アクセンチュア

第二新卒でアクセンチュア転職に成功!新卒就活での失敗を取り返した。

アクセンチュアは第二新卒で多くのコンサル未経験を採用している。キャリアアップを目指して入る人、職種をチェンジしたくて入社する人、成長環境を求めて入社する人と様々だろう。今回は新卒の就職先に失敗したがなんとか脱出し、第二新卒として入社し、アクセンチュアで活躍している方に取材を実施した。

なお、未経験からアクセンチュアへの転職を考えているのであれば、まずビズリーチに登録しよう。アクセンチュアのような外資総合ファームの案件を多く保有しており、スカウトメールも受け取ることができる。また、コンサルに特化しているキャリアインキュベーションビズリーチと併用しよう。

コンサルに強いエージェントは、入社するためのフォローだけでなく、入社後も活躍できるようにサポートしてくれる。あとあと、こうしたエージェント経由で転職支援してもらったことに感謝するはずだ。

単に入社するためでなく、その後の活躍も見据えてエージェントに頼りながら転職活動を進めていってほしい。

戦略コンサルに落ち、ITコンサルへ

-これまでの経歴を教えていただいてよろしいでしょうか?

都内出身で、関東圏の国立大学を卒業後、ERPパッケージの導入をおこなっているIT企業に入社しました。今もそうですが採用人数が多く、私のときは採用人数が非常に多かったです。

就職活動時は戦略コンサルが第一志望ではありましたがとどかず、ITコンサル的な仕事を志願しそのIT企業に入社しました。

悔しさはありましたが、納得感はあったので新卒生活に胸を躍らしていました。

-実際に入社してみていかがでしたか?

とにかく研修ばかりで。研修を結局1年間近くやっていたので、実務能力は全く身につきませんでした。研修といってもほとんどの時間は自分で与えられた課題を解決することがメインでした。

ネットを使うことを許されず自分で買ったJava Scriptの本を読んでなんとか対処しようとしました。

私は大学でプログラミングを使う機会が多かったのですが、そんな私でもプログラミングの課題をインターネットなしに行うのは困難を極め課題ができない人がほとんどでした。

スマートフォンを使うのも禁止でした。

-課題は誰か教えてくれないのですか?

はい。誰も教えてくれなかったため、できない人はいつまでも取り残されます。取り残された人はプロジェクトに配属されないという恐ろしい仕組みです。

 なぜあのような研修だったか謎ですが、一年近く缶詰にされて、身についたものはほとんどなかったというのが実情です。

 問題を起こした人たちがいたのでそのことを日報に書いたらなぜか呼び出されて私が怒られるということがありました。宗教団体みたいでしたね。退職になると言われていたルール違反を犯した人がいたのに退職にしないのかと書いただけなんでしたが。

 年収も500万円以上だったので研修(自習)をうけているだけで仕事はないのではないでしょうか。

研修ばかりなのに新卒1年目から年収500万

-同期はどれくらいいましたか?

500人くらいでしょうか。かなりの人が1年たったころには辞めていました。それでも年収500万円以上もらえたので待遇だけ考えると悪くないですが成長ができない負のスパイラルに陥りました。

-実際1年で辞めたということですが転職活動のきっかけは?

何も身につかないままこの会社でお給料をもらい続けてもなんのメリットもないな、と思ったのが大きかったです。もともとコンサルに行きたかったので、転職サイトに登録して、転職エージェントに相談にいきました。新卒の就活の時に失敗していたのでリベンジですね。

具体的にはリクナビNEXTビズリーチに登録したのと、リクルートエージェントのような大手の転職エージェントや、あとはコンサル専門の転職エージェントを学生のときから知っている人がいたのでその人にも相談しました。

結局ビズリーチ経由であったエージェントが信頼できたのでその方から転職しました。転職した現在も相談しています。

 コンサルを志望したので求人ですすめられたのはアクセンチュア、PwC、デロイト、日立コンサルティングといった企業でした。

f:id:sportsmania:20171025134744j:plain

アクセンチュアは1日で内定した

-半年もたたずに転職活動をはじめていますが、転職エージェントからは転職は無理だと言われませんでしたか?

 ある大手の転職エージェントからは半年で転職を考えているなんて何を考えているんだと、転職の求人はもらえませんでしたが、実際につかった小さい規模の転職エージェント会社からは、求人を紹介してもらえました。

 新卒時の研修の時の話をしたら転職エージェントが笑っていました。

-アクセンチュアの選考はどのようにすすみましたか?

アクセンチュアは1日の間に面接を2回して内定がでました。1次が終わった後に面接をして、その後、同じ日にもう1度面接しないかと聞かれました。直後に三菱UFJリサーチ&コンサルティングの面接があったのでその面接を受けてから再度アクセンチュアを受けました。

-リクルートのような事業会社は受けなったのでしょうか?

そうですね、転職して何がやりたかったというのは特になかったので、なんとなくやりたいことはコンサルティングくらいかなの気持ちだったのでコンサルティング業界のみにしぼりました。

-コンサルの中でもマッキンゼーやBCGは受けなかったのでしょうか?

うけませんでした。とにかく逃げたい気持ちがあったので、まずは大手のコンサルならどこでもよいなと考えていました。

転職エージェントが面接対策を実施

-面接対策はどのようにしましたか?

転職エージェントの方にケース面接対策をしてもらいました。面接対策以前に、ずっと研修で顧客をはじめ、外の人と話していなかったので話すことからが練習でした。

-アクセンチュアの面接はどのようなものでしたか?

 1次面接ではケースが出されました。

30分でケース問題を解いて、5分でプレゼンするものでした。紙が与えられてしっかり問題を解くタイプです。現在の形式は知りませんがボストンコンサルティンググループの筆記試験にあったような問題です。

私は法科大学院の人数が増やす方法を聞かれました。大したことは言えませんでしたがなんとか通過しました。

Javaにより一瞬で内定

-ケース面接で印象的だったことはありますか?

紙に書く形式だったので、結論を最初に書いていたのですが、その答えを見た、コンサルタントが「施策から考えたの?」と聞かれましたね。きちんと分解してロジックツリーを書いたのですが、スペースが狭かったので結論から書いたので、そういったツッコミがきて多少驚いたくらいでした。

-2次面接はいかがでしたか?

2次面接は何がやりたいかとか、なんで転職したいのかとか、どういったスキルがあるのかを聞かれました。Javaができたのでそのスキルが評価されて内定をしたと後から人事に聞いたときにいわれました。

-新卒入社してすぐ転職したい理由を何と答えたのですか?

もともとコンサルタントがやりたかったのですが、新卒で入社した会社はなぜか僕が入ったときにITコンサルタント職への配属はなくなりましたと言われました。コンサルタントがしたかったのにその可能性がないなら他で機会を探そうと考えましたと答えました。

テクノロジーへの配属へ…

-入社後はどのような配属になったのですか?

応募の段階では戦略、ビジネスコンサル、エンジニアの3種類があったのですが、ビジネスコンサルの職種が経営コンサル(MC)かテクノロジー(TC)だったというのを後から知って、結局配属はテクノロジーになりました。

 とにかく新卒の会社から逃げたい思いが強すぎたのと、説明をきちんと聞いていなかったのかでテクノロジーに行くとは最初考えていませんでした(笑)

-テクノロジーのなかでもどのような仕事をしたのでしょうか?

配属に関しては最先端テクノロジーか経営戦略にかかわる仕事がしたいといっていましたので最先端テクノロジー系のプロジェクトに配属されました。

 いわゆるAI領域の仕事ですね。人工知能系のプロジェクトに携わる人は多く、そのうちの1人になりました。

配属後は四苦八苦

-配属されてどうでしたか?

ようやくプロジェクトに配属されてうれしかったのですが、プログラマを辞めたくてアクセンチュアに転職したのに、プログラミングをしないといけなかったのでつまらなかったですよ。前任者がいたのですがすぐに転職して急ピッチでさせられました。

SDKと呼ばれるJAVAのAPIがあるのですが、なぜかSDKが使えない環境になっていてその設定をするところからはじまったのでだいぶ仕事の着手に遅れました。

ドキュメントがおかしくてnode.jsしか使えないみたいな…

 しばらく環境に四苦八苦していたらシニマネからまだAPIをたたいていないのかと怒られて散々でした。

最初の1,2週間はアプリケーションの書き換えにおわれましたね。人工知能のプロジェクトに半年くらいかかわっていたので、半年くらいプログラマをしていました。

-いわゆるITコンサルの仕事はどのようなものがありましたか?

今でもITコンサルの仕事とは何かよくわかっていません。要件定義をした経験がないので。

人工知能関連のシステムをプログラミングしてモックアップを作って顧客に見せていたので要件定義というものに触れていません。

同期にはテスターずっとやっている人もいたのでそういった話を聞くと恵まれていました。

-グローバルの知見も生かせたのでしょうか?

AIに関しては、プロフェッショナルが日本オフィスにいたのでグローバルというより日本オフィスの人に聞いて対処しました。もちろんドキュメントはグローバルで共有されているものを読むことはありました。

やりたいことを言い続けると異動が可能

-現在は経営コンサルティング(MC)の職種にいらっしゃいますがどのような経緯で異動したのでしょうか?

 プログラマをやりたいわけではなくて経営コンサルティングの仕事がしたかったので異動したいと経営コンサルティング(MC)のマネージングディレクター(MD)に言い続けたらMCのマネージャーに異動できるか聞いてみてくれと言われました。

 するとマネージャーが受け入れ可能という話があったので、社内で異動の手続きをしました。

-上司にあたるテクノロジーのマネージャーにはなんといったのですか?

事後報告です。異動が社内で決まってから、上司には異動しますと伝えました。こうして社内で異動することが決まりました。

異動先のネゴシエーションが大事

-部署異動のコツはなんでしょうか?

異動先にネゴシエーションしておくのが大事です。

今のプロジェクトはおいて異動先を見つけて、向こうがなんとかなればいいんですね。

部署が違うと転職のような感じなので外の企業の人が受けるような面接があります。

私と同じようにストラテジーに異動した人がいましたが、通常の中途面接同様にケース面接をして合格してストラテジーの異動に成功している人もいました。

-MCに異動後はどのようなプロジェクトをしていたのですか?

MCではPMO(Project Management Office)をしていました。専門領域が人口知能だったので引き続き人工知能関連のプロジェクトに携わりました。

 MCに異動したといっても工数が足りないときはプログラミングもしていました。現在でもたまにしていますね。

元々JAVAを書くプロフラマだったのにPerlとpythonもできるよな?元テクノロジーだよな?という理由からPerlとPythonも書かされたんですけどね。

テクノロジーを脱するとエクセル、パワポを使い始める

-異動して他に大きく異なる点はありましたか?

パワポやエクセルを使う量は増えましたね。

Atom(*主にプログラミングで使用するテキストエディタ)ばっかり使って仕事をしていたので、パワーポイントを使うようになってコンサルらしくなったと実感しました。パワーポイントのスキルは全くなかったのでMCに異動してスキルが大きく身につきました。

マネージャーから怒られまくったので、都度修正しました。何も伝わらない、上と下の整合性がないといった指摘をどんどんうけました。

-power pointの基礎のトレーニングはあるのでしょうか?

MCでは若手の有志が集まってやっています。講師としてマネージャーの人がきてくれて教えてくれました。 

顧客提案は1人でしている

-顧客の前で話す機会も増えたのですか?

実は今は1人で顧客の前にいっています。というのも私の上司が優秀で仕事を獲得できる存在のため、会社のマネージングディレクターから案件獲得のための要員で呼ばれているため現場の既存プロジェクトは私がまわしています。

自分で提案書を作って顧客のところにいって話をまとめてきています。上司とは週1回話すくらいですが、自由に仕事ができています。 

レビューしてもらえる時間も1週間で1時間程度なのでその時間でしっかりと話せるようにとにかく要点をまとめて伝えるようにしてインプットをもらえるようにしています。

 プロジェクトも1人でまわせるようになりました。

-1人だとわからないことがあると思いますが「分かりません」はいえないのでしょうか?

もちろん言えないですが、顧客が優しかったのもありますし、顧客の前で動くモックアップをもって実演していたので納得してもらえました。

深夜まで働くことも

-現在の仕事は常駐ですか?

最初はアクセンチュアの本社にいましたが、なぜかプリンシパルから常駐しようと言われ客先で仕事をしています。

 常駐先は本社(お客さん)の子会社なので提案先の本社といるわけではないのであまり意味があるとは思っていません。

-労働時間はどれくらいですか?

おそいときは2,3時まで働くときもありました。22時まで客先にいてそこからアクセンチュアに戻って仕事をしていました。

しかし、現在はプロジェクトもゆっくりで早く帰れることが多いです。

-アクセンチュアのMCで今後したいことはありますか?

コスト削減等のプロジェクトもしてみたいですね。人工知能関連のプロジェクトだと新しいことではあるのですがコンサルらしいコスト削減も経験しておきたいです。

 後はM&A戦略の立案とかそういったものもしたいです。今の仕事は楽しいのですが他も見てみたいです。

ストラテジーへの異動はあくまで選択肢

-戦略立案系はストラテジーの領域になりますが、ストラテジーへの異動は考えているのでしょうか?

 もちろんストラテジーへの異動は今後の進路の選択肢に考えていますが、現在はMCのプロジェクトに当分いれられていますし、現在のプロジェクトのプリンシパルがプロジェクトから離してくれないようなので少なくともあと半年ちょっとは同じプロジェクトになりそうです。

 また異動するにも人脈が大事なのですが今はまだストラテジーとの人脈が築けていないので難しいかもしれません。

 本当にM&Aの仕事をしたくなったら投資銀行に転職するかもしれません。

-転職は他にどういうところを考えていますか?

ファンドですかね。

-ファンドに行きたい理由はなんなのでしょうか?

お金がほしいです。ファンドそのものの仕事というより、お金が稼げそうだからです。40歳までに1億円貯めることができればよいかなと考えています。

アクセンチュアに転職して成功する人と失敗する人

-アクセンチュアに転職したい人にメッセージは?

アクセンチュアに転職してよかったと思っています。特にコンサルタントとして入るのはいいと思います。テクノロジーに関しては興味があると面白いです。戦略だけに興味があって、テクノロジー領域に関連したことは全くしたくないという人には向いていないかもしれないです。

なお、現在の案件のほとんどはIT技術やデジタルが関わるので興味がまったくテクノロジーに興味がないとコンサルタントとしてやっていくのは厳しいでしょう。テクノロジーに興味がなければ、アクセンチュアに転職しても失敗に終わってしまうので、注意してほしいです。

なので、最新テクノロジ―に興味があって、かつコンサルをしたい人にはアクセンチュアはぴったりだなと思います!

-ありがとうございました。

編集後記:

今日は以上だ。

いかがだっただろうか。新卒の就活での失敗を取り返し、良い企業に入れた方のインタビューであった。ぜひ同じ立場にある方は何度もご覧になってほしい。大手企業に行くことで挽回のチャンスはある。また大手企業に行くチャンスもあふれている。

一方、今回はアクセンチュア社のやや良くない面もクローズアップした。アクセンチュアへの転職者は多いができるだけ多くの声を拾うと良いと思う。今後もアクセンチュアに関して発信していきたい。

なお、アクセンチュアに興味のある人は、ビズリーチに登録することをおすすめする。アクセンチュアがビズリーチを積極的に利用しているので、良いスカウトを受けることができるかもしれない。なお、トップファームを受ける方も、セットでアクセンチュアは受けているので必ずコンサルを検討している人は見てほしい。

さらに、キャリアインキュベーションもコンサルに強いので、転職を検討している人はぜひ登録すべきだ。転職決定者の7割超が年収1000万円以上を達成しており、求職者の満足度も90%と非常に高い。入社前だけでなく、入社後を見据えたフォローを行なってくれるので、未経験からコンサルに転職を検討している人はピッタrなサービスであろう。

なお、もしアクセンチュアのみならず他の外資系企業で高年収を得たいと考えているのであれば、JACリクルートメントも併用したい。

自分にあった求人サイトと、エージェントを活用して、良い転職活動を進めてほしい。

今日は以上だ。

2019年9月の転職トレンド

2019年9月時点では、各社の採用意欲はおしなべて旺盛であるものの、ポジションの募集が減少する会社と、引き続き多くの社員を募集している会社に二極化している。景況感の悪化リスクが高まる中で、人材業やコンサルティング業など、労働集約的で「なくても困らない」サービスを提供している産業では、採用意欲が減退している。

また、大企業は採用を手控える時期に来ていることを、覚えておいてほしい。というのも、大規模な会社は採用人数が多く、個別研修を実施するのが難しいため、10月1日や4月1日など、期の切れ目に新入社員の入社を集中させたいと考える。今から内定を出したとしても、多くの候補者が10月1日入社に間に合わないため、一旦ポジションをクローズしてしまうのである。逆に言えば、今のタイミングでもポジションをオープンしている大企業は、よっぽど人数が足りずに困っている可能性が高いので、入社難易度が通常時よりも低くなっている場合が多い。

ビズリーチなどのサイトで、どのような会社がないかを探り、是非、積極的にチャレンジしていただきたい。
9月のトレンドは、以上だ。

筆者のお勧め転職サービス

1位 ビズリーチ キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

2位 JACリクルートメント ハイキャリアに特化した転職エージェントであり、年収アップに繋がる転職支援に定評がある。年収が500万円以上の方や、その給与帯を目指したい方は登録すべきだろう。特に、年収1000万円前後の転職では日本有数の実績を有している。まずは、レジュメを登録し、キャリアコンサルタントとの面談に参加してほしい。
また、JACリクルートメントに相談した人へのインタビューは→こちら

3位 リクルートエージェント 日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

4位 アクシスコンサルティング お勧め度は4位としたが、コンサルティングファームに転職したい方には、一番お勧めしている転職エージェントだ。コンサルティングファームへの転職では日本有数の実績を有しており、主要なファームのほとんどと取引している。特に、事業会社に在籍するコンサル未経験者の支援には定評がある。どのファームでどのような選考が行われ、どうすれば合格できるかを熟知しているので、コンサルティングファームへの転職を視野に入れている方は面談に参加すると良いだろう。

5位 パソナキャリア 日本有数のHR企業であるパソナの転職支援サービスだ。丁寧な候補者支援に強みを有しており、候補者の性格や気持ちを理解しながら、ホスピタリティの高い転職支援を行ってくれることだろう。案件数はリクルートエージェントよりやや少ないが、仕事が丁寧で、自分に合った求人を丁寧に紹介してもらうことができる。他のエージェントの面談に参加し、違和感を感じた方には特にお勧めできるエージェントだ。