キャリア相談室

マイクロマネジメントをする無能な上司と出会ったら?鬱になる前に対策を知っておこう

部下の仕事を細かく監視する過干渉なマネジメントのことを、「マイクロマネジメント」と呼ぶ。部下が作成したメールの文言や、持ち物など、細かすぎるところまで管理下に置こうとするのだ。

そうしたマネジメントを行う管理職は多く、本ブログを読んでいる人たちにも思いつく上司がいるのではないだろうか。

マイクロマネジメントは、かえって部下の成長を止めしてしまうだけでなく、上司の価値観を押し付けられるため、正当な評価をされないケースが多い。

今、あなたがそうしたマネジメントの元で我慢している場合、早急に転職することをおすすめする。そうした上司のもとでキャリアアップを狙うのは、あまりも非効率的だ。

もしまだ踏みとどまっているのであれば、あなたの正当な市場価値を知ることから始めて欲しい。ビズリーチに登録すれば、多くの優良企業が直接スカウトを送ってきてくれる。今の自分の市場価値を知れば、今の職場への疑問も明確化するだろう。

マイクロマネージャーに当てはまる上司

薄々、自分の上司がマイクロマネージャーだと疑いつつも、「深く面倒を見てくれているだけなのかも・・」と考えてしまう人もいるだろう。

しかし、以下の特徴に該当するマネージャーは正真正銘のがマイクロマネージャーだ。主観ではなく、客観的な事実から解釈して欲しい。

・上司自身の価値観を押し付けられる
特にスタートアップ期など、企業として伸び悩んだ時期を経験しているマネージャーは、自分自身の成功体験や苦労話を引っ張りがちだ。

会社のフェーズも代わり、最適な手段が変わっていくことを把握せず、自分の過去の栄光を押し付けてくる上司には要注意である。

・求められる報告の頻度が高い
マイクロマネージャーは、逐一細かな報告を求める傾向にある。成果を本当に出してくれるのか、という不安感から、途中経過を詳細に質問される。

多くの部下は嫌気がさし、報告に抵抗感を感じるだろうが、そうした抵抗感はかえって上司の不安をあおる悪循環に陥るのだ。

さらに過剰な上司となると、
・全てのメールに、上司をccに追加するよう指示する
・服装や持ち物など、細かいところまで指摘される
とまで悪化していくので、注意してほしい。

マイクロマネージャーの特徴として、部下のために指摘をするのではなく、結果として自分の利益になることを目的に指摘をするケースが多い。

「深く面倒を見られている」と一瞬勘違いするのはわかるが、部下の成長のために面倒を見ているわけではないことを理解しておこう。

なぜマイクロマネージャーになってしまうのか

マイクロマネージャーは、一見負担の大きいマネジメントに思えるが、なぜそういう過干渉なマネジメントを行ってしまうのだろうか。

それは管理職自身の不安の表れだと言われている。

上司と部下の間に正しい信頼関係が存在しないと、「部下が結果出さないことで、自分の評価まで下がってしまう」という思いが先行してしまい、異常なまでの管理を行ってしまうのである。

大抵の場合、上司自身が若手の頃に先輩から信頼された経験がなく、あるべきマネジメントの姿を知らないことが要因だ。加えて、現在進行形で上層部から圧力を受けているケースが多い。

こうして、上司は部下を疑う、というのが当たり前の価値観となってしまった場合、なかなかマイクロマネージャーから抜け出すことはできない。

一方で、自己顕示欲の現れが要因となるケースもある。上司が若い頃に成果を出してきた場合、自分のやり方に強い自信を持ちすぎるだけでなく、管理職となっても引き続き評価され続けたいという思いが生まれる。

あなたがどんなに部下として成果を出せたとしても、自己顕示欲が強い上司の場合、なかなか十分に評価されないだろう。成果に貪欲にコミットできる人ほど、転職することをおすすめする。

マイクロマネージャーへの対策

社内転職する

社内異動が尊重される企業の場合、まずは社内で環境を変えることをおすすめする。

転職をしてガラリと雰囲気を変えることも得策だが、その企業でどんな上司の元につくのかは運にかかっている。

社内であれば、上司の性格やマネジメント方法も事前に把握しやすく、リスクを抑えることができるだろう。

ただし、自分の理想の上司の元に異動希望を出して通る企業は多くないはずだ。自分の会社がどこまで社内転職をよしとしているのか、改めて調べてみてほしい。

自らの関わり方を見直す

マイクロマネージャーと向き合い、現状のまま結果を出そうとした場合、対策としては2点ある。

・自ら細かく仕事の報告をする
過干渉のマネージャーの場合、仕事の報告をしないと、「部下が手を抜いているのでは?」「何か企んでいるのでは?」など、過度に心配してしまう傾向がある。
そこで、あえて自ら進捗報告をこまめに行うことで、上司の不安を抑えることができる。

実際、ある程度プロジェクトが走り出してから方向修正するのはかなりの労力がかかる。都度、マネージャーの合意を取りながら進めることで、もっとも効率的に進められるはずだ。

・自らアドバイスを求めに行く
自己顕示欲の強い上司の場合、こちらから「上司の実力を認めている」シーンを作ることをおすすめする。
大きな相談でなくとも良いので、上司のおかげで結果を出せているという感覚を持たせることが重要である。

転職が得策

先に述べたように、マイクロマネージャーに向き合うことも一つの方法としてありだが、あなた自身のキャリアを考えたときにそれは得策ではないだろう。

前提として、マイクロマネージャーがその過干渉なマネージメントから抜け出すには、かなりの時間がかかるため、一朝一夕に解決する問題ではない。向き合うことに時間をかけるよりも、もっとも自分らしく働けて、成果を正しく評価してくれる職場を見つけることの方がよっぽど有意義だ。

実際、マイクロマネージャーが過干渉な管理から抜け出すためには、
「部下を適度にチェックし、期待して待っていれば、きちんと成果を出してくれる」という経験を重ねる必要があると言われている。

しかし、そのためには、
・マイクロマネージメント=自分のマネジメント方法が悪いという理解
・部下を信頼すること
・自分の過干渉を抑えること
・部下に納得のいく成果を出してもらうこと
の全てが必要である。

先に述べた通り、上司自身がそういったマネジメントを受けたことがなく、正しい方法を知らない中で、最初の気づきを得るのはかなり難しい。

上司のマネジメントが改善されることを待って、あなたの評価が上がらないのは目に見えている。

結論として、マイクロマネージャーで我慢しているのであれば、今すぐに転職をおすすめする。あくまでも自分らしく働けて、正当に評価される環境で仕事をするべきだ。

近年は、マネジメントに力をいれている会社も多く、マネージャー研修がしっかりと行われている企業から転職先を選ぶことだってできる。リクルートエージェントなど、プロに頼れば正しい情報を得られる。ビズリーチに登録して、他社からのスカウトを待ってみるのでも良い。踏みとどまっている時間があるなら、今すぐに一歩踏み出そう。

マイクロマネジメントは会社にとって悪

マネージャーの本来の役割は、労働集約的な仕事ではなく、戦略の設計や人材の最適配置など、マネージャーにしか出来ないことを行うことだ。

それにもかかわらず、部下の細かいメールチェックや、執拗な指導を行っていては、本来やるべき仕事がおろそかになるのは明らかである。

さらに、部下のやる気が損なわれ、チーム全体のパフォーマンスが落ちることも多い。チームの成果が落ちると、さらにマネジメントは過干渉となるため、悪循環に入ってしまう。

極め付けは、優秀な人材ほど先に退職してしまうことだ。優秀な人材は多くの企業から声がかかったり、ビズリーチなどの転職サイトに登録しているだけで多くのスカウトを得られる。

そういう人材は、今の職場で不快な上司の元で働くくらいなら転職しようとすぐに判断できてしまう。企業として、優秀な人材ほど先に抜けられてしまうのはかなりの打撃だろう。

マイクロマネジメントを放任している企業に未来はない。

転職先を決める時

今回のケースに限らず、人間関係にきっかけに転職活動する場合は、以下の2点に気をつけて欲しい。

・次の転職先を給与で探していないか?
人間関係がきっかけで転職する人の多くが、今の待遇以下の職場は受け入れられず、なんだかんだ給与や福利厚生の優先度を上げすぎてしまうケースがよく見受けられる。


もちろん最低限の待遇を求めることは重要であるが、自分が転職したそもそもの理由を改善できる職場なのかを、きちんと精査してほしい。

・マネージャー教育が行われている企業か?
マネジメントを本気で重要だと思っている企業は、管理職に対してセミナーを開催したり、マネジメント層の採用に力を入れていたりと、明確に特徴がある。
「若手の教育に力を入れています」と言うのは簡単だが、実際にどういった方法で教育を強化しているのか、まで言えなければ嘘だと解釈した方が良い。

マネジメントは独学で学べる安易な領域ではない。企業がどこまで注力しているのか、今のうちから見極めておこう。なお、自分ひとりでこの部分を判断するのはかなり難しい。

本ブログを参考にしていただくのはもちろん、出来ればプロのエージェントに相談してほしい。

まだ転職先を広く見たい場合は、リクルートエージェントがおすすめだが、もしコンサルへの転職を希望していればアクシスコンサルティングを推奨する。自分の転職希望状況に合わせて、頼れる相手を見つけてほしい。

総括

日本の企業では、マネジメント層が機能していないことが大いに起こりうる。マイクロマネジメントは、一見、管理職が熱心にマネジメントに向き合っているようにも見えるが、実際は部下ではなく自分のために仕事の工数をかけている。

今、自分の上司がマイクロマネージャーだと感じる人は、今すぐに社内で環境を変えるか、転職することをおすすめする。先で散々述べた通り、マイクロマネジメントは企業にとっても部下にとっても何のメリットもない。

上司自身がそうしたマネジメント方法から抜け出すにもかなりの時間がかかることから、本気でキャリアを積みたいと考えている人にとって我慢するのは無駄である。
今すぐ一歩踏み出すことをおすすめする。

編集後記

いかがだっただろうか。

今マイクロマネジメントを受けている人にとって、一歩踏み出す勇気となっていれば嬉しい。どんなにハイキャリアを目指して努力しても、正しく上が評価してくれなければ、その努力は報われない。

今すぐに環境を変えて、前に進んでいこう。

とはいえ、何も情報を知らないまま動くのは危険だ。正しい情報を手に入れるためにも、まずは、ビズリーチに登録して、各社の求人を確認すると良い。経歴次第では、待っているだけで多くのスカウトが送られてくることだろう。

直接プロからアドバイスをもらいたい場合は、リクルートエージェントに応募することをおすすめする。転職先に求めることなどを直接伝えることで、有意義な情報を得ることができるだろう。

ちなみに、コンサルに興味がある方はアクシスコンサルティングがもっともおすすめだ。特化した情報が得られるので、スムーズに転職活動を進めることができるだろう。

今日は以上だ。

筆者のお勧め転職サービス

1位 ビズリーチ
キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

2位 JACリクルートメント
ハイキャリアに特化した転職エージェントであり、年収アップに繋がる転職支援に定評がある。年収が500万円以上の方や、その給与帯を目指したい方は登録すべきだろう。特に、年収1000万円前後の転職では日本有数の実績を有している。まずは、レジュメを登録し、キャリアコンサルタントとの面談に参加してほしい。

3位 リクルートエージェント
日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

4位 アクシスコンサルティング
お勧め度は4位としたが、コンサルティングファームに転職したい方には、一番お勧めしている転職エージェントだ。コンサルティングファームへの転職では日本有数の実績を有しており、主要なファームのほとんどと取引している。特に、事業会社に在籍するコンサル未経験者の支援には定評がある。どのファームでどのような選考が行われ、どうすれば合格できるかを熟知しているので、コンサルティングファームへの転職を視野に入れている方は面談に参加すると良いだろう。

5位 パソナキャリア
日本有数のHR企業であるパソナの転職支援サービスだ。丁寧な候補者支援に強みを有しており、候補者の性格や気持ちを理解しながら、ホスピタリティの高い転職支援を行ってくれることだろう。案件数はリクルートエージェントよりやや少ないが、仕事が丁寧で、自分に合った求人を丁寧に紹介してもらうことができる。他のエージェントの面談に参加し、違和感を感じた方には特にお勧めできるエージェントだ。