基礎スキル

転職サイトのプロフィールをきちんと埋める人と埋めない人の違い

転職サイトをユーザー側でも採用側でも利用することがあるが、転職サイトのプロフィールについて気になる点があったので書かせていただく。

転職サイトのプロフィール1つで大きくスカウト内容が変わってくるので注意してほしい。

また、まだ転職エージェントに登録していないという人であれば、スカウトメールが来るビズリーチへの登録をおすすめしたい。ビズリーチは案件数も多く、外資~ベンチャーまで幅広い案件を取り扱っているので絶対に読者の要望に沿う案件を紹介してくれるだろう。

ビズリーチと併用して利用したいのが質の高いエージェントがいるリクルートエージェントである。
ハイクラス求人を探しているなら、JACリクルートメント、コンサル業界を考えているならキャリアインキュベーションを利用したい。上記はビズリーチと併用することでより良い転職活動につながる。

職歴、経歴が充実しているかが最初の分岐点

採用するにあたって、経歴が良い場合、詳細な仕事を聞かなくても採用候補になることがある。

例えば、マッキンゼーやゴールドマンサックスで働いている若手は、ベンチャー企業や中小企業、もしくはリクルートなどの企業から触手がのびてくる。

たまに、マッキンゼーの人が使えないという人もいるが、マッキンゼーを1年未満でキックアウトされた人か、優秀すぎて自分が扱えなかったか、単に自分がマッキンゼー出身の人が嫌いというパターンにおさまる場合がほとんどだ。

職歴や経歴が立派ではない場合は、どうしていけばよいか考えていこう。

業務内容を詳しく書こう

業務内容を詳しく書いてほしい。文字数は多くなくても箇条書きでいいので、経験内容を書くだけで反応が大幅に違ってくる。

具体的に言うと、まともな転職エージェントから検討対象になるかならないか変わってくるのだ。

ベンチャーの採用について考える。

ベンチャーの採用には、転職サイトで活躍するダイレクトリクルーターなる人事や、ベンチャー転職に強いエージェントがいる。彼らは経歴を見て、いい人材かどうかの最初のスクリーニングをかける。

三菱商事や三井物産にいても、ベンチャーで活躍できる経験がなさそうと思ったらスカウトが全く送られない。

信じられないかもしれないだろうが、商社在籍者はコンサルやベンチャーからは全然人気がない。年収が高く転職決断をしないのと、転職後に活躍できる可能性が低いからだ。

さて、銀行員だともっと考えたほうがいい。銀行員の経験でベンチャーで活かせるものは全然ないので、経歴、職歴はしっかり書いたほうがいい。

証券や銀行で営業成績がよい人は採用の対象になりやすい。具体的に何人中、何位だったという話ができたのであれば話は進んでいくので、いずれにしても書いておいたほうがいい。

転職意欲を書く

転職意欲や転職時期について書く欄があるが、少しでも転職したい気があるなら、転職するつもりがある項目、もしくはそれに準ずる項目もしておいたほうがいい。

転職時期に関しても、早く転職してもいいという気があるのであれば早めに設定しておいたほうがいい。

転職意欲がなく、職歴も経歴もそこまでで、レジュメも書いていない人にはメッセージは送らない。厳密には来るかもしれないが、それは一斉送信をしているエージェントであり、代行業者を使って送信している。

リクナビNEXTなどでは、エージェントでも代行業者を使って一斉に送る人もいる。もちろん一斉送信してくるようなエージェントがまともである可能性はあまり高くない。

彼らは大量に面談して大量に送客して、年収の安い人をたくさん決定することで稼いでいるのである。キャリアのことを事細かに聞いてくれるわけではないのだ。

f:id:daremotsukawanai:20181018170604j:plain

ログイン時期はとても重要

さて、転職する気が少しでもあるなら転職サイトにログインしよう。メッセージを送るときにログインしていない人は、アクティブ会員でないので送らないこともある。

もしかしたら、サイトにログインせずともメールで通知がくるのでそこだけは見ているかもしれない。だが、間違いなく転職サイトにログインしたほうがいい。

またも繰り返しになるが、転職サイトに1年ほどログインしていないのにどんどんメッセージがくるのは一斉送信に他ならない。

存在感を発揮するリクルート

さて、リクルートと経歴に書いている人は経営者から採用候補にとチェックがつく。リクルートの人材は、大企業のバランスとベンチャー的な要素、そして営業力やグロースハックの能力が総合的に身についている人が他社より多い印象である。

ただし、リクルートに在籍したからといって、人材の営業ばかりしていた場合は、様々な会社からはスカウトはこない。

人材ばかりやっている人は、人材系企業や人材スタートアップから声がかかるといったイメージだ。

転職サイトに書くべき項目

転職サイトには、出身大学、所属企業は最低限書こう。

あと注意すべき点は2点ある。

社会人歴3年以上あれば、数字で結果を書くこと、若手の場合であまり経験がない場合は業務内容を相手が想像できるように書くといい。

同業にしか転職しない場合はよいが、他社の人はなかなか業務内容を想像できないので具体的に書こう。イノベーション創出部と言われても、何をしているかわからないのである。

もう一点は、パーソナリティだ。

なかなか伝えるのが難しいが、結果に何としてもコミットする営業人材ですとか、データ分析に基づいた施策出しならだれにも負けませんとか、広告運用であれば毎日PDCAを回す人ですとかパーソナリティが伝わるとよい。

スキルセットがある程度マッチしていても、残念ながらうちの社風には合わないということは往々にしてある。

もちろん会社が大きいとダイバーシティを許容するが、最初の段階でカルチャーを作るときに一人でも異分子が入ると、会社の組織設計が難しくなってくる。

むろん最初の段階から多様性を受け入れる会社があればいいが、そんな余裕はほとんどない。

優秀な転職エージェントからの連絡を待っていい転職サイトかを判断せよ

転職サイトを使う人のなかには、あのサイトはゴミ求人しか来ないと言う人がある。

しかしゴミ求人しか来ないのは、経歴をきちんと書いていないのでエージェントが二の足を踏んで送っていない可能性もある。

また、企業から直接送られてくるダイレクトリクルーティングの中には、1通1通丁寧に書いているので転職サイト上で丁寧に情報が書いてあるほうがいいというのは当然の考え方だろう。

ちなみにサラリーマンでない会社の代表で登録していると、ほとんどのスカウトサイトではメールがサラリーマン時代より極端に減ってしまうので、大学だけでなく、現在の経歴まで見て送っているエージェントが多いと思われる。

それでも送ってくる人がいて、何を見てスカウトしてきているのかと疑問に思うことがあるが。

転職サイトの経歴をよく魅せるためのワンポイントアドバイス

簡単なアドバイスになるが、数字を使って簡潔に書くとよい。そして少しでも関わっているならIoT、AIといったワードやニーズの高いリスティング広告、広告運用といった点を書いておくと転職エージェントが検索したときにひっかかりやすい。

転職サイト内で検索されるであろう単語はプロフィールに書いておくとよい。

転職サイトへの登録から始めよう

ビズリーチは転職サイトとして長年おすすめしている。転職サイトに登録すると、最初は多くのメールが来る。

一定期間してレジュメをアップデートすると、たくさんのメールが届き、質が上がっていることがわかる。

ビズリーチは絶対に登録しておくことをおすすめしたい。まだ登録していない方は今すぐに登録してほしい。

また、転職エージェントに会ってレジュメの書き方を相談するとよい。

ベンチャー企業であればGEEKLY、エンジニアであればForkwell Scout、会計士であればマイナビ会計士、コンサル転職であればキャリアインキュベーションといった専門エージェントもいるのでビズリーチと一緒に活用するとよい。

はじめての転職なので質が高いエージェントに相談したいというのであれば、リクルートエージェントもおすすめだ。ビズリーチと併用することで転職がしやすくなる。

今日は以上だ。

2019年8月の転職トレンド

2019年8月時点では、各社の採用意欲は引き続き旺盛だが、求人案件数が減少する業界も現れてきている。例えば、積極的に採用を行っていたリクルートキャリアをはじめとする大手人材会社や、各コンサルティングファームも軒並み採用数が減少に転じている。人材業界やコンサルティング業界は、各社の業容拡大の支援を行う業界だ。だからこそ、各社が業容を拡大したいと感じる景況感が良いタイミングほど顕著に業績が向上する。そのような会社の採用人数が減じていることは、景況感の悪化リスクが高まる兆候だと言っても良いだろう。

今後は、景況感の悪化懸念が増すことで、多業種の求人案件が減少する可能性も高いだろう。そうすれば、キャリアチェンジの難易度は格段に上がってしまう。転職を検討している方には、早いタイミングでキャリアチェンジを行うことをお勧めしたい。

筆者のお勧め転職サービス

1位 ビズリーチ キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

2位 JACリクルートメント ハイキャリアに特化した転職エージェントであり、年収アップに繋がる転職支援に定評がある。年収が500万円以上の方や、その給与帯を目指したい方は登録すべきだろう。特に、年収1000万円前後の転職では日本有数の実績を有している。まずは、レジュメを登録し、キャリアコンサルタントとの面談に参加してほしい。
また、JACリクルートメントに相談した人へのインタビューは→こちら

3位 リクルートエージェント 日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

4位 アクシスコンサルティング お勧め度は4位としたが、コンサルティングファームに転職したい方には、一番お勧めしている転職エージェントだ。コンサルティングファームへの転職では日本有数の実績を有しており、主要なファームのほとんどと取引している。特に、事業会社に在籍するコンサル未経験者の支援には定評がある。どのファームでどのような選考が行われ、どうすれば合格できるかを熟知しているので、コンサルティングファームへの転職を視野に入れている方は面談に参加すると良いだろう。

5位 パソナキャリア 日本有数のHR企業であるパソナの転職支援サービスだ。丁寧な候補者支援に強みを有しており、候補者の性格や気持ちを理解しながら、ホスピタリティの高い転職支援を行ってくれることだろう。案件数はリクルートエージェントよりやや少ないが、仕事が丁寧で、自分に合った求人を丁寧に紹介してもらうことができる。他のエージェントの面談に参加し、違和感を感じた方には特にお勧めできるエージェントだ。