リクルート

リクルートへ転職したい方に読んで欲しい記事

当サイトでは、リクルートに関する記事を多く出してきた。リクルートは転職先として非常に人気であり、また、リクルート出身者がベンチャーを中心に多く活躍している。

リクルートで働くことは一種のステータスと考えている人もいる。

リクルートに関する記事をこれまで書いてきたものをまとめさせていただいたので、ご覧になってほしい。

リクルートへ転職を検討している人、およびリクルートからのネクストキャリアを考えている人にとっては参考になる情報が多いので特に参考にしてほしい。

リクルートは意外にも、他の人材会社も積極的に活用している。ビズリーチに登録すると、リクルートに強いエージェントから連絡がくる。リクルートエージェントが伝えにくいセンシティブなリクルートの内部情報も、外部のエージェントであれば、遠慮せずに教えてくれるだろう。

コンサルからリクルートを目指す方はキャリアインキュベーション、グローバルに活躍していた方がリクルートを目指す場合はJACリクルートメントを活用しよう。

リクルートは独自性の強い会社だ。だからこそ、転職エージェントに必ず内情や合格するための方法を聞いて受験してほしい。それらを聞いてからリクルートを受けるのと、聞かずにに受けるのでは、雲泥の差だ。過去問を解かずに受験をする受験生がいないのと同じように、転職エージェントに相談せずにリクルートを受けることは正しい選択とは言えない。

リクルートの古株メンバーへの取材

リクルートに昔から在籍している方に取材を行った。正確にはリクルートに入社したわけではなく、会社がリクルートに買収されるというプロセスを経て、リクルートに入社した方である。

リクルートの昔の様子や外から見たリクルートの良さを語っていただき、今のリクルートとは違った様子を感じ取ることができて良い取材になった。

昔のリクルートの様子を知りたい人にとっては面白い記事だろう。時間があるときにぜひ読んでいただきたい。

リクルートをすすめる理由

当サイトで人気の記事だ。転職でリクルートを検討している人向けに書いているのと同時に、とりあえず転職したいという人向けにリクルートをおすすめした。

リクルートをすすめる理由はいろいろあるが、卒業生が活躍していることが一番大きい。リクルート出身者を一覧でまとめてあるのでぜひチェックしてほしい。 

リクルート社員の区分に注意

相反する記事だが、リクルート出身者が使えないという声を聞く。それはおかしいのではないかと考えた内容だ。

リクルートで使えないと言われている人たちについて分析した。

 

 

リクルートスタッフィングに関する記事

リクルートは人材領域が強いが、そのなかでも派遣ビジネスを展開しているリクルートスタッフィングの現役社員に取材を行った。

リクルートスタッフィングの大方を占める営業担当者の声である。

リクルートといえど、人材、美容、車など様々な領域があるが、人材ビジネスは古きよきリクルートを体現しているといえる。

リクルートスタッフィングは、中途採用も含め、採用を活発に行っているので、転職を検討している人はぜひご覧になっていただきたい。

 

リクルートに転職する際の注意点

リクルートは転職希望者が多い一方、転職希望者を食い物にする転職エージェントも多い。

リクルートやアクセンチュアが転職エージェントにとって主要取引先であることも少なくない。まずはリクルートはいかが?リクルートキャリアなら入れるよ?と適性を考えずに転職をすすめてくる。

リクルートやアクセンチュアをすすめられたら必ず理由を確認しよう。リクルートだからといって安易に転職をしてしまってはいけない。

考えてから、そして、なぜリクルートなのかをはっきりさせよう。入社するためにも、そして入社後活躍するためにも、理由を考えておくことは重要である。

リクルートキャリアに転職した第二新卒の事例

リクルートに転職して大成功だったと言える人もいる。日系大企業で暇な状態から、リクルートキャリアに転職して楽しく仕事ができるようになった人のインタビューだ。

リクルートキャリアへの転職経緯や、第二新卒で転職するときの注意点が書いてある。

日系大手から第二新卒でリクルートに転職する人は増えているので、リクルートを少しでも考えている人は特に注意して読んでいただきたい。

f:id:daremotsukawanai:20180927134821j:plain

リクルートの採用変化

リクルートは新卒採用へ大きな影響力を及ぼしている。リクルートは新卒のみならず、転職、派遣、アルバイトと様々な領域で力があり、大きな収益をあげている。

リクルートの新卒採用の変化について考えるところがあったので述べさせていただいた。

事業会社とコンサルの比較

リクルートからコンサルへ転職する人も多い。

事業会社からコンサルへ転職する場合の参考になる記事だ。ちなみに本記事はリクルート出身者について書いたのではなく、一般的な事業会社からコンサルへの転職について書いてある。

この記事は参考になる点が多いのでぜひ読んでいただきたい。

 

リクルート出身女性起業家まとめ

リクルートは多くの起業家を輩出している。リクルートの特徴は女性の活躍も多いことだ。営業の最前線で泥まみれになり戦うのは、リクルートでは男女関係なく行われている。

リクルートで活躍したい人はぜひご覧いただきたい。

リクルートの経営戦略

リクルートの買収や経営戦略の事例について細かくまとめてある。リクルート分析の教科書的な位置づけとして読んでほしい。

特にリクルートは、Indeedをはじめグローバル企業の買収に走っている。国内の小さいベンチャーではなく、大きく影響力のあるベンチャーを高い金額で買収している。

リクルートに興味がある人、大企業の経営について知りたい人にぜひ読んでほしい。長い記事であるので時間があるときに読むとよいだろう。

リクルートから、もしくはリクルートへ転職で検討している人向けに

リクルートから、もしくはリクルートへ転職を検討している人は上記の記事をぜひ読んでいただきたい。

 

リクルートは意外にも、他の人材会社も積極的に活用している。ビズリーチに登録すると、リクルートに強いエージェントから連絡がくる。リクルートエージェントが伝えにくいセンシティブなリクルートの内部情報も、外部のエージェントであれば、遠慮せずに教えてくれるだろう。

コンサルからリクルートを目指す方はキャリアインキュベーション、グローバルに活躍していた方がリクルートを目指す場合はJACリクルートメントを活用しよう。

リクルートは独自性の強い会社だ。だからこそ、転職エージェントに必ず内情や合格するための方法を聞いて受験してほしい。それらを聞いてからリクルートを受けるのと、聞かずにに受けるのでは、雲泥の差だ。過去問を解かずに受験をする受験生がいないのと同じように、転職エージェントに相談せずにリクルートを受けることは正しい選択とは言えない。

リクルートエージェントやキャリアカーバーは、同じグループのせいか、利用を避ける人が多い。

今日は以上だ。

 BIZREACH

2019年10月の転職トレンド

2019年10月時点では、各社の採用意欲はおしなべて旺盛であるものの、ポジションの募集が減少する会社と、引き続き多くの社員を募集している会社に二極化している。景況感の悪化リスクが高まる中で、人材業やコンサルティング業など、労働集約的で「なくても困らない」サービスを提供している産業では、採用意欲が減退している。

大規模な会社は採用人数が多く、個別研修を実施するのが難しいため、10月1日や4月1日など、期の切れ目に新入社員の入社を集中させたいと考えるが、外資系企業など、会社によっては1月入社可能なところもある。 また、10月に転職をするメリットもあるので、下記の記事を参考にしていただきたい。

→10月に転職活動を開始すると有利な理由

マクロでは転職市場が狭まり始めていることを踏まえると、転職を検討しているなら、少しでも早く情報収集に動いた方が賢明だ。→ビズリーチなどの転職サイトにまずは登録し、プロのエージェントに直接ヒアリングすることをおすすめする。

10月のトレンドは、以上だ。

筆者のお勧め転職サービス

1位 ビズリーチ キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

2位 JACリクルートメント ハイキャリアに特化した転職エージェントであり、年収アップに繋がる転職支援に定評がある。年収が500万円以上の方や、その給与帯を目指したい方は登録すべきだろう。特に、年収1000万円前後の転職では日本有数の実績を有している。まずは、レジュメを登録し、キャリアコンサルタントとの面談に参加してほしい。
また、JACリクルートメントに相談した人へのインタビューは→こちら

3位 リクルートエージェント 日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

4位 アクシスコンサルティング お勧め度は4位としたが、コンサルティングファームに転職したい方には、一番お勧めしている転職エージェントだ。コンサルティングファームへの転職では日本有数の実績を有しており、主要なファームのほとんどと取引している。特に、事業会社に在籍するコンサル未経験者の支援には定評がある。どのファームでどのような選考が行われ、どうすれば合格できるかを熟知しているので、コンサルティングファームへの転職を視野に入れている方は面談に参加すると良いだろう。

5位 パソナキャリア 日本有数のHR企業であるパソナの転職支援サービスだ。丁寧な候補者支援に強みを有しており、候補者の性格や気持ちを理解しながら、ホスピタリティの高い転職支援を行ってくれることだろう。案件数はリクルートエージェントよりやや少ないが、仕事が丁寧で、自分に合った求人を丁寧に紹介してもらうことができる。他のエージェントの面談に参加し、違和感を感じた方には特にお勧めできるエージェントだ。