第二新卒

第二新卒でGoogle(グーグル)に転職する方法

誰もが知っているであろう、世界的大手IT企業「Google(グーグル)」。「Google(グーグル)で検索する」ことを表す「ググる」という言葉は、もはや一般的になっている。

Google(グーグル)は、検索エンジン「Google」や動画サイト「YouTube」などの多くのWebサービスを運営し、世界50か国に70以上のオフィスを持っている。

日本では六本木ヒルズに支社を構え、「働きたい企業ランキング」では毎年上位にあがる人気企業だ。採用競争倍率は公開されていないが、おそらくポジション問わず相当に高いはずだ。

新卒時にGoogle(グーグル)を志望していたが、内定をもらえなかった、手が届かず諦めていたという方は、第二新卒としてGoogle(グーグル)への転職に挑戦してみてはどうだろうか。

  • いきなりベンチャーに転職する勇気はない
  • 自身のキャリアアップにつながる経験を積みたい
  • グローバルに活躍したい
  • 転職で年収をあげたい

といった志向のある第二新卒の方には、Google(グーグル)への転職はうってつけだろう。転職を検討する足がかりとなる情報をまとめたので、ぜひ一読してほしい。

Google(グーグル)をはじめとする外資系企業、IT企業への転職を検討する方は、まずはビズリーチに登録しよう。企業の人事や、外資・ITに強い経験豊富な人材エージェントから、直接スカウトが届く。

ビズリーチと併用してほしいのは、自分にあった転職エージェントだ。現在力を入れて募集している職種や、各職種に求められるスキルや経験などの情報は、転職エージェントが圧倒的に詳しい。

高年収や、グローバルでの活躍を希望する方は、JACリクルートメントに登録すれば間違いない。コンサル業界への転職も考えているなら、キャリアインキュベーションに登録しよう。

エージェントによって扱う案件は異なるので、自分の志向に合ういくつかのエージェントを併用しながら転職活動を進めて行くことをお勧めする。

第二新卒でGoogle(グーグル)に転職するメリット

最近は社会的に認知されている「第二新卒」という言葉。一般的には入社3年以内に転職活動をする人たちのことを指す。

転職人気企業ランキングで毎年常に上位に入るGoogle(グーグル)に第二新卒で入社することは、何を意味するだろうか。

成長の伸びしろがある第二新卒という時期に、日本の大企業でもITベンチャーでもなくGoogle(グーグル)にいくという経験で、世界最先端の技術や知見に接することができる。

「Google(グーグル)でITの知見を得た」「グローバルなマーケットに対峙した」というキャリアの強みを得ることで、転職市場での評価は上がるだろう。

第二新卒でGoogle(グーグル)に入社して出世できるか

出世という点については、多くの会社で、中途入社よりも新卒入社の人が優遇される傾向がある。しかし最近では、第二新卒の転職が一般化し認知されているため、新卒との差はさほどないのが現状だ。

Google(グーグル)でも、中途で入社したから出席できないのでは、という心配はいらない。むしろ、他の企業で培ってきた土台を業務に活かすことが求められ、最初から新卒以上に期待をかけられる。

自らのキャリアを戦略的に考える力を養い、幅広いビジネススキル向上に繋げていけば、きっと良い結果が生まれるだろう。

Google(グーグル)の事業の状況

Google(グーグル)は、「世界でもっとも価値のあるブランドランキング」で常に上位に存在している。

Google(グーグル)の企業理念には、「世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすること」というものがある。Google(グーグル)のビジネス領域は広く、活動規模は常に拡大している。

Google(グーグル)は、世界50か国に70以上のオフィスを構えている。先進国の多くでは、Google(グーグル)の検索エンジンが9割以上を占めている状態だ。

さらに、最近はソフトウェアだけでなく、ハードウェアまで事業領域を拡大している。

現在、日本を含むアジア太平洋地域の売上は、グローバルの約4割を占めている。Google(グーグル)において、重要な位置付けとなっている。

日本支社でも求人を積極的に進めており、募集職種も多岐にわたるため、第二新卒の活躍場所もさらに増えそうだ。

Google(グーグル)が求める「Googleらしい」人材とは

Google(グーグル)の採用倍率は高く、チームや組織にこだわりを持っている。専門的スキルや知識、ノウハウ、経験ももちろん大事だが、採用場面では、「Googleらしさ」が重要視される。

「Googleらしさ」とは、好奇心、情熱、学び続ける意欲である。新しい視点や経験をチームにもたらし、情熱的に好奇心を持っている。自身の信念を持って、多種多様の立場の人々と共に、新しい視点を持ってチームと共に仕事ができる。そんな人材が求められている。

Google(グーグル)では、英語を公用語とし、多様なメンバーと協働することになる。そのような環境だからこそ、グローバル感覚や、大きな目標に向かって未来を切り開く能力が身に付き、一般的な大手企業と成長スピードも断然に変わってくるだろう。

いずれにせよ、Google(グーグル)の選考を受けるのであれば、「Googleらしさ」は自分なりにしっかり解釈しておく必要があるだろう。

Google(グーグル)の年収と評価体系

年収水準は高く、評価は実力主義だ。パフォーマンスに対しての明確な評価で報酬が決まる。現在の会社の年収体系がそもそも低い、評価方法に不満がある、成果を出しても還元されないという不満がある方には、ぜひおすすめしたい。

年収の水準は、職種に関わらず、他の企業と比べて非常に高い。同じIT業界であるYahoo(ヤフー)や楽天と比較しても、高額である。

特にエンジニアなど、特別なスキルや経験のある人に対しては、1000万円を超える相当な高収入が提示されている。その上、後述の通り待遇も非常に恵まれているので、優秀なビジネスパーソンにとっては非常に働きやすい職場だと言えるだろう。

入社後の評価は実力主義で、評価が良ければ良いほど年収は高くなる。年俸は、一年間で最大10%ほど上がり、年俸以外にもボーナスや株が支給される。

自分が応募可能なポジションはどのくらいの年収なのか、自分の経歴やスキルであればどのくらいの待遇になるかといった情報は、応募前に転職エージェントから入手しておこう。ビズリーチに登録し、Google(グーグル)への転職サポート経験豊富なエージェントに聞いてみることをお勧めする。

Google(グーグル)の福利厚生と制度環境

Google(グーグル)では、社員が働きやすいように、あらゆる工夫を凝らしている。顧客満足度だけではなく従業員満足度も高める努力をしている会社である。充実した環境を提供して、良い仕事をしてもらおうという、非常に合理的な考え方だ。

たとえば、Google(グーグル)の社員食堂は有名で、専門シェフが提供するブッフェ形式の食事を、なんと3食無料で利用することができる。一部のオフィスでは愛犬と一緒に出勤ができたり、移動美容室があったりと、ユニークな施策も目立つ。

働く環境の整備面では、最近は在宅勤務導入も進み、リモートワークも増えている。Google(グーグル)は成果主義で、仕事の時間よりも成果が重視されるので、自分でワークライフバランスを調整できるのは非常に魅力的だ。

ちなみにGoogle(グーグル)は地域貢献活動を大切にしており、社員のボランティア活動にも協力的である。社員のボランティア活動に応じて、会社側も寄付金を増やしている。

Google(グーグル)への第二新卒の転職で失敗しないコツ

Google(グーグル) への応募を検討するなら、必ず転職エージェントを利用することを勧める。現在力を入れて募集している職種や、各職種に求められるスキルや経験などの情報は、転職エージェントが圧倒的に詳しい。

企業の募集要項に書かれている以外の要件や、欠員の状況など、最新の情報を保有している転職エージェントをうまく活用するのが賢い。内定獲得のためのポイントを直に教えてもらえることだ。また何より自己分析や評価など、適切なアドバイスや手厚い支援を受けられるため、自身の市場価値も確実に知ることができる。

情報を十分入手した上で、自分がいかにGoogle(グーグル)らしさを発揮して貢献できるかを、自分の言葉で語れることが大切だ。

編集後記

第二新卒は上記に述べてきたように、特に転職しやすい時期だ。Google(グーグル)だけに限ることではないが、自分の市場価値を客観的にを知るためにも、まず転職サイトやエージェントに登録しておこう。

まず登録するべきなのはビズリーチだ。Google(グーグル)をはじめ大手人気企業、転職エージェントからのスカウトが直接届く。

なお、グローバルに活躍したい方はJACリクルートメント、より幅広い求人情報を仕入れたい方はリクルートエージェント、と自分にあったエージェントをうまく併用しよう。

自力で何をしていいか分からない方はもちろんだが、エージェントを利用することは、第二新卒で転職を成功させる上で必須と言える。まずはビズリーチに登録しながら、いくつかのエージェントを併用してほしい。

今日は、以上だ。

筆者のお勧め転職サービス

1位 ビズリーチ
キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

2位 JACリクルートメント
ハイキャリアに特化した転職エージェントであり、年収アップに繋がる転職支援に定評がある。年収が500万円以上の方や、その給与帯を目指したい方は登録すべきだろう。特に、年収1000万円前後の転職では日本有数の実績を有している。まずは、レジュメを登録し、キャリアコンサルタントとの面談に参加してほしい。

3位 リクルートエージェント
日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

4位 アクシスコンサルティング
お勧め度は4位としたが、コンサルティングファームに転職したい方には、一番お勧めしている転職エージェントだ。コンサルティングファームへの転職では日本有数の実績を有しており、主要なファームのほとんどと取引している。特に、事業会社に在籍するコンサル未経験者の支援には定評がある。どのファームでどのような選考が行われ、どうすれば合格できるかを熟知しているので、コンサルティングファームへの転職を視野に入れている方は面談に参加すると良いだろう。

5位 パソナキャリア
日本有数のHR企業であるパソナの転職支援サービスだ。丁寧な候補者支援に強みを有しており、候補者の性格や気持ちを理解しながら、ホスピタリティの高い転職支援を行ってくれることだろう。案件数はリクルートエージェントよりやや少ないが、仕事が丁寧で、自分に合った求人を丁寧に紹介してもらうことができる。他のエージェントの面談に参加し、違和感を感じた方には特にお勧めできるエージェントだ。