キャリア相談室

仕事が終わらないストレスが辛い……原因と対策

仕事が終わらない

残業が続いていて、仕事が終わらない。明日もタスクが多く寝られないといったビジネスマンは多いだろう。いくら働き方改革を政府が進めているとはいえ、すぐに労働環境を変えろと言われて変えられるほど簡単なものではない。

働き方改革により、職場にいる時間が減って、労働時間が減ったように見えるところでも、外で仕事をしているビジネスマンも多い。

本記事ではそんな戦うビジネスマンの中で、仕事が終わらなくて辛いという方向けに、仕事が終わらない原因と対策をまとめてみた。

仕事がつまらなくて、仕事量が多く、今すぐにでも仕事環境を変えたいという人であれば、転職活動を進めたほうがいいだろう。まずビズリーチに登録しよう。取り扱っている求人数がとても多いし、スカウトメールを受け取ることができるので、今の忙しい環境でも転職活動がしやすく、おすすめだ。

他にも業界最大手のリクルートエージェントはエージェントの質も高いし、各企業の事情に詳しいため、労働環境を気にする人にとっては有益な情報をくれるだろう。

激務であっても年収を上げられる環境に行きたいという人であれば、キャリアインキュベーションでコンサル案件に特化した転職活動も良いだろう。外資系求人や高年収案件であればJACリクルートメントもおすすめだ。

仕事が終わらないストレスで辛い…

仕事が終わらないまま週末を迎え、休み中も仕事のことを考えてしまい、しっかり休めないビジネスマンの話はよく聞くし、月曜に体調を崩してしまう人も見てきた。

仕事によって処理しなければならないタスクの量は異なるし、職種や役職によっても大きく異なる。仕事が終わらないことでサービス残業をしたり、早朝出社をしたりして解決できるうちはまだましだが、恒常的に続いてしまう場合、精神疾患や慢性的な睡眠不足になってしまうケースもある。

一日の仕事をその日のうちに終わらせることは、心身の健康のためにも重要である。

仕事が終わらない要因

仕事が終わらない理由としては、仕事を処理する力とそもそもの仕事量の2つが影響している場合が多い。レベルの高いビジネスマンであるほど前者の処理能力が高い場合が多い。

そもそものコミュニケーション力が高いが故に、必要な情報だけを抽出してゴールを達成する力であったり等、能力面でカバーできるところも多い。

仕事が終わらない理由①:優先度の付け方があまい

仕事の全体像を理解していないがゆえに優先度の付け方があまく、無駄なことを先にやってしまったり、ボトルネックとなっていることができていないといった要因が考えられる。

仕事は正しくプロセス設計をして、優先度をつけてやることが重要である。優先度の付け方によっては、完成度80%程度でもクライアントや上司の期待値を超えることができるので、優先度を適切につけていくことは重要だ。

仕事が終わらない理由②:タスク管理がうまくできていない

そもそもタスク管理をしているだろうか?タスク管理をしっかりやれていない人ほど、自分の仕事を持ちすぎてしまったり、人にうまく頼れないケースが多い。

タスク管理は慣れない仕事のうちはできる限り細かくタスクを分解して、時間を設定し、処理をしたほうがいい。タスクが明確になっていれば精神的にも不安になりにくいため、まずやることを明確にして、管理していくことが重要だ。

仕事が終わらない理由③:基本的なビジネススキルが身についていない

報連相や結論から述べるコミュニケーションなど基本的なビジネス力が身についてないことによって、無駄なコミュニケーションを生んでしまったり、上司からの不要な指摘やFBを受けたりすることで、読めない工数が生まれてしまうケースがある。

仕事が終わらない理由④:能力に応じた仕事内容になっていない

自分の能力以上の仕事を求められる場合、通常の人の数倍の工数がかかることが多々ある。能力に応じて、わからないことはわかる人に聞いたり、専門家の時間をもらったりするなど、自分以外の人の能力を使って処理をするなどの工夫をすべきだ。

自分一人でやれないことをやらなければならないので、能力に応じて適切に力を借りたりすることが重要である。

仕事が終わらない理由⑤:そもそもの仕事量が多い

例えば営業で1日1,000件架電をするような環境であれば、そもそもの仕事量が多すぎると言える。架電1,000件の場合、1件あたり2分で架電したとしても2,000分かかり1日あっても終わらない。

目標を達成する上で、人間の処理能力では到底できないような量を任される環境であれば、いくら上記の4つを実施したとしても仕事が終わるわけがない。

仕事が終わらない理由⑥:他人に頼れない環境

自分の仕事量が多く、他の人の量が少ない時に、手伝ってもらえないような環境の場合は、いくら仕事量が職場全体として適正であっても、人によっては仕事が終わらない。

このように他人に頼れない環境の場合は、すぐにでも転職したほうがいいだろう。

うつになる前に、仕事が終わらない地獄から抜け出す方法

仕事が終わらなくて精神的に参ってしまう人は多い。うつになる前に、仕事が終わらない地獄から抜け出すためには、上で述べたようなスキルを身に着けるか、それができないのであれば、すぐにでも転職したほうが良いだろう。

特にそもそもの仕事量が多すぎて、対応ができないレベルの職場で、かつ他人に頼れないような環境なのであれば、転職を検討したほうがいい。

うつ病になってから、社会復帰する人を何人も見てきたが、総じて時間がかかっている。心身がやられる前にまず自分の環境を変えて、自分のできる適切な量をこなして、成長し、年収も上げられるような環境に転職してほしい。

転職先を探すなら転職エージェントに相談しよう

仕事が終わらなくてストレスが溜まり、うつ病になってしまう前に転職をしたほうがいいと述べたが、再び似たような環境を選んでしまうことも多々あるため、正しく情報収集をして転職をしたほうがいい。そのためにも各企業の情報に詳しい転職エージェントに相談するのが適切だ。

まずビズリーチに登録しよう。仕事が終わらないぐらい毎日格闘している人にとっては、スカウトメールを受け取ることができるのは大きいポイントだ。他にも優秀なエージェントが多くいるため、各企業の情報収集にも良いだろう。

転職が初めてでまずは優秀なエージェントに相談したいという人であれば、リクルートエージェント で転職相談をしよう。業界最大手というだけあってエージェントがしっかり育成されており、質が高いことで有名だ。

ほかにも高年収案件で外資系環境に行きたいと考えている人であればJACリクルートメントに登録しよう。

いずれもビズリーチを併用することをおすすめしたい。

編集後記

仕事が終わらない要因と環境の特徴について述べさせてもらった。

企業に属していると自分の職場のことを客観的に見る機会が少ないため、自己洗脳されやすい。仕事量が多すぎて、心身共に健康を害されているような人であれば、今すぐにでも転職をして、うつ病になるリスクを抑えてほしい。

仕事が終わらなくて、転職活動ができないという人であっても、まずはビズリーチに登録して、トイレ休憩にでもスカウトを確認して転職活動をスタートしてほしい。

今日は以上だ。

2019年11月の転職トレンド

企業は10月に下期の採用を終えて体制が整い、今の時期は求人情報としては凪の状況であるという向きもある。11月の採用決定者数は、数字としては低調になっているのが事実だ。

転職希望者も、上半期末や下半期初の繁忙期を終えて一息つき、転職活動をなかなか始めない。実際に、転職メディアの閲覧数は、11月は決して多くない。

だからこそ、実は、11月に転職活動を休む、年末年始休みまで転職活動を始めなくていい、というのは誤りだ。管理職や、チャレンジングなポジションの転職を望む人がいれば、少なくとも情報収集は、確実に11月から開始したほうがいい。

日本の企業の多くは3月決算だが、上期の業績の着地結果が固まるのは今、11月の始めである。企業側では、業績の着地結果を踏まえて事業計画を修正し、下期の業績達成に向けて動き出していく。

業績を達成するため、欠員を急いで補充するケースもあるが、逆に、チャレンジが必要なプロジェクトで、クリティカルに必要な人を採用するので、重要な求人ポストの募集が意外と始まる時期なのが11月だ。

中途入社は4月がピークだが、重要なポジションは採用決定まで時間がかかる。重要なポジションを4月に確実に充足させるため、先行して、とりわけ非公開ポジションの募集を始める会社も多い。 重要なポジションは数も少ないので早い者勝ちだ。あっという間にクローズするので、多くの転職希望者が気付かない間に、募集が終わっていくのである。

→ビズリーチなどの転職サイトにまずは登録し、経験豊富なプロのエージェントに、非公開ポジションの情報を、直接ヒアリングすることをおすすめする。

11月のトレンドは、以上だ。

筆者のお勧め転職サービス

1位 ビズリーチ キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

2位 JACリクルートメント ハイキャリアに特化した転職エージェントであり、年収アップに繋がる転職支援に定評がある。年収が500万円以上の方や、その給与帯を目指したい方は登録すべきだろう。特に、年収1000万円前後の転職では日本有数の実績を有している。まずは、レジュメを登録し、キャリアコンサルタントとの面談に参加してほしい。
また、JACリクルートメントに相談した人へのインタビューは→こちら

3位 リクルートエージェント 日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

4位 アクシスコンサルティング お勧め度は4位としたが、コンサルティングファームに転職したい方には、一番お勧めしている転職エージェントだ。コンサルティングファームへの転職では日本有数の実績を有しており、主要なファームのほとんどと取引している。特に、事業会社に在籍するコンサル未経験者の支援には定評がある。どのファームでどのような選考が行われ、どうすれば合格できるかを熟知しているので、コンサルティングファームへの転職を視野に入れている方は面談に参加すると良いだろう。

5位 パソナキャリア 日本有数のHR企業であるパソナの転職支援サービスだ。丁寧な候補者支援に強みを有しており、候補者の性格や気持ちを理解しながら、ホスピタリティの高い転職支援を行ってくれることだろう。案件数はリクルートエージェントよりやや少ないが、仕事が丁寧で、自分に合った求人を丁寧に紹介してもらうことができる。他のエージェントの面談に参加し、違和感を感じた方には特にお勧めできるエージェントだ。