キャリア相談室

手取り25万円は一般的に高いのか?手取り25万円の仕事と生活水準

20代~30代の人が暮らしていく際、毎月の収入が手取り25万円というのは、果たして十分な収入なのだろうか?

結論から言うと、月に手取り25万円の収入は、一人暮らしならばそれなりの生活が可能だが、結婚してパートナーに収入がなかったり、子どもを育てたりする場合は、現実的には十分な収入とは言えないだろう。

年収UPを見据えて転職をするなら、まずはビズリーチに登録してほしい。優良企業の求人を確認したり、企業や転職エージェントからのスカウトを受けたりできるからだ。まだ転職するかどうか決めていない人も、ビズリーチに登録して自分の市場価値を知ることが何よりも重要だ。

加えて、日本一の転職支援実績を持つリクルートエージェントか、優秀層に強いJACリクルートメントのキャリアアドバイザーに相談するのが良い。ただし、コンサルに興味があるなら、キャリアインキュベーションもお勧めだ。キャリアインキュベーションは転職決定者の7割超が年収1000万円以上を達成している。

複数のサービスを活用することで相対的な視野を得ることができる。ビズリーチには必ず登録し、その上でいくつかのサービスを併用するのが成功の秘訣だ。

手取り25万円の月収と年収

手取りとは、額面金額(総支給額)から税金や社会保険などを抜いたもので、実際に毎月手元に支払われる金額だ。 社会保険料や税金は、家族構成や住んでいる地域によっても異なる。

毎月の手取りが25万円の場合、額面では約30万円、年収は約360万円~450万円程度だ。年収は、ボーナスの有無や算出方法によって金額に幅がある。

実際の年収や支払った保険料・税金は、年末調整後に会社から発行される源泉徴収票に記載されている。

また、国税庁の調査によると年齢階層別の年収平均は、20代後半で370万円、30代前半で410万円だ。手取り25万円は、年収にすると約360万円〜450万円程度となるため、ほぼ平均的だと言える。

手取り25万円ではどんな生活ができるか

家賃負担の有無や、1人暮らしなのか、パートナーとの2人暮らしなのか、ファミリーでの暮らしなのかによって、生活水準は異なる。

家賃の目安

まず、家賃を払う場合だが、一般的に手取り金額の3分の1程度が家賃の目安と言われている。手取りの3分の1を超えてしまうと、食費や交際費を削らないと生活できなくなるうえ、貯金ができなくなるので要注意だ。

つまり、手取り25万円の場合は、手取りの3分の1である8万円以下に抑えるのが理想といえる。

都内23区内で、管理費込みで8万円で住める物件の多くは、20㎡程度のワンルームもしくは1Kが平均的だ。築年数や間取り、最寄り駅からのアクセス、立地等、何を重視するかによって物件の選択肢は様々だが、いずれにしても都心で家賃8万円で2DK以上を借りるのは難しい。

以下に、手取り25万円での暮らしを、家賃負担の有無と世帯人数別に述べる。

実家暮らし

家賃の負担のない実家での生活であれば、多少実家に生活費を入れたとしても、余裕のある生活ができる。よほど散財をしない限り、毎月5万円以上の貯金も可能だ。

一人暮らし

家賃負担を8万円にすると、自由になるお金は20万円を切る。ざっくりと光熱費や携帯等の固定費が2万円程度、食費や交際費で10万円程度とすると、5万円程度の貯金も可能だ。ただ、趣味や習い事、ショッピングや旅行など、意識的に貯金をしないと5万円程度はあっけなく消えてしまうので要注意だ。

パートナーと二人暮らし

2人が同じ程度の収入であれば、余裕のある生活が可能だ。家賃も、収入を合算してその3分の1ならば広く快適な住まいを得られるだろう。お互いが貯金もできるし、個々に自由にできるお金も十分だ。

一方で、パートナーに収入がなければ、割とタイトな生活となる。都心の場合は、家賃8万円のワンルームや1Kに2人で住むことになるため、なかなか窮屈だ。また、携帯代や食費、交際費、日用品など被服費、娯楽費も2倍となる。

狭いからといって家賃をあげて広いところに住むと、生活費や自由になるお金を削らなくてはならなくなり、厳しい生活となる。

配偶者・子どもと家族暮らし

2人暮らし同様、2人の収入が同程度であれば、ある程度余裕をもって生活ができるだろう。

手取り25万円のみで、家族全員を養うのはなかなか厳しいといえる。夫婦2人の生活費に加え、子どもの生活費や養育費もかさむ。また、家族3人以上となると、都心の場合は、家賃8万円の物件では狭いのは間違いない。なんとかやりくりできるのは、子どもが幼いうちだけだろう。

急な出費への備えも必要

冠婚葬祭や病気などの急な出費についても備えが必要だ。特に、20代から30代にかけては、結婚式等のイベントへの参加で急な出費が多くなる。ご祝儀や自分の洋服や靴等そろえる度に、まとまった金額が出ていく。ボーナスがある場合は、そこから臨時支出に備えるお金を分けておくとよい。

手取り25万円の仕事にはどんなものがあるか

手取り25万円は、年収にすると約360万円~450万円程度となる。年収約360万円~450万円程度の仕事には以下のようなものがある。

30代は一般的なサラリーマン、20代はインセンティブ有りの営業職やマネージャー

30代前半の一般的なサラリーマンの年収は400万~450万円台で、ボーナスがある場合は、手取りが25万円程度だ。

20代だと、インセンティブがある営業職やマネージャー職は手取り25万円が見込める。営業の収入は、固定給+インセンティブのケースが多く、成績次第で高収入が得られる。

業種としては、メディアやマスコミ、金融、ITなどは20代でも年収が高めの傾向だ。

Webディレクター

Webディレクターは、Webプロデューサーからの指示を元にWebサイト制作の実務を行う職務だ。一般的なキャリアパスとして、WebデザイナーやコーダーからWebディレクターへ、そして、Webプロデューサーになるケースが多い。

企業によって開きはあるが、Webディレクターの平均年収の相場は400万円~500万円程度だ。ボーナス込みとすると月々の手取りは25万円~程度だ。

Webディレクターの需要は多く、経験があり能力のある人は、年収UP等より条件の良い企業への転職が可能だ。

ITエンジニア

本人のスキルや、所属する組織によって大きく差があるが、一般的に、SEやプログラマー、WEBエンジニア、アプリ系エンジニア、ネットワークエンジニア等の平均年収が400万円〜450万円程度である。

なお、ITコンサルタントやプロジェクトマネージャー等、上流工程にいけば平均年収は顕著に高くなっていく。

手取り25万円からの転職で考慮すべきこと

これまで、手取り25万円の生活水準や仕事について述べてきたが、ファミリーでの生活や、時々は海外旅行に行きたい、車が買いたい、マンションを買いたいとなると、手取り25万円は、ギリギリもしくは赤字となるレベルだ。

近い将来を見据えて、結婚して2人で生活をした際でも多少のぜいたくができ、子どもを安心して育てられるような生活を望むのならば、年収UPを考え転職を検討することを勧める。また、転職する際には応募時の年収だけでなく、昇給率も考慮するべきだ。

転職エージェントは、自分で行うには難しい年収交渉や昇給率の確認、給与だけが高いブラック企業の排除等を代わりに行ってくれる。転職エージェントを積極的に活用するのが、年収UPにつながる転職を成功させる秘訣だ。

まずは、ビズリーチに登録し、数ある転職エージェントとの接点を持つことを勧める。その中で、自分が望むスタイルでの支援を得られる転職エージェントを数社選び、継続して転職の支援をしてもらうのがよい。

加えて、日本一の転職支援実績を持つリクルートエージェントか、優秀層に強いJACリクルートメントのキャリアアドバイザーに相談するのが良い。ただし、コンサルに興味があるなら、キャリアインキュベーションもお勧めだ。キャリアインキュベーションは転職決定者の7割超が年収1000万円以上を達成している。

複数のサービスを活用することで相対的な視野を得ることができる。ビズリーチには必ず登録し、その上でいくつかのサービスを併用するのが成功の秘訣だ。

同業種への転職

現在の職種で手取り25万円以上を目指すことができ、専門性を高めたいのであれば、今の会社よりも条件の良い同職種の会社に転職するのがよい。

現職の実績がしっかりあれば、転職先で即戦力として活躍できるだろう。

未経験職種への転職

一方で、現在の職種を変えたい場合は、未経験職種へのチャレンジとなる。未経験でも採用されやすく、年収450万円以上稼ぐのに現実的な仕事は、インセンティブのある営業職だ。20代であれば、営業は未経験からでも採用されやすい。

編集後記

将来の年収UPを見据えて転職をするなら、まずはビズリーチに登録してほしい。優良企業の求人を確認したり、企業や転職エージェントからのスカウトを受けたりできるからだ。

まずは、ビズリーチ上に自分の職務経歴や希望条件を登録することをお勧めする。それを見て、エージェントや企業からスカウトが届くだろう。

加えて、日本一の転職支援実績を持つリクルートエージェントか、優秀層に強いJACリクルートメントのキャリアアドバイザーに相談するのが良い。ただし、コンサルに興味があるなら、キャリアインキュベーションもお勧めだ。キャリアインキュベーションは転職決定者の7割超が年収1000万円以上を達成している。

いずれにせよビズリーチにまず登録してから、さまざまなアクションを起こそう。転職活動は、戦略的に進めた者勝ちである。明るい未来が来ることを信じている。

今日は以上だ。

2019年11月の転職トレンド

企業は10月に下期の採用を終えて体制が整い、今の時期は求人情報としては凪の状況であるという向きもある。11月の採用決定者数は、数字としては低調になっているのが事実だ。

転職希望者も、上半期末や下半期初の繁忙期を終えて一息つき、転職活動をなかなか始めない。実際に、転職メディアの閲覧数は、11月は決して多くない。

だからこそ、実は、11月に転職活動を休む、年末年始休みまで転職活動を始めなくていい、というのは誤りだ。管理職や、チャレンジングなポジションの転職を望む人がいれば、少なくとも情報収集は、確実に11月から開始したほうがいい。

日本の企業の多くは3月決算だが、上期の業績の着地結果が固まるのは今、11月の始めである。企業側では、業績の着地結果を踏まえて事業計画を修正し、下期の業績達成に向けて動き出していく。

業績を達成するため、欠員を急いで補充するケースもあるが、逆に、チャレンジが必要なプロジェクトで、クリティカルに必要な人を採用するので、重要な求人ポストの募集が意外と始まる時期なのが11月だ。

中途入社は4月がピークだが、重要なポジションは採用決定まで時間がかかる。重要なポジションを4月に確実に充足させるため、先行して、とりわけ非公開ポジションの募集を始める会社も多い。 重要なポジションは数も少ないので早い者勝ちだ。あっという間にクローズするので、多くの転職希望者が気付かない間に、募集が終わっていくのである。

→ビズリーチなどの転職サイトにまずは登録し、経験豊富なプロのエージェントに、非公開ポジションの情報を、直接ヒアリングすることをおすすめする。

11月のトレンドは、以上だ。

筆者のお勧め転職サービス

1位 ビズリーチ キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

2位 JACリクルートメント ハイキャリアに特化した転職エージェントであり、年収アップに繋がる転職支援に定評がある。年収が500万円以上の方や、その給与帯を目指したい方は登録すべきだろう。特に、年収1000万円前後の転職では日本有数の実績を有している。まずは、レジュメを登録し、キャリアコンサルタントとの面談に参加してほしい。
また、JACリクルートメントに相談した人へのインタビューは→こちら

3位 リクルートエージェント 日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

4位 アクシスコンサルティング お勧め度は4位としたが、コンサルティングファームに転職したい方には、一番お勧めしている転職エージェントだ。コンサルティングファームへの転職では日本有数の実績を有しており、主要なファームのほとんどと取引している。特に、事業会社に在籍するコンサル未経験者の支援には定評がある。どのファームでどのような選考が行われ、どうすれば合格できるかを熟知しているので、コンサルティングファームへの転職を視野に入れている方は面談に参加すると良いだろう。

5位 パソナキャリア 日本有数のHR企業であるパソナの転職支援サービスだ。丁寧な候補者支援に強みを有しており、候補者の性格や気持ちを理解しながら、ホスピタリティの高い転職支援を行ってくれることだろう。案件数はリクルートエージェントよりやや少ないが、仕事が丁寧で、自分に合った求人を丁寧に紹介してもらうことができる。他のエージェントの面談に参加し、違和感を感じた方には特にお勧めできるエージェントだ。