キャリア相談室

外資系企業に転職成功するための英語面接対策講座~基礎編

新卒採用、中途採用でも海外で働きたい、外資系企業で働きたいといった方には英語面接は避けては通れない。今回は英語面接を実際に経験し、日本語面接との違う点や必要である対策方法について紹介する。

慶應出身の帰国子女で、多数の生徒に英語を指導してきている先生に執筆いただいた。対象は、「英語が苦手だが、外資系企業に転職したい人」をターゲットにしている。基礎的な内容を多めにしてあるので参考にしてほしい。

日本語面接と英語面接の違い

  • フランクで会話のような進め方

まず、はじめに面接室に入って、外人の面接官だと握手から基本始まります。名刺を渡す面接官もいます。

日本人の面接官だと挨拶し椅子にすわって始まるので、初めから雰囲気がまったく違います。
面接も全体的に一方的に質問される面接というよりかは、会話のように進められるため、終始穏やかな雰囲気です。

  • 自分のことを詳しく聞かれる

面接はCould you tell me about yourself.(あなた自身について教えて下さい。)という質問から一般的に始まります。

この質問はほとんど毎回聞かれる質問なので面接に向けて流暢に応えられるよう練習しておきましょう。私も過去の面接で毎回聞かれた質問です。

日本語面接と同様、自分の名前、経歴、今までの仕事の経験について話しましょう。その他にand my hobbies are〜と自分の趣味を伝えて、より自分のことを知ってもらうようにすることが大切です。意外とパーソナルな部分が重要視されることもあります。

その後の質問としては、基本的に自分についての質問を投げかけられます。たとえば、いままでのお仕事についてなど、成し遂げたことなど。

すべて自分についてなので、答えがわからないといったことはないはずです。ですので準備をきちんとしておきましょう。

しかし、答えたことに対して、かなり深掘りされます。そのため、自分が行った行動に対して、考えられている人か、しっかり振り返られている人かが見れれていると思います。日本語の面接以上に英語の面接の方が個人のパーソナリティについて深堀される印象です。

英語面接は会話のように雰囲気は穏やかですか、そういった雰囲気の中でしっかりと見られていて、判断されているように思うので注意しましょう。

  • お仕事、会社についての知識が求められる

英語の面接では応募する仕事や会社についてしっかり理解していることが前提です。アメリカの採用面接は日本の採用面接以上に仕事についての知識を期待されています。面接を受ける前には応募するお仕事、会社について厳密に調べておきましょう。

  • 逆質問の時間

日本語面接でも質問をする時間を設けてくれると思うが、英語面接ではより長いあいだ質問をする時間をくれる印象です。

自分にそのお仕事、会社が本当に合っているか見極める時間にもなるので、事前に逆質問を考えておくようにしましょう。

答えがyes、noで終わる質問ではなく会話が続くような質問をするよう心がけましょう。英語が苦手な方は、質問するのが精一杯で中身のある質問ができていないことがあります。

きちんと、対策をしておくことが面接成功の鍵です。

f:id:Shomo:20180214133950j:plain

他に頻繁に聞かれる質問、それらの回答例

さて、具体的な英語の質問と、回答の文章を用意しました。内容的には英語が苦手な人でもこたえられるようなかなり平易なものにしてあります。

  • Why do you want to work in this division and at this company?(なぜこの部門と会社で働きたいか?)

→ I want to work in the sales division because I like communicating and building long-tern relationship with people. I want to work at this company because it supports individuals to reach their full potential. 

  • What are your weaknesses and strengths?(あなたの短所と長所は?)

→  My weakeness is that I tend to get nervous when I speak in front of a large group. However, I am trying to overcome this weakness by putting myself into an environment where I have to speak in front of many people. My strength is that I am open-minded. I can work with anyone without any trouble.

  • Why do you think you are fit for this job?(なぜあなたはこの仕事に適していると思いますか?)

→ I think I am fit for this job because communication skill is needed in this job and I can communicate with anyone since I am open-minded. 

  • Tell me about an experience where you achieved something.(何かを成し遂げた経験を教えて下さい。)

→ I decided to take the exam for financial planner since I thought that I needed to acquire that skill. I created a detailed schedule and set an goal of studying at least 30 minutes a day. Though it was not easy, at the end I was able to get the certificate. 

  • Tell me about an experience where you had to work in teams.(チームと一緒に何かをした経験を教えて下さい。)

→ I used to be the captain of the soccer team in high school. We had no coach at that time so we had to train ourselves. In our practices, we all gave advices to each other regardless of the grades that we were in. Thanks to all their hardwork, we were able to participate in the prefectual tournament which was our goal.

  • What was the most difficult experience that you overcame?(今までで乗り越えるのに一番困難だった経験は?)

→  The experience during my exchange program in Australia was the most difficult experience that I overcame. It was difficult since I could not speak English at all and also because the culture was completely different from Japan. 

However, by joining many club activities, I got to know a lot of people and those people supported me. In the end, I did not want to go back since I enjoyed my school life in Australia thought it was very diffucult at first.

  • What skills do you think are important to work in this division?(この部門にとって大切なスキルは何だと思いますか?)

→ I think being able to prioritze is an important skill since their are multiple tasks at the same time and to get that done, prioritizing those task will be important.

  • How do you think you can contribute to this company?(どのようにこの会社にあなたは貢献出来ますか?)

→  I can contribute by bringing in new ideas. I do not have any experience in this area, but that is why I think I can come up with new and different ideas that can help the compnay in the future.

対策方法

  • 自己紹介の準備、練習
  • 会社と仕事についての下調べ
  • 聞かれるであろう質問に対しての回答を準備
  • 逆質問の準備

見られている点

会社によって見ている点は異なると思いますが、英語面接ではネイティブであるかが見られているわけではありません。それよりも、自分の考えをしっかり英語で伝えられているかが見られます。

その他にはコミュニケーション力が見られています。英語が話せなくても頑張って自分の意志や考えを伝えようとしていれば問題ありません。

だからといって練習しないのは危険ですので、必ず聞かれるであろう質問を予想し、それらの回答を英語でまとめで流暢に伝えられるよう練習しておきましょう。ロバート・ウォルターズのような外国人エージェントがいるところで練習すると効果がかなりあるので一度利用してみてください。

編集後記:

日本語面接と英語面接では異なる点がありますが、大部分は同じである。しっかりと自分の今までの経験を振り返り準備をしておこう。準備がものをいうことはいうまでもない。

面接では積極的に自分をアピールすることを心がけてほしい。外資系企業や海外への転職などを考えているのであれば、是非ビズリーチで求人やエージェントを探してほしい。英語対応のエージェントもいる。また、日本人に英語の対策をしてほしいのであれば、JACリクルートメントがよい。今日は以上だ。

2019年11月の転職トレンド

企業は10月に下期の採用を終えて体制が整い、今の時期は求人情報としては凪の状況であるという向きもある。11月の採用決定者数は、数字としては低調になっているのが事実だ。

転職希望者も、上半期末や下半期初の繁忙期を終えて一息つき、転職活動をなかなか始めない。実際に、転職メディアの閲覧数は、11月は決して多くない。

だからこそ、実は、11月に転職活動を休む、年末年始休みまで転職活動を始めなくていい、というのは誤りだ。管理職や、チャレンジングなポジションの転職を望む人がいれば、少なくとも情報収集は、確実に11月から開始したほうがいい。

日本の企業の多くは3月決算だが、上期の業績の着地結果が固まるのは今、11月の始めである。企業側では、業績の着地結果を踏まえて事業計画を修正し、下期の業績達成に向けて動き出していく。

業績を達成するため、欠員を急いで補充するケースもあるが、逆に、チャレンジが必要なプロジェクトで、クリティカルに必要な人を採用するので、重要な求人ポストの募集が意外と始まる時期なのが11月だ。

中途入社は4月がピークだが、重要なポジションは採用決定まで時間がかかる。重要なポジションを4月に確実に充足させるため、先行して、とりわけ非公開ポジションの募集を始める会社も多い。 重要なポジションは数も少ないので早い者勝ちだ。あっという間にクローズするので、多くの転職希望者が気付かない間に、募集が終わっていくのである。

→ビズリーチなどの転職サイトにまずは登録し、経験豊富なプロのエージェントに、非公開ポジションの情報を、直接ヒアリングすることをおすすめする。

11月のトレンドは、以上だ。

筆者のお勧め転職サービス

1位 ビズリーチ キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

2位 JACリクルートメント ハイキャリアに特化した転職エージェントであり、年収アップに繋がる転職支援に定評がある。年収が500万円以上の方や、その給与帯を目指したい方は登録すべきだろう。特に、年収1000万円前後の転職では日本有数の実績を有している。まずは、レジュメを登録し、キャリアコンサルタントとの面談に参加してほしい。
また、JACリクルートメントに相談した人へのインタビューは→こちら

3位 リクルートエージェント 日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

4位 アクシスコンサルティング お勧め度は4位としたが、コンサルティングファームに転職したい方には、一番お勧めしている転職エージェントだ。コンサルティングファームへの転職では日本有数の実績を有しており、主要なファームのほとんどと取引している。特に、事業会社に在籍するコンサル未経験者の支援には定評がある。どのファームでどのような選考が行われ、どうすれば合格できるかを熟知しているので、コンサルティングファームへの転職を視野に入れている方は面談に参加すると良いだろう。

5位 パソナキャリア 日本有数のHR企業であるパソナの転職支援サービスだ。丁寧な候補者支援に強みを有しており、候補者の性格や気持ちを理解しながら、ホスピタリティの高い転職支援を行ってくれることだろう。案件数はリクルートエージェントよりやや少ないが、仕事が丁寧で、自分に合った求人を丁寧に紹介してもらうことができる。他のエージェントの面談に参加し、違和感を感じた方には特にお勧めできるエージェントだ。