20代~30代のキャリアを考えるブログ

若手のキャリア、転職についてインタビュー、意見を発信しています。

いま話題の人たちを含めた「ベンチャー企業の子会社社長」10人の学歴や経歴を調べてみた。

近年、成長の著しいベンチャー企業には注目が集まっているが、最近ではベンチャー企業の子会社も話題に上がることが多くなっている。

拡大したベンチャー企業が、市場での影響力を高めるために、他の企業を買収したり、社内から新事業を行う企業を立ち上げることはよくあるので、ベンチャー企業の子会社は意外と多い。

今回は、ベンチャー企業の子会社の社長が、どのような経歴を持って社長になったのかを調べてみた。

『人生の勝算』執筆の若手実業家

氏名: 前田祐二
出身大学:
早稲田大学政治経済学部
親会社:
SHOWROOM 代表取締役社長
親会社:
ディー・エヌ・エー
職歴:
UBS証券
ディー・エヌ・エー
コメント:
1987年、東京都出身。早稲田大学政治経済学部を卒業後、新卒でUBS証券に入社。その後、アメリカに渡り証券業務に従事して、日本に帰国しディー・エヌ・エーに入社する。そこから当社の子会社として、2015年にSHOWROOMを立ち上げた。
参照元

DMM.comが70億で買収した起業家

氏名: 光本勇介
出身大学:
青山学院大学国際政治経済学部
親会社:
バンク 代表取締役兼CEO
親会社:
DMM.com
職歴:
オグルヴィ・アンド・メイザー・ジャパン
ブラケット(現ストアーズ・ドット・ジェーピー)
コメント:
神奈川県出身。大学卒業後、外資系広告代理店であるオグルヴィ・アンド・メイザー・ジャパンに入社。2008年、『STORES.jp』を運営するブラケットを創業し、2013年にZOZOへ売却。その後、2017年2月にバンクを創業し代表取締役に就任し、『CASH(キャッシュ)』をリリース。2017年10月に当社をDMM.comが70億円で買収した。
参照元

メルカリ創業者が惚れ込んだ男

氏名: 青柳直樹
出身大学:
慶應義塾大学総合政策学部
親会社:
メルペイ 代表取締役社長
親会社:
メルカリ
職歴:
ドイツ証券
グリー
コメント:
大学卒業後、ドイツ証券に入社。2006年にグリーに入社し、CFOとなる。2011年よりサンフランシスコにて海外事業の拡大に尽力した。事業統括本部長を経て、2016年9月にグリー取締役を退任。その後、2017年11月にメルカリのグループ会社であるメルペイの代表取締役に就任した。親会社であるメルカリの執行役員でもある。
参照元

欧州から帰国してベンチャー企業に参画

氏名: 佐久間衡
出身大学:
京都大学理学部
親会社:
ジャパンベンチャーリサーチ 代表取締役社長
親会社:
ユーザベース
職歴:
UBS証券
ユーザベース
コメント:
1982年、長崎出身。大学卒業後はUBS証券投資銀行本部にて、企業の財務戦略アドバイザリー業務に6年間従事。2011年3月から1年間、ロンドン本社にて日本企業の欧州企業買収案件を担当。その後、2013年にユーザベースに参画。2017年よりユーザベース子会社のジャパンベンチャーリサーチの代表取締役に就任し、FORCASの代表取締役も兼任している。
参照元

プログラマー出身の起業家

氏名: 宮本拓
出身大学:
熊本県立大学
親会社:
ピックアップ 代表取締役社長
親会社:
DMM.com
職歴:
ネクストカレンシー

コメント:
大学在学中にBaseにてiOSアプリ開発を行い、2013年にApple ベストデベロッパーを受賞。2014年にピックアップを創業、2017年にはDMM.comに売却し、完全子会社化。現在はネクストカレンシーの役員も兼任。
参照元

f:id:tille:20180625044652j:plain

学生時代の同級生と創業した行動派

氏名: 濵渦伸次
出身大学:
都城工業高等専門学校電気工学科(高校)
親会社:
アラタナ 代表取締役社長
親会社:
ZOZO
職歴:
リコー

コメント:
1983年、宮崎出身。都城工業高等専門学校電気工学科卒業して、リコーに入社。その後すぐに宮崎に戻り、カフェ・バーを開業するも倒産。その後、2007年に学生時代の同級生である穗滿氏(現専務取締役 CTO)とアラタナを設立し、代表取締役社長に就任。2015年にZOZOの子会社となり代表取締役を退任するも、2017年に再び代表取締役社長に就任した。
参照元

大手企業で営業職を勤めた後に、ベンチャー企業へ入社

氏名: 奥野清輝
出身大学:
大阪府立大学工学部
親会社:
ビズアシ 代表取締役社長
親会社:
クラウドワークス
職歴:
楽天
オーリーズ
コメント:
大学を卒業後、楽天に入社し、ゴルフ場の営業コンサルタントとして従事した。その後、オーリーズを創業し、同社取締役に就任。2014年にクラウドワークスに入社し、マーケティングを担当した。その後、ビズアシの立ち上げに関わり、2018年の設立とともに代表取締役に就任した。
参照元

会社の売却を経て、代表取締役へ就任

氏名: 原田大作
出身大学:
中央大学
親会社:
ソウゾウ 代表取締役社長
親会社:
メルカリ
職歴:
サイバード
ウォルト・ディズニー・ジャパン
コメント:
1981年生まれ。モバイルコンテンツを運営するサイバードを経て、ウォルト・ディズニー・ジャパンでモバイルコンテンツやソーシャルゲームのプロデューサーとして従事した。2011年にザワットを創業、代表取締役に就任した。2017年2月、メルカリにザワットを売却し、メルカリの新規事業を担うソウゾウの執行役員となり、2018年4月に代表取締役となった。
参照元

ベンチャーで新規事業を立ち上げ、代表取締役に就任

氏名: 天野孝則
出身大学:
関西大学社会学部
親会社:
ブレイン・ラボ 代表取締役社長
親会社:
じげん
職歴:
リクルートスタッフィング
じげん
コメント:
兵庫県出身。大学を卒業後、新卒でリクルートに入社。その後、リクルートを退社した後に、じげんに入社する。親会社であるじげんの経営推進部に加えて、子会社のブレイン・ラボの代表取締役社長を務める。
参照元

地方雑誌創業などと地方活性化を勧める起業家

氏名: 住友達也
出身大学:
国立阿南高専機械工学科
親会社:
とくし丸 代表取締役社長
親会社:
オイシックスドット大地
職歴:
あわわ
SUMITOMORE
コメント:
1957年、徳島県出身。卒業後、22歳の時にロサンゼルスに滞在し、帰国して1981年にタウン情報誌『あわわ』を創刊。1984年に会社としてあわわ設立、代表取締役に就任した。2003年に退任したが、2012年に 社会貢献型移動式スーパーとくし丸を創業し代表取締役に就任した。2016年にオイシックスドット大地に買収され、連結子会社となった。
参照元

編集後記:

いかがだっただろうか。

ベンチャー企業の子会社の社長には大きく分けて二種類あることがわかる。1つ目は自身で事業を始めて、ベンチャー企業に売却をして子会社の社長となるパターン。2つ目はベンチャー企業に入社し、新規事業の立ち上げに関わってそのまま代表取締役になるパターンだ。

ベンチャー企業の子会社の社長は、親会社から自由に事業を任せてくれることも多いし、やりがいのある仕事だろう。また倒産のリスクなどを考えても、親会社がある方が安心ではある。

もし子会社の社長になりたいのなら、ビズリーチを利用して、ベンチャー企業への転職を考えてみてはどうだろうか。ビズリーチならベンチャー企業も幅広く揃っているし、キャリアが求められるような求人も多いので、社長を目指すような優秀な人にはお勧めである。

今日は以上だ。