規模な会社は採用人数が多く、個別研修を実施するのが難しいため、10月1日や4月1日など、期の切れ目に新入社員の入社を集中させたいと考えるが、外資系企業など、会社によっては1月入社可能なところもある。 また、10月に転職をするメリットもあるので、下記の記事を参考にしていただきたい。

→10月に転職活動を開始すると有利な理由

マクロでは転職市場が狭まり始めていることを踏まえると、転職を検討しているなら、少しでも早く情報収集に動いた方が賢明だ。→ビズリーチなどの転職サイトにまずは登録し、プロのエージェントに直接ヒアリングすることをおすすめする。

10月のトレンドは、以上だ。

筆者のお勧め転職サービス

1位 ビズリーチ キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

2位 JACリクルートメント ハイキャリアに特化した転職エージェントであり、年収アップに繋がる転職支援に定評がある。年収が500万円以上の方や、その給与帯を目指したい方は登録すべきだろう。特に、年収1000万円前後の転職では日本有数の実績を有している。まずは、レジュメを登録し、キャリアコンサルタントとの面談に参加してほしい。
また、JACリクルートメントに相談した人へのインタビューは→こちら

3位 リクルートエージェント 日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

4位 アクシスコンサルティング お勧め度は4位としたが、コンサルティングファームに転職したい方には、一番お勧めしている転職エージェントだ。コンサルティングファームへの転職では日本有数の実績を有しており、主要なファームのほとんどと取引している。特に、事業会社に在籍するコンサル未経験者の支援には定評がある。どのファームでどのような選考が行われ、どうすれば合格できるかを熟知しているので、コンサルティングファームへの転職を視野に入れている方は面談に参加すると良いだろう。

5位 パソナキャリア 日本有数のHR企業であるパソナの転職支援サービスだ。丁寧な候補者支援に強みを有しており、候補者の性格や気持ちを理解しながら、ホスピタリティの高い転職支援を行ってくれることだろう。案件数はリクルートエージェントよりやや少ないが、仕事が丁寧で、自分に合った求人を丁寧に紹介してもらうことができる。他のエージェントの面談に参加し、違和感を感じた方には特にお勧めできるエージェントだ。