キャリア相談室

退職金の平均はどれくらいか。20代から退職金を得られる企業は

終身雇用、年功序列など、日本に根付いてきた働き方が変わってきている。転職は一般化し始め、退職金制度は過去のものとなりつつある。ベンチャー企業を渡り歩いている人であれば、もはや退職金という概念すら考えていないのではないだろうか。

一方で、リクルートなど、20代での退職でも退職金をもらえる企業が存在する。生涯年収を増やすには退職金はかなり大きい。もし退職金を考えているのであれば、どんな企業でもらえるのか、20代からもらうにはどうすれば良いか、今から計画を立てた方が良い。

なお、ブログ内で詳細に説明するが、退職金目的でキャリアを選んでしまうと、身につけられるスキルが中途半端になり、結果として満足な年収を稼げないことが大いにあり得る。

あくまでも退職金は、生涯年収を上げる手段の一つでしかないことを理解した上で転職活動を進めてほしい。

なお、すでに転職しようと考えていて、退職金含めて計画を立てている人は、求人サイトとエージェントにセットで登録することをおすすめする。ビズリーチに登録すると、企業側からスカウトを受けられるので、自分が最も評価されている企業候補をピックアップすることができるはずだ。

ただ、その中で退職金、あるいは福利厚生でのサポートが手厚い企業がどこなのかをネットの情報だけから拾ってくるのはあまりにも難しい。ぜひエージェントに登録して情報を集めてきてほしい。

エージェントにも特徴があり、自分の希望と合うエージェントに登録するのが良いだろう。

例えば、コンサルティングファームに今勤めている人は、キャリアインキュベーションがおすすめだ。コンサルからの転職の支援実績ではNo.1だ。元コンサルのキャリアアドバイザーも在籍しており、実情に即したアドバイスを受けることができるだろう。

一方で、高学歴・大手企業に所属している人は、JACリクルートメントに相談するのが良い。ハイクラスの転職に強いので、年収アップの実績があるエージェントだ。

それ以外の業界の方は日本一の転職支援実績を持つリクルートエージェントに相談してみよう。

求人サイトとエージェントを並行して利用すると、ある程度の情報を網羅的に獲得することができるし、自分に対してのアドバイスを受けることもできるので、大いに活用できるはずだ。ぜひ参考にしてほしい。

退職金の相場は。企業規模、年齢によって比較してみた

退職金、といってもなかなか所属している企業でないと額のイメージが湧かないであろう。今回のブログでは企業規模や年齢別で比較してみた。

企業規模で退職金を比較する

まず、従業員数が1000名を超える企業であれば、9割以上が退職金制度を取り入れている。一方で、30名〜100名規模だと7割程度に留まる。

そもそも退職金制度というのは法律で必須とされていないので、あくまでも企業都合で金額や条件を決めて良い。たとえ、導入している企業だったとしても、退職が会社都合によるものか、個人の都合によるものかで支給額が変わってしまう。

まとめると、1000名以上のいわゆる大企業の方が退職金がもらえる可能性は高まるが、企業によって支給条件が全くもって変わるので、入社時点で就業規則などをしっかりと読み込んでおくことが必要だろう。

年齢で退職金を比較する

次に年齢で退職金を比べてみよう。基本的に年齢は上がっていくほど退職金が増えていく。多くの企業では、〜30歳なら100万円、〜35歳なら120万円などと年齢でざっくり切られている。

加えて、その人の退職理由、年収なども加味されて最終的に支給金額が決定する。

要するに、企業規模と同様、年齢で見た場合にも、企業ごとに条件が異なっており、一概にこの支給金額とは言えないのである。

退職金を事前に把握しておきたいという人は、必ず面接のタイミングでエージェントに相談しよう。人事に直接質問すると、うまい逃げられ方をされてしまうかもしれない。エージェントという第三者からアドバイスをもらうことでフラットに相談を受けることができるだろう。

ただ、エージェントにも得意不得意があり、全ての業界に満遍なく情報を持っている訳ではない。エージェントごとの強みに合わせてどこに登録するかを検討してほしい。

例えば、コンサルティングファームからの転職を検討している人はキャリアインキュベーションがおすすめだ。一方で、高学歴・大手企業に所属している人は、JACリクルートメントに相談するのが良い。ハイクラスの転職に強いので、年収アップの実績があるエージェントだ。
そもそも業界が絞れていない人は、リクルートエージェントに相談してみよう。エージェントから先に情報を知っておくことで、いざ退職を考えるときにはベストなタイミング、条件で転職を進めることができるかもしれない。

リクルートのように20代から十分な退職金をもらえるケースも

リクルートのように、20代のうち、入社から半年以降で早速退職金をもらえる企業もある。リクルートは主に3年に1回、30代前後になると退職金を増す年がある。

中にはこの年を「当たり年」と呼ぶ社員もいる。この年は、多くの人が独立や転職の機会に利用する。

そもそもリクルートは人材輩出企業と言われるだけあって、長く40、50歳になっても会社に残ってほしいとは思っていない。30代のうちに、培った実力を持って外に出て、外で結果を残すための足がけとなってくれる方が会社として本望なのである。

こうした企業は、30代で1000万円以上の退職金を得ることも可能であり、独立する良いチャンスとなるだろう。

ただし、リクルートは言い方を変えれば長々とズルズル残れる企業ではないので、あくまでも将来ビジョンのある人に限って転職を勧める。
もしリクルートに転職を考えている人がいれば、リクルートエージェントに相談してみよう。内部にいる人だからこそ得られる情報が大いにあるだろうし、何より話してみたときの感覚が合うかは転職の重要な条件になるはずだ。

若くして退職金を得るには

退職金を得るためには、企業選びやスキルを身に付けることが重要だ。ただし、退職金を目的にして転職することは危険である。

大切なのは、生涯年収である。一時的に入ってくる退職金よりも、生涯でどれくらい稼げるかという生涯年収が大切である。

ただし、企業ごとに支給条件があるので、事前に退職金制度は理解しておき、もしもらえるのであれば最大限活用しよう。

このことを前提に、退職金から逆算したときに取り組むべきことをまとめた。

退職金をもらえる企業に転職する

ベンチャー企業だと、そもそも退職金なんてないと理解して入る人も多いが、一方で大手だと意外と退職金の条件が厳しい・安いということに後から気づく人が多い。

退職金は法律で決まっている訳ではないので、企業が積極的に緩和して退職を促していくとは考えられない。

であれば、リクルートのように独立を後押しするために退職金を十分に支給している企業に最初から入ることをおすすめする。

在籍期間を長くする

先にも記載した通り、ほとんどの企業では所属年数が長いほどもらえる退職金の額が増える。条件により多少、額は変動するものの、基本的に長いほどもらえるという比例は変わらないので、長く在籍した方が良い。

年収を上げる

退職金は、退職時のポジションや年収により変化することが多い。平社員であればほとんどもらえないとしても、上のポジションであれば会社からのお礼も含めて少し金額をもらえることがある。

なので、社内で結果を出して出世することが退職金を増やす良い条件だったりする。

あくまでも生涯年収に着目しよう

いかがだったろうか。本ブログでは、退職金を増すためにできることをまとめた。一方で、退職金を増す方法はあくまでも手段でしかなく、キャリアアップと必ずしもイコールとは限らない。

あくまでも生涯年収を上げるために、キャリアを選んでいき、その過程で退職金が活用できそうなのであれば活用してほしい。

なお、これから転職しようと考えていて、退職金まで含めて会社を選んでいきたい人は、必ず求人サイトとエージェントに並行で登録しよう。サイトでおすすめなのはビズリーチだ。登録すると、企業側からスカウトを受けられるので、自分が最も評価されている企業候補をピックアップすることができるはずだ。

その中から、最も退職金などが手厚い企業をエージェントに質問できれば、納得のいく選択肢が見つかるだろう。なお、エージェントにも特徴があり、自分の希望と合うエージェントに登録するのが良い。

例えば、コンサルティングファームに今勤めている人は、キャリアインキュベーションがおすすめだ。コンサルからの転職の支援実績ではNo.1だ。元コンサルのキャリアアドバイザーも在籍しており、実情に即したアドバイスを受けることができるだろう。

一方で、高学歴・大手企業に所属している人は、JACリクルートメントに相談するのが良い。ハイクラスの転職に強いので、年収アップの実績があるエージェントだ。

それ以外の業界の方は日本一の転職支援実績を持つリクルートエージェントに相談してみよう。

転職活動は、集められるだけの情報を集めて、最後の決断をするのが良い。

とにかく行動に移して、良いキャリアを歩んでいけるように頑張ってほしい。

今日は以上だ。

2019年11月の転職トレンド

企業は10月に下期の採用を終えて体制が整い、今の時期は求人情報としては凪の状況であるという向きもある。11月の採用決定者数は、数字としては低調になっているのが事実だ。

転職希望者も、上半期末や下半期初の繁忙期を終えて一息つき、転職活動をなかなか始めない。実際に、転職メディアの閲覧数は、11月は決して多くない。

だからこそ、実は、11月に転職活動を休む、年末年始休みまで転職活動を始めなくていい、というのは誤りだ。管理職や、チャレンジングなポジションの転職を望む人がいれば、少なくとも情報収集は、確実に11月から開始したほうがいい。

日本の企業の多くは3月決算だが、上期の業績の着地結果が固まるのは今、11月の始めである。企業側では、業績の着地結果を踏まえて事業計画を修正し、下期の業績達成に向けて動き出していく。

業績を達成するため、欠員を急いで補充するケースもあるが、逆に、チャレンジが必要なプロジェクトで、クリティカルに必要な人を採用するので、重要な求人ポストの募集が意外と始まる時期なのが11月だ。

中途入社は4月がピークだが、重要なポジションは採用決定まで時間がかかる。重要なポジションを4月に確実に充足させるため、先行して、とりわけ非公開ポジションの募集を始める会社も多い。 重要なポジションは数も少ないので早い者勝ちだ。あっという間にクローズするので、多くの転職希望者が気付かない間に、募集が終わっていくのである。

→ビズリーチなどの転職サイトにまずは登録し、経験豊富なプロのエージェントに、非公開ポジションの情報を、直接ヒアリングすることをおすすめする。

11月のトレンドは、以上だ。

筆者のお勧め転職サービス

1位 ビズリーチ キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

2位 JACリクルートメント ハイキャリアに特化した転職エージェントであり、年収アップに繋がる転職支援に定評がある。年収が500万円以上の方や、その給与帯を目指したい方は登録すべきだろう。特に、年収1000万円前後の転職では日本有数の実績を有している。まずは、レジュメを登録し、キャリアコンサルタントとの面談に参加してほしい。
また、JACリクルートメントに相談した人へのインタビューは→こちら

3位 リクルートエージェント 日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

4位 アクシスコンサルティング お勧め度は4位としたが、コンサルティングファームに転職したい方には、一番お勧めしている転職エージェントだ。コンサルティングファームへの転職では日本有数の実績を有しており、主要なファームのほとんどと取引している。特に、事業会社に在籍するコンサル未経験者の支援には定評がある。どのファームでどのような選考が行われ、どうすれば合格できるかを熟知しているので、コンサルティングファームへの転職を視野に入れている方は面談に参加すると良いだろう。

5位 パソナキャリア 日本有数のHR企業であるパソナの転職支援サービスだ。丁寧な候補者支援に強みを有しており、候補者の性格や気持ちを理解しながら、ホスピタリティの高い転職支援を行ってくれることだろう。案件数はリクルートエージェントよりやや少ないが、仕事が丁寧で、自分に合った求人を丁寧に紹介してもらうことができる。他のエージェントの面談に参加し、違和感を感じた方には特にお勧めできるエージェントだ。