未分類

キャリアに空白期間がある場合の伝え方

キャリアに空白期間があると、通常より転職が困難になると言われている。もちろん、明確に理由があれば問題がないケースも多いが、場合によっては企業側から敬遠されてしまうこともあるので、注意したい。

今回のブログでは、空白期間がある場合に、企業にどう伝えるべきかをまとめた。理由によって伝え方に気をつけるべき点があるのでぜひチェックして欲しい。

なお、すでに転職を決意している人は、さっそく求人サイトとエージェントに登録しておいて欲しい。空白期間がある場合、事前に選択肢を多く持っておく方が良い。

ビズリーチに登録すると、企業からスカウトを受けることができるので、自分の経歴(空白期間を含む)をみて評価してくれる企業を知ることができる。

また、エージェントなら、空白期間を先方に上手く伝えて対応してくれるだろう。エージェントはそれぞれ得意な業界があるので、自分の特徴に合ったエージェントを選べると、効率的に転職を進めることができるはずだ。

転職と年収アップを同時に成し遂げたい人向けのエージェントは、ハイクラスの転職に強い、JACリクルートメントだ。

コンサルから転職したい方や、コンサルに転職したい方は、アクシスコンサルティングに登録してキャリアアドバイザーの面談を受けてほしい。

それ以外の業界の方は、日本一の転職支援実績を持つリクルートエージェントに相談してみよう。必ずキャリアアドバイザーとの面談を活用してみてほしい。

空白期間があるのは不利か

空白期間があるのは、転職活動する上で不利にはたらくのだろうか。周りからの見られ方と対応方法をまとめた。

通常よりは不利

当たり前のことかもしれないが、空白期間が全くない人に比べればやはり不利だ。企業側も、もし選択肢が複数あるのだとすれば、経歴が綺麗な人を採用する。

こればかりは仕方ないので、事実だとして気にしない方が良い。

2〜3ヶ月程度なら不審がられることはない

空白期間、と言っても数ヶ月ならそこまで心配することはない。

今の時代、転職のタイミングで数ヶ月お休みをとり、資格取得あるいは旅行などする人も増えてきた。深刻な理由かどうかはおいておいて、休むだけならそこまで特別なことではないので心配しなくて良い。

理由を丁寧に伝え、再発しないと納得させれば転職は可能

企業側にとって気になるのが、空白期間の理由と、再発しないか否かだ。

大抵、理由が納得のいくもので、再発しないとわかれば安心して採用してくれる。一方で、理由をごまかしたり、曖昧に伝えてしまうと、企業側も不安になり、空白期間が理由で不採用となってしまう。

嘘をつかずに聞かれたことに正直に答えることを意識して欲しい。

理由別の伝え方

空白期間を意図して作ったのか、できてしまったのかによって企業側の反応は全く異なる。

転職先を決める前に退職してしまった場合

なぜ、転職先が決まらないまま、前職をやめなければならなかったのかを伝える。再三、記載してきたが、企業側は理由がわからないことが「不安」なのである。

結論として、やめた理由が「リフレッシュをしたかった」でも良いのだ。とにかく正直に理由を伝えよう。

病気、家庭の事情など

これは仕方ないことなので、理由として敬遠されることはない。一方で再発するかどうかはかなり慎重に伝えた方が良い。

突発的にお休みをもらわないといけない、長期的に休みをとるかもしれないなど、企業側にとってリスクだったとしてもちゃんと伝えておく方が良い。

海外旅行、ボランティアなど

休み中に、自分が興味を持っていたことに挑戦した場合、企業側から評価をもらえることも多い。

時代が時代なので、休みの間に趣味を極めたなど、リフレッシュしながら働ける人材はかえって評価対象となる。

あるいは資格取得した場合などはスキルアップと見なされる。

この場合の休みはほぼ心配しなくて良いだろう。

空白期間の理由を正直に伝えることが肝

くり返し強調したが、とにかく理由を「正直」に述べることが重要だ。

企業側が、全く空白期間のない人よりも多少不安になってしまうのは仕方ないことなので、そこを割り切って正直に理由を話して欲しい。

いずれにしても、空白の理由を納得させ、有用な人材との評価をもらえれば、心配することなく転職することは可能だ。

ちなみに、空白期間があったとしても転職しやすい企業はかなり多いので、まずは求人サイトと転職エージェントに登録することをおすすめする。

ビズリーチに登録すれば、空白期間があっても自分を評価してくれる企業を効率的にピックアップすることができる

あるいは、エージェントに登録すれば、自分の空白期間を上手く先方に伝えてくれたりもするので、自分で伝えるのが不安な人にはおすすめだろう。

なお、エージェントでおすすめなのは主に3つだ。

ハイクラスの転職に強く、年収アップを同時に成し遂げたい人には、JACリクルートメント

コンサルから転職したい方は、アクシスコンサルティングに登録してキャリアアドバイザーの面談を受けてほしい。

それ以外の業界の方は日本一の転職支援実績を持つリクルートエージェントに相談してみよう。

エージェントは、直接相談することができるので、自分のキャリアを不安に思っている人にぴったりな相談相手となるだろう。

ぜひフル活用して、転職活動を充実させてほしい。

今日は以上だ。

2019年11月の転職トレンド

企業は10月に下期の採用を終えて体制が整い、今の時期は求人情報としては凪の状況であるという向きもある。11月の採用決定者数は、数字としては低調になっているのが事実だ。

転職希望者も、上半期末や下半期初の繁忙期を終えて一息つき、転職活動をなかなか始めない。実際に、転職メディアの閲覧数は、11月は決して多くない。

だからこそ、実は、11月に転職活動を休む、年末年始休みまで転職活動を始めなくていい、というのは誤りだ。管理職や、チャレンジングなポジションの転職を望む人がいれば、少なくとも情報収集は、確実に11月から開始したほうがいい。

日本の企業の多くは3月決算だが、上期の業績の着地結果が固まるのは今、11月の始めである。企業側では、業績の着地結果を踏まえて事業計画を修正し、下期の業績達成に向けて動き出していく。

業績を達成するため、欠員を急いで補充するケースもあるが、逆に、チャレンジが必要なプロジェクトで、クリティカルに必要な人を採用するので、重要な求人ポストの募集が意外と始まる時期なのが11月だ。

中途入社は4月がピークだが、重要なポジションは採用決定まで時間がかかる。重要なポジションを4月に確実に充足させるため、先行して、とりわけ非公開ポジションの募集を始める会社も多い。 重要なポジションは数も少ないので早い者勝ちだ。あっという間にクローズするので、多くの転職希望者が気付かない間に、募集が終わっていくのである。

→ビズリーチなどの転職サイトにまずは登録し、経験豊富なプロのエージェントに、非公開ポジションの情報を、直接ヒアリングすることをおすすめする。

11月のトレンドは、以上だ。

筆者のお勧め転職サービス

1位 ビズリーチ キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

2位 JACリクルートメント ハイキャリアに特化した転職エージェントであり、年収アップに繋がる転職支援に定評がある。年収が500万円以上の方や、その給与帯を目指したい方は登録すべきだろう。特に、年収1000万円前後の転職では日本有数の実績を有している。まずは、レジュメを登録し、キャリアコンサルタントとの面談に参加してほしい。
また、JACリクルートメントに相談した人へのインタビューは→こちら

3位 リクルートエージェント 日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

4位 アクシスコンサルティング お勧め度は4位としたが、コンサルティングファームに転職したい方には、一番お勧めしている転職エージェントだ。コンサルティングファームへの転職では日本有数の実績を有しており、主要なファームのほとんどと取引している。特に、事業会社に在籍するコンサル未経験者の支援には定評がある。どのファームでどのような選考が行われ、どうすれば合格できるかを熟知しているので、コンサルティングファームへの転職を視野に入れている方は面談に参加すると良いだろう。

5位 パソナキャリア 日本有数のHR企業であるパソナの転職支援サービスだ。丁寧な候補者支援に強みを有しており、候補者の性格や気持ちを理解しながら、ホスピタリティの高い転職支援を行ってくれることだろう。案件数はリクルートエージェントよりやや少ないが、仕事が丁寧で、自分に合った求人を丁寧に紹介してもらうことができる。他のエージェントの面談に参加し、違和感を感じた方には特にお勧めできるエージェントだ。