キャリア相談室

「英語は苦手だから」と英語での仕事を人に押し付ける人達

仕事をしていると多かれ少なかれ英語を使う機会があるのだろうか。外国人からの問い合わせが来たときや、海外の業者とのやりとりの際に連絡をする際に基本的には共通言語である英語を使う必要がある。そんな時に英語ができないからと英語対応をすぐに逃げる迷惑な人たちがいるため述べたい。

英語は苦手だからで済ませていいのだろうか

1時間以上のカンファレンスで通訳をする必要があるときは専門の通訳が必要でそれ相応の技能が必要になるが通訳が必要でないレベルの仕事、ちょっとしたメールのやりとりや電話でのやりとりを同僚に押し付ける人はいかがなものかと思う。

彼らは俺は英語ができないから、英語だと全く話せないからとか言って、帰国子女を探して代わりに仕事をしてもらう。帰国子女だからさも、対応してもらって当たり前かのように接しているが、対応してもらった分の仕事を代わりにやってあげている人を見たことがない。 英語は苦手だからといって全部敬遠している人は大抵仕事ができないと感じている。

仕事で使う必要がある以上は勉強すべきでは

仕事で英語を使う機会があるならば最低限の勉強はしてほしいと思う。使う機会が月1回でもあるならば英語を最低限やるげきではなかろうか。エクセルが使えないから代わりの人にやってくれといって通じるものではない。

英語ができないからと人にその業務を肩代わりさせている人は、肩代わりしている人の時間を奪っていることを自覚してほしいと思う。

帰国子女は困っている

帰国子女は英語ができるために、よく人からお願いをされる。CV,Resumeを見てくれ、英文メール見てくれ、代わりに電話をしてくれと頼まれ、簡単なものを引き受けると延々と仕事を頼まれ続ける。

英語を日本語に、日本語を英語に翻訳する作業は全く成長につながらないために、できるだけ避けたいと思うのだが日本は残念ながら英語を自由に操れる日本人が少ないために多くの人に頼まれる構造ができあがってしまっているのだ。

英語ができるだけで余裕で高年収がもらえる

この前友人と久しぶりに話をしていたときに、ふと「英語ができるだけでこんなに年収がもらえるのは日本だけだ」と言っていた。彼自身は有名大学を卒業し、某有名企業を経て米国の投資会社で働いている。

日本を含めアジアや北米を飛び回っているが、日本人が英語ができないために英語ができるだけで競争率ががくっと下がって簡単に高い年収の仕事にありつけるといっていた。 英語ができることが差別化要因になっている状況では帰国子女でネイティブ並みの英語力が話せることはかなり大きい。

英語ができない人のための英語仕事術

とはいえ、英語のできない人が電話で対応して後で大きな間違いになってしまっては取り返しがつかないため周りの英語ができる人を頼る必要があるだろう。 そうしたときのための英語の仕事術について述べたいと思う。海外のオフィスから電話が来たと仮定しよう。

まずは話してわかるかわからないか確認

大抵、ビジネスの場合、数字や日程かだれか紹介してくれといった場合なので内容がわからなくても数字か固有名詞は何度かかってもいいので聞きまくろう。 相手がいらついていても気にする必要はない。

こっちが協力しないと向こうのビジネス進行しないわけなのでできるだけ粘って聞くようにしてほしい。

次にメールでフォロー

メールでフォローをしよう。メールで必ず確認をしよう。数字や固有名詞は確認を必ずしよう。 細かい文章のことで気にして時間を食ってしまうのがもったいないので文章は中学生レベルでいい。

Thank you for your calling. Is it OK below data?

という基礎中の基礎のレベルでよいのだ。 このメールをCC入れて送って向こうに送って返事がきてOKがきたらそのまま仕事を進めればよい。

自信がなければ上司に確認してもらおう。上司はあなたの仕事に責任を負っているので本来聞くべきは上司なのだということを覚えておいてほしい。

f:id:sportsmania:20170721205220j:plain

英語力をあげるには

小手先のテクニックをご紹介したが、英語力を上げる方向にもっていってほしい。英語力が上がるだけで仕事の昇進で確実に有利になるし転職でも有利になる。 どの会社もそうだが会社が倒産する可能性があるがその際にひろってくれるのは外資系だ。

先日某中国メーカーで注目されていたが中国企業は日本オフィスの日本人採用を積極的に行ってくれる。 中国企業は英語が流暢に話せる人が日本人より絶対数として圧倒的に多いため英語ができると採用が有利になる。

また中国語ができる場合はその希少性から重宝される。 話がそれるのだが、中国語ができる日本人は数がかなりすくない。

日本語ができる中国人は比較的多い。大事な中国ビジネスを日本企業が任せるときに大事な部分は日本人にまかせたがるため日本人に中国語ができる場合が大きい。もっとも中国人も同じことを考えているが。

英語を勉強し、英語を使う機会のある仕事を自らとりにいくのが最もよい。特にビジネスに大きく影響は及ぼさないが英語のやりとりがあるビジネスにかかわるとなおよい。

英語を勉強している人のメリット

英語をはじめ資格を勉強している人は向上心があると見なされる。よって英語の仕事を取りに行こうとする人にはチャンスを与えようとするのが会社であるので積極的にチャンスを取りに行くとよいと思う。

そのためには海外に行きたいこと、英語を使った仕事をしたいことを主張しておくとよいだろう。チャンスがないと嘆いている人は自分で主張していない場合が多いので主張が受け入れられるまで上司や部長に積極的に話にいこう。

非帰国子女でも努力次第で変わることができる

Google日本法人の村上憲郎氏は大人になってから英語を勉強しはじめたが、英語を習得しビジネスレベルで使えるまでになった。

英語は歳をとってから勉強すると学習はできるが英語耳を作るのに時間が非常にかかるためできるだけ早い段階で、勉強をはじめたほうがいい。勉強をはじめるときに英語の発音を徹底してやるとよい。

英語が苦手な人には村上氏の本はかなりおすすめだ。英語がすでにTOEIC900点ある人は読まなくてよいので勉強してほしい。

村上式シンプル英語勉強法 使える英語を、本気で身につける (日経ビジネス人文庫)

村上式シンプル英語勉強法 使える英語を、本気で身につける (日経ビジネス人文庫)

  • 作者: 村上憲郎
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2016/11/02
  • メディア: 文庫
村上式シンプル仕事術

村上式シンプル仕事術

  • 作者: 村上憲郎
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2012/11/06
  • メディア: Kindle版
村上式シンプル英語勉強法―使える英語を、本気で身につける

村上式シンプル英語勉強法―使える英語を、本気で身につける

  • 作者: 村上憲郎
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2008/08/01
  • メディア: 単行本
  • 購入: 26人 クリック: 505回

英語の耳を鍛えるには発音力を鍛える必要がある。まずやってほしい一冊は下記なのでぜひご覧いただきたい。

フォニックスは英語の概念を一新してくれる。発音でLとRの発音の仕方の解説がこれほどわかりやすい本はない。発音への考え方が改まった。

CDBフォニックス<発音>トレーニングBOOK (アスカカルチャー)

CDBフォニックス<発音>トレーニングBOOK (アスカカルチャー)

  • 作者: ジュミック今井
  • 出版社/メーカー: 明日香出版社
  • 発売日: 2005/02/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 25人 クリック: 126回
CD BOOK <フォニックス>できれいな英語の発音がおもしろいほど身につく本 (アスカカルチャー)

CD BOOK <フォニックス>できれいな英語の発音がおもしろいほど身につく本 (アスカカルチャー)

  • 作者: ジュミック今井
  • 出版社/メーカー: 明日香出版社
  • 発売日: 2012/07/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
英語耳[改訂・新CD版] 発音ができるとリスニングができる

英語耳[改訂・新CD版] 発音ができるとリスニングができる

  • 作者: 松澤喜好
  • 出版社/メーカー: アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2010/08/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 6人 クリック: 41回

英語を学んで次のチャンスを

英語を学ぶお金に余裕がある方だけ、ライザップ等の英語トレーニングにお金を払って短期間でやるとよい。

勉強費用にお金がかかるので本気でなければ本や過去もっていたものを使えばよい。

一応お金がかかるが効果がでるものを紹介しておく。

ライザップイングリッシュトライズPROGRIT等はイングリッシュパーソナルトレーナーをつけると絶対に英語の成績はあがる。30万円以上するので考えて通ってほしい。

特にPROGRITはマッキンゼー出身者が運営しているのでビジネス英語にはうってつけである。

そこまで本気ではなく、軽い気持ちで勉強をしたいのであれば、スタディサプリ ENGLISHは月額1000円程度で利用できるのでおすすめしている。今一番使いやすい英語サイトといっても過言ではない。

その他次の転職の機会をうかがいたければ下記の記事を見てほしい。

【BIZREACH(ビズリーチ)】は外資系企業の海外オフィスから直接採用があることもある。外資系企業では少しずつ広まっているので登録してスカウトを待ってほしい。アクセンチュア社等は積極的に活用している。

今日は以上だ。

2019年11月の転職トレンド

企業は10月に下期の採用を終えて体制が整い、今の時期は求人情報としては凪の状況であるという向きもある。11月の採用決定者数は、数字としては低調になっているのが事実だ。

転職希望者も、上半期末や下半期初の繁忙期を終えて一息つき、転職活動をなかなか始めない。実際に、転職メディアの閲覧数は、11月は決して多くない。

だからこそ、実は、11月に転職活動を休む、年末年始休みまで転職活動を始めなくていい、というのは誤りだ。管理職や、チャレンジングなポジションの転職を望む人がいれば、少なくとも情報収集は、確実に11月から開始したほうがいい。

日本の企業の多くは3月決算だが、上期の業績の着地結果が固まるのは今、11月の始めである。企業側では、業績の着地結果を踏まえて事業計画を修正し、下期の業績達成に向けて動き出していく。

業績を達成するため、欠員を急いで補充するケースもあるが、逆に、チャレンジが必要なプロジェクトで、クリティカルに必要な人を採用するので、重要な求人ポストの募集が意外と始まる時期なのが11月だ。

中途入社は4月がピークだが、重要なポジションは採用決定まで時間がかかる。重要なポジションを4月に確実に充足させるため、先行して、とりわけ非公開ポジションの募集を始める会社も多い。 重要なポジションは数も少ないので早い者勝ちだ。あっという間にクローズするので、多くの転職希望者が気付かない間に、募集が終わっていくのである。

→ビズリーチなどの転職サイトにまずは登録し、経験豊富なプロのエージェントに、非公開ポジションの情報を、直接ヒアリングすることをおすすめする。

11月のトレンドは、以上だ。

筆者のお勧め転職サービス

1位 ビズリーチ キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

2位 JACリクルートメント ハイキャリアに特化した転職エージェントであり、年収アップに繋がる転職支援に定評がある。年収が500万円以上の方や、その給与帯を目指したい方は登録すべきだろう。特に、年収1000万円前後の転職では日本有数の実績を有している。まずは、レジュメを登録し、キャリアコンサルタントとの面談に参加してほしい。
また、JACリクルートメントに相談した人へのインタビューは→こちら

3位 リクルートエージェント 日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

4位 アクシスコンサルティング お勧め度は4位としたが、コンサルティングファームに転職したい方には、一番お勧めしている転職エージェントだ。コンサルティングファームへの転職では日本有数の実績を有しており、主要なファームのほとんどと取引している。特に、事業会社に在籍するコンサル未経験者の支援には定評がある。どのファームでどのような選考が行われ、どうすれば合格できるかを熟知しているので、コンサルティングファームへの転職を視野に入れている方は面談に参加すると良いだろう。

5位 パソナキャリア 日本有数のHR企業であるパソナの転職支援サービスだ。丁寧な候補者支援に強みを有しており、候補者の性格や気持ちを理解しながら、ホスピタリティの高い転職支援を行ってくれることだろう。案件数はリクルートエージェントよりやや少ないが、仕事が丁寧で、自分に合った求人を丁寧に紹介してもらうことができる。他のエージェントの面談に参加し、違和感を感じた方には特にお勧めできるエージェントだ。