20代~30代のキャリアを考えるブログ

若手のキャリア、転職についてインタビュー、意見を発信しています。

年収1,000万円を20代のうちに実現するために行うべきこと

年収1,000万円に到達したい、できれば早いうちに、具体的には20代に達成したいと考えている人も多いことだろう。
では、20代で年収1,000万円を超える方法について考えてみよう。いつもとは少し違う視点で考える。

20代で年収1,000万円を稼ぐ人が増加

体感では、20代で1,000万円を稼ぐ人が増えている印象である。
まず1,000万円を超えるには、誰でも年収1,000万円をこえる企業に在籍するのがてっとり早い方法である。

具体的に、年収1,000万円をこえる企業としては、ゴールドマンサックスや野村證券の投資銀行部門などの投資銀行、三菱UFJ銀行といったメガバンク、マッキンゼーといった戦略コンサルティングファーム、などがあげられる。

こうした企業に在籍するには、新卒でないと難しいので、新卒で給料が高くない企業に行った場合に、転職して成功する方法について考えたい。

転職して年収1,000万円をこえるには、早い段階の転職が重要

現在、20代のうちに年収1,000万円をこえる企業にいない場合には、転職を検討すべきである。ただし、年数がある程度いってから転職しても一気に年収があがる可能性は低い。

そこで、第二新卒の段階であれば転職して企業を変えることもありだ。

企業を変える場合も、業界を変える場合と同業内転職を狙う二つがある。

例えば、サイバーエージェントでインターネット広告事業に従事していたら、電通に転職して年収をあげる方法もある。
これは同業内転職で、年収が高い会社に転職する場合だ。

また、業界を変える事例もある。
新卒で、人材系ベンチャーで、3年目でも年収300万円代だったとしよう。これでは今後の伸びしろも知れている。

そこで、アクセンチュアやデロイトトーマツコンサルティングに転職して、最初のポジションから500万円代を狙うのだ。マネージャー以上になっていくと年収1,000万円がみえてくる。

少ないチャンスの未経験採用を狙う

また、大企業でも未経験採用をしているところがある。
高年収企業の1つである三井不動産は、未経験採用を2018年に行っている。三井不動産のような高給大企業が採用をしてくれるのはありがたい。

従来、三井不動産のようなデベロッパーに分類される企業は、未経験者を採用してくれる事例はほとんどなかった。というより、中途採用自体の数が少なかった。
個人のマンション販売の不動産は未経験でも採用してくれるが、三菱地所、三井不動産のようなビジネスの中身が異なる企業は、専門職採用を行っていた。

総合商社も、採用の門戸は狭いものの、従来中途採用は30代以上だったのが、20代にまで採用門戸が拡大してきている。
未経験で高年収というのは都合が良すぎで、そんな企業はなかなか見つからないが、採用をしていることもあるので、探そう。

転職エージェントがこの手の企業の求人をもっている可能性はあまり高くない。
人気企業は、転職エージェントを使わなくても、求職メディアに求人を出すだけで求職者が集まってくるので、求人を低予算で集める転職メディアに掲載することが多い。
ビズリーチ等に企業の人事からメールが送られてくる方法もある。

2社に所属して1,000万円をこえる

近年の新しいありかたとしては、2社に所属して年収1,000万円を稼ぐという方法が出てきている。

一社500万円で、もう1社は500万円で、合計1,000万円という形ではなく、片方の会社で700万円、もうひとつの会社で300万円という形がある。
ほぼフルタイムで働く+平日の夜など三日間は別の会社で働く、というようなダブルワーク的な働き方がある。

だが、フルタイムでない人をダブルワークという形で受け入れてくれる会社はあまり多くはない。在宅ででき、かつその会社の人ではできない専門的な仕事でないと、ダブルワークの社員という形で受け入れてもらうのは難しい。

f:id:shikanokuninoouji:20180914195134j:plain

副業はすぐに稼げるわけではない

さて、インターネットを眺めていると、副業で稼げるようになりましょうといった怪しい類のものをよくみる。
副業でビジネスをはじめて年収1,000万円をこえようというアドバイスは、信じないほうがよい。
基本的に未経験で稼げるような副業はあまりなく、自分の労働力を売る仕事になりがちで、アルバイトをしているのと変わらない。

副業で稼ぐには、本業で十分に稼いだ状態で、本業のノウハウを生かしていくありかたが、簡単ではある。
だが、このような状態になるときには、すでに本業一本で年収1,000万円をこえている確率が高い。あまり副業はあてにしないようにしよう。

資産運用も若い間はおすすめしない

資産運用をしようというアドバイスがあるが、小資本で運用しても、たいしてポートフォリオを組めない。
資産3億ある状態でないと、安定して年収1,000万円を稼ぎだすことは難しいだろう。

英語ができると年収は確実にあがる

なお、やはり20代で年収をあげて1,000万円をこえるには、英語ができることが大事だ。
外資系企業はもちろんだが、日本企業は海外に活路を見出している企業も多く、英語ができ、海外市場とのやりとりをする担当者を欲している。

英語は簡単にあげられる能力で、勉強をするだけで年収があげられるのは、英語以外にない。
逆に、英語ができずに20代で年収1,000万円を超えていこうとするのは、キーエンスや、成果を出しているプルデンシャルの人でない限り、無理になってくる。

外資系を狙うのもチャンス

外資系を狙っていくのもチャンスである。
外資系企業でリスクをとっていけば年収があがるが、外資系企業においてクビが減ってきた昨今においては、それほど大きなリスクはないといえる。

アクセンチュアでもテクノロジー部門ではなかなか年収が上がらないので、SEの仕事をしている方は、SEに近い仕事で、もっと年収がとれそうな企業を探したほうがよい。
ボストンコンサルティンググループは、SE出身の人を採用することが一時期あったので、こうしたチャンスを狙い、高年収をゲットしていくとよいだろう。

年収1,000万円を稼げる仕事の探し方

まず、年収1,000万円をこえる仕事が何であるかを知ろう。
具体的には、希望年収を書いて、ビズリーチに登録しよう。
ビズリーチに登録したら、年収1,000万円の求人をみることができるので、どういった企業と仕事が年収1,000万円を超えているか調べてほしい。

ビズリーチに登録して、転職エージェントからの連絡を待ち、会ってみて、年収1,000万円を自分の能力でこえるにはどうしたらよいか相談しよう。
転職エージェントは、年収1,000万円がほしいという相談を受けることが多い。現在の年収がたとえ400万円だとしても、恥ずかしがらずに相談しよう。

今日は以上だ。