転職-年収アップ

転職をする際は給与の低さを何とかしたいのか将来のキャリアにつながる経験を積みたいのか考えてほしい

 

転職をする際は、目的をはっきりしてほしいとは伝えてきた。転職をする際に、なんとなく転職を繰り返してしまうといつの間にか年収が上がらなくなり25歳で年収450万円だったのが40歳で600万円と、給与の成長カーブがほとんどない人が誕生してしまう。

当たり前のようだが転職をする際の目的について改めて考えてみようという意味を込めてで書かせていただいたのでぜひご覧あれ。

年収アップは転職の正当な理由

転職では年収アップを求めることをたびたび勧めてきたが、年収アップは第一の転職理由としても何ら問題がない。転職理由に挙げる人は少ないが、心の中では年収をもっと上げたいと思っている人は多い。

最後の最後にやっぱり年収も上げたいですと言われても交渉の仕方が変わり、難しくなるので先に言ってもらいたい。

今回の本題からは逸れるが、年収アップを主目的とする場合は、複数の内定を獲得し、他社に行くことをちらつかせたて年収をつりあげ、最終的に好待遇で行きたいところに行くという方法もある。

また中途採用で他社の内定を持っていた場合、すでに優秀という印象を与えることができ、場合にもよるが選考プロセスを省いてもらえることもある。

このあたりは新卒に例えると、外資系企業の内定を持って日系企業の選考を受けると優遇されるものに似ている。

年収アップと真正面から言うのは気が引けるかもしれないが積極的に発言していこう。

給与の低さを何とかしたいとは面接では言えない

給与を上げたい場合、ダイレクトに面接で伝えるとあまり好まれないことはご存知かもしれない。

面接で聞かれた場合、給与が転職の理由の一つと言っていいのだが転職の理由のメインに据えてはいけない。

年収アップしたいということはまずは転職エージェントに伝えてほしい。

なぜ、面接で給料をあげてくれと単刀直入に、「真っ先に」言ってはいけないかというとビジネス上のマナーもそうだが、仕事でのコミュニケーションができるか不安になるからだ。

営業にしろ、企画職にしろ、技術職にしろ、完全に1人で仕事が完結することはほとんどないと言ってもよい。

相手の意図をくみ取って仕事をすすめていかなければいけない。相手の意図をくみ取る能力があるかどうかは面接をしたらある程度わかる。

面接の段階で、自分の主張だけをダイレクトに伝えてくる人は、評価する人もいる一方、ビジネスの交渉をうまくできるか不安になることが多い。

採用担当官は、自分の要求をうまく突きつける能力は評価するが、うまく話をまとめる能力があるとは思わないだろう。

意見を言うことが求められる外資系ですら、ダイレクトすぎる要求で相手を困惑させたり、不快にさせたりしては意味がない。

給与アップか経験を取るか考えよう

給与アップと経験のどっちも取ることができればいいがどっちも取るのはなかなか難しい。

特に、今までとは違う経験をするために異業界異業種への転職を果たしたとしよう。その場合、様々な経験を得るチャンスを得ることができるだろう。一方、未経験なので給与が上がることはない。

何度も伝えているが、給与は、社会人年数ではなく、同じ職種の経験年数とそれに紐づく経験値、およびスキルを評価されて値付けされるのだ。

同じ会社でずっと過ごしていると社会人経験だけが評価されていることになるが、転職市場はそうも甘くない。社会人経験だけでなんとかなる世の中ではない。

給与アップを取る場合は、これまでの経験の延長線上になり、新たな経験を積むことではない。

新たな経験という観点でいくとマネジメントをしたことがなかった人がマネジメントポジションにつく転職はある。

ただし、こうした形の転職は業界のトップティアの企業からセカンドティアへの転職になるパターンが多い。

経験を取る場合の転職は、職務内容を考えて入ろう

経験を求めて入社する場合は職務内容を重要視しよう。最初に言われた職務内容と、全く違うことをさせられた場合はすぐに会社を退職したほうがいい。

経験を取って年収を捨てている場合は、経験値を得ることだけに集中しよう。

また、得たい経験値と自分がしていることが合っているか常に確認しよう。

外資系で働いていた人が、設立間もない外資系スタートアップや、友人が設立したベンチャーの社員一号となって経験を得て、その後自分で起業するパターンはある。

ウォンテッドリー社の仲暁子氏もゴールドマンサックスの後、短期間ではあるが設立間もない日本法人のFacebookに勤務していた。

日本の場合、ストックオプションでドカンと決めて億万長者になることはほぼ不可能で創業者として持ち株分が資産になり現預金に変えることで資産を得るので経験を得て起業をすることは金銭的な面でも理にかなっているといえる。

経験を重要視した場合は期限を決めよう

経験を得て、その他を捨ててでも転職した場合は期限を考えよう。いつまでもいるとポジションや給与で恵まれないままなので次のステップに移行しよう。

経験目的で入社してきた人には会社側もあまり給料を払わなくなる。経験を与えれば働き続けてくれると思うからだ。

そのため、次のステップアップのための時間を設定し、経験積みだけの時間に貴重な20代を浪費しないようにしよう。

若い間は経験が大事だとのたまう大企業のおじさんたちがいるが、20代も経験、成長、実績、給料の全てが大事だ。

過去のやり方と現在のやり方は違うし、大企業のおじさんの話を聞く場合は、仕事の実力で成功している役員に聞いたほうがよい。

期限は人によるが、1~3年程度で区切っておこう。それ以上になると、低い待遇でも大丈夫な人材といったレッテルを張られかねないので注意しておこう。

f:id:daremotsukawanai:20180421154243j:plain

経験は人脈も入る

経験は仕事内容だけではなく人脈も含まれる。人脈は非常に重要で、会社を辞めた後も役に立つものだ。

会社を辞めて事業を立ち上げる際に、経験に基づいた分野で事業を展開することも多いので自分自身の取引先はフル活用できるように普段から人脈を築いておくとよいだろう。

人脈は1人だとなかなか得られないものなので社長や役員、上司とのつながりを自分に引き込むとよい。

経験を得る転職をする場合も低い年収をもっと上げる場合も転職サイトを活用

どちらの転職の場合も転職エージェントやピンポイントでポジションを探している企業の人事のダイレクトリクルーティングをうまく活用しよう。

ビズリーチには必ず登録して、幅広く案件と、転職エージェントをチェックしよう。

必ずあなたが望む案件が見つかるはずだ。今日は以上だ。

2019年10月の転職トレンド

2019年10月時点では、各社の採用意欲はおしなべて旺盛であるものの、ポジションの募集が減少する会社と、引き続き多くの社員を募集している会社に二極化している。景況感の悪化リスクが高まる中で、人材業やコンサルティング業など、労働集約的で「なくても困らない」サービスを提供している産業では、採用意欲が減退している。

大規模な会社は採用人数が多く、個別研修を実施するのが難しいため、10月1日や4月1日など、期の切れ目に新入社員の入社を集中させたいと考えるが、外資系企業など、会社によっては1月入社可能なところもある。 また、10月に転職をするメリットもあるので、下記の記事を参考にしていただきたい。

→10月に転職活動を開始すると有利な理由

マクロでは転職市場が狭まり始めていることを踏まえると、転職を検討しているなら、少しでも早く情報収集に動いた方が賢明だ。→ビズリーチなどの転職サイトにまずは登録し、プロのエージェントに直接ヒアリングすることをおすすめする。

10月のトレンドは、以上だ。

筆者のお勧め転職サービス

1位 ビズリーチ キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

2位 JACリクルートメント ハイキャリアに特化した転職エージェントであり、年収アップに繋がる転職支援に定評がある。年収が500万円以上の方や、その給与帯を目指したい方は登録すべきだろう。特に、年収1000万円前後の転職では日本有数の実績を有している。まずは、レジュメを登録し、キャリアコンサルタントとの面談に参加してほしい。
また、JACリクルートメントに相談した人へのインタビューは→こちら

3位 リクルートエージェント 日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

4位 アクシスコンサルティング お勧め度は4位としたが、コンサルティングファームに転職したい方には、一番お勧めしている転職エージェントだ。コンサルティングファームへの転職では日本有数の実績を有しており、主要なファームのほとんどと取引している。特に、事業会社に在籍するコンサル未経験者の支援には定評がある。どのファームでどのような選考が行われ、どうすれば合格できるかを熟知しているので、コンサルティングファームへの転職を視野に入れている方は面談に参加すると良いだろう。

5位 パソナキャリア 日本有数のHR企業であるパソナの転職支援サービスだ。丁寧な候補者支援に強みを有しており、候補者の性格や気持ちを理解しながら、ホスピタリティの高い転職支援を行ってくれることだろう。案件数はリクルートエージェントよりやや少ないが、仕事が丁寧で、自分に合った求人を丁寧に紹介してもらうことができる。他のエージェントの面談に参加し、違和感を感じた方には特にお勧めできるエージェントだ。