キャリア相談室

みなし残業の上限を超える会社にいるなら、今すぐ転職しよう

働き方改革が進み、多くの企業で労働時間がセンシティブに扱われている。一方で、いまだにみなし残業が多すぎる企業もある。

読者の中にも、みなし残業の時間が多すぎて、「こんなに上限を超えているのにいいのか……」と感じている人もいるのではないだろうか。

結論から言うと、そんな会社にいるのなら今すぐに転職しよう。

そこまでブラックな環境にいると、スキルを伸ばせる以前に雑用が多く、いわゆる労働集約的な業務に翻弄されている可能性が高いので、早めに転職することをおすすめする。

なお、すでに転職を検討している人は、転職先の選択肢を増やすことをおすすめする。

ずっとみなし残業が多い中で、1つの企業に所属していると視野が狭くなり、転職先も過度な労働環境を選んでしまうことがある。自分の視野を広げて、よりホワイトに働ける環境を探そう。

おすすめなのは、求人サイトと転職エージェントに並行して登録することだ。

求人サイトでおすすめなのはビズリーチだ。何より、企業とエージェントからスカウトを受け取ることができるので、転職活動をしていく上で、自分の価値が高い企業を効率的にピックアップすることができる。

エージェントは、自分に合ったものを選ぼう。

コンサルから転職したい方は、アクシスコンサルティングに登録してキャリアアドバイザーの面談を受けてほしい。コンサルからの転職の支援実績ではNo.1だ。

元コンサルのキャリアアドバイザーも在籍しており、実情に即したアドバイスを受けることができるだろう。

JACリクルートメントはハイクラスの転職に強いので、年収アップを同時に成し遂げたい人向けだ。

それ以外の業界の方は日本一の転職支援実績を持つリクルートエージェントに相談してみよう。

みなし残業とは

そもそもみなし残業とは何か。

結論から言うと、給与の中に、あらかじめ一定時間分の残業代を含ませておく制度だ。一定の残業代を固定して支払っているので、固定残業制度と呼ぶ企業もある。

例えば、みなし残業40時間であれば、40時間未満の残業は給与に加算されないのである。

みなし残業の上限

時間外労働・休日労働に関する協定である36協定に準ずるので、気になる人は細かくチェックしてほしい。

このブログで結論だけまとめると、1ヶ月で45時間、年間で360時間が上限となっている。この段階で、すでにオーバーしている人も多いのではないだろうか。

みなし残業が45時間と言うことは、営業日換算すると、1日に1.5時間残業するだけで簡単に超えてしまうのだ。

みなし残業の上限を超える場合に転職すべき理由

従業員に給与を還元する気がないから

みなし残業を過度に超えている企業は、たいてい残業代を抑制しようとしている。人件費を削減し、利益率を高めようとしているのだ。

従業員に利益を還元する気は無く、どんなに売上を立てたとしても満足のいく見返りは得られない。

いつまでたっても報われることはないので、早めに転職した方が良い。

36協定抵触なみの残業時間が前提になっているから

以前、12時間労働の記事でも記載したが、残業が当たり前になり、過度の労働に体が慣れてしまうと、自分のスキルに全く良い影響を及ぼさない仕事でも、頑張っているように感じられてズルズルと継続してしまう。

過度の労働時間を求められる企業の多くが、労働集約的であなたのキャリアに対してプラスにならない仕事を求めてくる。

そんなことが前提となっている環境に身を置いてしまうと、心身ともに疲れ切ってしまうので、早めに脱却することをおすすめする。

生産性が低く、スキルがつかない業務になっているから

ブラック企業の大半は、アルバイトや派遣さんなど、非正規社員に任せるべき仕事も全部を正社員に背負わせ、人件費を節約している。

要は、2人雇って2人分の人件費を払うのであれば、1人に1.5人分の人件費を払って働かせた方がマシだという考え方である。

そういった環境だと、スキルが身につかない非生産的な業務ばかりで、将来に役立つ要素はほぼない。

早めに転職して環境を変えることをおすすめする。

みなし残業の上限を超える場合の対処法

転職エージェントに登録する

長時間労働が続いて疲労が溜まってくると、自分で考えて行動を起こせなくなってくる。今の環境を変えることよりも、なんとかこのまま現状維持をする方が楽に感じられてしまうのだ。

そういう時は、転職市場のプロに相談し、転職をサポートしてもらおう。

転職エージェントは、希望の企業を探し出し、書類選考や面接フォローまで全て行ってくれる。

残業時間や給与など、自分では聞きにくい情報も代わりに聞いてくれるので一人で転職活動するよりも効率的に進めることができる。

具体的には、コンサルから転職したい方は、アクシスコンサルティング

JACリクルートメントはハイクラスの転職に強いので、年収アップを同時に成し遂げたい人におすすめ。

転職先の業界に見当が付いていない人は、日本一の転職支援実績を持つリクルートエージェントがおすすめだ。

いずれのエージェントも経験豊富なので、あなたの転職をしっかりサポートしてくれるはずだ。

1ヶ月休職する

みなし残業が多い企業だと、働きすぎることに体が慣れてしまい、冷静な判断ができなくなる。

その環境下で新しい決断はできないので、まずは1ヶ月お休みしてみると良いだろう。もしうつの診断をされた場合は、確実に休職できるので、早めに療養しよう。

休職期間で心も体も回復することができれば、転職活動も前向きに取り組めるはずだ。

休職出来ない場合

ブラックな体質の企業だと、休職すらも認められないことがある。その場合は、仕方ないが、退職してしまおう。

たとえ、経歴に空白期間があっても、事情を伝えれば転職時に納得してもらえる可能性が高い。心配せず、とにかく今の環境から抜け出す方法を考えよう。

長時間労働で思考力を失う前に、転職活動を始めよう

みなし残業の上限を超える企業の多くが、やはりブラック体質だ。非生産的な業務に多くの時間を費やさざるを得ないと、スキルを伸ばして転職することも出来ず、そのままキャリアアップのチャンスも失ってしまう。

再三指摘した通り、一刻も早く新しい環境に身を置こう。

なお、新しい環境を探す際に、自分一人で探すのは大変だ。絶対に求人サイトとエージェントに頼りながら進めるのが良い。

求人サイトは、ビズリーチがおすすめだ。企業とエージェントからスカウトを受け取ることができるので、自分の望む年収・働き方の企業がすぐに見つかるかもしれない。

なお、求人サイトに登録した後は、エージェントにも登録しよう。転職市場は水物なので、情報がかなり流動的だ。必ず、エージェントに登録して情報をキャッチアップしてほしい。

とはいってもサービスは複数あるので、下記から自分に当てはまるものを選んで活用するのが良いだろう。

まず、コンサルから転職したい方は、アクシスコンサルティングに登録してキャリアアドバイザーの面談を受けてほしい。

JACリクルートメントはハイクラスの転職に強いので、年収アップを同時に成し遂げたい人におすすめだ。

転職先の業界に見当が付いていない人は、日本一の転職支援実績を持つリクルートエージェントに相談してみよう。

いずれのエージェントも経験豊富なので、あなたの転職をしっかりサポートしてくれるはずだ。

ぜひ活用してみてほしい。

今日は以上だ。

2019年11月の転職トレンド

企業は10月に下期の採用を終えて体制が整い、今の時期は求人情報としては凪の状況であるという向きもある。11月の採用決定者数は、数字としては低調になっているのが事実だ。

転職希望者も、上半期末や下半期初の繁忙期を終えて一息つき、転職活動をなかなか始めない。実際に、転職メディアの閲覧数は、11月は決して多くない。

だからこそ、実は、11月に転職活動を休む、年末年始休みまで転職活動を始めなくていい、というのは誤りだ。管理職や、チャレンジングなポジションの転職を望む人がいれば、少なくとも情報収集は、確実に11月から開始したほうがいい。

日本の企業の多くは3月決算だが、上期の業績の着地結果が固まるのは今、11月の始めである。企業側では、業績の着地結果を踏まえて事業計画を修正し、下期の業績達成に向けて動き出していく。

業績を達成するため、欠員を急いで補充するケースもあるが、逆に、チャレンジが必要なプロジェクトで、クリティカルに必要な人を採用するので、重要な求人ポストの募集が意外と始まる時期なのが11月だ。

中途入社は4月がピークだが、重要なポジションは採用決定まで時間がかかる。重要なポジションを4月に確実に充足させるため、先行して、とりわけ非公開ポジションの募集を始める会社も多い。 重要なポジションは数も少ないので早い者勝ちだ。あっという間にクローズするので、多くの転職希望者が気付かない間に、募集が終わっていくのである。

→ビズリーチなどの転職サイトにまずは登録し、経験豊富なプロのエージェントに、非公開ポジションの情報を、直接ヒアリングすることをおすすめする。

11月のトレンドは、以上だ。

筆者のお勧め転職サービス

1位 ビズリーチ キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

2位 JACリクルートメント ハイキャリアに特化した転職エージェントであり、年収アップに繋がる転職支援に定評がある。年収が500万円以上の方や、その給与帯を目指したい方は登録すべきだろう。特に、年収1000万円前後の転職では日本有数の実績を有している。まずは、レジュメを登録し、キャリアコンサルタントとの面談に参加してほしい。
また、JACリクルートメントに相談した人へのインタビューは→こちら

3位 リクルートエージェント 日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

4位 アクシスコンサルティング お勧め度は4位としたが、コンサルティングファームに転職したい方には、一番お勧めしている転職エージェントだ。コンサルティングファームへの転職では日本有数の実績を有しており、主要なファームのほとんどと取引している。特に、事業会社に在籍するコンサル未経験者の支援には定評がある。どのファームでどのような選考が行われ、どうすれば合格できるかを熟知しているので、コンサルティングファームへの転職を視野に入れている方は面談に参加すると良いだろう。

5位 パソナキャリア 日本有数のHR企業であるパソナの転職支援サービスだ。丁寧な候補者支援に強みを有しており、候補者の性格や気持ちを理解しながら、ホスピタリティの高い転職支援を行ってくれることだろう。案件数はリクルートエージェントよりやや少ないが、仕事が丁寧で、自分に合った求人を丁寧に紹介してもらうことができる。他のエージェントの面談に参加し、違和感を感じた方には特にお勧めできるエージェントだ。