アクセンチュア

アクセンチュアへの転職を検討している方向けに参考になる記事紹介

当サイトではアクセンチュアの転職に役立つ情報を多数配信してきた。その中でも転職をする際に参考にしてほしい当サイト内の記事を紹介させていただく。転職者の多い大企業なので参考にしてほしい。

これまで多くのアクセンチュアの方にご協力いただいたのでアクセンチュアの内情について幅広くご覧になれる。

アクセンチュアに転職を考えているなら、アクセンチュアの案件を取り扱っているビズリーチに登録しておこう。また、同時にハイクラス求人を探している方はJACリクルートメントにも登録しておこう。その他のコンサルティングファーム等コンサルに特化して転職を考えているならキャリアインキュベーションもおすすめだ。

0.アクセンチュアの決定版

1.アクセンチュアへ転職して入社したコンサルタント

アクセンチュアに転職する方は特に見てほしい。働き方改革がなされた後の状況もあるのでぜひご覧になってほしい。事業会社および他のコンサルティング会社での経験があるので非常に読み応えがある。

また、提案活動にも関わっていたためアクセンチュアの良さがよくわかる。

2.アクセンチュアの新卒入社戦略コンサルタント

現役のアクセンチュアストラテジーに所属するコンサルタントにアクセンチュア社の説明をいただいた。セクターおよび、戦略、MC、デジタル、テクノロジーと横断的に説明している。

この記事はアクセンチュアを転職で受ける方には必見だ。これほど詳しく解説している記事及び、詳しいコンサルタントはそうそうないと自負している。

3.アクセンチュアITコンサルに新卒入社後、マッキンゼーへ転職した方 

アクセンチュアのITコンサル出身者の記事だ。アクセンチュアのITコンサルに新卒で就職し、その後日系コンサル、および戦略ファームであるマッキンゼーに転職している方のコンサル論だ。

コンサルでの経験を経て今は国の機関で働いている。コンサル3社の経験とそれに付随する転職活動の方法をご覧になれる。3部作となっているのでぜひご覧になってほしい。

4.アクセンチュアの買収戦略

 アクセンチュアはIMJをはじめ買収を積極的に行っている。特に広告領域への進出は激しくアクセンチュアは事業会社および広告代理店と競争をしていることがわかる。

では、アクセンチュアが実際にどのような企業を買収しているのか?そして今後どのような企業になっていくのか分析してみた。

アクセンチュアの現役コンサルにもヒアリングしたうえで監修いただき記事を作成している。

f:id:sportsmania:20171011182525j:plain

5.アクセンチュアの女性コンサルタント

アクセンチュアの現役女性コンサルタントがどういう人が優秀なコンサルタントでどういう人がそうでないのかを語っていただいた。

インタビューしたなかで最も労働時間が短いコンサルタントのように感じた。

女性に限らず効率的に働きたい方には参考になる記事である。取材中も言葉を選び端的に話している様子が非常に印象的だった。

6.メガバンク、アクセンチュア、ベンチャー転職を経験した起業家

アクセンチュアでの勤務経験を経て大きく飛躍した今川さん。今川さんのこれまでのキャリアと理不尽だった銀行員時代、意識が低すぎて適当だった就職活動を経て、アクセンチュア時代が何を変えたのだろうか。

アクセンチュアの影響を節々に感じることができるインタビューだった。

第二新卒でアクセンチュアに転職した方

新卒で入社した会社が大失敗で、その後第二新卒としてアクセンチュアに転職した方の事例である。

アクセンチュアは第二新卒を多く受け入れており、アクセンチュアに転職してキャリアを立て直す方も多い。

アクセンチュアに第二新卒で転職を検討している方にはぜひご覧になっていただきたい。

アクセンチュアストラテジーに内定した学生

新卒においてもアクセンチュアは人気がある。新卒採用のプロセスについて、時系列にあわせて、選考内容とともに詳細に書いてある。

大変勉強になる内容が多い。

 

おすすめの本

アクセンチュア限定というわけではないが現役コンサルタントからおすすめの本をご紹介いただいた。

コンサルタントは勉強が非常に大事ということだが、本は読んでおくとよいだろう。


最後に:

アクセンチュアについて当サイトは徹底研究してきた。アクセンチュアは、引き続き、転職市場の受け皿になるはずである。

また、転職して成長している方も、多く、キャリアアップによい企業だ。特に新卒で、日系大手に入り、キャリアに行き詰まった人には特におすすめしたい。

アクセンチュア転職については、ビズリーチを使えば間違いない。

アクセンチュア自体からも、またアクセンチュア転職を得意としている転職エージェントからオファーがあるのでビズリーチを登録しよう。

また、転職エージェントの一例としてはキャリアインキュベーションがアクセンチュアの転職支援実績が多い。今日は以上だ。

2019年9月の転職トレンド

2019年9月時点では、各社の採用意欲はおしなべて旺盛であるものの、ポジションの募集が減少する会社と、引き続き多くの社員を募集している会社に二極化している。景況感の悪化リスクが高まる中で、人材業やコンサルティング業など、労働集約的で「なくても困らない」サービスを提供している産業では、採用意欲が減退している。

また、大企業は採用を手控える時期に来ていることを、覚えておいてほしい。というのも、大規模な会社は採用人数が多く、個別研修を実施するのが難しいため、10月1日や4月1日など、期の切れ目に新入社員の入社を集中させたいと考える。今から内定を出したとしても、多くの候補者が10月1日入社に間に合わないため、一旦ポジションをクローズしてしまうのである。逆に言えば、今のタイミングでもポジションをオープンしている大企業は、よっぽど人数が足りずに困っている可能性が高いので、入社難易度が通常時よりも低くなっている場合が多い。

ビズリーチなどのサイトで、どのような会社がないかを探り、是非、積極的にチャレンジしていただきたい。
9月のトレンドは、以上だ。

筆者のお勧め転職サービス

1位 ビズリーチ キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

2位 JACリクルートメント ハイキャリアに特化した転職エージェントであり、年収アップに繋がる転職支援に定評がある。年収が500万円以上の方や、その給与帯を目指したい方は登録すべきだろう。特に、年収1000万円前後の転職では日本有数の実績を有している。まずは、レジュメを登録し、キャリアコンサルタントとの面談に参加してほしい。
また、JACリクルートメントに相談した人へのインタビューは→こちら

3位 リクルートエージェント 日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

4位 アクシスコンサルティング お勧め度は4位としたが、コンサルティングファームに転職したい方には、一番お勧めしている転職エージェントだ。コンサルティングファームへの転職では日本有数の実績を有しており、主要なファームのほとんどと取引している。特に、事業会社に在籍するコンサル未経験者の支援には定評がある。どのファームでどのような選考が行われ、どうすれば合格できるかを熟知しているので、コンサルティングファームへの転職を視野に入れている方は面談に参加すると良いだろう。

5位 パソナキャリア 日本有数のHR企業であるパソナの転職支援サービスだ。丁寧な候補者支援に強みを有しており、候補者の性格や気持ちを理解しながら、ホスピタリティの高い転職支援を行ってくれることだろう。案件数はリクルートエージェントよりやや少ないが、仕事が丁寧で、自分に合った求人を丁寧に紹介してもらうことができる。他のエージェントの面談に参加し、違和感を感じた方には特にお勧めできるエージェントだ。