第二新卒

第二新卒でソニー株式会社(Sony)に転職する方法

ソニー株式会社(Sony)といえば、日本を代表するテクノロジーメーカーである。もちろんハードウェアだけでなく、映画や音楽、保険や金融、不動産など、あらゆる分野に関わる多国籍コングロマリットだ。

新卒の就活でももちろん大変人気が高く、「新卒でソニー株式会社(Sony)に入社したかった」という方も多いだろう。意外かもしれないが、ソニー株式会社(Sony)では中途転職でも、複数のポジションで採用を活発に行っているのだ。

ソニー株式会社(Sony)に第二新卒のタイミングで転職することは、どんな意味があるのだろう。また、第二新卒のソニー株式会社(Sony)への転職のコツや、入社後についてまとめてみた。

なお、ソニー株式会社(Sony)に関心があればまず登録するべきなのはビズリーチだ。ソニー株式会社(Sony)をはじめとする大企業、人気企業からのスカウトが直接届く。

グローバルに活躍したい方はJACリクルートメント、より多くの求人情報を仕入れたい方はリクルートエージェントに登録すべきだ。まずはビズリーチに登録しながら、いくつかのエージェントを併用してほしい。

第二新卒とはいつまでか?

「第二新卒」という定義は、新卒のように明確な基準がない。しかし、一般的には新卒で入社して3年未満の求職者、転職活動をする人たちを指すことが多く、年齢で言えば概ね25~26歳以下となる。

少子高齢化により学生数は減少、よって新卒人材も減少しているため、近年は優秀な人材の取り合いがとても激しくなっている。そのため、企業は第二新卒からも人材を求め、不足する若手層を補填する傾向にある。

第二新卒でソニー株式会社(Sony)を選ぶ理由は?

第二新卒でソニー株式会社 (Sony) を選ぶ理由は、なんといっても、20代のうちに世界最高峰の技術力を誇る業績の好調な大企業で、優秀な多様な仲間と共に働けることだろう。

また、大企業でありながらも成長事業を抱えているため、成長分野での仕事にかかわるチャンスがあることは、大きなやりがいにつながる。

さらに、評価制度の透明性が高いこと、福利厚生が充実しておりワークライフバランスがとりやすいことも魅力的だ。

第二新卒での転職でチャレンジするには十分な価値がある企業と言える。

ソニー株式会社(Sony)の最近の企業事情

ソニー株式会社 (Sony) の最近の業績と将来性は?

ソニー株式会社 (Sony) は、一時の不調を感じさせないほど、絶好調の業績を維持している。2018年度の通期決算業績は、売上高は8兆6657億円(前年度比1%増)、営業利益は8942億円(同22%増)、純利益は同87%増の9163億円と、快進撃を続けている。

なかでも、PlayStation 4(PS4)や半導体の中心となっているハイエンドスマートフォン向けイメージセンサーの好調が顕著だ。

また、他にも映画や音楽などのコンテンツ事業も堅調だ。サービスや製品を利用した期間や利用量に対して対価を支払う課金提供型のビジネスである、サブスクリプションビジネスで安定的に収益を生んでいる。

かつてはメイン事業の家電でその頭角を現してきたソニー株式会社 (Sony) だが、現在では家電、ゲーム、半導体、エンターテインメント、保険等さまざまな事業を展開している。

ソニー株式会社(Sony)の社風は?

ソニー株式会社 (Sony) の社風は、創業者の一人、井深 大氏が設立趣意書の中で記した言葉「自由闊達にして愉快なる理想工場」が、しっかりと根付いていると言われている。

失敗を恐れずチャレンジ精神に富む人が多く、新しいことにチャレンジしやすい社風だ。

さらに、他部署との連携が多く部署間での連携が良く、大企業にありがちな縦割りの文化ではない風通しの良い社風だ。

また、特筆すべきは、ソニー株式会社 (Sony) の社員のほぼ全員が、ソニーが大好きで、ソニーというブランドや製品に対して敬意と愛情を持っていることだ。

ソニー株式会社 (Sony) の年収は?

ソニー株式会社 (Sony) は、新入社員でも最大で年収730万円を支払う新しい給与制度をスタートさせる。

これは、AI(人工知能)など極めて高い技術を持った人材に限定されるが、年功序列を崩す一端となりえるだろう。

また、ソニー株式会社 (SONY) の平均年収は、四季報によると2019年3月時点では1,051万円と高い水準だ。

20代後半では、平均年収は600万円代後半となっており、同業他社に比べ高めの平均年収だ。

ソニー株式会社 (Sony) が求める人物像

ソニー株式会社 (Sony) は、将来に向けて変化を起こし、その変化を粘り強く組織で実行に移していく意欲のある人を求めている。

それは、口先だけで理想や批判を語る第三者的な評論家ではなく、新たな提案ができ、それを自ら実行できる人だ。

また、多種多様な人々が集う企業であるため、異なる文化や意見を受け入れ、チームワークを大切にし、何より学ぶ意欲の高さ、成長への意欲がある人を必要としている。

単に学歴が高いだけの人、成功体験に固執するような人、過度に大企業であることに期待する人は不要だ。

ソニー株式会社 (Sony) の選考難易度はどれくらい?

ソニー株式会社 (Sony) の選考難易度はかなりのハイレベルだ。

まず注意すべき点は、選考の入口が、最終学歴卒業後の年数によって異なっていることだ。
最終学歴卒業後3年未満の場合は、新卒者と同じエントリーにて選考、卒業後3年以上の場合は、経験者採用枠での選考となる

とはいっても、いずれの選考も、「ソニー株式会社(SONY)に入って何ができるのか」を突きつけられることには変わりはない。

これまでの自分自身の経験や身につけたスキルや、何ができるか、何をやりたいかについて、自分の言葉で熱量をもってどれだけ語れるかが重要だ。

あわせて、3年未満での応募の際は、新卒との差別化のために、就業経験のある人は「1社目で何をしてきたか」、就業経験のない人は「卒業後の空白期間で何をしてきたか」が重要となってくるのは明らかだろう。

ソニー株式会社 (Sony) に中途入社した場合、待遇はどうなるか?

グローバル企業で多種多様な社員が集まってくるため、入社時の研修は充実している。

また入社後も、学ぶ意欲のある人、学び続ける姿勢を持つ人に、各々の役割に着眼した多くの学習機会を用意している。

ソニー株式会社 (Sony) の中途組と新卒組との格差は?中途でも出世できるのか?

ソニー株式会社 (Sony) では、中途入社か、新卒入社かどうかは、評価・処遇・昇進などに全く関係がない。

実際に、若手からトップマネジメントに至るまで、中途入社した社員も活躍しており、管理職として働いている社員も多数存在している。

ソニー株式会社(Sony)に何才まで転職できるのか?

中途入社での年齢制限はない。

ただ、先にも述べたように、最終学歴卒業後3年未満か3年以上かで応募の入り口が異なっているため注意が必要だ。

実際には、募集のある職種で現メンバーの年齢や経験等の人員構成によって、望ましいとされる年齢層は一定あるだろう。

ソニー株式会社(Sony)に自分の学歴や職歴で入れるのか?

応募の際は、学歴不問だ。

自分の学歴や職歴で入れるかどうかは、希望する職種によって異なる。
それぞれの職種の必須要件に記載の経験やスキルを確認し、自分の経験やスキルとマッチしていれば応募は可能だ。

ソニー株式会社 (Sony)への第二新卒の転職で失敗しないコツ

本気でソニー株式会社 (Sony) に入りたいと考えているのなら、必ず転職エージェントを利用することを勧める。

現在力を入れて募集している職種や、各職種に求められる資質や経験、スキルの詳細については、転職エージェントが圧倒的な情報を持っている。

企業の募集要項に書かれていること以外の要件や、欠員の状況等タイムリーな情報を保有しているので、転職エージェントをうまく活用するべきだ。

エージェントを利用した上で、自分自身が、いかにソニー株式会社 (Sony) が大好きで、「ソニー株式会社(Sony)でこれがやりたい」と自分の言葉で語れることが必須だ。

本気でソニー株式会社 (Sony) に入りたいなら、必ず転職エージェントを利用する!

第二新卒は上記に述べてきたように、特に転職しやすい時期である。ソニー株式会社 (Sony)だけに限ることではないが、自分自身を知るためにもまずは転職エージェントに登録することをお勧めする。

ソニー株式会社 (Sony)に興味のある方がまず登録するべきなのはビズリーチだ。ソニー株式会社 (Sony)をはじめとする大手企業や人気企業、転職エージェントからのスカウトが直接届く。

なお、グローバルに活躍したい方はJACリクルートメント、より多くの求人情報を仕入れたい方はリクルートエージェントに登録すべきだ。まずはビズリーチに登録しながら、いくつかのエージェントを併用してほしい。

利用するメリットとしては、過去の転職者の情報も踏まえ、ソニー株式会社 (Sony)の内情など、HPなどでは知ることができない情報や、内定獲得のためのポイントを直に教えてもらえることだ。また何より自己分析や評価など、適切なアドバイスや手厚い支援を受けられるため、自身の市場価値も確実に知ることができる。

自力で何をしていいか分からない方はもちろんだが、エージェントを利用することは、第二新卒で転職を成功させる上で必須と言える。

今日は、以上だ。

筆者のお勧め転職サービス

1位 ビズリーチ
キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

2位 JACリクルートメント
ハイキャリアに特化した転職エージェントであり、年収アップに繋がる転職支援に定評がある。年収が500万円以上の方や、その給与帯を目指したい方は登録すべきだろう。特に、年収1000万円前後の転職では日本有数の実績を有している。まずは、レジュメを登録し、キャリアコンサルタントとの面談に参加してほしい。

3位 リクルートエージェント
日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

4位 アクシスコンサルティング
お勧め度は4位としたが、コンサルティングファームに転職したい方には、一番お勧めしている転職エージェントだ。コンサルティングファームへの転職では日本有数の実績を有しており、主要なファームのほとんどと取引している。特に、事業会社に在籍するコンサル未経験者の支援には定評がある。どのファームでどのような選考が行われ、どうすれば合格できるかを熟知しているので、コンサルティングファームへの転職を視野に入れている方は面談に参加すると良いだろう。

5位 パソナキャリア
日本有数のHR企業であるパソナの転職支援サービスだ。丁寧な候補者支援に強みを有しており、候補者の性格や気持ちを理解しながら、ホスピタリティの高い転職支援を行ってくれることだろう。案件数はリクルートエージェントよりやや少ないが、仕事が丁寧で、自分に合った求人を丁寧に紹介してもらうことができる。他のエージェントの面談に参加し、違和感を感じた方には特にお勧めできるエージェントだ。