第二新卒

第二新卒でアマゾンジャパンに転職する方法

今や、日常生活には欠かせない存在になったAmazon.co.jp(アマゾン シーオージェイピー)。Amazon.com(アマゾン・ドット・コム)の日本法人、アマゾンジャパン合同会社(以下、アマゾンジャパン)が運営するECサイトである。

Amazon.com(アマゾン・ドット・コム)の時価総額は、2018年12月にはアップル(Apple Inc.)を抜き、世界で最も企業価値の高い企業となった。売上は毎年右肩上がりで、業績は好調だ。

アマゾンジャパンは、第二新卒の転職先として、大手企業で働く方にもベンチャーで働く方にも人気が高い。今の会社で、将来が不安でも、日本の大企業からいきなりスタートアップは難しいかもしれない。しかし、ベンチャーでもメガベンチャーでもなく、外資ITという選択肢はどうだろう。

アマゾンジャパンに第二新卒のタイミングで転職することは、どんな意味があるのだろうか。また、第二新卒のアマゾンジャパンへの転職のポイントや、入社後についてまとめてみた。

なお、アマゾンジャパンに興味のある方がまず登録するべきなのはビズリーチだ。アマゾンジャパンをはじめとする外資系企業、IT企業からのスカウトが直接届く。

アマゾンジャパンのような外資系企業を目指し、グローバルに活躍したい方はJACリクルートメント、より多くの求人情報を仕入れたい方はリクルートエージェントに登録すべきだ。まずはビズリーチに登録しながら、いくつかのエージェントを併用してほしい。

第二新卒の定義。第二新卒とは何歳までか

「第二新卒」とは、一般的に、新卒で入社してから3年未満の求職者を指す。年齢で言えば、おおむね22歳から25歳、26歳くらいである。

少子高齢化により人材が減少しているため、近年は優秀な人材の取り合いがとても激しくなっている。そのため、企業は第二新卒からも人材を求め、不足する若手層を補填する傾向にある。

なぜ第二新卒のニーズは高いのか

第二新卒は新卒と社会人の中間的存在。企業は、基本的なビジネスマナーは身に付けているので、「新卒よりも育成が楽」、かつフレッシュで固定概念がないため「適応力が高くなじみやすい」と考える。

更に「新卒の3割が3年以内に辞めてしまう」と言われる時代に、第二新卒にあたる層は、企業にとって常に人材需要が高いと言える。

アマゾンジャパンも例外ではない。積極的に第二新卒を採用しているため、スキルや経験より意欲・人柄が重視されやすく、未経験の業種や職種にもチャレンジしやすい現状だ。

アマゾンジャパンに第二新卒で転職する意味

現在、日系の大手企業で勤務している人は、いきなりベンチャー企業に転職することに躊躇があるだろう。そこで、スタートアップでも、YahooやDeNAのようなメガベンチャーでもなく、外資ITという選択肢をお勧めしたい。

たとえば、電通をはじめとする大手広告代理店からアマゾンジャパンに行くと、安定志向は捨てられなくてもIT色をつけ、キャリアアップにつなげることができる。

逆に、現在IT系のスタートアップで働いているが、一度大手企業で規模の大きなビジネスを経験したい、安定性のある環境に転じたいという人にもお勧めできる。ITスキルをフックに、十分面接でアピールすることができるだろう。

アマゾンほど成功しているECサイトはなく、多様な事業があるので、業務のスケールが大きく、学びも多い。

第二新卒での転職先でキャリアアップをしたいが安定性は捨てたくないという人に、広くお勧めできる企業である。

アマゾンジャパンの最近の企業事情

一社で独占して運営するECサイトとして、日本最大の規模を誇るアマゾンジャパン。2018年売上高は日本円ベースで1.5兆円強、前期比15.0%増。最近はアマゾンプライムが収益の大部分を占めている。

もはやお馴染みとなったEコマースサービス、「Amazon.co.jp」に加え、世界最大級のレンタルサーバー事業「Amazon Web Service(AWS)」も収益の柱に進化している。

会社設立から止まることなく売上高を更新し、社外からの注目度もとても高い。社員にとっては、その分やりがいがあり、モチベーションも上がるだろう。

社員の平均年収水準は高く、職種によってはインセンティブ報酬が上乗せされる。360度評価制度を導入しており、明確な実力主義で評価される。また、会社のレベル評価制度で年俸が決まる仕組みとなっている。明確な成果主義なので、結果を出せばしっかりと評価されるのだ。

こうした合理主義な企業で生き残ることができれば、間違いなくかなりの実力が付いていると言える。自身のスキルアップに確実に繋がっている。

アマゾンジャパンの制度や環境

東京目黒区のアマゾンジャパン本社の環境設備は、社員専用のカフェやマッサージルーム、イベント開催も可能なミニシアターなどがありとても魅力的だ。

自分のデスク以外に、カフェスペースなどを自由に利用できるという点も、時に気分転換となり仕事の効率化、質の高いサービスを生み出す結果となる。多様なバックグラウンドを持つ社員のコミュニケーションの場としても、環境は最適だ。

社員割引制度、会員制のプログラム、健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険など、福利厚生もしっかりと完備されている。様々なメニューから、自分で選んで受けられるというのも他社にはあまりない、魅力的な部分ではないだろうか。

第二新卒であっても、アマゾンジャパンでの環境は、自らキャリアを築いていく場であり、そしてまた自らリーダーシップを持ってロールモデルになっていく必要があると言える。どんな過去の経験よりも、自らのチャレンジし続けるマインドが一番だ。

そんな環境であるからこそアマゾンは、現在私たちの日常になくてはならない「インフラ」となっているのである。

アマゾンジャパンの面接難易度

人気の企業だけに新卒、中途共に応募者も多く、競争率が高い。同時に難易度も高くなる。

面接は基本的に、一次、二次、最終面接の3回が行われる。主に『リーダーシップ経験』を問われる質問が多く、選考自体は、他の一般企業とさほど変わりはないようだ。

しかし勢いのある外資系企業なだけに「強いリーダーシップ」や「生産性」を求められる。

amazonでは全員がリーダーであるという、世界共通の『Our Leadership Principles』という14の項目からなる信条がある。面接では、この信条に基づいた質問で、リーダーにふさわしいかどうかの判断をしていると言える。

また外資系企業なので海外の方も多く在籍しているため、英語が必須となる部署も多いので、日頃から勉強が必要だ。

アマゾンで働くという事は、まずアマゾンのことを知らなければならない。そして仕事でもプライベートでも個性的、情熱を持っている人材が求められる。企業理念や事業内容などを正しく把握するのは面接対策の大前提だ。そしてなぜアマゾンで働きたいのかを、明確にしておく必要がある。

転職は、将来をしっかり見据えたキャリアプランを立ててから

ハイリスクを選択して転職するのも一つの手段と上記で述べてきたが、とはいえ一般的には、ある程度のキャリアプランを立てるのが必然的である。

第二新卒の転職は、一度社会に出た経験がある分、新卒の時よりもミスマッチを起こしにくく、長く勤められる企業と出合える可能性も高い。

だからこそ焦りは禁物であり、適性や適職をじっくり考える必要がある。

転職活動自体、自分のペースで行うのが大前提であるが、第二新卒での転職は、キャリアチェンジがしやすく新卒では入社が難しかった業界や企業にもチャレンジできる絶好のチャンスとも言える。アマゾンジャパンも例外ではない。

なお、アマゾンジャパンに興味のある方がまず登録するべきなのはビズリーチだ。アマゾンジャパンをはじめとする外資系企業、IT企業からのスカウトが直接届く。

アマゾンジャパンのような外資系企業を目指し、グローバルに活躍したい方はJACリクルートメント、より多くの求人情報を仕入れたい方はリクルートエージェントに登録すべきだ。まずはビズリーチに登録しながら、いくつかのエージェントを併用してほしい。

実現したいことを考えてから行動をすることは、非常に有利に働く場合が多いのかもしれない。

今日は、以上だ。

2019年11月の転職トレンド

企業は10月に下期の採用を終えて体制が整い、今の時期は求人情報としては凪の状況であるという向きもある。11月の採用決定者数は、数字としては低調になっているのが事実だ。

転職希望者も、上半期末や下半期初の繁忙期を終えて一息つき、転職活動をなかなか始めない。実際に、転職メディアの閲覧数は、11月は決して多くない。

だからこそ、実は、11月に転職活動を休む、年末年始休みまで転職活動を始めなくていい、というのは誤りだ。管理職や、チャレンジングなポジションの転職を望む人がいれば、少なくとも情報収集は、確実に11月から開始したほうがいい。

日本の企業の多くは3月決算だが、上期の業績の着地結果が固まるのは今、11月の始めである。企業側では、業績の着地結果を踏まえて事業計画を修正し、下期の業績達成に向けて動き出していく。

業績を達成するため、欠員を急いで補充するケースもあるが、逆に、チャレンジが必要なプロジェクトで、クリティカルに必要な人を採用するので、重要な求人ポストの募集が意外と始まる時期なのが11月だ。

中途入社は4月がピークだが、重要なポジションは採用決定まで時間がかかる。重要なポジションを4月に確実に充足させるため、先行して、とりわけ非公開ポジションの募集を始める会社も多い。 重要なポジションは数も少ないので早い者勝ちだ。あっという間にクローズするので、多くの転職希望者が気付かない間に、募集が終わっていくのである。

→ビズリーチなどの転職サイトにまずは登録し、経験豊富なプロのエージェントに、非公開ポジションの情報を、直接ヒアリングすることをおすすめする。

11月のトレンドは、以上だ。

筆者のお勧め転職サービス

1位 ビズリーチ キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

2位 JACリクルートメント ハイキャリアに特化した転職エージェントであり、年収アップに繋がる転職支援に定評がある。年収が500万円以上の方や、その給与帯を目指したい方は登録すべきだろう。特に、年収1000万円前後の転職では日本有数の実績を有している。まずは、レジュメを登録し、キャリアコンサルタントとの面談に参加してほしい。
また、JACリクルートメントに相談した人へのインタビューは→こちら

3位 リクルートエージェント 日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

4位 アクシスコンサルティング お勧め度は4位としたが、コンサルティングファームに転職したい方には、一番お勧めしている転職エージェントだ。コンサルティングファームへの転職では日本有数の実績を有しており、主要なファームのほとんどと取引している。特に、事業会社に在籍するコンサル未経験者の支援には定評がある。どのファームでどのような選考が行われ、どうすれば合格できるかを熟知しているので、コンサルティングファームへの転職を視野に入れている方は面談に参加すると良いだろう。

5位 パソナキャリア 日本有数のHR企業であるパソナの転職支援サービスだ。丁寧な候補者支援に強みを有しており、候補者の性格や気持ちを理解しながら、ホスピタリティの高い転職支援を行ってくれることだろう。案件数はリクルートエージェントよりやや少ないが、仕事が丁寧で、自分に合った求人を丁寧に紹介してもらうことができる。他のエージェントの面談に参加し、違和感を感じた方には特にお勧めできるエージェントだ。