20代~30代のキャリアを考えるブログ

若手のキャリア、転職についてインタビュー、意見を発信しています。

年収450万円から実質年収750万を目指す副業戦略

今回は、年収が420万円〜480万円あたりで3年程度停滞している、または先輩社員が皆その年収帯で足踏みをしているのをみて不安を感じている20代を対象に、記事を書かせていただいた。20代で年収が500万円ない人は焦ったほうがいいかもしれない - 20代~30代のキャリアを考えるブログの記事でも触れたので、一読してドキッとされた方も多いかもしれない。
今回はこれまで具体的には触れてこなかった副業というカードを交えて、本来は突破するのが一番難しい年収700万円の壁を超える戦略を論じてみたい。

 

副業の3つリスクと負けパターン

副業というと、「ネットワークビジネス」やチケット等の「転売」などの胡散臭いビジネスをイメージする方が多いかもしれない。しかし、そうした話題は、ここでは扱わない。このブログの読者はそういった情報を期待していないだろうし、そうした情報は他をあたればいくらでもあるだろう。

そして、それ以上に、有名企業の社員が副業をする場合の勝ちパターンと負けパターンを見てみると、前述のビジネスが副業として負けパターンに属することが良くわかるからだ。

(注 あくまで副業としての話だ。本業にするほどに突き抜けてしまえば、むしろ大成功した事例はいくらでもある。最近は、会社にばれにくいということでメルカリとヤフオクの価格差を利用した転売で小銭を稼ぐサラリーマンが多いが、ウイスキーの「転売」が大当たりして会社を辞めて本業にした知り合いもいる。)

副業を行う場合のリスクは、以下の3つに大別できる。
1、本業で禁止されている場合にバレてしまう
2、副業に際限なく時間を使ってしまい本業に支障をきたす
3、副業をマネジメントできずに副業でトラブルを起こす

それぞれ具体的に見ていこう。

本業で禁止されている場合にバレてしまう

1については大抵の人が最も注意するところなので、実際にはよほど下手なことをしない限りは問題にはなりにくい。また最近は、副業を何らかの形で認めている職場も増えている。

それでも不安な方は、今後下記をテーマに記事を公開予定なので、参考にして対策を立てて欲しい。
・税金、職場バレなどの副業に関するトラブル対策
・副業力の高まる転職の交渉術 職場でのカミングアウト

副業に際限なく時間を使ってしまい本業に支障をきたす

実は2で失敗する人が非常に多い。企業が副業を禁止するのも、これを恐れるからだ。気づかないうちに、本業への意欲が落ち、パフォーマンスが下がり、周囲からの信頼も失っていく。さらに厄介なことには、当人は支障をきたしているという自覚がないこともあるのだ。

優秀な人ほど、副業が儲かりだすと本業との葛藤に苛まれやすく、あらかじめキャリアを俯瞰した戦略をたてていないと苦しむことになる。戦略を持って副業をコントロールするか、見切りをつけて本業に専念するべきだが、中には突き抜けてしまうケースもある。

私の友人がリクルートで働きながらシステムの受託開発をしていた。フリーランスのエンジニアを使いながら、週末をやりくりして器用にこなしていたが、順調に仕事が増えすぎて疲れがたまってしまい、受託のビジネスはやめることにした。
しかし、副業をやめ本業に専念するのではなく、副業をベースに自社サービスを立ち上げ資金調達をしてリクルートを辞め、今は上場目前というのだから恐れ入る。

 

副業をマネジメントできずに副業でトラブルを起こす

3は、結果的に2に結びつく。

なぜ、そんなことになるのか。答えは単純だ。本業に比べて副業はボラティリティが高い。そして、それは自分の行動と直接的に結びついている。
脳の報酬系であるドーパミンは、自分の行動と関連しながらもボラティリティの高い事象に対して期待する時に分泌される、ワクワク、ドキドキする強力な脳内物質だ。さんざん努力しても自分以外の要素でどうとでもなってしまう、本業の会社の業績やボラティリティの低い査定などよりも、副業の方が強烈に脳に作用してしまうのだ。

 

副業で勝つための3つの注意点

f:id:careerhigh_s:20190101235335j:plain

 

 

前述した副業の罠を避けるために、副業をあくまで副業として続けたいのであれば、以下の3点が重要になる。

1、適切な副業の型を選ぶ
2、副業に適した環境を作る
3、副業力を高める

適切な副業の型を選ぶ

1については、前項の裏返しになる。つまり、ボラティリティの無い副業の形をデザインするのだ。本業の合間にドキドキしながら副業をしたり、やればやるほど儲かってしまったりするような副業ではなく、きっちり定額の報酬を得られて、本業以上になるべく早く切り上げたくなるような設計にするべきなのだ。
安定してコントロールできる業務のアウトソースなどが該当するだろう。

副業に適した環境を作る

2については、副業を認めている職場や、仕事量自体の余裕や、時間配分に裁量のある職場を選ぶことが挙げられる。形式的に副業OKと言っていても、実際はとても認める空気では無い職場も多いので、実際に副業をしている社員がいるかはよく見極めたい。

副業力を高める

3についてだが、コンサル出身者は副業がうまい人が多い。これは、副業力の多くの部分がコンサルタントの能力と被るからだ。
まず、ベースとなるハードワークをこなす知的・肉体的体力があること。時間管理、リスク管理のスキル。そして何よりも大切なのは、副業でもコンサルの案件を取ることが多いため、1の要件を自然とまとめる力が備わっていることである。

一方で、コンサルティング会社は決して副業に適した会社とは言えない。多忙すぎるからだ。副業力は、個人の能力と環境の掛け合わせで決まるということを理解して、まさに戦略的に高めていく必要がある。


年収450万円の強みを考える

すでに述べた給料を上げる技、<【給料が低いあなたへ】給料を上げるための奥義を紹介>を活用すれば、年収500万円の大台にのることは決して難しくないと思う。
しかし、たとえ年収500万に到達したとしても、すでに失速気味の現在の本業の延長線上では、年収700万円という分厚い壁を突破する見込みは低いと感じているのではないだろうか。まして、年収1000万など期待するのも馬鹿馬鹿しいと思うかもしれない。

そこで、20代で年収400万円台という年収の優位性について改めて考えてみてほしい。
年収300万円代では、例えばビズリーチに登録しても、即戦力として採用するのはベンチャーなど余裕のない会社ばかりだ。
一方で、年収500万円を超えると、自分の求める条件に該当する中で選べる求人も当然限られてくる。

つまり、年収400万円代は、平均的な優秀層の年収の踊り場にあたりやすいのだ。年収アップは難しくても、年収をキープ、または多少の増減の範囲で仕事を選びやすい。さらに、選べる業務や企業の多様性もあるのだ。
豊富なカードを活かして、副業という観点で、もう一度違うゲームを戦ってみるのはどうだろうか。多少年収は下がっても、副業をする時間や精神的なゆとりのある会社を選ぶこともできれば、副業力を磨き、個人の商品力を上げるような職場を選ぶこともできる。

 

副業戦略がもたらす実質年収

年収400万円代が、副業力を高めやすい年収帯であるのは理解していただけたかと思う。しかし、年収450万円を年収750万円にするというと、月あたり25万円、本業にも匹敵する副業をしなくては達成できないと感じるのではないだろうか。

しかし、実際にやってみるとそこまでキツくはない。
まず、個人事業主で売上規模がこの水準だと、消費税を受け取れるのに納税の義務がなく、丸々収入になる。これだけで、仮に売上が年に300万なら、税率8%として、消費税分が24万円にもなる。

さらに、年収がこれだけ大幅に上がると、所得税が累進課税で跳ね上がるのだが、副業をしていると、PC、ネット、携帯、ビジネス書など、さまざまな費用を経費で落とせることになる(業務に使用している範囲という原則で)。年収450万の人が、体感ベースでの実質年収を300万円UPするために必要な税抜収入は、18〜19万円程度だと思われる。

さらに、副業関係は、一つの会社のみと結ぶ必要はない。むしろおすすめは、3社程度に分散することだ。そうすると一社あたりの売上は、税抜6万円ほどで済むのだ。

 

本気で年収750万を目指すならまずは本業を見直せ

結論として、もし年収450万で停滞しているあなたが、年収750万という高みを戦略的に狙うのであれば、副業は本命戦略の筆頭になりうる。そこには一定の労力と不安が伴うだろうが、本業で同じ成果を望むよりは勝算があるだろう。

まずは、今の自分が今の本業でどれくらいの年収アップが狙えるかを知るためには、ビズリーチに登録するのが良いだろう。ビズリーチには多くのヘッドハンターが登録しており、自分の適正年収を教えてくれるから、気軽に相談して見ると良い。

また、今の職場で副業が難しいと感じているのであれば、ビズリーチ に登録して副業を認めている職場を探して見てほしい。本業での年収アップではなく、副業力アップを意識して探せば必ずおすすめの会社が見つかるはずだ。

今日は以上だ。