キャリア相談室

退職金なしの会社に転職するってどうなの?

退職金なし

大企業に入って、定年まで働き、退職金をたくさんもらって、老後を迎えるという考えが主流ではなくなったものの、退職金を考えることは生涯年収にも多く関わるため、重要なことだ。

一方で、退職金を考えすぎて転職がしにくくなってしまっている人は結構多くいるだろう。実際には転職をしたほうが最終的な自分の市場価値を上げられ、結果的に能力も生涯年収も上げられる場合もある。

本記事では退職金がある会社からない会社に転職することについて書いてみた。

退職金がある企業に転職したいと考えている人はまずビズリーチに登録しよう。取り扱っている求人数がとても多いし、退職金事情についてコンサルタントも把握しているのでおすすめだ。

他にも業界最大手のリクルートエージェントでも、退職金を多くもらえるような大企業の求人を多く取り扱っているので登録しておくと良いだろう。退職金は考えずに生涯年収を上げたいと考えて、年収が高いコンサルへの転職を考えているならキャリアインキュベーションも良いだろう。外資系求人や高年収案件を見ているのであればJACリクルートメントもおすすめだ。

転職をすることで退職金がなくなることが不安

そもそも退職金とは?

退職金とは退職に際して、勤めてきた企業から給付される賃金のことである。退職時にもらえるイメージがあると思うが、若い人でも勤続年数が基準を満たしていれば受け取ることができる。退職金は大きく分けて以下の2つが存在する。

①退職一時金制度

退職時にまとめて支払われる賃金で各企業の規定に従って支給される。

自分が退職するまで規定が変わらなければ、経営状況が悪化しようがもらえる。

②企業年金制度

まとめてではなく、一定期間にわたって支給される賃金で年金として支給される。

退職金制度は企業によっても大きく制度が異なるため、自分が所属している企業の退職金制度についての規定を確認すると良いだろう。

転職先の企業では退職金がない場合

退職金がある企業から、退職金がない企業に転職する時は不安になるものである。

そもそも転職する前に退職金がある程度もらえるまで転職をしないか、退職金のために転職を諦めるかなどを検討した上での決断となる。

退職金がない企業に転職をするのが不安な人は転職エージェントに相談して、退職金がある企業に絞って転職活動をすればいい。その際にはまずビズリーチに登録して、リクルートエージェントなどの他エージェントと併用して使うのが良いだろう。

そもそも退職金がないって違法じゃないの?

退職金は働いているなら絶対にもらえるものだと勘違いしている人は多いが、退職金はすべての企業に存在する制度ではない。企業によって支払われる金額も種類も異なる。

ちなみに従業員の人数が1,000人を超える会社では約9割ぐらいの会社で退職金制度を導入しており、100人未満の企業では約7割程度の会社で導入されている。

退職金がない場合、老後はいくら貯めていればいいの?

自分が働いている企業に退職金がない場合は、お金を貯めるか投資しておく必要がある。60歳で定年になった場合、老後には一世帯あたり年金を除き約3,000万円程度用意しておく必要があると言われている。

老後の年金として現在一世帯あたり月々約19万円程度給付される。一方で月の支出としては平均27万円とされているため、平均で月あたり8万円程度の赤字になると言われている。

8万円分×20年とすると1,920万円、25年になると約2,500万円必要となる。この金額に住宅ローンやリフォーム、車の購入費などを考えて約3,000万円程度必要だと言われている。

退職金がある場合はある程度賄うことができるものの、退職金がない場合は老後を見越して貯蓄しておく必要があるので、確定拠出型年金やNISA、定期預金などを使って貯めておけばいいだろう。

退職金を考えるなら転職をして市場価値を高めよう

退職金の平均は、大企業に大卒で入社してもらえる平均として約2,000万円、中小で約1,000万円程度と言われている。高卒の場合はさらに安くなる。

月々の金額に直すと、65歳定年として、22歳の時に新卒入社した場合は3.8万円、中小企業で1.9万円ずつの貯金だと考えた場合どうだろうか?そもそも退職金自体は会社が潰れた場合などを考えるとあまり期待できる額とは言えない。30年以上働かなければ得られないようなお金なのであれば、転職をして今の給料の倍以上の年収にしていくなどを計画したほうがいいと考える。

そもそも退職金を当てにして働く場合は、自分が所属している企業に骨を埋める覚悟がないとあまり大きなリターンは得られないし、今の時代の流れから考えて大企業であっても急に経営が傾くことが容易に発生する。

会社都合で退職金を貰える場合を狙ったとしても、早期に退職した場合はよりお金が必要となるし、その場合、給料は大幅に下がることを覚悟して転職活動をしなければならないため、賢明な判断とは言えない。

ビジネスマンとしてしっかり成果を出して、上場企業の役員クラスになったりしたほうが退職金を考えるよりも多くのお金とスキルアップと経験を得られるはずである。また、今からマネーリテラシーを上げてお金をより多く獲得できるようにしていけば、退職金よりも多くのお金を蓄えることができるはずである。

市場価値を高めた転職ならエージェントを使おう

市場価値を上げるためには適切な環境に身をおいたほうがいい。情報を多く保有している転職エージェントを通じて転職活動を行ったほうが、自分の市場価値を高めることにつながる。

自分の会社で出世していくことやキャリア形成をしていくことを考えた場合、年収はどれぐらい上がることが見込めるだろうか?大きく給料を上げることが難しい会社にいて、退職金狙いで会社に居続けることを考えるよりも、早く自分の給料を上げられるように転職活動をして、自分のキャリアをうまく形成していったほうが最終的にもらえる金額以上に価値があると思う。

まずはビズリーチに登録しておこう。ビズリーチは案件数も豊富だし、自分の市場価値を知ることができるのでおすすめだ。また、スカウトメールも受け取ることができるため、転職を考えていなくても自分の市場価値とのバランスを見ながら転職活動ができる。

ほかにも、日本で最も多くの案件を取り扱っているリクルートエージェントもおすすめだ。エージェントの質が高いので、よりよい転職活動を進めることができる。

外資系企業を中心に見たいのであればJACリクルートメントに登録しておくと、ハイキャリア向けの求人情報を得られる。コンサルティングファームを見たいという人であれば、キャリアインキュベーションで対策を進めよう。いずれもビズリーチと併用して使うと良いだろう。

編集後記

今回は退職金がない企業に転職することについて書いてみた。今の時代の流れは早いからこそ、退職金はオプションとして考えるぐらいにしておいて、より多くの年収を得られるように自分の市場価値をどんどん上げていくのが良いだろう。

退職金を当てにして、転職活動を進められないようであれば、具体的な金額を計算して、自分の会社で勤続し続けた場合に得られるお金と、転職をして得られる金額と経験のどちらのほうが価値が高いかを計算してほしい。

今日は以上だ。

2019年11月の転職トレンド

企業は10月に下期の採用を終えて体制が整い、今の時期は求人情報としては凪の状況であるという向きもある。11月の採用決定者数は、数字としては低調になっているのが事実だ。

転職希望者も、上半期末や下半期初の繁忙期を終えて一息つき、転職活動をなかなか始めない。実際に、転職メディアの閲覧数は、11月は決して多くない。

だからこそ、実は、11月に転職活動を休む、年末年始休みまで転職活動を始めなくていい、というのは誤りだ。管理職や、チャレンジングなポジションの転職を望む人がいれば、少なくとも情報収集は、確実に11月から開始したほうがいい。

日本の企業の多くは3月決算だが、上期の業績の着地結果が固まるのは今、11月の始めである。企業側では、業績の着地結果を踏まえて事業計画を修正し、下期の業績達成に向けて動き出していく。

業績を達成するため、欠員を急いで補充するケースもあるが、逆に、チャレンジが必要なプロジェクトで、クリティカルに必要な人を採用するので、重要な求人ポストの募集が意外と始まる時期なのが11月だ。

中途入社は4月がピークだが、重要なポジションは採用決定まで時間がかかる。重要なポジションを4月に確実に充足させるため、先行して、とりわけ非公開ポジションの募集を始める会社も多い。 重要なポジションは数も少ないので早い者勝ちだ。あっという間にクローズするので、多くの転職希望者が気付かない間に、募集が終わっていくのである。

→ビズリーチなどの転職サイトにまずは登録し、経験豊富なプロのエージェントに、非公開ポジションの情報を、直接ヒアリングすることをおすすめする。

11月のトレンドは、以上だ。

筆者のお勧め転職サービス

1位 ビズリーチ キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

2位 JACリクルートメント ハイキャリアに特化した転職エージェントであり、年収アップに繋がる転職支援に定評がある。年収が500万円以上の方や、その給与帯を目指したい方は登録すべきだろう。特に、年収1000万円前後の転職では日本有数の実績を有している。まずは、レジュメを登録し、キャリアコンサルタントとの面談に参加してほしい。
また、JACリクルートメントに相談した人へのインタビューは→こちら

3位 リクルートエージェント 日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

4位 アクシスコンサルティング お勧め度は4位としたが、コンサルティングファームに転職したい方には、一番お勧めしている転職エージェントだ。コンサルティングファームへの転職では日本有数の実績を有しており、主要なファームのほとんどと取引している。特に、事業会社に在籍するコンサル未経験者の支援には定評がある。どのファームでどのような選考が行われ、どうすれば合格できるかを熟知しているので、コンサルティングファームへの転職を視野に入れている方は面談に参加すると良いだろう。

5位 パソナキャリア 日本有数のHR企業であるパソナの転職支援サービスだ。丁寧な候補者支援に強みを有しており、候補者の性格や気持ちを理解しながら、ホスピタリティの高い転職支援を行ってくれることだろう。案件数はリクルートエージェントよりやや少ないが、仕事が丁寧で、自分に合った求人を丁寧に紹介してもらうことができる。他のエージェントの面談に参加し、違和感を感じた方には特にお勧めできるエージェントだ。