20代~30代のキャリアを考えるブログ

若手のキャリア、転職についてインタビュー、意見を発信しています。

リクルートへ転職したい方に読んで欲しい記事

当サイトでは、リクルートに関する記事を多く出してきた。リクルートは転職先として非常に人気であり、また、リクルート出身者がベンチャーを中心に多く活躍している。

リクルートで働くことは一種のステータスと考えている人もいる。

リクルートに関する記事をこれまで書いてきたものをまとめさせていただいたので、ご覧になってほしい。

リクルートへ転職を検討している人、およびリクルートからのネクストキャリアを考えている人にとっては参考になる情報が多いので特に参考にしてほしい。

リクルートの古株メンバーへの取材

リクルートに昔から在籍している方に取材を行った。正確にはリクルートに入社したわけではなく、会社がリクルートに買収されるというプロセスを経て、リクルートに入社した方である。

リクルートの昔の様子や外から見たリクルートの良さを語っていただき、今のリクルートとは違った様子を感じ取ることができて良い取材になった。

昔のリクルートの様子を知りたい人にとっては面白い記事だろう。時間があるときにぜひ読んでいただきたい。

リクルートをすすめる理由

当サイトで人気の記事だ。転職でリクルートを検討している人向けに書いているのと同時に、とりあえず転職したいという人向けにリクルートをおすすめした。

リクルートをすすめる理由はいろいろあるが、卒業生が活躍していることが一番大きい。リクルート出身者を一覧でまとめてあるのでぜひチェックしてほしい。 

リクルート社員の区分に注意

相反する記事だが、リクルート出身者が使えないという声を聞く。それはおかしいのではないかと考えた内容だ。

リクルートで使えないと言われている人たちについて分析した。

 

 

リクルートスタッフィングに関する記事

リクルートは人材領域が強いが、そのなかでも派遣ビジネスを展開しているリクルートスタッフィングの現役社員に取材を行った。

リクルートスタッフィングの大方を占める営業担当者の声である。

リクルートといえど、人材、美容、車など様々な領域があるが、人材ビジネスは古きよきリクルートを体現しているといえる。

リクルートスタッフィングは、中途採用も含め、採用を活発に行っているので、転職を検討している人はぜひご覧になっていただきたい。

 

リクルートに転職する際の注意点

リクルートは転職希望者が多い一方、転職希望者を食い物にする転職エージェントも多い。

リクルートやアクセンチュアが転職エージェントにとって主要取引先であることも少なくない。まずはリクルートはいかが?リクルートキャリアなら入れるよ?と適性を考えずに転職をすすめてくる。

リクルートやアクセンチュアをすすめられたら必ず理由を確認しよう。リクルートだからといって安易に転職をしてしまってはいけない。

考えてから、そして、なぜリクルートなのかをはっきりさせよう。入社するためにも、そして入社後活躍するためにも、理由を考えておくことは重要である。

リクルートキャリアに転職した第二新卒の事例

リクルートに転職して大成功だったと言える人もいる。日系大企業で暇な状態から、リクルートキャリアに転職して楽しく仕事ができるようになった人のインタビューだ。

リクルートキャリアへの転職経緯や、第二新卒で転職するときの注意点が書いてある。

日系大手から第二新卒でリクルートに転職する人は増えているので、リクルートを少しでも考えている人は特に注意して読んでいただきたい。

f:id:daremotsukawanai:20180927134821j:plain

リクルートの採用変化

リクルートは新卒採用へ大きな影響力を及ぼしている。リクルートは新卒のみならず、転職、派遣、アルバイトと様々な領域で力があり、大きな収益をあげている。

リクルートの新卒採用の変化について考えるところがあったので述べさせていただいた。

事業会社とコンサルの比較

リクルートからコンサルへ転職する人も多い。

事業会社からコンサルへ転職する場合の参考になる記事だ。ちなみに本記事はリクルート出身者について書いたのではなく、一般的な事業会社からコンサルへの転職について書いてある。

この記事は参考になる点が多いのでぜひ読んでいただきたい。

 

リクルート出身女性起業家まとめ

リクルートは多くの起業家を輩出している。リクルートの特徴は女性の活躍も多いことだ。営業の最前線で泥まみれになり戦うのは、リクルートでは男女関係なく行われている。

リクルートで活躍したい人はぜひご覧いただきたい。

リクルートの経営戦略

リクルートの買収や経営戦略の事例について細かくまとめてある。リクルート分析の教科書的な位置づけとして読んでほしい。

特にリクルートは、Indeedをはじめグローバル企業の買収に走っている。国内の小さいベンチャーではなく、大きく影響力のあるベンチャーを高い金額で買収している。

リクルートに興味がある人、大企業の経営について知りたい人にぜひ読んでほしい。長い記事であるので時間があるときに読むとよいだろう。

リクルートから、もしくはリクルートへ転職で検討している人向けに

リクルートから、もしくはリクルートへ転職を検討している人は上記の記事をぜひ読んでいただきたい。

ビズリーチはリクルートに強い転職エージェントもいるのでご覧になってほしい。またリクルート出身者を多く転職させている転職エージェントも多い。

リクルートエージェントやキャリアカーバーは、同じグループのせいか、利用を避ける人が多い。

今日は以上だ。

 BIZREACH