20代~30代のキャリアを考えるブログ

若手のキャリア、転職についてインタビュー、意見を発信しています。

外銀出身で活躍するCFO13人のキャリアを調べた

近年のグローバル化に伴い、日本の企業経営においても欧米化が進んできた中で、財務戦略での最高責任者であるCFOの重要性が高まっている。CFOによる財務戦略をいかに効果的に経営戦略に盛り込めるかが、今後の企業価値向上のカギとなるだろう。今回は、外銀での経験を活かして現在CFOとして活躍されている13名をまとめた。

業績を着実に伸ばすメタップスCFO

氏名: 山崎裕一郎
出身大学:
カリフォルニア大学
現在の肩書:
株式会社メタップス 取締役副社長CFO
職歴:
ドイツ証券
コメント:
カリフォルニア大学バークレー校を卒業後、京都大学経営管理大学院を修了。2006年にドイツ証券株式会社投資銀行部門(IBD)に入社。テクノロジー業界におけるM&A及び資金調達業務を行う。その後、京都でテクノロジー企業を創業し、代表取締役に就任。2011年よりメタップスの取締役CFOに就任。2016年より取締役副社長に就任。
参照元

多種の業界での経験を活かし活躍するCFO

氏名: 後藤英紀
出身大学:
九州大学
現在の肩書:
株式会社ドリコム 取締役CFO
職歴:
ドイツ証券
コメント:
九州大学大学院工学研究科を修了。大和総研を退職後、テクノロジー系のリサーチ・コンサルティング事業を始める。その後、ドイツ銀行へ転職。投資銀行部門にて半導体関連のM&Aに関わる。退社後、飲食関連会社に関わる。2010年よりドリコムに参画し、現在は取締役CFO。
参照元

話題の仮想通貨業界に参画した女性CFO

氏名: 金光碧
出身大学:
一橋大学経済学部
現在の肩書:
株式会社bitFlyer 取締役CFO
職歴:
ゴールドマンサックス

コメント:
一橋大学経済学部卒業。ゴールドマンサックス投資銀行部門資本市場本部にて10年間勤務。資本調達における商品設計を担当。クロスボーダーM&Aにおけるリスク管理のアドバイザリー業務にも携わる。2006年に株式会社bitFlyerのCFOに就任。現在bitFlyer取締役CFO。
参照元

ゴールドマンサックス出身のクックパッドCFO

氏名: 犬飼茂利男
出身大学: 早稲田大学
現在の肩書:
クックパッド株式会社 取締役CFO
職歴:
ゴールドマンサックス
コメント:
1995年朝日監査法人(現 あずさ監査法人)に入所。2007年より4年間、ゴールドマンサックス・リアルティ・ジャパンに勤務。その後、ベンチャーリパブリックへ入社し、2016年より、cookpad執行役CFO。
参照元

何社もの外資を渡り歩きCFOへ

氏名: 大塚祐
出身大学:
明治大学商学部
現在の肩書:
メットライフアリコ生命保険株式会社 執行役専務CFO
職歴:
メリルリンチ
コメント:
明治大学商学部を卒業。青山監査法人(現 あらた監査法人)入所。その後、日本ルーセント・テクノロジーに勤務し、1999年メリルリンチへ入社。ソフトバンク、ジブラルタル生命保険を経て2012年よりメットライフアリコ生命保険の執行役専務CFOに就任。
参照元

決断の速さで事業を拡大させる女性CFO

氏名: 五代儀直美
出身大学:
早稲田大学政治経済学部
現在の肩書:
株式会社Orchestra Holdings 取締役CFO
職歴:
ゴールドマンサックス
コメント:
早稲田大学政治経済学部を卒業後、野村證券に入社するも、1年もせずに退職。2000年にコンサル会社であるEYトランザクション・アドバイザリー・サービスへ入社。2003年には新日本監査法人へ入社し、2007年にゴールドマンサックスへ入社。2014年にデジタルアイデンティティ(現 Orchestra Holdings)入社。翌年より取締役CFO。
参照元

経済情報プラットフォームを提供するユーザベースCFO

氏名: 村上未来
出身大学:
慶応大学商学部
現在の肩書:
株式会社ユーザベース 管理役員執行役CFO
職歴:
UBS 証券
コメント:
慶應義塾大学商学部卒。2000年中央青山監査法人入所。2006年より3年間UBS証券にてM&Aアドバイザリーを務める。その後、KPMGヘルスケアジャパンへ入社し、2012年よりユーザベース入社管理担当執行役CFO。

参照元

 

f:id:kiyyo:20180821123110j:plain

600万人が使用する自動家計簿マネーフォワードCFO

氏名: 金坂直也
出身大学:
東京大学経済学部
現在の肩書:
株式会社マネーフォワード 代表取締役CFO
職歴:
ゴールドマンサックス
コメント:
東京大学経済学部卒業。ゴールドマン・サックスに入社。テクノロジー・金融業界を中心にクロスボーダーM&Aや資金調達のアドバイザリー業務、投資及び投資先企業の価値向上業務に携わる。2014年よりマネーフォワードの取締役執行役CFO。

参照元

多方面で活躍する体育会出身CFO

氏名: 小泉泰郎
出身大学:
東京大学経済学部
ダートマス大学エイモスタック経営大学院
現在の肩書:
株式会社FiNC 代表取締役副社長CFO
職歴:
ゴールドマンサックス
コメント:
東京大学経済学部卒。学生時代にはサッカー部副将を務める。ダートマス大学エイモスタック経営大学院経営学修了後、日本興業銀行(現みずほ銀行)に入行。1999年よりゴールドマン・サックスにて資本市場本部共同本部長兼公共セクターインフラユーティリティーセクター本部長を務める。他にも、ISAK発起人、TABLE FOR TWO Internationalアドバイザー、ベンチャー企業Whillのアドバイザー、FC今治のアドバイザリーボード幹事など多方面に活躍。2015年よりFiNCの代表取締役副社長CFO兼CIO。
参照元

二兆円案件を手掛けるバンカーからCFOへ

氏名: 瓜生英敏
出身大学:
東京大学
現在の肩書:
株式会社ビザスク 取締役CFO
職歴:
ゴールドマンサックス
コメント:
東京大学卒。1999年ゴールドマン・サックスに入社。2012年にマネージング・ディレクターに就任し、約19年に渡り、投資銀行部門にて国内外の多数のテクノロジー企業に対するM&A、資金調達の助言業務に従事。2018年よりビザスク取締役CFO
参照元

長年のグローバル投資銀行での経験を活かしてCFOへ

氏名: 井田明一
出身大学:
一橋大学
シカゴ大学経営大学院
現在の肩書:
GCA株式会社 執行役CFO
職歴:
UBS証券
コメント:
一橋大学を卒業後、シカゴ大学経営大学院修了。1987年日本電信電話(現NTTデータ)に入社。2000年よりドレスナー・クラインオート・ワッサースタイン証券、2006年よりUBS証券と、14年間にわたりグローバル投資銀行で活躍。2013年よりGCAに入社し、現在執行役CFO マネージングディレクター。
参照元

医療業界のIT化を先導するメドレーCFO

氏名: 河原亮
出身大学:
東京大学工学部
現在の肩書:
株式会社メドレー 取締役CFO
職歴:
JPモルガン
コメント:
東京大学工学部卒。JPモルガン証券株式会社に入社し、投資銀行本部にて約10年間、国内外の事業法人及び金融機関を顧客とした資金調達業務及びM&Aアドバイザリー業務に携わる。2016年よりメドレーに参画。現在取締役CFO。
参照元

特異なビジネスモデルで急成長を続けるじげんCFO

氏名: 寺田修輔
出身大学:
東京大学経済学部
現在の肩書:
株式会社じげん 取締役執行役CFO
職歴:
シティグループ
コメント:
東京大学経済学部卒。2009年シティグループ証券にて株式調査業務、財務アドバイザリー業務に従事し、2014年より不動産チームヘッド。2016年経営戦略部部長としてじげん入社。現在は経営戦略部、経営管理部を率い、投資、経営企画、財務、IR、会計、経理、法務の責任者を務める取締役CFO。
参照元

編集後記:


いかがだっただろうか。以上のように、多種の業界において、外銀出身の方がCFOとして多数ご活躍されていることがわかるだろう。

特に、今後の拡大が期待される企業において外銀出身のCFOが活躍しており、その経験が活きているように感じられる。

また、女性のCFOも活躍されており、今後さらなる女性の活躍が期待できる。

今後更なるキャリアアップを考えているのならば、外銀出身の方も、そうでない方でも、CFOとして新たな道を進む選択もあるだろう。

その際には、ビズリーチを使ってみるとよい。ビズリーチならば、大手企業からベンチャー企業まで揃っており、自分に合う案件が見つかる可能性が高いのでお勧めである。

今日は以上だ。