基礎スキル

【多忙な社会人向け】転職・昇進に必要な英語力を身につける方法をご紹介

高年収のポジション、管理職ポジションへの転職を希望すると、時に「英語力」が足かせになる。

  • 志望企業に応募したら、英語面接があった
  • 内定の条件に、TOEICスコアが含まれている
  • ビジネスレベルの英語力があるか、面接で質問される

といった事態に直面し、慌てて勉強を始めても、時すでに遅しということがある。

本記事では、学生時代に英語の勉強はそれなりにしたが、TOEIC高得点を獲得できるレベルではなく、ましてや英語でビジネスをするイメージが持てない方を対象に、おすすめの学習法を書く。

大学受験で英語を勉強した読者なら、超一流の外資系企業を除けば、中途転職で求められる英語力は「勉強すればクリアできるレベル」である。

それを怠ったせいで、本来ならば転職可能な会社に入社できない惨事は避けよう。

英語学習スタートの前にやるべきこと

英語を学習する目的を明確にする

当たり前のように聞こえるだろうが、

  • やみくもにリーディングもリスニングもライティングも手を出して収拾がつかなくなる
  • とりあえず単語帳を端から覚えてしまう
  • 目的もなくTEDをみて満足している

といったミスはありがちである。

自分が身に付けたいのは、TOEICやTOEFLのスコアなのか?英語面接に耐えうるだけのビジネス英会話なのか?

それぞれ、ゴールまでの最短経路は異なる。最初に自分の中で明確にしておこう。

特に「ビジネス英会話」は、ゴールが曖昧になりがちなので注意が必要だ。自分が英語を使う業界や、場(英語面接用なのか、英語話者のいるオフィスなのか、電話会議か、学会発表か、など)によって、必要な英語力は大きく異なる。

汎用的な英語力を得るのは、目の前の目標を達成してからと肝に命じ、まずは自分のゴールに最適な学習だけに集中しよう。

目的にあった、最適な学習法の情報を収集し、決定する

自分の目標がわかったら、最適な英語学習法を決めよう。
以下に、筆者自身が実際に英語力の向上を感じた学習方法を含め、幅広く紹介していく。まずは幅広い選択肢を知った上で、どれが自分の目的と好みにあっているか、吟味してほしい。

TOEICスコアUP

TOEICスコアの向上が目的なら、迷わず、TOEICに特化したオンライン教材の活用を勧める。

理由は、一度受けた方ならお分かりだと思うが、TOEICスコアの短期UPのためにはテクニックの習得が不可欠だからだ。

問題を解く順番や、力を入れるべき問題など、純粋な「英語力」以外のナレッジを押さえることで、ぐっと点数を上げることができる

多少お金はかかるが、毎月試験を受け直し続けるより、時間もお金も節約できる

オンライン英会話教材を20社試し、ベストだと感じたのがスタディサプリ ENGLISHだ。詳しくは下記の記事を見てほしい。

ちなみに筆者の友人(一部上場メーカー勤務)も、大学受験以来の英語学習でスタディサプリEnglishを活用し、社費留学を見事勝ち取った。非常におすすめだ。

オンライン英会話を20社試した私が「スタディサプリEnglish」の使い方を教える

リスニング力・スピーキング力の向上

スタディサプリEnglishにはTOEIC以外にも、ビジネス英語向けのスタディサプリENGLISHオンラインコーチというコースもあるので、それを活用するのも手だ。

一方、お金をかけたくない、独学が好き、という方に勧める勉強法は、単純な文章をたくさん覚えることと、シャドーイングだ。

シャドーイングという言葉が耳慣れない方がいるかも知れないが、音声を聞いて即復唱することで、もともとは同時通訳者向けの学習法である。

ちなみに筆者は高校でひたすらシャドーイングをやらされ、当時は有用性がわからなかったが、今考えると筆者の英語基礎力はそのおかげで上がったかも知れない。

簡単で物足りないと思うかもしれないが、毎日これをしっかり続けることが大事である。お勧めの本は以下だ。

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング

英語は5分を完璧にしろ! 〜世界一簡単なシャドウイング学習法〜

ビジネス英会話

コーチング

中途転職の英語面接や、海外留学試験の面接など、特定の目的のために英語を勉強したい場合は、コーチングをお勧めする。

自分が求めるケースに合った指導をしてもらえるのが最大の利点だが、隠れた大きな効用は、英語学習のモチベーション維持・強制力の発動だ。

仕事もプライベートも多忙なビジネスパーソンが英語学習にコミットするのは、どう考えても至難の技だ。

分のキャリアを大きく飛躍させるために、一定の時間とお金を一気に英語に投資し、英語というハードルを一気にクリアしてしまうのは非常に賢い戦略だ。

ハイキャリアのビジネスパーソンの英語学習を多数支援してきたコーチングサービスで、無料カウンセリングを受けるだけでも、英語学習の指針を得ることができる。まずは一度訪れてみることをお勧めする。

英語のコーチングサービスは乱立している。筆者がおすすめの塾を以下に二つ挙げておく。まずは見学に行ってほしい。

PROGRIT

ライザップイングリッシュ

職場で英語を使う

留学経験がないのに英語が流暢な友人たちに学習法を聞くと、「英語話者の恋人を作る」と半分ふざけてアドバイスをされるが、エッセンスとしてはあながち間違えではないかもしれない。

つまり、英語を必死に聞き、話す経験を、どれだけ短期間に多く積むかだ。

「転職のために英語を学習する」の逆転の発想で、英語を日常的に使う会社に転職するのが最強だ。使っているうちにしゃべれるようになる。

英語を使う転職先検討に最もおすすめなのが、JACリクルートメントだ。年収UPやグローバルな活躍を志向するビジネスパーソンに特化した転職エージェントである。

日系企業のなかでもグローバルでプレゼンスのあるメーカーや、外資系や海外求人の求人が豊富である。海外や外資系で働きたい方はJACリクルートメントにぜひ登録してほしい。

海外や外資系のポジションの情報を広く情報収集したい方は、ビズリーチに登録しておこう。ビズリーチは、ハイクラス層が中心に登録している求人サイトであるため、他のサイトには掲載していないハイクラス向けの案件を載せている。

その上、企業から直接スカウトを受けられるかもしれない。良い求人を知るだけでなく、企業から見た自分の評価を知る意味で役立つだろう。

筆者の知人には、お弁当屋さん勤務から、一念発起して小さな外資系企業に契約社員で入社し、十分な英語力を身に付けて、現在は大手企業の重要なポジションにキャリアアップした努力の方がいる。

転職先を利用して英語力を身につけて、さらなるキャリアアップを目指す方法もある。検討してほしい。

マンツーマン英会話スクール

マンツーマン英会話スクールに興味がある読者は、下記の記事を一読して見てほしい。12の英会話スクールの価格や強みの比較がよくまとまっているので、おすすめだ。

編集部おすすめのマンツーマン英会話スクール12選【質問し放題で英語上達の近道】

編集後記

いかがだっただろうか。本記事で、有用な英語学習方法はほぼ網羅的にご紹介したと思う。

英語学習は、キャリアアップの手段であり、目的ではない。

繰り返しになるが、自分の達成したい目標に最適な学習方法を見定めて、今すぐに学習スタートし、1日も早く目標達成してほしい。

今日は以上だ。

2019年9月の転職トレンド

2019年9月時点では、各社の採用意欲はおしなべて旺盛であるものの、ポジションの募集が減少する会社と、引き続き多くの社員を募集している会社に二極化している。景況感の悪化リスクが高まる中で、人材業やコンサルティング業など、労働集約的で「なくても困らない」サービスを提供している産業では、採用意欲が減退している。

また、大企業は採用を手控える時期に来ていることを、覚えておいてほしい。というのも、大規模な会社は採用人数が多く、個別研修を実施するのが難しいため、10月1日や4月1日など、期の切れ目に新入社員の入社を集中させたいと考える。今から内定を出したとしても、多くの候補者が10月1日入社に間に合わないため、一旦ポジションをクローズしてしまうのである。逆に言えば、今のタイミングでもポジションをオープンしている大企業は、よっぽど人数が足りずに困っている可能性が高いので、入社難易度が通常時よりも低くなっている場合が多い。

ビズリーチなどのサイトで、どのような会社がないかを探り、是非、積極的にチャレンジしていただきたい。
9月のトレンドは、以上だ。

筆者のお勧め転職サービス

1位 ビズリーチ キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

2位 JACリクルートメント ハイキャリアに特化した転職エージェントであり、年収アップに繋がる転職支援に定評がある。年収が500万円以上の方や、その給与帯を目指したい方は登録すべきだろう。特に、年収1000万円前後の転職では日本有数の実績を有している。まずは、レジュメを登録し、キャリアコンサルタントとの面談に参加してほしい。
また、JACリクルートメントに相談した人へのインタビューは→こちら

3位 リクルートエージェント 日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

4位 アクシスコンサルティング お勧め度は4位としたが、コンサルティングファームに転職したい方には、一番お勧めしている転職エージェントだ。コンサルティングファームへの転職では日本有数の実績を有しており、主要なファームのほとんどと取引している。特に、事業会社に在籍するコンサル未経験者の支援には定評がある。どのファームでどのような選考が行われ、どうすれば合格できるかを熟知しているので、コンサルティングファームへの転職を視野に入れている方は面談に参加すると良いだろう。

5位 パソナキャリア 日本有数のHR企業であるパソナの転職支援サービスだ。丁寧な候補者支援に強みを有しており、候補者の性格や気持ちを理解しながら、ホスピタリティの高い転職支援を行ってくれることだろう。案件数はリクルートエージェントよりやや少ないが、仕事が丁寧で、自分に合った求人を丁寧に紹介してもらうことができる。他のエージェントの面談に参加し、違和感を感じた方には特にお勧めできるエージェントだ。