未分類

カラ求人とは?カラ求人を出す理由と見分ける方法

カラ求人に気をつけろ

読者の中で、応募しても企業から返事が来ないことや、面接までしてもらったが企業側の採用意欲を感じないといったことがあった人はいないだろうか?

求人媒体の中にはこうした「カラ求人」という、採用につながらない求人が掲載されていることがある。詳しくは以下で述べるが、転職活動をしている人にとってはこうした時間の浪費となりうる求人は避けて通りたいものである。

求人媒体を使用して転職活動を進める場合は上記のようなこともあり得るため、読者にはぜひ転職エージェントを使ってほしい。まずはビズリーチに登録してほしい。良質な求人を多く取り扱っていることに加えて、スカウトメールを受け取ることもできるので、上記のようなカラ求人を引くような事態には出会いにくい。何よりもビズリーチには各業界に詳しいエージェントが多数いるのでおすすめしたい。他のエージェントに登録していても登録をおすすめしたい。

他にも業界最大手のリクルートエージェントには優秀なエージェントがいるので登録しよう。相談にも親身にのってくれる。コンサルを中心に見たいという人であればアクシスコンサルティングでコンサル対策も含めて実施しよう。ハイキャリアの人であれば外資系求人やハイクラス求人を取り扱っているJACリクルートメントもおすすめだ。

カラ求人とは?求人媒体には気をつけろ

カラ求人(空求人)とは、一般的には企業側が採用を目的としていない掲載求人のことだ。

求人媒体に掲載していて応募したが、募集枠が埋まっているという場合や締め切りが過ぎているといったことで求人の応募ができなかったことはないだろうか?

こういったケースは「カラ求人」に含まれる。また、悪質なものであればそもそも求人応募が目的ではないといったこともあるので注意が必要だ。

特に、無料掲載が可能な求人媒体は注意したい。企業側に掲載費用がかからないなどのメリットがあるためだ。

ハローワークには特に注意したい。ハローワークに掲載されている求人の中にはハローワーク側から掲載をお願いされるケースもあり、無料掲載であることや厚生労働省管轄ということもあり、仕方がなく掲載しているケースもある。

求人媒体の中には企業にお金を払って掲載してもらっているケースもある。こういったお金目的で掲載している企業もあるため、求人媒体は実はしっかり見ておく必要があるのだ。

カラ求人が掲載されている理由

カラ求人が掲載されている理由は複数あるので、注意して理解したい。

①カラ求人の真実:広告目的の求人

求人を掲載しておくことで自社の宣伝効果を図ろうとする企業も多い。

求人サイトによって、獲得したいユーザーを確実にターゲティングして、自社の存在を認知させることができるためだ。求人媒体に掲載することを広告費として計算し、出稿しているのだ。

②カラ求人の真実:人事の経験アップのため

悪質なものだと、人事担当者の能力向上のためにわざわざ求人媒体に求人を掲載する場合がある。候補者を面接まで通して、若手人事や経験不足の人事を面接官とした模擬面接に候補者を利用しているのだ。この場合、そもそも採用する気がないため、面接官のモチベーションが低いことが特徴だ。

③カラ求人の真実:ハローワークなど掲載が無料だから

上記にも述べたが、掲載媒体が月額費用ではなく成約課金である場合や、ハローワークのように掲載費用がかからない媒体の場合、とりあえず掲載してみたり、惰性的に掲載し続けたりしていることがある。先にも述べたが、媒体側が企業にお金を払っていることもあり、注意をしたほうがいい。

カラ求人で面接されるケース

カラ求人の中には面接までするケースもある。募集を閉じているが、募集終了を記載することが漏れていてやむを得ず対応する場合や、そもそもの求人の目的が採用担当者の経験アップの場合は面接に通されることもある。ただし、こうしたケースはそもそも企業側の採用モチベーションが低いため、訴求が一切行われずにヒアリングで終わることが大半だ。また、採用力がなさそうな人事担当者が現れて、ひたすら面接の練習に付き合わされているような感覚になった場合はカラ求人の可能性が高い。

こうした事態にならないようにするためにも、転職活動中の人は良質な転職エージェントに登録したほうがいい。最低でもまずビズリーチに登録しておけば、上記のような問題に直面することはなく転職活動を進められるだろう。

BIZREACH

カラ求人が派遣の場合はもっと酷い

派遣会社の場合、さらにカラ求人の実態が酷い。実際には存在しない求人を掲載し、派遣登録数を増やすことが目的で実施していることがあるからだ。

派遣会社の登録者数を増やすことが目的になっていることがある

求人自体は少ないのに、派遣会社にまず登録をさせるための口実として、カラ求人を掲載していることなどがある。派遣会社に登録をさせておけば、実際に派遣を提携企業に流しやすくなるため、登録者をまず増やすことに躍起になっている企業の場合はこういったカラ求人を出していることが多い。

派遣で希望しているところに応募できないケースもある

先に述べたような派遣会社の場合は、実際に掲載している求人と紹介できる求人が異なるため、希望を出したとしても別の会社を紹介されることがある。これはカラ求人ではよくあることなのでしっかり派遣会社も見極めたほうがいい。

カラ求人を見抜くには?

カラ求人を見抜く手立てはたくさんあるが、一番手っ取り早い方法は、後でも述べるが転職エージェントに登録し、エージェントのフィルターを通して採用目的ではない求人を排除することだ。まずビズリーチに登録しておくと良いだろう。

①カラ求人を見抜く方法:掲載日に注意してみる

求人の掲載日が明らかに古いものはカラ求人の可能性が高い。掲載日が古い=応募されていないか、継続的に掲載されているかのどちらかである。掲載日が古い場合、そもそも求人応募がない企業か応募しても採用意向がない企業のため、注意しておきたい。

掲載開始日が記載されていない媒体もあるため、その場合は媒体に問い合わせてみよう。

②カラ求人を見抜く方法:内容の矛盾を見抜く

カラ求人の場合、求人内容がずさんな場合が多い。特に見出しと内容の中身が矛盾している場合は気をつけたい。採用を行いたい企業はかなり細部までこだわって求人票を作り上げるため、こういったミスがある場合は、求人の作り込みを軽視していることからもカラ求人である可能性が高い。

③カラ求人を見抜く方法:募集人数がやたら多い

転職市場において求人数が多いケースというのは、現場側での受け入れ体制も整っていなければならないため、相当大きな企業で体制が整っていないと難しい。企業規模とその募集人数とを照らした際に、明らかに不釣り合いな場合はカラ求人の可能性が高いため、募集要項はしっかり見ておきたい。

④カラ求人を見抜く方法:未経験者でもOK

未経験でも問題ないと掲載しているものは多く存在しているが、内容によっては未経験ではまったくできないような内容もあるため、要チェックだ。

それでもカラ求人を見抜くのは難しい

上記のようにカラ求人を見抜く手段をいくつか記載したが、実はカラ求人かどうかを見抜くのはかなり難しい。たとえ上記に記載したような手法に当てはまったとしても、カラ求人ではないケースもあるからだ。カラ求人を見抜くのはそもそも難しいという前提に立った上で、求人票を確認しておくのが良いだろう。

カラ求人に騙される前に転職エージェントに登録しよう

カラ求人に騙される可能性があるくらいなら、まずは転職エージェントを使ってしっかり転職活動における情報収集と対策をするほうがよっぽど効率的だと考えている。

転職エージェントを使えば、応募企業の情報を詳細に集めることもできるし、対策方法も入念に教えてもらえるため、転職活動における勝率を上げることができる。カラ求人に騙されないよう対策する時間があるくらいなら、エージェントのフィルターを通して活動したほうがよっぽど良いのではないか?

まずはビズリーチに登録したい。ビズリーチの使い方は本サイトでも掲載されているのでよく見てほしいが、各業界に精通したコンサルタントがサポートしてくれるうえにスカウトメールを受け取ることもできるので、転職活動がしやすくおすすめだ。

他には、リクルートエージェントがエージェントの質が高いことで有名なのでビズリーチと併用して使うと良いだろう。

編集後記

いかがだっただろうか?カラ求人の実態はあまりつかめていない部分もあるが、転職者にとっては酷い実態なのでぜひ転職エージェントを使って転職活動を進めてほしい。

今日は以上だ。

2019年11月の転職トレンド

企業は10月に下期の採用を終えて体制が整い、今の時期は求人情報としては凪の状況であるという向きもある。11月の採用決定者数は、数字としては低調になっているのが事実だ。

転職希望者も、上半期末や下半期初の繁忙期を終えて一息つき、転職活動をなかなか始めない。実際に、転職メディアの閲覧数は、11月は決して多くない。

だからこそ、実は、11月に転職活動を休む、年末年始休みまで転職活動を始めなくていい、というのは誤りだ。管理職や、チャレンジングなポジションの転職を望む人がいれば、少なくとも情報収集は、確実に11月から開始したほうがいい。

日本の企業の多くは3月決算だが、上期の業績の着地結果が固まるのは今、11月の始めである。企業側では、業績の着地結果を踏まえて事業計画を修正し、下期の業績達成に向けて動き出していく。

業績を達成するため、欠員を急いで補充するケースもあるが、逆に、チャレンジが必要なプロジェクトで、クリティカルに必要な人を採用するので、重要な求人ポストの募集が意外と始まる時期なのが11月だ。

中途入社は4月がピークだが、重要なポジションは採用決定まで時間がかかる。重要なポジションを4月に確実に充足させるため、先行して、とりわけ非公開ポジションの募集を始める会社も多い。 重要なポジションは数も少ないので早い者勝ちだ。あっという間にクローズするので、多くの転職希望者が気付かない間に、募集が終わっていくのである。

→ビズリーチなどの転職サイトにまずは登録し、経験豊富なプロのエージェントに、非公開ポジションの情報を、直接ヒアリングすることをおすすめする。

11月のトレンドは、以上だ。

筆者のお勧め転職サービス

1位 ビズリーチ キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

2位 JACリクルートメント ハイキャリアに特化した転職エージェントであり、年収アップに繋がる転職支援に定評がある。年収が500万円以上の方や、その給与帯を目指したい方は登録すべきだろう。特に、年収1000万円前後の転職では日本有数の実績を有している。まずは、レジュメを登録し、キャリアコンサルタントとの面談に参加してほしい。
また、JACリクルートメントに相談した人へのインタビューは→こちら

3位 リクルートエージェント 日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

4位 アクシスコンサルティング お勧め度は4位としたが、コンサルティングファームに転職したい方には、一番お勧めしている転職エージェントだ。コンサルティングファームへの転職では日本有数の実績を有しており、主要なファームのほとんどと取引している。特に、事業会社に在籍するコンサル未経験者の支援には定評がある。どのファームでどのような選考が行われ、どうすれば合格できるかを熟知しているので、コンサルティングファームへの転職を視野に入れている方は面談に参加すると良いだろう。

5位 パソナキャリア 日本有数のHR企業であるパソナの転職支援サービスだ。丁寧な候補者支援に強みを有しており、候補者の性格や気持ちを理解しながら、ホスピタリティの高い転職支援を行ってくれることだろう。案件数はリクルートエージェントよりやや少ないが、仕事が丁寧で、自分に合った求人を丁寧に紹介してもらうことができる。他のエージェントの面談に参加し、違和感を感じた方には特にお勧めできるエージェントだ。