転職-金融

信用金庫から転職すべき理由とおすすめの転職先

あなたは信用金庫から転職すべきかどうか悩んだことがあるだろうか?信用金庫での仕事に疑問を感じることがあるのなら、一度、転職する方向で具体的に動いてみるとよい。客観的に現在の自分の置かれている状況を考えることができるだろう。

信用金庫からの転職を考えるのであれば、まずはビズリーチに登録してほしい。優良企業の求人を確認したり、企業や転職エージェントからのスカウトを受けたりできるからだ。まだ転職するか決めていない人も、登録して自分の市場価値を知ることが何よりも重要だ。

加えて、日本一の転職支援実績を持つリクルートエージェントか、優秀層に強いJACリクルートメントのキャリアアドバイザーに相談するのが良い。ただし、コンサルに興味があるなら、キャリアインキュベーションがお勧めだ。キャリアインキュベーションは転職決定者の7割超が年収1000万円以上を達成している。

複数のサービスを活用することで相対的な視野を得ることができるビズリーチには必ず登録し、その上でいくつかのサービスを併用するのが成功の秘訣だ。

信用金庫から転職すべき理由

信用金庫からの転職を望む人は、どんな理由で転職という選択をするのだろうか?信用金庫での日々の仕事に疲弊しての転職なのか?それとも、信用金庫で十分な実績を積んだ上でのキャリアアップのための転職なのか?

信用金庫から転職すべき理由を以下に列挙する。

信用金庫の将来性への不安

信用金庫の現状は課題が多く、将来的にも厳しい状況にあるといえる。

競合の都市銀行や地方銀行などに押され、経営を圧迫されている信用金庫が少なくない。信用金庫は地域のための非営利法人であるため、競争力は低く、都市銀行や地方銀行が持つ規模の大きさや幅広いサービス、手厚いサポートなどに太刀打ちできない。信用金庫が地元に密着しているとはいえ、地元企業でも都市銀行、地方銀行を利用しているケースは多い。

また、地方での人口減少の激化により、過疎地域が拡大していることで、経営縮小となっている信用金庫も多い。人口減少による影響は今後もさらに続くため、過疎地域がさらに拡大すれば信用金庫の力は弱まり続ける。

一方で、地方経済が活性化し拡大すれば、地域に根差し公共性の高い信用金庫にもまだ伸びしろは見込めるといえる。

信用金庫の金融業界内での地位の低さ

都市銀行や地方銀行の取引先は大企業が多いが、信用金庫の主要取引先は地域の個人事業主や中小企業、もしくは個人顧客だ。つまり、都市銀行や地方銀行が相手にしない個人事業主・自営業・零細企業が中心となるため、都市銀行や地方銀行よりも1顧客あたりの取引単価が安くなる。

また、信用金庫は、都市銀行や地方銀行とそれほど変わらない業務でも、給料水準は低い傾向があるのも事実だ。

営業ノルマの厳しさ

銀行と違い中小企業や個人の顧客が相手であり、多種多様な少額の金融商品が多く、その1つ1つにノルマが課され、上司に追い込まれる環境だ。

顧客からは、疎ましがられることもある中で、ノルマ達成のためにコンタクトを取り続ける必要がある。強引なセールスを続けたり、顧客の足元を見たりするなど、気の進まない手段を選ばざるを得ない状況はかなりストレスフルだ。

古い慣習への抵抗

信用金庫には、年功序列の社風が根強く残っていることが多く、また、各信用金庫・各支店に、それぞれ独自に昔ながらの慣習が残っている。

例えば、朝の挨拶の順番や、書類の重ね方や提出方法、訂正印や担当印の捺印方法、昼休みの取り方など、職場内での日常的なやりとり一つ一つに、暗黙のルールがある環境といえる。そこに合理的な理由がないものが多いのがやっかいだ。

異動の多さ

金融機関に共通なのが異動が多いことだ。信用金庫は地域密着型のため、全国規模での転勤はないものの、カバーエリア内での頻繁な異動や転勤がある。せっかく顧客との信頼関係を築いても、異動となってしまうことも多々ある。

信用金庫からの転職で成功するコツ

上記に述べた理由にひとつでも響くものがあり、信用金庫で働き続けることに疑問を持っている場合は、まずは転職に向けて具体的に動いてみることを勧める。

信用金庫からの転職を成功させるコツは、信用金庫での十分な実績にプラスして有効な資格を持ち、在職中に狙うべき求人を狙うことだ。

これらを包括的にサポートできるのが転職エージェントだ。

転職エージェントは、企業の経営層や採用担当者と密に連携をとり、状況のアップデートをはかっているため、生きた最新の情報を保有している。

さらに転職エージェントは、あなたの信用金庫での実績や転職理由、志望理由が採用担当者に響くかどうか、キャリアプランと今回の転職に一貫性があるかどうかを、客観的にチェックし、ブラッシュアップする支援もしてくれる。

もちろん、応募先に応じた書類の添削や面接対策もエージェントの得意とするところだ。言うまでもないが、これら全てを無料で享受できる。

積極的に転職エージェントを活用するには、まずビズリーチに登録することをお勧めする。優良企業の求人を確認できるだけでなく、複数の企業や転職エージェントからのスカウトを受けることができるからだ。複数のエージェントとコンタクトを取り、信頼できる転職エージェントを見極めたうえで積極的に利用してほしい。

加えて、日本一の転職支援実績を持つリクルートエージェントか、優秀層に強いJACリクルートメントのキャリアアドバイザーに相談するのが良い。ただし、コンサルに興味があるなら、キャリアインキュベーションもお勧めだ。キャリアインキュベーションは転職決定者の7割超が年収1000万円以上を達成している。

以下に、信用金庫からの転職で成功するコツを一つずつ見ていこう。

信用金庫での実績

転職を検討している時点で、信用金庫での十分な実績を持っているかどうかが成功への鍵だ。アピールできる実績があれば、転職理由として「信用金庫をとにかく辞めたい」のではなく、「信用金庫での実績をもとに、次のチャレンジをしたい」と語ることができるからだ。

具体的かつ客観的な数値にもとづく、エピソードを語れることが必須だ。信用金庫から他の金融機関への転職を考えている人は特に重要だ。信用金庫で結果を出せていない人は、他の金融機関で必要とされることはまずないと思ってよい。

まずは、信用金庫で結果を出すことが転職の成功への第一歩だ。

金融関連資格を併せ持つ

信用金庫での経験を活かし、資格を取得するのも転職先の幅を広げるために有効だ。金融に関する資格は、公認会計士、税理士、中小企業診断士、ファイナンシャルプランナー等あるが、簡単に取得できるものばかりではない。

ただし、資格だけを持っていても、実績が伴わなければ意味がないので要注意だ。信用金庫での実績と、保持している資格の両方が揃って初めて武器となり得る。

転職活動は在職中にやるべき

信用金庫に勤務している人は「真面目」で「堅実」というイメージを抱かれているのも強みだが、転職前に仕事を辞めてしまうことで、一転して「無計画な人だ」と思われるリスクが上がる。

経済的な安定を目指すためにも、信用金庫での仕事を続けたまま、転職活動を行うべきだ。いったん離職してしまうと、無収入となり経済的だけでなく精神的にも不安定になる。そのため焦りも出て、目先の収入を得るためにとりあえず就職しようとなりがちだ。たとえ転職できたとしても、結果的に本来目指していたものとは違う不本意な転職になってしまう可能性が高い。

在職中での転職活動で煩雑になりがちな各応募先との選考スケジュールの調整は、転職エージェントに任せるのが正解だ。エージェントは優先順位付けをした上で的確なスケジュール管理をしてくれるため、力強い味方となる。

信用金庫と親和性の高い転職先を選ぶ

信用金庫の経験と親和性の高い業種を選ぶのも転職を成功させるコツだ。全くの未経験の業種・職種にチャレンジするより、即戦力として期待され採用に結びつく可能性が高い。

たとえば、地元企業や不動産関係、同業の金融業界は、親和性が高く転職しやすいといえる。地域密着型の信用金庫で培った、土地感覚や地元の情報を活かすことが可能だからだ。

信用金庫からのお勧めの転職先 

地元優良企業

地域の中小企業と密接に連携する地域密着型の信用金庫は、地元企業と強力な関係で結びついている。そのため、現職が地元の「信用金庫」というだけで、信頼性が上がる

また、転職先を吟味する際に、地元企業の財務状況や課題、将来性について把握したうえで、応募企業を選択することが可能だ。

「信用金庫での融資という形ではなく、事業会社の社員として、地域社会や地元企業に貢献する」ということを主軸にすると、信用金庫を辞めた理由と、求人先企業を志望する理由の両方で説得力が高い。

経理職

信用金庫での経験を活かし、事業会社での経理職も転職先となりえる。ただし、信用金庫での経験がありさえすれば経理職に転職できるわけではなく、経理としては未経験であることを忘れてはならない。信用金庫での実績をベースに、経理の実務がこなせるポテンシャルがあると判断されなければ採用はされない。

営業職

信用金庫での営業経験は、他の業界でも活かすことができる。もちろん、単に商品の説明ができるだけではなく、「顧客と信頼関係を築く力」「顧客の課題を引き出すことができる力」が必須だ。

営業職は営業方法や扱い商材等、多岐にわたり求人数も多いため、どの営業職を狙うかが重要だ。自分の描きたいキャリアと、信用金庫での実績を併せて、転職すべき営業職を探すためにも、エージェントを使うのが有効だ。

金融業界

金融業界でのキャリアップを目指すなら、銀行や保険会社などへの転職を検討するのがよいだろう。この場合は、信用金庫での実績が不可欠だ。信用金庫で実績を残せていない人を銀行や保険会社は採用しない。同業種であるため、信用金庫での経験がそのまま活かせるので、新しい職場でも即戦力として働くことが可能だ。

なお、銀行や保険会社は、全国レベルでの転勤があるため、転居を伴う転勤を望まない場合は要注意だ。

また、信用金庫や銀行以外の金融業界として、ハードルはかなり高いが、経営コンサルティングファーム、M&Aファーム、事業継承コンサルティングなどにチャレンジすることも可能だ。

不動産業界

信用金庫で、住宅ローンの融資を扱った経験があれば、不動産業界での営業職もお勧めだ。
不動産に関して基本的な知識があるだけでなく、地域についての情報や金融に関するノウハウを身につけているため、不動産の営業として即戦力とみなされるだろう。

信用金庫より厳しいノルマが課され、休日は少なく業務時間も長くなる覚悟が必要だが、不動産の営業は歩合制が多く、かつ扱い額が大きいため、営業成績によっては収入UPも見込める。

転職体験談 

下記は、実際に信用金庫から転職をした人の体験談だ。ぜひ参考にしてもらいたい。

会計事務所へ転職
会計事務所へ転職
新卒で信用金庫に入社しました。扱い金融商品で個人的にメリットを感じるものが全くなく、顧客のためでなくノルマ達成のための営業活動に嫌気がさして転職を決意。信用金庫での実績と簿記1級の資格をもって、会計事務所への転職に成功しました。信用金庫からの転職は、選択肢が多い30歳以下で転職したほうが良く、最新の情報を持ち的確な支援をしてくれる転職エージェントを積極的に使うべきです。

多角経営企業へ転職
多角経営企業へ転職
新卒で地元の信用金庫にUターン就職。外回りの営業を担当。顧客から本来の業務外のことを頼まれることが多くなり、使い走りのようになっている自分がみじめになり転職を決意しました。知人からの紹介で、多角経営の企業に転職。いつ決まるかわからない転職活動は、経済的にも心理的にも相当に疲弊したため、在職中に転職先を見つけることをお勧めします。

コンサルティングファームへ転職
コンサルティングファームへ転職
信用金庫の営業職でした。年数が経つうちに「お客様のために仕事をする」ことが困難になり転職を決意。在職中に転職活動をしましたが、なかなか決まらず、転職エージェントに相談したところ希望に合致するコンサルティングファームの求人を紹介され、的確なサポートのもとすぐに内定を得ました。これから転職を考える人には、エージェントを活用し在職中に転職先を決めることを強く勧めます。

編集後記

信用金庫からの転職を成功させるためには、信用金庫での実績と親和性の高い求人を狙うのがコツだ。それだけに、企業の経営層や採用担当者と密に連携をとり、状況のアップデートを図っている転職エージェントを活用することをお勧めする。

まずは王道のビズリーチに登録し、優良企業の求人を確認し、企業や転職エージェントからのスカウトを待とう。 個別に連絡がきた複数の転職エージェントとコンタクトを取り、信頼できる転職エージェントを見極めたうえで積極的に利用してほしい。

あわせて登録する人材会社として、JACリクルートメントはグローバルでの活躍を視野に入れる方にお勧めできる。コンサルティングファームへのチャレンジを視野に入れている方は、コンサルの転職支援に強いキャリアインキュベーションを使ってほしい。キャリアインキュベーションは転職決定者の7割超が年収1000万円以上を達成している。

いずれにせよビズリーチにまず登録してから、さまざまなアクションを起こそう。転職活動は、戦略的に進めた者勝ちである。明るい未来が来ることを信じている。

今日は以上だ。

2019年11月の転職トレンド

企業は10月に下期の採用を終えて体制が整い、今の時期は求人情報としては凪の状況であるという向きもある。11月の採用決定者数は、数字としては低調になっているのが事実だ。

転職希望者も、上半期末や下半期初の繁忙期を終えて一息つき、転職活動をなかなか始めない。実際に、転職メディアの閲覧数は、11月は決して多くない。

だからこそ、実は、11月に転職活動を休む、年末年始休みまで転職活動を始めなくていい、というのは誤りだ。管理職や、チャレンジングなポジションの転職を望む人がいれば、少なくとも情報収集は、確実に11月から開始したほうがいい。

日本の企業の多くは3月決算だが、上期の業績の着地結果が固まるのは今、11月の始めである。企業側では、業績の着地結果を踏まえて事業計画を修正し、下期の業績達成に向けて動き出していく。

業績を達成するため、欠員を急いで補充するケースもあるが、逆に、チャレンジが必要なプロジェクトで、クリティカルに必要な人を採用するので、重要な求人ポストの募集が意外と始まる時期なのが11月だ。

中途入社は4月がピークだが、重要なポジションは採用決定まで時間がかかる。重要なポジションを4月に確実に充足させるため、先行して、とりわけ非公開ポジションの募集を始める会社も多い。 重要なポジションは数も少ないので早い者勝ちだ。あっという間にクローズするので、多くの転職希望者が気付かない間に、募集が終わっていくのである。

→ビズリーチなどの転職サイトにまずは登録し、経験豊富なプロのエージェントに、非公開ポジションの情報を、直接ヒアリングすることをおすすめする。

11月のトレンドは、以上だ。

筆者のお勧め転職サービス

1位 ビズリーチ キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

2位 JACリクルートメント ハイキャリアに特化した転職エージェントであり、年収アップに繋がる転職支援に定評がある。年収が500万円以上の方や、その給与帯を目指したい方は登録すべきだろう。特に、年収1000万円前後の転職では日本有数の実績を有している。まずは、レジュメを登録し、キャリアコンサルタントとの面談に参加してほしい。
また、JACリクルートメントに相談した人へのインタビューは→こちら

3位 リクルートエージェント 日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

4位 アクシスコンサルティング お勧め度は4位としたが、コンサルティングファームに転職したい方には、一番お勧めしている転職エージェントだ。コンサルティングファームへの転職では日本有数の実績を有しており、主要なファームのほとんどと取引している。特に、事業会社に在籍するコンサル未経験者の支援には定評がある。どのファームでどのような選考が行われ、どうすれば合格できるかを熟知しているので、コンサルティングファームへの転職を視野に入れている方は面談に参加すると良いだろう。

5位 パソナキャリア 日本有数のHR企業であるパソナの転職支援サービスだ。丁寧な候補者支援に強みを有しており、候補者の性格や気持ちを理解しながら、ホスピタリティの高い転職支援を行ってくれることだろう。案件数はリクルートエージェントよりやや少ないが、仕事が丁寧で、自分に合った求人を丁寧に紹介してもらうことができる。他のエージェントの面談に参加し、違和感を感じた方には特にお勧めできるエージェントだ。