キャリア相談室

コンサルに転職すべき人とは。コンサルで求められる適性をまとめてみた

こんな人におすすめ
  • コンサルに転職しようか迷っている人
  • 自分がコンサルに向いているのか知りたい人
  • コンサルへの転職に向けて情報収集したい人

コンサルへの転職を検討する人は結構多いのではないだろうか。

コンサルは、プロジェクトごとに上流から下流まで一気通貫で携われるため、広い経験やスキルを身に付けることができる。また、優秀な人が多く集まり、外資系になると実力主義の風習が強くなるので、短い期間でしっかり実力アップできるのが特徴だ。

しかし、コンサルに転職したところで、自分が活躍できるのか不安に思っている人も多いだろう。今回の記事では、コンサルで働く上でどんな人に適性があると言えるのかをまとめた。

結論から言えば、コンサルへの転職は自分で一人で判断しない方が良い。

コンサルで求められる能力は、論理的な思考性だけでなく、コミュニケーション面も求められるのだ。単純に自分は考えることが得意だから、という考えだけで転職してしまうと、実際にクライアントと接した時に、満足するパフォーマンスを出せない可能性が高い。

必ず、第三者から評価してもらう機会を設けよう。

おすすめなのは求人サイトとエージェントに登録することだ。手軽かつ、自分のコンサルへの適性を正しく見極めてもらえる。

例えば、求人サイトのビズリーチに登録すれば、企業側からスカウトを受けることが出来る。自分の経歴やスキルを踏まえて、評価してくれる企業の中に、コンサルティングファームがどれくらいあるかを確認してみると良い。

中でもおすすめエージェントは、アクシスコンサルティングである。コンサルティングファームへの転職では日本有数の実績を有しており、なんと主要なファームのほとんどと取引している。

特に、コンサル未経験者のサポートが得意で、選考対策に限らず入社後にも活躍できる人材になれるよう、しっかりフォローしてくれるのだ。

あるいは、すでに今年収が高く、さらに年収アップを狙っている人にはJACリクルートメント、業界を絞らずに転職活動を始めたい人にはリクルートエージェントがおすすめだ。

ぜひ、使える機会をフルに使って転職が上手く行くように頑張ってほしい。

この記事でわかること
  • コンサルとして活躍するには、早く物事をキャッチアップし、自分の知識へと変換する力が必要
  • 目上の経営陣と接することも多いので、知識だけでなく愛嬌やコミュニケーション能力も必須
  • 必要な能力が自分に足りているのかは、客観的に判断すべし

コンサルの仕事にはどんな特徴があるのか

まずは前提として、コンサルの仕事の特徴をまとめた。意外とイメージだけで捉えている人が多い業界なので、正しく理解しておくことをおすすめする。

なお、コンサルといっても広いので、今回は戦略ファームに関して整理していく。

プロジェクト型で業務が変化していく

コンサルでは、1つの部署に属すというイメージではなく、案件ごとに異なるメンバーが召集され、遂行していくイメージを持つと良い。

なので、最初の3ヶ月間と、その次の3ヶ月間で携わるメンバーも案件も変わるため、学べる知識の範囲はかなり広い。特に専門領域はなく、様々な業界・業種に携わってみたい人にとってぴったりな業界だと言える。

なお、たった数ヶ月でその企業のコンサルティングをしなければならないので、短い期間で一気に情報を揃え、インプットしていく必要がある。プロジェクト単位で動けるということは、解釈を変えれば、プロジェクトごとに膨大な量の知識をインプットしなければならないということだ。

そのため、必然的に激務になりがちなことも留意しておこう。

早いキャッチアップと学習能力が必要

先述の通り、コンサルは案件ごとに全く異なる知識をインプットしなければならないので、膨大な情報処理能力が必要である。

未経験の業界だとしても、たったの数日でその道のプロフェッショナルとなり、経営陣に対して意見を述べていかなければならない。並大抵の努力だけではカバーできず、ある程度の学習能力なしには厳しいだろう。

また、勢いよりも、精緻であることが優先されるので、とりあえず形にして実行していくようなベンチャー気質な人は基本的に合わないと思った方が良い。緻密に物事を学び、整理していきたい人に向いているのがコンサルだ。

経営陣との仕事が多い

コンサルは経営層と直接仕事をすることが多い。企業によっては、トップ層と新卒1年目から仕事をする機会も多く、中途半端なアウトプットでは許されない世界だ。

また、コンサルの案件は大抵がかなりの額をもらう。

その施策が成功するか失敗するかは関係なく、1つの案件に対して報酬が支払われるので、質の高さはどこまでも意識した方が良い。

プロとしての意識はしっかり身に付く業界だと言えるので、ビジネスパーソンとして一皮向けたい人にはおすすめだと言える。

コンサルに必要な素質

次に、コンサルで結果を出していく上で必要な素質について整理した。あなたがその実力を持ち合わせているかどうかは、エージェントなどプロに聞いた方が良いが、まずは項目として何があるのかを理解しておこう。

なお、おすすめのエージェントは、アクシスコンサルティングである。コンサルティングファームへの転職に強く、主要なファームのほとんどと取引している。

あるいは、すでに今年収が高く、さらに年収アップを狙っている人にはJACリクルートメント、業界を絞らずに転職活動を始めたい人にはリクルートエージェントがおすすめだ。

必要な素質を理解したらさっそく登録して、キャリアアドバイザーへ相談すると良い。

膨大な知識を整理する能力

コンサルタントに必要なのは、知識量ではなく、情報を正しく整理して体系的に理解する能力である。

最初は大抵の案件が未経験で、知識なんてまったくないままスタートする。なので、知識がないこと自体は心配することではない。

一方で、プロジェクトがスタートすると、膨大な量の知識をインプットしていく。その時に、ただ単発の知識として学ぶのではなく、知識を体系的に理解し、何が重要なのかを特定していく力が必須だ。

これはコンサル以外でも役立つ能力だが、案件がどんどん変化していくコンサルでは特に重要視される能力である。

コミュニケーション能力

コンサルタントになると、多くは企業の経営層に対して意見を述べていかなければならない。入社して何年経ったとしても、大抵、経営層は年上である。

自分よりも経験があり、かつ役職も上の人間に対して、臆することなく、かつ相手にとって受け取りやすい伝え方ができるかが肝になる。

なお、コンサルタントでプリンシパルまで上り詰められる人は、単なる頭のよさだけでなく、対人能力も必須となる。実際、ある一定の役職まで上り詰めると、そこから先は企業から案件をとってくる接待の仕事がメインになるのだ。

最終的にトップ層までいくことを考えれば、むしろコミュニケーション能力なしにコンサルへ転職するのは無謀だとさえ言える。

プレゼン能力

いくら提言している内容が素晴らしかったとしても、プレゼンする能力にかけていたらその魅力も半減してしまう。

先述したコミュニケーション能力とも似通うポイントだが、プレゼンする能力が高ければ、相手にとって受け入れたい施策だと捉えてもらえる。

特にコンサルは目上の方にプレゼンする機会が多いので、単にロジカルに分かりやすく話すだけでなく、いかに相手が気分良く提案を受けられるかも重要だ。

英語力

外資系のコンサルであれば、英語力は必須だ。

日系コンサルであれば、日本企業の支援がメインのため、そこまで気にする必要はないが、外資系であれば英語力があるに越したことはない。

特に、海外の案件を扱うチャンスを掴むためにも、英語力を持っていれば優先してアサインしてもらえる可能性が高い。あるいは、海外駐在してよりハイクラスな中で挑戦する機会を得ることもできる。

コンサルに転職した先に、そこまでキャリアパスを描けているのであれば、必ず英語力は身につけておこう。

コンサルの適性が自分にあるのかを見極めて、転職するか決断しよう

いかがだったろうか。

今回はコンサルで求められる能力に関してまとめた。コンサルというと、論理的思考が重要視されるイメージだろうが、意外とコミュニケーション能力も必要不可欠である。

自分がコンサルに適性があるのかどうか、必ず第三者から判断してもらおう。

なお、冒頭でも述べた通り、おすすめは求人サイトとエージェントに登録することである。求人サイトのビズリーチに登録すれば、企業側からスカウトを受けることができ、自分の経歴やスキルを踏まえて、コンサルティングファームがどれくらい評価してくれるのかを知ることができる。

また、おすすめのエージェントは、アクシスコンサルティングである。コンサルティングファームへの転職では日本有数の実績であり、主要なファームのほとんどと取引している。

あるいは、今すでに年収が高く、さらに年収アップを狙っている人にはJACリクルートメント、業界を絞らずに転職活動を始めたい人にはリクルートエージェントがおすすめだ。

自分に合ったエージェントと、求人サイトと併用して、自分がコンサルに向いているかを見極めてほしい。

今日は以上だ。

2020年1月の転職トレンド

「転職したい」と思いながら2019年が終わってしまった方も多いのではないか。新年早々だが、新年度に向けて転職したいなら、今すぐ転職活動をスタートさせてほしい。

一年で最も採用活動が活発なのは1月から2月だ。一年で最も入社が多い4月に向けて、2ヶ月前内定が一般的だ。2月中旬に内定獲得し、現職に退職届けを出せば、3月末退社まで少しの余裕を持って新しい職場に備えることができる。

もし管理職やベンチャー幹部のような重要ポジションを狙っているなら、1月中がラストスパートだと心得よう。新年度に向け事業計画を立てたり遂行したりする役職者は、早めに採用する必要があるからだ。

一般社員のポジションも、ライバルが多い期間だと当然厳しい戦いになるし、魅力ある求人には応募が殺到し、応募開始から1週間で終了してしまうこともザラだ。出遅れて後で後悔しないように、1月のうちに必ず転職活動を始めて欲しい。

転職活動といっても、ただネットサーフィンをしているだけではまずい。転職エージェントしか持っていない限定求人は、ネットに情報が載る前にクローズしてしまうことも多い。まずは転職エージェントに登録し、希望にあう求人情報の提供を受けよう。

→ビズリーチなどの転職サイトにまずは登録し、経験豊富なプロのエージェントに、非公開ポジションの情報を直接ヒアリングすることをおすすめする。1月のトレンドは、以上だ。

筆者のお勧め転職サービス

1位 ビズリーチ キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

2位 アクシスコンサルティング コンサルティングファームに転職したい方には、一番お勧めしている転職エージェントだ。コンサルティングファームへの転職では日本有数の実績を有しており、主要なファームのほとんどと取引している。特に、事業会社に在籍するコンサル未経験者の支援には定評がある。どのファームでどのような選考が行われ、どうすれば合格できるかを熟知しているので、コンサルティングファームへの転職を視野に入れている方は面談に参加すると良いだろう。

3位 リクルートエージェント 日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

4位 JACリクルートメント ハイキャリアに特化した転職エージェントであり、年収アップに繋がる転職支援に定評がある。年収が500万円以上の方や、その給与帯を目指したい方は登録すべきだろう。特に、年収1000万円前後の転職では日本有数の実績を有している。まずは、レジュメを登録し、キャリアコンサルタントとの面談に参加してほしい。
また、JACリクルートメントに相談した人へのインタビューは→こちら

5位 パソナキャリア 日本有数のHR企業であるパソナの転職支援サービスだ。丁寧な候補者支援に強みを有しており、候補者の性格や気持ちを理解しながら、ホスピタリティの高い転職支援を行ってくれることだろう。案件数はリクルートエージェントよりやや少ないが、仕事が丁寧で、自分に合った求人を丁寧に紹介してもらうことができる。他のエージェントの面談に参加し、違和感を感じた方には特にお勧めできるエージェントだ。