20代~30代のキャリアを考えるブログ

若手のキャリア、転職についてインタビュー、意見を発信しています。

総合系ファームのコンサルタントのネクストキャリアについて考える

先日、20代後半の総合系ファーム(ITコンサルと経営コンサルのどちらも経験)の方から、戦略コンサルへのキャリアアップをするか、事業会社の経営企画に転職するのはどちらがいいかと相談を受けた。

そこで総合系ファームのコンサルタントのネクストキャリアについて考えていきたい。結論から書くと転職活動は現在進行形である。

相談者の前提

相談者だが、当サイトにもたびたび協力して頂いている方で、私もよく存じ上げている。慶應大学の学部卒、20代後半、SE出身からの外資系総合系ファームに転職し、ある程度経験を積んだ段階である。年収は800万円程度という状況である。

キャリアアップに対して、貪欲であり、常に外部の機会を探っている方である。目のまえの仕事にも打ち込むタイプであり、働きながら、スキルアップの活動にもいそしんでいる。 

この方から転職をどのようにしたらよいかという相談を受けたのだが、戦略コンサルと事業会社への転職の可能性について考えたい

転職の理由

まず、転職の理由を探っていったところ、戦略コンサルに学生の時に挑んで、全然届かなかったこともあり、憧れがあるということだ。また事業会社については、なんとなく経営に携われる職種に憧れているということだった。

投資銀行を考えていた時期もあったが、キャリア的に投資銀行は厳しいし、行っても活躍できないとのことでおススメしなかった。

当然、もっと仕事のできる幅を増やしたいという理由があったが、憧れが先行していた。ちなみに事業会社については、ベンチャーから大企業まで含んでいる。

戦略コンサルの転職について

マネージャー未満で、総合系ファームから戦略系ファームへの転職は結論から言うと厳しいことが多い。ただし、IT系のバックグラウンドや経験があると転職も可能だ。

また、アクセンチュアやデロイトでストラテジー案件ばかりをこなしていた場合も転職の可能性は十分にある。

今回の転職希望者の方は、SEのバックグラウンドもあり、経営コンサルティングプロジェクトの経験もあることから、戦略コンサルティングファームのITプロジェクト要員での転職は可能である。

コンサルティングファームは単価アップと売上アップの2方向に大きく分かれているが、売上アップに特に走っている戦略ファームであればITバックグラウンドがあるSE職の人の需要はある。

特に総合系ファームで経営コンサルタントとして働いており、20代後半であれば転職のチャンスはある。

ただし、マッキンゼーはリーダーシップや英語力を強く求められるため転職は厳しいだろう。

事業会社の経営企画の転職について

事業会社の経営企画は、コンサル出身者の外部登用が増えている。いわゆる戦略ファーム出身者だけではなく総合系ファームの出身者の採用も積極的だ。

ただし、ITプロジェクトのみの経験だと転職の幅は狭くなってしまう。ベンチャーであればコンサルで経験を積んで若い人、大企業であれば、学歴と職歴がそれなりにあれば、選択肢に入るだろう。

今回、ベンチャーの上場前の企業、上場している企業、大企業(東証一部上場企業で最低でも数千人はいる)の経営企画のポジションについて様々オファーがあった。

f:id:piko2335:20180507104729j:plain

事業会社の経営企画の転職で気を付けるべき点

大企業の経営企画は、年齢で役職と給料を決められるため、年収が下がることも少なくない。外資系出身者を大量に採用するために、新卒とは別の給与体系を設けている企業があれば多くの大企業はそれに追いついていない。

よってネームバリューのある企業に転職できるものの、年収面で不満をもつか、転職に踏み切れない人が多くいる。

 また、大企業になると、年功序列が激しく、自分の提案を実行できるまでに承認の嵐でフラストレーションが溜まることも少なくない。

大企業の経営企画に行く場合は、上司が転職組で、できればコンサル出身者であることが望ましい。ドキュメントの作成レベルや作成スピードが合う人のほうがよい。

ベンチャーの経営企画の場合、経営陣と限りなく近いため、経営陣と息が合うかが重要だ。

最近のベンチャーの経営企画は、経営経験がなくてもコンサルや投資銀行のポテンシャルがあれば、すぐにキャッチアップできるだろうという考えで20代中盤から30歳前後の方を採用している。

実際に転職するのは給与面で釣り合うコンサル出身者であるが。ベンチャーの経営企画だと30歳でベンチャーや経営企画未経験の方に1,500万円のオファーを提示した事例もある。

また、1,000万円程度であれば30歳前後であればすぐにオファーが出る。年齢は目安なので、ベンチャーは年齢に対してオファー金額を決めているわけではないことだけ念頭にいれてほしい。

面接までたどり着くかについて

コンサル出身者で20代であれば、総合系ファームの方は、すぐに面接にいける。コンサル業界でも事業会社でも大丈夫だ。

投資銀行は面接に行くこと自体厳しいが。よって、面接でふるいにかけられることになる。面接に呼ばれている地点でチャンスは限りなくあるのでしっかりと準備をしてほしいと思う。

面接について

コンサル業界にいて、戦略系に転職する場合は、IT要員として採用される場合はこれまでの経験を話せばよい。

しかし、戦略コンサルタントとして採用される場合は、マッキンゼーのようなリーダーシップ、英語力、優れた地頭が求められる。

よって、面接で対策をしっかりしていかなければいけない。

事業会社の面接については、カルチャーフィットを強くみられる。M&Aをしたいからそのスキルを求めるという場合であれば過去の経験を聞くが、20代の経営企画のポジションはある種、ポテンシャル採用に近い。

なぜかというと、採用する側がコンサルタントのスキルを定量化して判断するジャッジメントラインをもちあわせていないためだ。なんとなく経歴と話から優秀そうかなと感じられれば採用される。

転職面接で落ち続ける

実際、この方は転職面接で落ちることが多く苦労していた。原因としては、スキル以上に、転職動機が不明確であったため、うちとは合わないなと判断されていた。

(転職エージェントは学生のときからお世話になっている会社を利用して活動しているとのことで対策は十分に行ってはいたようである)

また、やりたいことと、自分のできることがあまりに乖離しすぎていたことが問題に思えた。そうしたアドバイスを私は行い、もう少し、自分のスキルと近いことが活かせる企業を探したほうがいいと伝えた。

どうしてもブランドやビッグワードに流されがちな典型的な若者であったため、もう少し中身を見て転職活動をしてほしいと感じた。

今後の転職活動

今後は、大企業の経営企画と、戦略コンサルの転職活動を本格的にはじめ、面接する企業をさらに増やしていくようだ。追って報告していきたい。

転職活動には、ビズリーチリクルートエージェント、そして学生のときから会っている転職エージェントを頼っているようなので、ぜひ同じように活用してコンサルのネクストキャリアを考えてほしい。今日は以上だ。