キャリア相談室

第二新卒として転職できる年齢はいつまで?

企業の採用サイトや、求人広告の中に「第二新卒」という言葉を目にしたことはあるだろうか。

第二新卒とは、「新卒でいったん就職し、就業経験はあるが、数年で退職しているケース」を指していることが多い。

ただ、就職してから何年ほどで退職した人なのか?年齢制限はあるのか?など、具体的な部分については曖昧なため、自分は第二新卒なのかどうか迷う人もいるだろう。また、第二新卒だと転職に有利なのか不利なのか、様々な憶測が飛び交っていて悩ましいのも事実だ。

そこでここでは、第二新卒の定義や年齢制限はあるのか、第二新卒での転職のメリット・デメリット等について述べる。

第二新卒の定義とは

結論から言うと、第二新卒には法律で定められているような明確な定義はない。 

転職支援サイトや、企業の採用ページを見ると、おおむね「第二新卒とは、最終学歴の卒業後3年以内かつ社会人経験を有していること」としている場合が多い。

企業が欲している「ポテンシャルのある若手」とも置き換えることができるだろう。

ハイキャリアを目指す第二新卒なら、ビズリーチに登録するのが良い。優良企業の求人を確認したり、企業や転職エージェントからのスカウトを受けたりできるからだ。転職に興味がある方はもちろんだが、まだ転職するか決めていない人も、まずは登録することで自分の市場価値を知ることが何よりも重要だ。

加えて、日本一の転職支援実績を持つリクルートエージェントか、優秀層に強いJACリクルートメントのキャリアアドバイザーに相談するのが良い。ただし、コンサルに興味があるなら、キャリアインキュベーションがお勧めだ。

複数のサービスを活用することで相対的な視野を得ることができる。ビズリーチには必ず登録しておき、その上でいくつかのサービスを併用するのが成功の秘訣だ。

第二新卒に年齢制限はあるのか

では、第二新卒には具体的な年齢制限はあるのだろうか?こちらも明確な制限はない。おおむね25~26歳くらいまでというのが通説だ。

企業の求人票を見ると、「26歳まで」「30歳未満」と年齢を明記している場合もあれば、年齢の表記がなく、「社会人経験3年以内」「大学卒業後3年以内」と表記している場合もあり様々だ。

留学や博士課程の場合

留年や、留学、大学院卒などの場合は、4年制大学をストレートで卒業した人より卒業時の年齢が1~3歳程度年齢が高くなるため、注意が必要だ。なかでも博士課程を卒業している場合は、さらに年齢が上がるため、求人に応募できるかどうかの丁寧な確認が必要だ。

たとえば、一浪して博士課程を終了し2年働いたとすると、30歳となってしまい、卒業後3年以内であっても「ポテンシャルのある若手」とは捉えられにくいだろう。第二新卒はあくまで「ポテンシャルのある若手」を採用したい企業が募集をかけているため、同程度の社会人経験であえて年齢が高い人材を積極的に採用することはあまりない。

ただし、博士課程修了者は、年齢だけでなくその専門性が大きな選考要素となるため、年齢だけで一概に不利とはいえない。

応募要件に書かれている年齢制限を鵜呑みにし過ぎるな

ここで見極めてほしいポイントは、応募要件に書かれている年齢の上限や卒業後の年数が、果たして選考の際にどの程度、厳密に見られているかということだ。なぜならこれは、企業の選考に対する考え方や、募集している求人の人気度や緊急度に応じて変わってくるからだ。

多数の応募があるような人気求人は、年齢でばっさりと線を引いていかないと、応募書類をさばけないということが現実的にある。一方で、すぐに採用をしなければならない求人に応募が少なければ、他の要件を満たす応募者を年齢を理由に不合格にする可能性は低い。

このように、応募要件に書かれている年齢の上限や卒業後の年数は、募集状況によって変わりうるものなので鵜呑みにしてあきらめないことが肝要だ。このあたりのタイムリーな情報はかなり流動的なため、企業の採用ページや、募集広告などの公開情報にはなかなか明記されない。

そのため、企業の経営者や採用担当者と密に連携をとり、状況のアップデートをはかっている転職エージェントにコンタクトし、生の情報を得ることが非常に重要なのだ。

第二新卒で転職するメリット・デメリットは

あえて第二新卒で転職をする際のメリット・デメリットについて、新卒採用や一般的な中途採用との比較で考えてみる。

第二新卒のメリット

まず、未経験分野にもチャレンジしやすいことが挙げられる。一般的な中途採用であれば、即戦力が求められるため、ある一定の経験値やスキルが応募要件に課されている。

だが、第二新卒はポテンシャル重視なので、一般的な中途採用では未経験者が応募できない職種にもチャレンジできる場合が多い。

また、社会人として2~3年程度の経験があるため、最低限の社会人としてのビジネスマナーやスキルを身につけていることも強みだ。一方で、最初の就職先の文化や仕事の進め方に染まり切っていない状態でもあるため、柔軟性をもって新しい職務や職場環境に対応できるのもメリットだ。

ポテンシャルをアピールできる材料が増えるのも強みだ。新卒とは違い、実際に働いた経験があるため、仕事への姿勢や身につけた能力、実績をもとに具体的に自分の強みをアピールすることができる。

新卒時の就職活動時より、応募企業や職種の幅を広げることができるのも、第二新卒での転職のよさだろう。企業規模・知名度だけでなく、最初の就職先での経験から、企業や職種を選択する自分なりの基準がはっきりし、新卒の就職活動時よりリアルに考えることができる。

就職活動時には知ろうともしなかった業種や職種にも目を向けられるようになり、選択の幅が広がるのだ。

第二新卒のデメリット

第二新卒のデメリットは、社会人経験の少なさ、早期退職したことによる耐性のなさ、専門性の低さが企業に敬遠されることだ。特に大企業や人気企業は、新卒や即戦力の転職希望者が多く集まるため、第二新卒は敬遠されやすい。

中でも、入社後2~3年での転職となるため、新しい職場でも定着しないのではないか?何か問題があるのではないか?とみられるリスクが高い。

そのリスクを解消するには、応募先の企業が納得するような転職理由があれば問題はない。ただ、転職理由が納得感を得られるものになっているかは、自分自身で考えると独りよがりになってしまい、判断が難しいのが現実だ。

応募先の企業が重視していることや気がかりに感じていること等は、個人では得られない内部情報であるため、企業に通じている転職エージェントを利用するのが良い。さらに、転職エージェントは必要な情報を提供してくれるだけでなく、転職理由が企業に響くかを客観的にチェックし、ブラッシュアップする支援もしてくれる。

自分自身の言葉で、応募先企業の懸念を払拭できる、納得感のある転職理由を伝えられるためには、転職エージェントを活用することを強くお勧めする。

第二新卒での転職を成功させるポイント

今後の自分自身のキャリアの目標と、これまでの自分自身の実績をかけ合わせて、一貫性をもって「なぜ今転職をするのか」の必然性を語れることが、第二新卒の転職活動で成功するポイントだ。

まず今回の転職が、今後の自分自身のキャリアの目標に対して、どのような位置づけなのかを説明できるようにしておくことだ。

そのために、納得感のある転職理由を自信を持って説明できることが重要だ。同じ事実を伝えるにも、前職・現職を非難するトーンで伝えるのと、自らのステップアップに必要だと伝えるのでは、伝わり方が全く異なる。入社後2~3年という早期離職の懸念を払拭するためにも、転職理由にはより注意を払いたい。

並行して、自分自身の実績や仕事への姿勢を、具体的な数字やエピソードで簡潔に伝えられるように整理することが必須だ。年数の少ない中でも、どれだけのことができたかが具体的にアピールできると良い。

また、現在の自分の身の丈に合った職種・企業を見定めることが必要だ。2~3年の社会人経験を経ただけでは、一足飛びに急激に自分自身の価値が上がるわけではない。

叶えたい目標に向けて、現在の自分の実績や身につけたスキル等を考え、今回の転職ですぐその目標に手が届くのか、届かないのであれば目標に届くためのステップとして今の自分の身の丈に合った職種・企業はどこなのかの見極めが重要だ。

「なぜ今転職するのか?」「なぜ今、当社のこの職種を希望するのか?」という「なぜ?」の問いに、自分のキャリアの目標と、自分自身の実績に裏付けられた回答を、自信を持って答えられるようにすることだ。

第二新卒を募集している優良企業

企業によっては、一般的な中途採用とは別枠で第二新卒を募集しているケースがある。この場合、応募の入り口が違うので注意が必要だ。企業によっては「ポテンシャル採用」という呼称の場合もある。

一方で、一般的な中途採用と同枠で、要件が「社会人経験2年以上」など、第二新卒にも該当する場合もある。

社会人経験年数、年齢など、企業によって必要事項が異なるので、自分が該当する求人かどうか確認することが必要だ。

以下に、第二新卒、ポテンシャル採用を行っている企業の一部を列挙する。ただし、求人は常に変動しているため、最新情報はエージェントを通じて確認が必要だ。

ソニー株式会社 
・最終学歴卒業後3年未満の場合は新卒エントリーからの応募。

ヤフー株式会社 
・応募時30歳以下かつ入社時18歳以上で就業経験がある。

デロイトトーマツコンサルティング合同会社 
・前職がコンサルティングファームでの実務経験が約2年未満、もしくは、事業会社・金融機関・監査法人での勤務経験が約3年未満。

スカイライトコンサルティング株式会社 
・未経験者採用(アナリストクラス)社会人経験3年以内程度。経験不問。

サイボウズ株式会社 
・U-29(U-29)採用業界、職種の経験に関わらず、新しいチャレンジをしたい若手の方を幅広く募集。

第二新卒が読むべき記事

当ブログでは、第二新卒に関する記事を多数掲載している。以下の記事を、ぜひ参考にしてもらいたい。

【2019年保存版】第二新卒で転職するか迷っている人に絶対読んでほしい記事6選
https://www.careerhigh.jp/entry/matome-daini

転職エージェント高野秀敏氏が語る「第二新卒の転職のポイント」
https://www.careerhigh.jp/entry/takanointerview2019

第二新卒ベンチャーに向いている人の特徴は何か
https://www.careerhigh.jp/entry/2sotsuseiko

編集後記

第二新卒で転職する際には、まず情報収集をしてほしい。情報収集をする際は、企業の経営者や採用担当者と密に連携をとり、状況のアップデートをはかっている転職エージェントを積極的に利用することをお勧めする。

まずはビズリーチに登録し、優良企業の求人を確認し、企業や転職エージェントからのスカウトを待とう。 個別に連絡がきた複数の転職エージェントとコンタクトを取り、信頼できる転職エージェントを見極めたうえで積極的に利用してほしい。

まずファーストチョイスとしては、王道のビズリーチに登録し、転職エージェントと一度面談してみるのがよいだろう。
第二新卒の転職希望者が多く使っており、また、転職エージェントからもスカウトが多くくるので、思わぬポジションと出会えるチャンスがあるかもしれない。

あわせて登録する人材会社としては、JACリクルートメントは、グローバルでの活躍を視野に入れる方にお勧めできる。
コンサルティングファームへの転身を視野に入れている方は、コンサルの転職支援に強いキャリアインキュベーションを使ってほしい。

いずれにせよビズリーチにまず登録してから、さまざまなアクションを起こそう。転職活動は、戦略的に進めた者勝ちである。明るい未来がくることを信じている。

今日は以上だ。

2019年9月の転職トレンド

2019年9月時点では、各社の採用意欲はおしなべて旺盛であるものの、ポジションの募集が減少する会社と、引き続き多くの社員を募集している会社に二極化している。景況感の悪化リスクが高まる中で、人材業やコンサルティング業など、労働集約的で「なくても困らない」サービスを提供している産業では、採用意欲が減退している。

また、大企業は採用を手控える時期に来ていることを、覚えておいてほしい。というのも、大規模な会社は採用人数が多く、個別研修を実施するのが難しいため、10月1日や4月1日など、期の切れ目に新入社員の入社を集中させたいと考える。今から内定を出したとしても、多くの候補者が10月1日入社に間に合わないため、一旦ポジションをクローズしてしまうのである。逆に言えば、今のタイミングでもポジションをオープンしている大企業は、よっぽど人数が足りずに困っている可能性が高いので、入社難易度が通常時よりも低くなっている場合が多い。

ビズリーチなどのサイトで、どのような会社がないかを探り、是非、積極的にチャレンジしていただきたい。
9月のトレンドは、以上だ。

筆者のお勧め転職サービス

1位 ビズリーチ キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

2位 JACリクルートメント ハイキャリアに特化した転職エージェントであり、年収アップに繋がる転職支援に定評がある。年収が500万円以上の方や、その給与帯を目指したい方は登録すべきだろう。特に、年収1000万円前後の転職では日本有数の実績を有している。まずは、レジュメを登録し、キャリアコンサルタントとの面談に参加してほしい。
また、JACリクルートメントに相談した人へのインタビューは→こちら

3位 リクルートエージェント 日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

4位 アクシスコンサルティング お勧め度は4位としたが、コンサルティングファームに転職したい方には、一番お勧めしている転職エージェントだ。コンサルティングファームへの転職では日本有数の実績を有しており、主要なファームのほとんどと取引している。特に、事業会社に在籍するコンサル未経験者の支援には定評がある。どのファームでどのような選考が行われ、どうすれば合格できるかを熟知しているので、コンサルティングファームへの転職を視野に入れている方は面談に参加すると良いだろう。

5位 パソナキャリア 日本有数のHR企業であるパソナの転職支援サービスだ。丁寧な候補者支援に強みを有しており、候補者の性格や気持ちを理解しながら、ホスピタリティの高い転職支援を行ってくれることだろう。案件数はリクルートエージェントよりやや少ないが、仕事が丁寧で、自分に合った求人を丁寧に紹介してもらうことができる。他のエージェントの面談に参加し、違和感を感じた方には特にお勧めできるエージェントだ。