キャリア相談室

悪質業者と優良業者を比べて感じた、マーケティングの基本

知人が会社のホームページを作りたいということで会社のコーポレートサイトを制作している制作会社に話を聞いてみた。基本的に友人に紹介してもらう形で話を聞いてみた。そこで悪徳業者と優良業者の違いが見えてきたので記述してみた。

同じアウトプットを求めてもピンキリ

頻繁にコンテンツの更新があることを考え、ワードプレスでサイト制作を請け負ってもらええるところを探してみた。

値段も、納期もピンキリであることに驚いた。もちろんページ数や機能、運用の話もあるのだが、10万円から100数十万円という大きな幅があった。 では実際何が違うのか考えてみた。当たり前のことばかりだったのだが改めて気づきとしてメモしたい。

仕事の受注の仕方。営業はしない

とある業者は、テレアポ部隊をかかえとにかく電話をしまくり、アポを獲得し、営業を送り込んで制作をすすめている。

別の業者は、制作部隊が会社のメンバーのほとんどであり、テレアポはせずに仕事が自然に舞い込んできて、処理しきれないほど仕事が来ると言っていた。 お分かりだろうが、前者の会社はあらゆることにおいて評判がよくなく、仕事の受注がますます苦しくなっていると言っていた。

一方、後者は、仕事をやればやるほど紹介で次の仕事が降ってくるために営業という概念がないといっていた。

料金体系。とにかく高い

悪徳業者のほうが値段が高いと思っていたが、悪徳業者は、似たような会社がたくさんありとにかく価格勝負になってしまうため、社員の給料を低くし、また販売価格で差をつけようとしていた。

加えて、営業の人員もいることから結果的に利益が削られる。 優良業者は営業活動をせず、制作だけしているため価格競争に走る必要がない。

また、提供した値段で満足した顧客ばかりのため、顧客が次々とほかの人を紹介するという流れになっていた。実績を紹介してもらったが、大きいクライアントばかり、かつ値段も非常に高い金額をとっていた。値段が安い案件は優先的にこなしていないということだった。

仕事の質以上に、説明がわかりやすい

仕事の質はもちろんだったが、説明がわかりやすかった。制作する方が直接内容を話しているので、技術的な質問も、またカスタマイズの範囲も明確に答えてくれた。営業を分離したほうが、制作側が制作に集中できるという点では、現代のシステムにかなっているだろうが、技術的理解が乏しい営業の方だと営業として目の前にいる意味がまったくない。

高単価で利益率がよければ制作者が直接でむいても時間給に見合うので顧客にとってはよい。制作を担当する人は、営業を嫌う傾向があるのでこの点は経営者側は留意しなければないだろうが。

とはいっても仕事の成果も違い、悪徳業者のアウトプットは私でも作れそうなものがあった。優良業者で100万円以上とっているものは私が時間をかけてもなかなかできなさそうなものが多かった。

f:id:sportsmania:20170625152523j:plain

価格を下げないという戦略をとる重要性

普段のビジネスで価格を下げて勝負しようというマインドに陥りがちだが価格訴求を行うことは危険だということを久しぶりに実感した。

ちなみに悪徳業者と書かせていただいたが、なぜかというと、しつこい勧誘電話が問題になっていること、また離職率が圧倒的に高く、ほとんどの社員が1年以内にやめてしまうといっていた。

説明してくれた方もブラック企業といっていたのでそのうち辞めるといっていた。 結局、その後複数人会ってみて、他の人からも評判の良かった単価の高い会社にお願いした。

マーケティングの大前提を営業を通して学ぶ

普段、営業をしている人は自社の製品ばかり売っていて比較することがないが、普段から他社のサービスを比較する機会をもってほしい。 例えば、転職エージェントの領域であると人事が様々な人材会社から選定して付き合う業者を決める。そういった場に同席すると面白い。

実際に様々なサービスを提供しており、単価や説明方法、提供価値が異なっていて面白い。もちろん転職エージェントの場合は、一見しっかりしていなさそうな人でも、すごい人を紹介してくる人もいるのであなどれないが。

営業だけで盲目的にならないように普段から比較する場面をスーパーでも、ジムでももっておくとよいだろう。

マーケティング目線は重要

マーケティング目線はだれしも持っておく必要があるので、鍛えておくとよい。 下記にマーケティングのおススメ本が書いた記事があるので暇なときに目を通しておいてほしい。

100円のコーラを1000円で売る方法

100円のコーラを1000円で売る方法

  • 作者: 永井孝尚
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/中経出版
  • 発売日: 2011/11/28
  • メディア: 単行本

2019年11月の転職トレンド

企業は10月に下期の採用を終えて体制が整い、今の時期は求人情報としては凪の状況であるという向きもある。11月の採用決定者数は、数字としては低調になっているのが事実だ。

転職希望者も、上半期末や下半期初の繁忙期を終えて一息つき、転職活動をなかなか始めない。実際に、転職メディアの閲覧数は、11月は決して多くない。

だからこそ、実は、11月に転職活動を休む、年末年始休みまで転職活動を始めなくていい、というのは誤りだ。管理職や、チャレンジングなポジションの転職を望む人がいれば、少なくとも情報収集は、確実に11月から開始したほうがいい。

日本の企業の多くは3月決算だが、上期の業績の着地結果が固まるのは今、11月の始めである。企業側では、業績の着地結果を踏まえて事業計画を修正し、下期の業績達成に向けて動き出していく。

業績を達成するため、欠員を急いで補充するケースもあるが、逆に、チャレンジが必要なプロジェクトで、クリティカルに必要な人を採用するので、重要な求人ポストの募集が意外と始まる時期なのが11月だ。

中途入社は4月がピークだが、重要なポジションは採用決定まで時間がかかる。重要なポジションを4月に確実に充足させるため、先行して、とりわけ非公開ポジションの募集を始める会社も多い。 重要なポジションは数も少ないので早い者勝ちだ。あっという間にクローズするので、多くの転職希望者が気付かない間に、募集が終わっていくのである。

→ビズリーチなどの転職サイトにまずは登録し、経験豊富なプロのエージェントに、非公開ポジションの情報を、直接ヒアリングすることをおすすめする。

11月のトレンドは、以上だ。

筆者のお勧め転職サービス

1位 ビズリーチ キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

2位 JACリクルートメント ハイキャリアに特化した転職エージェントであり、年収アップに繋がる転職支援に定評がある。年収が500万円以上の方や、その給与帯を目指したい方は登録すべきだろう。特に、年収1000万円前後の転職では日本有数の実績を有している。まずは、レジュメを登録し、キャリアコンサルタントとの面談に参加してほしい。
また、JACリクルートメントに相談した人へのインタビューは→こちら

3位 リクルートエージェント 日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

4位 アクシスコンサルティング お勧め度は4位としたが、コンサルティングファームに転職したい方には、一番お勧めしている転職エージェントだ。コンサルティングファームへの転職では日本有数の実績を有しており、主要なファームのほとんどと取引している。特に、事業会社に在籍するコンサル未経験者の支援には定評がある。どのファームでどのような選考が行われ、どうすれば合格できるかを熟知しているので、コンサルティングファームへの転職を視野に入れている方は面談に参加すると良いだろう。

5位 パソナキャリア 日本有数のHR企業であるパソナの転職支援サービスだ。丁寧な候補者支援に強みを有しており、候補者の性格や気持ちを理解しながら、ホスピタリティの高い転職支援を行ってくれることだろう。案件数はリクルートエージェントよりやや少ないが、仕事が丁寧で、自分に合った求人を丁寧に紹介してもらうことができる。他のエージェントの面談に参加し、違和感を感じた方には特にお勧めできるエージェントだ。