20代~30代のキャリアを考えるブログ

若手のキャリア、転職についてインタビュー、意見を発信しています。

大手以外のおすすめ転職エージェントの紹介

転職エージェントを紹介すると、いつもリクルートエージェントDODAを紹介しがちである。
今回は、あまり知名度こそ高くないものの、確実に転職決定を出している転職エージェントについて紹介していきたい。
人材業界は活況であり、どのサイト、どの転職エージェントを利用したら良いか、困っていると思うが、ぜひ転職エージェント選びの参考にしていただきたい。
業界ごとに転職サイトを紹介していくので、ご覧いただきたい。

大手エージェントを使わないメリットとは

大手エージェントを使わないメリットは、正直ない。
大手エージェントは案件数が桁違いなので、転職市場を知るために、大手エージェントは使うべきだと考えている。
ただし、大手のリクルートエージェントDODAは、残念ながら転職エージェントの当たり外れが多く、せっかくの大手のメリットが生かされない。
具体的には、中途で人材業界未経験の人がキャリアカウンセラーを務めている。

人材業界未経験の人は、転職市場に詳しくないので、ろくにキャリアカウンセリングを行うことができない。
こうした状況では、残念ながら、転職支援をしてもらっても、無駄な時間だったと感じる求職者が多い。

なお、年収の高い候補者であれば、優秀な転職エージェントをあてがってくれることも多いので、年収1,200万円を超える20代後半から30代前半の方だったら、どこの会社でもエース級がくると考えていい。
だが、今回は大手以外の転職エージェントについて、いくつか紹介させていただく。
高学歴層や将来の高年収層を取り扱っている会社ばかりなので、ぜひ一度面談を検討してほしい。

法人営業とキャリアカウンセリングが別である大手

大手は、求人数が多いのには理由がある。
当然、社員や組織が大きいからなのであるが、法人営業の担当と、キャリアカウンセリングの担当を別にしているという理由が大きい。

少人数の転職エージェントであれば、法人へ営業もして、求人の詳細がわかった状態で、キャリアカウンセリングを行える。

ここでいう法人営業とは、中途採用を考えている企業へ行き、具体的な採用用件を聞き出すことである。
キャリアカウンセリングとは、普段皆さんが、転職相談をする際に、転職エージェントと話すことを指す。
リクルートやパーソルキャリアではRAやCAといった呼び方をしている。

f:id:shikanokuninoouji:20180713164246j:plain

大手以外のおすすめ転職エージェント

転職エージェント 業界
クライス&カンパニー ベンチャー、コンサル、ファンド
転機 7000社以上
ランスタッド 大手企業
ロバート・ウォルターズ 外資系
アクシスコンサルティング コンサルティング
GEEKLY IT業界、WEB業界、ゲーム業界

クライス&カンパニー
30代のマネージャークラスの転職支援を行っているのがクライス&カンパニーだ。
クライス&カンパニーは、マネージャークラス、年収800万円以上をターゲットにしている。だが、20代の転職支援も受け付けている。
将来幹部クラスになりたいと考えている方は、クライス&カンパニーの門を叩いて全く問題ない。

ベンチャーからコンサル、ファンドまで様々な業界と職種をカバーしている。
共通していることは、ポジションが管理職であり、年収が高めということだ。
リヴァンプ、日産、ユーザべース、ウォルマートとベンチャー企業からグローバルカンパニーまでおさえていることがわかる。

クライス&カンパニー社の岡田麗氏は女性ヘッドハンターの中では業界トップクラスの実績である。
男女ともに優秀層の転職決定が多い。各社の人事からも信頼が厚く、同社看板ヘッドハンターの1人である。
女性で真に優秀層の支援をしているヘッドハンターは、業界では少ない。

クライス&カンパニーは他にも優秀な方ばかりなので、ぜひご覧になってほしい。
40代、50代の決定も多い。クライス&カンパニーで活躍できるクラスの転職エージェント自体が、年収数千万円稼げる転職エージェントだと思うとよい。

転機
転機は、レイスグループが運営する転職情報サイトだ。
レイスグループは、人材業界のなかでも名の知れた会社だ。転機は、7000社以上の企業を掲載している転職サイトである。

転機は、業界の人以外知らない、ここぞという会社が多く掲載されている。良い事業だがなかなか伸びずに苦しんでいる企業が、COOもしくはそれに近いポジションの人を採用しようとしている。

登録してみたらわかるが、人材業の人以外は聞いたことがない企業も多い。社長に癖があり、ワンマン企業だが、成長のポテンシャルを秘めた一風変わった企業もある。
通常のサイトに掲載されている企業もあるので安心してほしい。

登録してから、応募したい企業を選べる形だ。実際に、企業の社長と話すことができる機会を提供してくれる素晴らしいサービスだ。
レイスの担当者が、こうした細かいやり取り含めサポートしてくれるので、安心して利用できる。

ランスタッド
ランスタッドは、大手転職エージェントと同様に、旭川から鹿児島までをカバーする大手エージェントだ。ランスタッドは人材紹介から派遣まで幅広くやっている会社である。

ランスタッド自体が大手であることから、大手企業との取引も多い。
セガ、京セラ、クボタ、ソニー、マツダ、昭和シェル、三菱自動車といった企業をカバーしている。最近の会社であるLINEやドリコムまで対応している。
全国に拠点があるので、地方の方にはぜひ利用してほしい。

首都圏の方は大手企業に興味があり、かつ大手エージェントで良い求人が出なかった場合には行ってほしい。
この会社は派遣や単発バイトとページを混ぜているため、使いにくい仕様になっているのが難点だ。WEBサイトの改善がいち早く望まれる。

ロバート・ウォルターズ
ロバート・ウォルターズは、東京渋谷と大阪梅田に拠点を置く、外資系人材会社だ。外資系人材会社にしては門戸を広くしており、若い優秀層からベテランの幹部クラスまで、幅広く取り扱っている。

外資系なので、外国人の転職エージェントも多く在籍している。日本語能力の乏しい、外資系専用転職エージェントもいるが、日本語が堪能な外国人エージェントも在籍している。

個人的には日本語堪能な外国人エージェントと、日本語が不得手なため英語で話す必要がある外国人エージェントのどちらとも話してほしい。

ロバート・ウォルターズは、世界中にネットワークが存在するので、外資系の案件に強く、個人間でうまく交渉ができる素晴らしい転職サイトの1つである

キャリア面談をしてくれることは実質ないが、代表のデイビッド・スワン氏は、グローバルで企業幹部らとつながっているため、秘密の案件をロバート・ウォルターズが引っ張ってきている。

外国人ヘッドハンターは、高度なプロフェショナル職業としてヘッドハンティングをとらえているので、プロ意識が高い。
ロバート・ウォルターズのオフィスに行くと、そのプロ意識のある緊張感が伝わってくるので、一度訪問してほしい。
東京では、渋谷にある良いヘッドハンティング会社は少ない。なぜ渋谷にオフィスを構えているか常々疑問に思っている。

アクシスコンサルティング
アクシスコンサルティングは、コンサルティング業界に強い転職エージェントである。
コンサルティング業界へ入社したい未経験者、またコンサル経験で、事業会社に行きたい人を支援している。
また、同社の一風変わった特徴としては、コンサルとして独立したい人向けの支援をしていることだ。
フリーのコンサルタントへの独立支援をしている人材会社はなかなかない。転職でなく独立を支援しつつ、多くのコンサル転職の決定を出している、言わずと知れた会社だ。

アクシスコンサルティングでは、最上裕司氏は、若手からプロフェッショナル層まで支持されているキャリアコンサルタントだ。
長期的なキャリア支援を念頭におき、コンサルティング業界でありがちな、業界を変えたキャリアチェンジに対して、強い意識をもってキャリア相談にのっている。キャリアの選択肢の提示から、今何をすべきかまで幅広く対応してくれる。

稲橋広将氏は、SE出身であり、技術への理解にも長けており、SEからコンサルタントへの転身の支援実績がある。また、海外勤務経験もあることや、王道ルートでキャリアを歩んできたわけではないため、幅広い方の対応をしている。優しくつつみこむような人間性も評判である。

GEEKLY
GEEKLYは、東京での利用になるが、IT業界、WEB業界、ゲーム業界に強い。
GEEKLYはオフィスがきれいである。オフィスの内装がWEBベンチャー特有のかっこいい内装なので、キャリアカウンセリングを受けているときも、なぜだか落ち着いた雰囲気になる。

ベンチャー系の人材紹介会社はどうしても細かい部分がおざなりになりがちだが、GEEKLYはその点しっかりしている。オペレーションや細かい気配りがしっかりしたエージェントである。
他の特徴としては、活躍している女性キャリアカウンセラーも多く、また若いキャリアカウンセラーも多い。20代のIT系でキャリアに悩んでいる方は、同世代の目線から相談できるのが大きい。

通常の人材紹介会社とは変わった雰囲気なので、足を運んでみることをおすすめしたい。
こちらの会社も渋谷にある。ロバート・ウォルターズとは反対側で原宿寄りなので、渋谷駅から行く際に方向を間違えないようにしたい。

GEEKLYに優秀なエージェントがおり、具体的な名前を出したいが、GEEKLY社自体が各社に人材輩出をしており、転職がやや多いので、個人名は出さないでおく。

転職サイトへの登録

転職サイトを使うことで、複数の転職エージェントを見ることができる
転職エージェントと同時に、転職サイトにも登録しよう。
今回紹介した転職エージェントたちも利用しているのがビズリーチだ。ハイクラスおよび20代だが、将来のハイサラリー層を狙ってスカウトを送ってくる。

転職エージェントに登録すると同時に、ビズリーチにも必ず登録しておこう。比較のためにも転職サイトはおすすめである。

今日は以上だ。