20代~30代のキャリアを考えるブログ

若手のキャリア、転職についてインタビュー、意見を発信しています。

出戻り転職をするのはアリか

日系大手企業では、あまりなじみがないかもしれないが、コンサルティングファームや、ベンチャー企業では一度辞めた退職者が出戻りしてくるパターンがある。なぜ人は出戻りするのか、そして出戻り転職するのはキャリア形成上、大丈夫なのか考えてみた。

「出戻り」とは

出戻りとは、勤務していた会社を一度退職して、他社で勤務した後に、再度、元々働いていた会社に転職するというパターンだ。
あなたが働いている会社には、出戻り組はいるだろうか。恐らく、ほとんどの会社にはいないだろう。一度辞めているということは、少なからず会社に迷惑をかけており、全員から応援されて会社を去ったわけではない。「去る」「辞める」という表現がほとんどで、リクルートのように超ポジティブ人間が集まった会社が、退職のことを「卒業」などとポジティブな表現にしている。

最近は、パナソニックの樋口泰行氏が出戻りの代表例として取り上げられている。樋口氏は新卒から約10年間パナソニックに勤務し、ハーバードMBA留学を経てBCGへ入社している。その後、日本HPやマイクロソフトの社長をつとめる、いわゆるプロ経営者を経て、パナソニックに転職した。約25年ぶりに復帰する、出戻り人事として話題になった。

日系企業は退職者=裏切り者ととらえる中で、パナソニックの樋口氏の採用は大きな英断だと個人的に思う。

出戻りのパターン

出戻りのパターンはいくつかある。新卒から5~10年間ほど働いて他社へ転職したが、1,2年ほどで元の会社に戻るパターンだ。リクルートやアクセンチュアはこのような出戻りを受け入れている。

また、樋口氏のように、20年以上も経ってから、事業の中核を担う幹部として再度戻ってくるパターンだ。朝日新聞が運営するDANROの編集長である亀松太郎氏も新卒で朝日新聞だった。亀松氏は朝日新聞をわずか3年でやめたが、ドワンゴや弁護士ドットコムといったWEB系企業で成果を残し、退職から約20年ぶりに朝日新聞のWEBメディアの編集長をつとめることになった。

もう一つのパターンがある。Cerevo(セレボ)代表取締役であった岩佐琢磨氏はパナソニック退職後、Cerevoを起業した。そして、起業した会社をパナソニックに売却し、パナソニックの子会社の社長を現在はつとめている。

こうした起業からの売却というパターンも、珍しいものの事例としてある。

出戻りは多様だが、大きくわけると、他社があわなかったので、戻ってくるパターンと、樋口氏クラスのように会社から戻ってきてほしいと思われるようなパターンが存在する。

なぜ出戻り転職をするのか

大多数の出戻りは、他社へ転職して1,2年で戻ってくるパターンだ。出戻りする理由としては、他の会社で働いてみて、自分の能力が出せる場所が元々働いていた会社だったと気づく場合だ。よほど優秀な人でない限り、その人が活躍できる会社は限られてくる。

すなわち、彼らは活躍できる場所を求めて出戻りするのである。また、新卒からいる場合は、新卒のカルチャーになじみすぎて、他の会社にいくと違和感が多すぎて、活躍できる会社が、新卒で働いていた会社にしかなくなっていくパターンがある。このパターンは市場価値をあげるうえで危険なので考えるべきである。

また、コンサルから事業会社に転職して、再度コンサルに戻ってくるパターンもある。アクセンチュアからベンチャーに転職するも、給料ダウンに耐えられない、また、事業会社の事業開発担当としては活躍できずアクセンチュアに戻るか、PwCやデロイトに転職する。コンサルと事業会社(の特に新規事業開発)は全く別物なので、実力を発揮できないのも頷けるので、出戻りはいい選択だ。

f:id:tille:20180530153311j:plain

出戻りをすべき人とそうでない人

出戻りをすべき人は、元々働いていた会社が環境的に能力を発揮しやすい場所であると認識でき、かつ、元々いた会社でそれなりに成果が出せていた人である。カルチャーフィットする会社を見つけることは難しいので、すでにカルチャーフィットしていることがわかっている場所で働くことはよいだろう。

出戻りをすべきではない人は、当然ではあるが、元々いた会社で活躍できず評価が悪かった人、2年未満の短期間で辞めた人は戻らないほうがよいだろう。おそらくほとんどの人からネガティブな印象をもたれているはずだからである。人の印象は、ほんの数回で決められてしまうので、それを覆すのは厳しい。よって出戻りしたところでマイナススタートだと気を付けたほうがよい。

離職率が高く、元々した人が全然いない場合は、短期間で退職した会社に出戻りするのも悪くないだろう。

転職経験ゼロで20年間同じ会社もリスク

転職をあおってしまうようなことを書いてしまうが、転職経験ゼロで40歳を迎えてしまうのは危険だ。業界3位以下の会社だと、買収されたり、倒産したりということはよく起こる。年金や給料の面で当初の予想と違った場合、転職して他に活路を見出すことができなくなる。ずっと同じ会社にいて、著しい成果を出せていない場合は、会社にしがみつかざるを得ないので気を付けておこう。

だからといって転職をしろというわけではなく、外の機会を見ておいて、自分には選択肢があるのだということを理解しておこう。もし、外に選択肢がない場合は、別のリスクヘッジをしないといけない。リスクヘッジをするために、マンション経営に手を出すと危険なので、自分に投資をしよう。

素直になれよ

戻りたくなった時に、出戻りする風土があるのならば素直に戻ったほうがよい。無意味なプライドで、出戻りを避けて、ジョブホッパーになるよりかは、素直になって出戻りを受け入れたほうがよい。ちなみに、素直になれよ、というのは、某バスケ漫画の「大人になれよ三井」から引用している。三井はバスケット部を辞めたが戻りたくても戻れずヤンキーになっている。

転職市場をまずは探ってみる

転職市場を見て、自分の価値がどこで高められることができ、そして自分の能力を発揮できる場所はどこか、確認しておこう。転職エージェントに会ったことがない人は転職エージェントに相談をしよう。ビズリーチに登録することが第一歩だ。ビズリーチに登録することで、市場価値を把握でき、どういう行動したらいいかの情報収集の第一歩になる。登録していない人は絶対に登録しよう。

また出戻りの多いコンサルティング業界については、転職エージェントであるアクシスコンサルティングに登録するとよい。ぜひ検討してほしい。今日は以上だ。