キャリア相談室

サラリーマンの生涯年収はいくら?20代から考えるべき、生涯年収を上げる方法とは

キャリアアップを狙う人もそうでない人も、働く上で気になるのが年収だろう。一方で、20代の多くは目先の月給や年収に目をつけている人が大半だ。確かに、目先の昇進や転職活動によって年収をアップさせることも大切なのだが、それと同等かそれ以上に生涯年収という視座で考えることを提案したい。

今回のブログでは20代のうちから、生涯年収について考えることがなぜ重要なのかをまとめた。生涯年収が高い人材になることから逆算すると、結果として最適な環境とスキルが必須となるので、目先のキャリアにも大いに役立つ。ぜひ今日から参考にしてほしい。

後ほど詳細に記載するが、どんなに努力しても生涯年収が満足に上がらない企業がある。あるいは市場価値の低いスキルを身につけていると、社内でポジションを上げていくこともできないし、転職で良い企業に入ることもできない。

生涯年収が伸び悩むことを防ぐのであれば、早くから対策を練ることが必須だろう。

なお、既に転職によって生涯年収を上げたい、あるいはスキルを上げたいと考えている人は、まずビズリーチに登録することをおすすめする。企業もエージェントも、即戦力となる優秀層を採用しようと利用しているので、他の求人サイトでは出会えないような優良求人に出会えるかもしれない。

また、ビズリーチはスカウトを受け取ることができるので、自分を最も評価してくれている企業あるいは業界を見極めることが可能だ。転職活動をしていく上で、自分の価値が最大化される業界に入っていくのが最も良い。

ちなみに、求人サイトだけに登録するのはもったいない。転職市場は水物なので、情報がかなり流動的だ。最新の情報はサイトだけでなくエージェントからも仕入れることを推奨する。

ただ、エージェントといってもサービスは複数あるので、下記から自分に当てはまるものを選んでほしい。

まず、コンサルから転職したい方は、キャリアインキュベーションに登録してキャリアアドバイザーの面談を受けてほしい。コンサルからの転職の支援実績ではNo.1だ。元コンサルのキャリアアドバイザーも在籍しており、実情に即したアドバイスを受けることができるだろう。

グローバルに活躍していた方は、グローバル案件に強いJACリクルートメントに相談するのが良い。ハイクラスの転職に強いので、年収アップの実績があるエージェントだ。

それ以外の業界の方は日本一の転職支援実績を持つリクルートエージェントに相談してみよう。多くの企業への転職成功事例を知っているので、参考になる。必ずキャリアアドバイザーとの面談に参加するべきだ。

求人サイトとエージェントを並行して利用すると、ある程度の情報を網羅的に獲得することができるし、自分に対してのアドバイスを受けることもできるので、大いに活用できるはずだ。ぜひ、参考にしてほしい。

生涯年収の平均はどれくらいか

まず多くの読者が気になるのが、生涯年収の平均はどれくらいなのか?という話題だ。多くの記事では、サラリーマンの平均が3億円と言われているが、気をつけてほしい。

平均で取ってしまうと、生涯年収が何兆円、何億円という人が値を引き上げてしまうので、実態よりも平均値が高く感じてしまう。具体的には、下記の通りだ。

この世界に以下の3名しか存在しなかったとする。

・アパレル会社の社長1名、年収3000万円

・サラリーマン管理職、年収650万円

・パートの主婦、年収340万円

この世界の平均年収は1330万円だ。サラリーマンもパート主婦も、2/3名がこの平均年収に及んでいないのに、平均年収がこの額になるのである。

つまり、平均でみると、高年収の人に引っ張られてしまうので、実態は3億円に到達しない人が大半なのである。

一般的には、こうした計算では中央値を用いて、中間順位の人の年収を取る。上記の例であれば、中央値はサラリーマンの年収650万円である。

同様の算出方法でいくと、生涯年収はだいたい2億円だと言われている。

生涯年収の高い企業、業界

生涯年収の高い業界は、「コンサル(M&A)」「広告」「商社」だと言われている。電通や三菱商事、キーエンスなど、いわゆる大手企業が年収を上げるのに最も効率的な企業だろう。

電通や三菱商事など、いわゆる日系の大手企業は、まだまだ年功序列な風土が残っているので、上にいけば行くほど、年次が上になれば必然的に給与は上がっていく。つまり、コンサルや実力主義なキーエンスとは異なり、高年収が保証されているのである。

やはり生涯年収となると、ベンチャー企業よりも大手の該当業界が好ましい。

ただ、ベンチャーから独立して起業という人も多いので、一概に大手が良いという訳ではない。自分のキャリアを考えた時に、起業という選択肢がなく、かつサラリーマンとしてやっていく前提なのであれば、大手企業に入ることを検討してみてほしい。

近年は、商社などをはじめとして転職者を多く受け入れる企業も増えてきた。とはいえ、ベンチャー企業などと比較するとなかなか前例もなく、転職しようと思ってもどうして良いかわからないだろう。

すでに商社への転職を検討し始めていれば、すぐにビズリーチに登録することをおすすめする。商社側、あるいはエージェントからスカウトを受けられるので、スムーズに転職活動を進められるはずだ。
加えて、エージェントであればJACリクルートメントに相談するのが良い。ハイクラスの転職に強く、年収アップの実績があるエージェントなので、うまく転職をサポートしてくれるだろう。

20代から考える、生涯年収を上げる方法

20代だと、なかなか生涯年収という目線で転職を検討できないだろう。しかし、冒頭でも記載した通り、押さえるポイントはかなりシンプルである。

3つの要点に分けて記載したので、ぜひ参考にしてほしい。

年収が上がる企業に転職する

そもそも論として、年収がなかなか上がらない企業は多い。これはベンチャー企業に限らず、日系大手でも思ったように上がらないケースはごく普通に起こりうる。

そうした環境では、どんなに結果を出してもスキルを伸ばしても目指せる年収はたかが知れている。

もしあなたが年収を本気で上げに行きたいと考えているのであれば、年収が上がる企業へ転職しよう。なお、転職するのであれば早い方が良い。転職する際の年収は、スキルだけでなく前職の年収も大いに参考にされてしまう。

元々の年収が低い場合、転職してもスタートラインが低く、年収が上がったとしても生涯年収でいうと大きく損をしてしまうことが多い。

年収を上げるための転職は、早め早めに行動しよう。なお、まだ転職先の業界に全く見当が付いていないのであれば、日本一の転職支援実績を持つリクルートエージェントに相談してみよう。全ての業界に精通しており、漠然とした段階でも相談しやすいはずだ。

現在の企業で出世する

年収を上げるためにできる行動は、所属している企業の中で結果を出すことである。もし先述のような年収の上がる企業に所属しているのであれば、その中で努力することが最も好ましい。

正直なところ、活躍できる人材はどこの企業でも活躍できるし、活躍できない人材は大抵どこにいっても失敗する。すでに年収面で恵まれた企業にいるのであれば、変に転職を検討するよりも、目の前の慣れた環境で結果を出すことに注力した方が良い。

かつ、結果を出すのは早い方が良い。30代で突然開花するなんていうことはかなり稀なので、20代で華が開かなければ、自然と30代よりも前に出世ルートから外れる。

早め早めで努力を積み重ねていってほしい。

スキルを上げて、高年収企業に転職する

今の企業で年収が上がる見込みがない一方で、今のスキルのまま転職しても納得のいく結果が得られないという人は、市場価値がどのように上がるかを見つめ直してみてほしい。

いわゆる大手企業にいる人だと、そもそも雑用に近い仕事しかしておらず、これといったスキルがないことが多い。またベンチャーにいる人だと、広い範囲のことに挑戦しているとはいえ、器用貧乏になりがちだ。つまり、市場価値の低い人というのは、わかりやすい強みのないことが多い。

仮に年収を本気で上げようとするのであれば、何か一つわかりやすいスキルを身に付けることが大切であろう。

もしマーケティングに従事しているのであれば、データ分析をするためのエンジニアスキルまで身に付けるなど、一段上まで実力を伸ばすべきである。

生涯年収アップは、環境選びとスキルアップが肝

いかがだったろうか。

本ブログでは、生涯年収に着目することのススメと、押さえるべきポイントを説明した。生涯年収を上げるために努力することは、結果として日々の月給、年収にも寄与するし、自らの市場価値を安定的に上げることにもつながる。

ぜひ、生涯年収アップが実現できる企業選びと、スキルアップに勤しんでほしい。

なお、すでに転職を考えている人は、早速、求人サイトとエージェントに登録し、リサーチ&情報を集め始めてほしい。

具体的におすすめなサイトとしては、ビズリーチだ。求人サイトは手軽に登録できるので、本格的に企業やエージェントとコネクションを作りに行きたい人に真っ先に登録してほしい。

なお、コンサルからの転職である場合は、キャリアインキュベーションに登録してキャリアアドバイザーの面談を受けてほしい。コンサルからの転職の支援実績ではNo.1だ。

ハイクラスの転職を検討している人は、JACリクルートメントに相談するのが良い。業界が絞れていない人は、日本一の転職支援実績を持つリクルートエージェントに相談してみよう。

今回の記事でも何度か出てきている通り、20代という早い時期から年収アップを狙って貪欲に努力するべきである。ぜひ頑張ってほしい。

今日は以上だ。

2019年11月の転職トレンド

企業は10月に下期の採用を終えて体制が整い、今の時期は求人情報としては凪の状況であるという向きもある。11月の採用決定者数は、数字としては低調になっているのが事実だ。

転職希望者も、上半期末や下半期初の繁忙期を終えて一息つき、転職活動をなかなか始めない。実際に、転職メディアの閲覧数は、11月は決して多くない。

だからこそ、実は、11月に転職活動を休む、年末年始休みまで転職活動を始めなくていい、というのは誤りだ。管理職や、チャレンジングなポジションの転職を望む人がいれば、少なくとも情報収集は、確実に11月から開始したほうがいい。

日本の企業の多くは3月決算だが、上期の業績の着地結果が固まるのは今、11月の始めである。企業側では、業績の着地結果を踏まえて事業計画を修正し、下期の業績達成に向けて動き出していく。

業績を達成するため、欠員を急いで補充するケースもあるが、逆に、チャレンジが必要なプロジェクトで、クリティカルに必要な人を採用するので、重要な求人ポストの募集が意外と始まる時期なのが11月だ。

中途入社は4月がピークだが、重要なポジションは採用決定まで時間がかかる。重要なポジションを4月に確実に充足させるため、先行して、とりわけ非公開ポジションの募集を始める会社も多い。 重要なポジションは数も少ないので早い者勝ちだ。あっという間にクローズするので、多くの転職希望者が気付かない間に、募集が終わっていくのである。

→ビズリーチなどの転職サイトにまずは登録し、経験豊富なプロのエージェントに、非公開ポジションの情報を、直接ヒアリングすることをおすすめする。

11月のトレンドは、以上だ。

筆者のお勧め転職サービス

1位 ビズリーチ キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

2位 JACリクルートメント ハイキャリアに特化した転職エージェントであり、年収アップに繋がる転職支援に定評がある。年収が500万円以上の方や、その給与帯を目指したい方は登録すべきだろう。特に、年収1000万円前後の転職では日本有数の実績を有している。まずは、レジュメを登録し、キャリアコンサルタントとの面談に参加してほしい。
また、JACリクルートメントに相談した人へのインタビューは→こちら

3位 リクルートエージェント 日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

4位 アクシスコンサルティング お勧め度は4位としたが、コンサルティングファームに転職したい方には、一番お勧めしている転職エージェントだ。コンサルティングファームへの転職では日本有数の実績を有しており、主要なファームのほとんどと取引している。特に、事業会社に在籍するコンサル未経験者の支援には定評がある。どのファームでどのような選考が行われ、どうすれば合格できるかを熟知しているので、コンサルティングファームへの転職を視野に入れている方は面談に参加すると良いだろう。

5位 パソナキャリア 日本有数のHR企業であるパソナの転職支援サービスだ。丁寧な候補者支援に強みを有しており、候補者の性格や気持ちを理解しながら、ホスピタリティの高い転職支援を行ってくれることだろう。案件数はリクルートエージェントよりやや少ないが、仕事が丁寧で、自分に合った求人を丁寧に紹介してもらうことができる。他のエージェントの面談に参加し、違和感を感じた方には特にお勧めできるエージェントだ。