キャリア相談室

関西(大阪、京都、兵庫)に転職、就職するときに注意すべき点とおすすめ企業

関西出身の方が東京の大学を出て地元に戻って就職する際、もしくは東京出身だが志望企業が関西だったために東京を離れ関西(主に京都、大阪、兵庫)に引っ越す場合がある。関西に就職する際に注意すべき点と転職の方法について書かせていただきたい。決して滋賀や和歌山、奈良を忘れているわけではない。

関西に転職することを考えているなら、まずは関西でも案件保有が多く、各業界専門のエージェントがいるビズリーチに登録しよう。スカウトが来るなどの特典もあり、おすすめだ。また、業界トップのリクルートエージェントも同時に登録しておくと良いだろう。

近年、関西では、東京に求人が集中していたコンサルやハイキャリア向けの求人が増えつつある。コンサルの場合、コンサル求人に特化した案件を保有しているキャリアインキュベーションに登録しよう。ハイキャリア向け転職サービスをしているJACリクルートメントもおすすめだ。
まずはビズリーチに登録した上で、並行して転職エージェントを活用してほしい。

東京にいると何事も完結するため勤務地への意識が希薄に

東京にいると大学も勤務地もそろっており、急に関西へ就職となったときに困ってしまうことがあるだろう。

地元が関西であっても東京の大学を出て大手企業に就職をした場合、関西への就職は東京の中では珍しくなってしまい情報があまり入ってこない。最初に断っておくと東京在住の人かつ成長志向の高い若手向けに本記事は書いているのであしからず。

東京本社で配属が関西になった場合

新卒や第二新卒で東京本社の会社に入社したとしよう。東京に配属されたかったが東京に配属されなかった場合を考えよう。ここで、関西への配属は非東京のエリアとしてはほぼ当たりの配属だ。

このように書くと東京偏重のような書き方になってしまうが、若い間は田舎は嫌だという若者が多いため東京配属が第一志望の設定にしている。 田舎の配属になったら一生勤めるつもりで入っていない会社であれば転職をすすめている。

成長を志向している人にとって田舎ののんびり環境が耐えられずもっと仕事をしたいというマインドが薄れはじめ自己嫌悪になり東京に帰ってくる若手が毎年多く発生している。 一方、関西配属であると、産業も発達しており優秀な人もある程度の母数がいるため辞める人は少ない。よって関西配属の場合は、しばらく耐えて東京に帰ることを考えていい。

それでも、今すぐ東京に帰りたく転職を考えている場合はスカウトが来るビズリーチに登録するのが良いだろう。案件数も多く、業界専門のエージェントがいる。

f:id:sportsmania:20170817232856j:plain

関西本社の会社に就職、転職し関西に住むことになった場合

関西企業に就職した場合は基本的にはずっと関西になる。想像以上にギャップがあり、すぐ辞める人がいるため注意してほしい。

関西は環境も違うし、東京とは異なる面が多く、毎週東京に帰りたくなる。最も大きな理由は友人が関西にいないことだ。

東京はベンチャーだの起業だの刺激的なコミュニティやイベントがたくさんある。(決してベンチャーや起業のような界隈に身を置くことが成長につながるかは人にもよるが) 関西は、成長志向の人にとっては刺激的なコミュニティの少なさから退屈に感じる。

事実、ベンチャー志向で大手外資系のメーカーに入社してすぐに飽きる人が毎年たくさんいる。東京であれば働きながら週末手伝う形で参加できるため成長志向を満たす環境がある。

優秀な人は多いのだが元々のマインドの近い人が孤立してしまうのはもったいない。採用側もベンチャーマインドの強い人を採用するよりは地頭がよく優秀だがベンチャータイプでない人をターゲットにしたほうがよいだろう。

このような事情があるため関西に就職、転職する場合は気を付けてほしい。仕事が魅力的に思えても、仕事以外の時間も長いため気を付けてほしい。

関西に転職するメリット

実家暮らしか一人暮らしかで大きく変わってくるが、生活コストが安い。家賃の相場が大きく異なるため、家賃代の差額だけで関西ではいい暮らしができる。東京は都心はすべからく賃料が高いためなかなか家賃が切迫し若手の間は苦しくなってしまう。

関西に住むデメリット

関西に住むデメリットは、起業の情報等、最先端の情報がやはり遅れてはいってくる。口頭経由での一次情報は貴重な情報源なのだが、関西ではなかなか一次情報が入ってこないというデメリットがある。

インターネット時代とはいえ、人と会って入ってくる情報は馬鹿にできないのだ。

関西にある企業一覧

関西にある企業一覧をみてみよう。 こちらに関西にある外資系企業一覧が掲載されている。P&G、ネスレ、バイエル、アストラゼネカ、USJ、イーライリリーといった企業群は日本の拠点を関西におき、主要部門も関西に置いてある場合が多い。

特にP&Gはマーケティング部門をはじめ神戸に機能が集約されている。かつてはアジアのヘッドクオーターとしての役割をも果たしていた。 

P&GやUSJ、ネスレあたりは優秀な人材が集まっており転職をすすめたい企業の一つである。

ギャツビー(GATSBY)をはじめヘアケア用品を販売するマンダムも関西に拠点がある。

上記のようなハイキャリアでの転職を考えている人はJACリクルートメントに登録しよう。高年収の案件を多数保有している。
また、案件が多いビズリーチとは併用して登録しておいたほうが良い。

http://www.kansai.meti.go.jp/3-1toukou/_INVEST_support_info/2014welcome/8-2.pdf

やっぱりキーエンス

キーエンスという会社はこのサイトを読んでいたら幾度となくでてきたので知っていることだろう。

キーエンスは年収が総合商社より高い。4年目で1,500万円を超える企業だ。ボーナスが高騰している関係で現在は転職するにはおすすめだ。東京勤務も関西勤務もあるが、関西勤務になると生活コストも低いので思いっきり遊べる。

キーエンス以上に良い日系大手企業はなかなかなくなってきているが、そのなかでも関西拠点となるとますます少ない。転職で関西を検討する際はキーエンスの求人がないか調べてみよう。

東京から関西へ転職する場合

東京から関西への転職を考えている場合は、関西の転職エージェントに相談したらよいと考えがちだが、関西の転職エージェントと東京の転職エージェントのどちらにも聞いておこう。外資系企業も会社によっては関西の転職エージェントとほとんど接せず、東京の転職エージェントとコンタクトをとり、地元の候補者は自己応募でまかなっているという場合がある。

ちなみにビズリーチに登録している転職エージェントのうち関西在住なのは全体の約10%程度なのである。また、関西にいる転職エージェントも大手企業の関西配属の人が多いため地元にいる個人で強い転職エージェントは少ない。

ビズリーチを使って関西に本社を置く企業が直接ダイレクトリクルーティングをしかけてくる事例が増えている。よってビズリーチに登録することをすすめている。

関西から東京に転職する場合

関西から東京に転職する場合は、100%東京にいる転職エージェントを使うようにしよう。業界の情報収集だけリクルートエージェントの大阪にいるキャリアカウンセラーにきいてみてほしい。

後はお金はかかるが東京に足を運んで企業回りをしよう。東京の転職エージェントともできれば東京であうのがよいが最初は数をこなすことが大事なのでビズリーチでコンタクトをとった転職エージェントと電話で話そう。

電話である程度話をして、信頼できると思ったら、次は東京で会うといったように段階をふむとよい。 大阪、東京間でも片道2時間と2万円以上のお金はかかるため機会を無駄にせず転職活動をしよう。

今日は以上だ。

2019年10月の転職トレンド

2019年10月時点では、各社の採用意欲はおしなべて旺盛であるものの、ポジションの募集が減少する会社と、引き続き多くの社員を募集している会社に二極化している。景況感の悪化リスクが高まる中で、人材業やコンサルティング業など、労働集約的で「なくても困らない」サービスを提供している産業では、採用意欲が減退している。

大規模な会社は採用人数が多く、個別研修を実施するのが難しいため、10月1日や4月1日など、期の切れ目に新入社員の入社を集中させたいと考えるが、外資系企業など、会社によっては1月入社可能なところもある。 また、10月に転職をするメリットもあるので、下記の記事を参考にしていただきたい。

→10月に転職活動を開始すると有利な理由

マクロでは転職市場が狭まり始めていることを踏まえると、転職を検討しているなら、少しでも早く情報収集に動いた方が賢明だ。→ビズリーチなどの転職サイトにまずは登録し、プロのエージェントに直接ヒアリングすることをおすすめする。

10月のトレンドは、以上だ。

筆者のお勧め転職サービス

1位 ビズリーチ キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

2位 JACリクルートメント ハイキャリアに特化した転職エージェントであり、年収アップに繋がる転職支援に定評がある。年収が500万円以上の方や、その給与帯を目指したい方は登録すべきだろう。特に、年収1000万円前後の転職では日本有数の実績を有している。まずは、レジュメを登録し、キャリアコンサルタントとの面談に参加してほしい。
また、JACリクルートメントに相談した人へのインタビューは→こちら

3位 リクルートエージェント 日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

4位 アクシスコンサルティング お勧め度は4位としたが、コンサルティングファームに転職したい方には、一番お勧めしている転職エージェントだ。コンサルティングファームへの転職では日本有数の実績を有しており、主要なファームのほとんどと取引している。特に、事業会社に在籍するコンサル未経験者の支援には定評がある。どのファームでどのような選考が行われ、どうすれば合格できるかを熟知しているので、コンサルティングファームへの転職を視野に入れている方は面談に参加すると良いだろう。

5位 パソナキャリア 日本有数のHR企業であるパソナの転職支援サービスだ。丁寧な候補者支援に強みを有しており、候補者の性格や気持ちを理解しながら、ホスピタリティの高い転職支援を行ってくれることだろう。案件数はリクルートエージェントよりやや少ないが、仕事が丁寧で、自分に合った求人を丁寧に紹介してもらうことができる。他のエージェントの面談に参加し、違和感を感じた方には特にお勧めできるエージェントだ。