キャリア相談室

新人を育てない職場にいるなら早く抜け出すことをおすすめする

こんな人におすすめ
  • 上司や先輩から十分な新人教育を受けられず、わからないことが多い人
  • 企業の人材育成のシステム(人事部)に不満を抱えている人
  • 自分の力を発揮してもっと生き生き成長できる環境に行きたい人

新人が育たなければ企業の未来につながらないのに、新人を育てない職場が存在するのはなぜか。

今回は、新人を育てない職場(企業)の特徴と、個人ができる対処方法をまとめた。あなたが今いる環境が、これらの特徴に当てはまっていないか確認してほしい。

もし教育体制が整っていない企業にいるならば、できることを実践して生き生き成長するために、転職も検討して動くことをおすすめする。

その際の転職活動は、ビズリーチなどの転職サイトを必ず利用しよう。しっかりと教育体制が整っているかを入社前に見極める一助になるだろう。

あなたの志向に転職エージェントへにも、並行して登録しよう。日本一の転職実績があるリクルートエージェント、ハイキャリア求人に強いJACリクルートメント、コンサル志望に強いアクシスコンサルティングなど、いくつかを併用してほしい。

知識やスキルなどにも増して、タイミングが一番重要なので、今のうちから登録することをお勧めする。

この記事でわかること
  • 新人を育てられない企業に共通する特徴
  • 新人を育てない環境で取り組むべきこと
  • 新人を育てる企業を見極めるコツ

新人を育てない職場の現状

新人を育てて一人前にするのは企業の将来にとって不可欠だ。しかし、その当たり前を行わない職場がある。ここで重要なのは、人事部などが行う新人研修といった教育体制が整っていることは大切だが、現場の教育は各職場や部署で行われる割合が大きいことだ。

新人が育つためには、上司や先輩などの存在が必要不可欠である。新人本人のやる気や能力も影響するが、新人の未知の能力を引き出すためには、職場として取り組む必要がある。新人を育てないことは、企業にとってマイナスでしかない。人が育たないことには、上司や先輩社員の仕事の負荷も減らず、企業の成長は見込めないだろう。

これは新人を育てる重要性を理解していないからという単純な話ではない。企業が理解はしても取り組めない原因があるのだ。それを理解してから、解決策を見出す必要がある。

新人を育てられない職場に共通する特徴

新人を育てない、育てられない企業には同じような特徴がある。その結果、新入社員が入社してもすぐに辞める悪循環を招く場合が多い。

教育体制が整っていない

一番多く見受けられるのは、教育体制やシステムが整っていない企業だ。教育マニュアルやスケジュールがないと、上司はその場その場で仕事の指示を与えるため、新人は全体像を理解できないまま、言われた業務をこなすだけになる。新人にいきなり能力以上の業務を任せてしまうことも、少なくない。基本を教えずに指示を出したところで、新人が対応できるはずもなく、成長できずに自信を失い辞めてしまうことになりかねない。

人手不足で新人教育に手が回らない

また、教育体制が整っていても、先輩社員が業務を抱えすぎて多忙だと、新人教育がおろそかになることがある。人手不足で仕事が回らない場合も、それぞれの通常業務が優先されて、新人教育に手が回らない。

教え方が雑だったり、新人が質問しづらい環境を作ってしまったりすると、新人は不安な状態で働き続けて、いつまで経っても仕事に自信を持つことができない。新人を育てられない職場の負担は、新人が抱えこんでしまうケースが多いのが現状だ。

人が育つかどうかは上司や先輩社員にも関係する

人が育たず新人の定着率が低いケースには、人間関係が大いに影響している。上司や先輩社員の教育能力がそもそも不足していると、新人は育たない。

人を育てる意識が薄い企業、例えば社内で比較的暇な社員をとりあえず教育係として立てている企業は意外に多い。特別な説明をせず、資料の確認や電話対応といった指示のみで新人を長時間放置するパターンが見受けられる。これでは、新人の実務レベルはいつまでたっても上がらない。

新人教育を周りに押し付けて育てる責任を放棄する上司や、我関せずというスタンスの先輩社員が在籍する職場も要注意である。人間的にも、能力的にも問題のある社員に教育を任せること自体が、企業として新人を育てる意識が低い証である。企業の未来を左右する新人教育の重要性を、しっかりと理解している企業こそが働きやすい企業である。

育ててもらえない新人はどうなるか

右も左もわからない新人にとって、上司や先輩社員から放置されるのは辛いことだ。仕事もろくに教えてもらえず、同じような日々が続くと精神的にも参ってくる。上司や先輩社員に気を遣い、尋ねることさえためらい、さらに萎縮してしまう傾向も伺える。自分が職場に大切にされていないと不安を感じると、仕事に行くこと自体も嫌になる可能性が高い。

また配属先の上司によって、新人教育の熱量に差があることも多い。同期の状況を比べたときに、放置されがちな新人は不安や怒りを覚えて、負の連鎖が起こりやすい。仕事を覚えた同期が成果を出し始めると、さらに焦り、ますますプレッシャーを感じてしまう悪循環が起きる。

意欲を高く持って入社したとしても、配属先は自分の思い描いた環境とはまるで異なり、十分な教育を受けられなければ、モチベーションは下がる一方である。本来の能力が発揮できなければ、キャリアアップは見込めない。自分の目指す理想が実現できないと感じたら、その恵まれない環境を離れることも検討すべきだ。

恵まれない環境におかれたときにできることはあるか

上司や先輩社員から十分に仕事を教えてもらえず、教育体制も整っていない環境におかれたときに、個人でできることはあるのだろうか。周りがいくら何もしてくれなくても、自分も動かずにただ時間を過ごしていては、企業からは使えない社員とレッテルを貼られかねない。そもそもその企業を選んで入社したのは自分なのだから、主体的に社会人生活を送る必要もある。

自分から上司や先輩に声をかける

新人の場合、仕事内容がわからないのは当然だ。教えてもらえないのであれば、勇気を出して直接上司や先輩社員に聞いてみよう。またすることがなかったら、何かできることがないかと自分から声をかけてみよう。主体的な声がけは人間関係を構築する第一歩である。

仕事に関連する知識を蓄える

オフィス仕事であれば、過去の資料、ネット検索などを活用して、業界の勉強や仕事に関係する知識を蓄えることもしておきたい。オフィス業務以外の場合は、自主的に上司や先輩社員の後ろについて、仕事を見ながら覚えることが必要だ。

ただこのやり方は、大切な基礎や本質が理解できないまま、我流だけで仕事を覚えることにつながりかねないため、危険な成長の仕方でもある。曖昧でわからない部分は、自己判断で動かず、大きなミスにつながる前に確認をしてほしい。

1番良くないのは、何もせず無駄な時間を過ごして、会社に居づらくなることだ。その前に自ら動いて環境を変える努力はしてほしい。最終的に、自分にマイナスにならないように、今後も見据えて状況の改善に努めてほしい。

新人を育てない職場は辞めた方がいい理由

企業、職場自体に新人を育てる気がない場合は、新人だけに関わらず、社員を使い捨てにする傾向が高い。社内全体で新人を育てる意識のない企業は、将来の投資に目を向けられていない。長く働く企業としては不適当であるから、早期に自分がどうすべきか、転職も視野に入れて考えてほしい。何も身につかないまま、時間だけが流れるほど無駄なことはない。

入社3年以内であれば、第二新卒として転職が可能だ。第二新卒の転職であれば、経験やスキルはそれほど重視されない。同年代の人と差がつく前に、自分が活躍できる環境に身をおいた方が確実に将来につながる。自分の市場価値に合った環境を見つけてほしい。

転職活動については、ビズリーチどの転職サイトを利用しよう。優良企業や一流ヘッドハンターから直接スカウトが届くため、1人で活動するよりも良い企業とつながる可能性が高い。

新人教育のシステムがしっかりと整った企業とつながるためには、転職エージェントも必須である。表面的な募集要項を見ても、企業ごとの教育体制は不透明なことが多いため、日本一の転職実績があるリクルートエージェント、ハイキャリア求人に強いJACリクルートメント、コンサルに強いアクシスコンサルティングなど、いくつかを併用してほしい。

新人を育てる企業を見極めるコツ

新人教育体制の有無は、企業の将来性を測る指針になるので重要だ。具体的な新人研修の内容や期間などは、できれば入社前に確認しておきたい。また経営者が人材を大切にしているかも、企業の今後の在り方に関係するため、必ず事前に知っておきたい。

ホームページなどで経営者の挨拶や、企業理念などから、どのくらい人材を大切にして育てる意識を持っているかが伺える。社員が助け合い、共に高めあう文化がその企業に浸透していれば、教育制度がなくても働きやすい場合もある。

しかし、それらを個人で事前に把握するのは容易ではないため、事前に調べる際には転職エージェントといった専門機関を利用すべきである。

優れた企業は存続のために、収支計画と同じくらい新人や人材の育成計画も大切にしている。優秀な人を採用して活躍させるまでには、時間とお金がかかるからこそ、人材を育てることを重要視すべきなのだ。人を大切にする優良企業を積極的に見つけて身をおき、本来の能力を存分に発揮してほしい。

教育体制が整った企業への転職を考える

新人をしっかり育てて、社員を大切にする企業こそが将来有望な会社なのだ。人材が育たなければ、世代が変わったときにその企業はそこで終わる。今いる企業で、自分がどれだけ成長できるか見直してほしい。

新人時代の環境は一生のキャリアに影響する。上司がどんな人か、職場にどんな人がいるかは初めから自分ではコントロールできない。しかし、それが新人時代に最も影響する事項であり、自分の未来につながる。だからこそ、そういった環境に身をおいてしまった場合は、危機感を感じて行動につなげてほしい。

人材育成をテーマに、気になる求人情報をストックしておけば「自分はいつでも転職が出来る」と、前向きになれるはずだ。転職サイトで最初に登録して欲しいのは、ビズリーチだ。

また、個々に合わせたプロのアドバイスを受けられる転職エージェントも活用するのがベストだ。転職経験者の大半が利用したことがあるというリクルートエージェント、余裕があれば、JACリクルートメントアクシスコンサルティングにも登録してほしい。幅広い経験談や育成システムを熟知したプロが相談にのってくれるはずだ。

今日は以上だ。

筆者のお勧め転職サービス

1位 ビズリーチ キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

2位 アクシスコンサルティング コンサルティングファームに転職したい方には、一番お勧めしている転職エージェントだ。コンサルティングファームへの転職では日本有数の実績を有しており、主要なファームのほとんどと取引している。特に、事業会社に在籍するコンサル未経験者の支援には定評がある。どのファームでどのような選考が行われ、どうすれば合格できるかを熟知しているので、コンサルティングファームへの転職を視野に入れている方は面談に参加すると良いだろう。

3位 リクルートエージェント 日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

4位 JACリクルートメント ハイキャリアに特化した転職エージェントであり、年収アップに繋がる転職支援に定評がある。年収が500万円以上の方や、その給与帯を目指したい方は登録すべきだろう。特に、年収1000万円前後の転職では日本有数の実績を有している。まずは、レジュメを登録し、キャリアコンサルタントとの面談に参加してほしい。
また、JACリクルートメントに相談した人へのインタビューは→こちら

5位 パソナキャリア 日本有数のHR企業であるパソナの転職支援サービスだ。丁寧な候補者支援に強みを有しており、候補者の性格や気持ちを理解しながら、ホスピタリティの高い転職支援を行ってくれることだろう。案件数はリクルートエージェントよりやや少ないが、仕事が丁寧で、自分に合った求人を丁寧に紹介してもらうことができる。他のエージェントの面談に参加し、違和感を感じた方には特にお勧めできるエージェントだ。