採用方法

書類選考が早すぎる企業はブラック企業の可能性?その理由と見分け方

書類選考が早すぎる

転職活動に書類選考は避けては通れない道だ。最近では書類選考を実施していない企業もあるが、大半の企業では最低限、職務経歴書を求められることが多い。今回の記事では、書類選考の際における一般的な基準や、書類選考が早すぎるのはブラック企業なのかについて書いてみた。

読者の中には書類選考の際に、「転職先候補企業の返信があまりにも早くて人が少ないのではないか……」と感じた経験をお持ちの人はいないだろうか?

もちろん書類選考の返信の早さだけで企業の良し悪しは判断できないが、これに関わらず 、転職活動の際は入念に情報を集めた方が良いだろう。

書類選考などで企業を見極めるような手間を取らずに、転職先を精査して進めたいとすでに考えている人であれば、まずビズリーチに登録しよう。豊富な案件を保有しており、各コンサルタントが候補者にとって良質な求人を案内してくれるため、おすすめだ。他にも良質なエージェントに相談したいという人であれば、業界で最も多くの案件を保有しているリクルートエージェントに登録しよう。

業界に特化して、コンサルを中心に見たいという人であればアクシスコンサルティング、高年収の人であれば外資系求人やハイキャリア向けの求人を取り扱っているJACリクルートメントをおすすめしたい。いずれにしてもまず、ビズリーチに登録すると良いだろう。

転職活動時の書類選考とは?

転職活動時における書類選考とは文字通り、履歴書や職務経歴書のみで行われる選考である。通常、企業の多くは、まず一次選考に書類選考を使っている。書類選考は精査に時間がかかるため、企業ごとに基準を設けて行うのが一般的だ。

例えば、学歴フィルタ、経験者フィルタ、資格フィルタなど複数のフィルタリングを行うことで効率的に採用活動を実施できるようにしている。応募者をふるいにかけるために使用していることが多いが、他にも候補者の優先度付けなどにも使用している。

企業に応募する際は、フィルタが何によってかけられているかは理解しておいたほうがいい。効率的に転職活動を行うためには必要な要素だ。

なお、各企業のフィルタリング情報を理解するために登録しておくと良いのが転職エージェントだ。最低限ビズリーチは登録しておくと良いだろう。応募したい企業の情報を保有しているコンサルタントが相談に乗ってくれるはずだ。

また、企業によって提出形式はある程度決まっているはずなので応募要件に従って提出しよう。

一般的な書類選考の期間

書類選考にどのくらいの期間を要するのかは、企業によって異なる。

一般的には企業に書類が届いてから2週間程度、もしくは10営業日程度で返事をくれるケースが多い。ただし、企業によって事情が異なるため、これが遅くなるからといって不採用になったわけではないので注意したい。

書類選考が早すぎるとブラック企業の可能性がある?

書類選考が早い場合はどうだろう?書類選考の結果が早すぎる場合は、あまりにも人手が足りていないから選考が早いのでは?と疑ってしまうこともあるだろう。書類選考が早い理由としては、以下のようなことが一般的には考えられる。

①書類選考が早すぎる理由:応募が少なく、基本的に面接を実施している

応募が少ない場合、できる限り候補者を逃したくないというのが採用担当者の本音だろう。

たとえ履歴書や職務経歴書の内容が大した内容ではなくても、書類だけでは採用担当者は候補者を見極められない。実際によくある採用担当者の失敗として、職務経歴書のみで候補者を判断しすぎて、ほとんどが採用選考に乗らず、採用KPIが未達になるというものだ。

そのミスを抑えるためにもひとまず会ってみて、書類と照らして判断するという採用担当者が多いのは知っておいたほうが良い。

②書類選考が早すぎる理由:人手不足

人手不足で喉から手が出るほど採用したいという企業のケースだ。

この場合はブラック企業なのが要因で人手が不足している可能性もあれば、シンプルに事情が重なって退職者が重なってしまい、人が欲しいという可能性もある。しっかり情報を収集した上でブラック企業なのかどうかを判断してほしい。ビズリーチやリクルートエージェントに登録しておくと、こうした情報を手にすることができるだろう。

③書類選考が早すぎる理由:シンプルに仕事力が高い

書類選考のフィルタリングは、実は基準さえ決まっていればそこまで時間がかからない。優秀な採用担当者ほど、他社に有力な候補者を取られないようになるべく返事を早くして、差別化を図っている場合も多い。

書類選考が早いからといって必ずしもブラック企業ではない

上記のように書類選考が早いといっても、一概に人手不足のブラック企業とは言えないのが実情だ。特に採用担当者のアクションが早い場合、良質な企業である可能性が高い。レスが早いことでブラック企業を疑うのはかなり早計な判断なので、正確な情報を取得することが必要だ。

まずはビズリーチに登録しよう

BIZREACH

逆に書類選考が遅い場合は?

逆に書類選考が遅い場合はどうだろうか?

連絡が遅くなる理由としては以下のようなことが考えられる。

①人事が繁忙期

②人事担当者の数が少ない

③応募人数が多い

④応募者が蓄積されるまで待っている

いずれにしても、書類選考が遅すぎるからといって不採用となったわけではないことも多々あるので注意したい。

もし書類選考の返答があまりにも遅い場合、確認をしてもいいのか?

基本的には確認しないほうが良い。採用担当者は複数のポジションの候補者に対し、同時進行で面接やスカウトなどを行っているため、多忙であることが多く、一人の候補者だけを見ているのではない。

ただ、返事が来ると伝えられた期日を大幅に遅れた場合には確認をしたほうが良い。その際は配慮をもった言葉を使って確認したい。

書類選考の前にまずは転職エージェントに登録するべき

いずれにしても書類選考のみで企業の良し悪しは判断できないため、転職エージェントに登録して正しい企業の情報を収集したほうが良い。転職エージェントは企業担当者とつながっていることが多いため、情報収集がしやすく、無駄に書類を送る前に企業の良し悪しを判断できるのでおすすめだ。

まず、ビズリーチに登録しておこう。豊富な案件を取り揃えていることに加えて、スカウトメールを受け取ることもできるため、自分の市場価値なども確認することができるので、他のエージェントと併用するのがおすすめだ。

転職エージェントの質を求めるのであればリクルートエージェントに登録しておこう。業界の中でもエージェントの質が高いことで有名で、エージェントに外れが少ない。外資系求人などのハイキャリア向け求人であればJACリクルートメント、コンサルであればアクシスコンサルティングなどを登録しておくと良いだろう。

編集後記

いかがだっただろうか?今回は書類選考が早すぎる企業がブラック企業かどうかについて書いてみた。結論としては、正確な情報を手にしていくことが一番必要なことなので、ビズリーチを始めとする転職エージェントに登録し、エージェントを通じて正確な情報を手にしながら転職活動を進めてほしい。

今日は以上だ。

2019年11月の転職トレンド

企業は10月に下期の採用を終えて体制が整い、今の時期は求人情報としては凪の状況であるという向きもある。11月の採用決定者数は、数字としては低調になっているのが事実だ。

転職希望者も、上半期末や下半期初の繁忙期を終えて一息つき、転職活動をなかなか始めない。実際に、転職メディアの閲覧数は、11月は決して多くない。

だからこそ、実は、11月に転職活動を休む、年末年始休みまで転職活動を始めなくていい、というのは誤りだ。管理職や、チャレンジングなポジションの転職を望む人がいれば、少なくとも情報収集は、確実に11月から開始したほうがいい。

日本の企業の多くは3月決算だが、上期の業績の着地結果が固まるのは今、11月の始めである。企業側では、業績の着地結果を踏まえて事業計画を修正し、下期の業績達成に向けて動き出していく。

業績を達成するため、欠員を急いで補充するケースもあるが、逆に、チャレンジが必要なプロジェクトで、クリティカルに必要な人を採用するので、重要な求人ポストの募集が意外と始まる時期なのが11月だ。

中途入社は4月がピークだが、重要なポジションは採用決定まで時間がかかる。重要なポジションを4月に確実に充足させるため、先行して、とりわけ非公開ポジションの募集を始める会社も多い。 重要なポジションは数も少ないので早い者勝ちだ。あっという間にクローズするので、多くの転職希望者が気付かない間に、募集が終わっていくのである。

→ビズリーチなどの転職サイトにまずは登録し、経験豊富なプロのエージェントに、非公開ポジションの情報を、直接ヒアリングすることをおすすめする。

11月のトレンドは、以上だ。

筆者のお勧め転職サービス

1位 ビズリーチ キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

2位 JACリクルートメント ハイキャリアに特化した転職エージェントであり、年収アップに繋がる転職支援に定評がある。年収が500万円以上の方や、その給与帯を目指したい方は登録すべきだろう。特に、年収1000万円前後の転職では日本有数の実績を有している。まずは、レジュメを登録し、キャリアコンサルタントとの面談に参加してほしい。
また、JACリクルートメントに相談した人へのインタビューは→こちら

3位 リクルートエージェント 日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

4位 アクシスコンサルティング お勧め度は4位としたが、コンサルティングファームに転職したい方には、一番お勧めしている転職エージェントだ。コンサルティングファームへの転職では日本有数の実績を有しており、主要なファームのほとんどと取引している。特に、事業会社に在籍するコンサル未経験者の支援には定評がある。どのファームでどのような選考が行われ、どうすれば合格できるかを熟知しているので、コンサルティングファームへの転職を視野に入れている方は面談に参加すると良いだろう。

5位 パソナキャリア 日本有数のHR企業であるパソナの転職支援サービスだ。丁寧な候補者支援に強みを有しており、候補者の性格や気持ちを理解しながら、ホスピタリティの高い転職支援を行ってくれることだろう。案件数はリクルートエージェントよりやや少ないが、仕事が丁寧で、自分に合った求人を丁寧に紹介してもらうことができる。他のエージェントの面談に参加し、違和感を感じた方には特にお勧めできるエージェントだ。