キャリア相談室

第二新卒の転職活動は本当に厳しいのか?

一度就職して数年で辞めた人を「第二新卒」と呼び、一般的には職歴3年未満の求職者を指す。昨今、新卒として入社した社員の約3割が3年以内に退職しているというのが実情だ。第二新卒はむしろ多数派になりつつある。

そんな第二新卒の転職活動の実情についてまとめた。同じ職場で3年未満で転職するデメリットはよく聞くが、逆に3年間以上勤めてしまうことのデメリットもある。

この両方を天秤にかけ、自分自身が転職すべきかどうか検討する際の参考にしてほしい。本当に厳しいのはどちらなのか?

なお第二新卒の転職活動については、ビズリーチに登録するのが近道だ。エージェントと企業の両方から同時にスカウトを受けることができるので、仕事が忙しくて、効率的に転職活動を進められる。

さらに日本一の転職実績があるリクルートエージェント、ハイキャリア求人や、収入アップのサポートに強いJACリクルートメントなど、いくつかのキャリアエージェントを併用してほしい。

「3年やってみないとわからない」は真実か

よく聞く「とりあえず3年」という言葉。正直この言葉に根拠はない。こう語る上司などもきっと具体的な理由は言えないはずだ。ただし、大半の人は物事の習得に時間がかかるので、「目安の3年」と考えるのが正しいと言える。しかし、短期間でそれらを習得できるのであれば、期間は1年でも構わないということだ。

この3年という言葉に左右されて転職を迷っているのであれば、ぜひ以下に述べることを理解してほしい。終身雇用の時代ではないので、1つの会社にしがみつく必要はない。

働いてみて、将来性がないと判断したのであれば、辞めるのは早い方がいい。「とりあえず」という思考の中で働く3年で一体何が得られるだろうか? また、新人育成環境が悪い企業での3年はほぼ無意味である。

しかし、入社して新しい仕事を覚え、経験し、いろいろチャレンジできる環境であり、3年後に積み重なった仕事の経験が違うと明確に思えるのであれば、現職を続けることをオススメする。有意義な経験を積めば自分に自信も持てる。

ここでいう「3年」。実際に3年経って変わらなくて困るのは、企業ではなくあなた自身のほうだ。どちらにせよ、企業の育成環境を見極める力を持ち、しっかりとした己の目標があれば、「とりあえず3年」という言葉に惑わされることはないだろう。有意義な経験があれば数字は関係ない。

第二新卒の採用ニーズは高まっている

最近は大手企業、世界的シェアを持つような上場企業も第二新卒の採用に積極的である。

そこには、少子高齢化により若手の労働力が不足している時代背景がある。そもそも学生一人当たりの転職活動量が減少しているのだ。また、3年以内の新卒離職率が3割にのぼることで、どの企業も若手人材を確保できない、確保しても留まらないという悩みを抱えている。

よって、現在は第二新卒の採用ニーズはとても高い。

また、新卒採用で計画人数を充足できなかった企業は、新卒採用よりも第二新卒や中途採用にシフトして即戦力を求めている。若手の人材には今後の組織を支える幹部候補となることを期待しているのも事実だ。第二新卒マーケットは一定規模の転職希望者が存在するので、企業としても狙い目であり、注目度も大変高く、採用を強化している。

厚生労働省が発表した一般職業紹介状況(平成30年7月分)では、2018年7月の有効求人倍率は1.63倍となり、2009年以降上がり続けている。求職者数よりも掲載求人数の方が多くなり、昨今では第二新卒専用の転職サイトもあるほどだ。

第二新卒の転職では、新卒では選べなかった大手企業を狙うチャンスもありそうだ。

第二新卒ならではのメリットとデメリット

多くの人がここを一番に気にするのではないだろうか。第二新卒の転職が厳しいか、そうではないか。実際にメリットとデメリットが存在する。

まずデメリットから挙げてみると、概ね以下のように思われがちだ。

  • 3年の我慢ができない=忍耐力がない
  • 現企業への志望動機が適当だった
  • 経験不足で、戦力にならない

これが事実ではなくても、このようなレッテルを貼られてしまいがちで、不利な状況である。ダメだと思われる可能性という厳しい現実があるので、その覚悟も必要だ。

しかし、第二新卒ならではのメリット、有利な面もたくさんある。

まず企業は、第二新卒を新卒と比べて、下記のように考えている。

  • 基本的なビジネスマナーやOAスキルが身についている
  • 新卒時のミスマッチによる転職が多いため、モチベーションが高い

一から教えることが少ない分、教育時間も費用も抑えることができるのは企業にとってはプラスだ。若手の即戦力を望むベンチャー企業などにとって、第二新卒はウェルカムである。

また、一般採用(中途採用)と比べて、

  • 若手が多いため、新しい分野の知識を吸収する能力が高い
  • 前職にあまり染まっていないことから社風やカルチャーに馴染みやすい

というメリットがある。

これからさらにIT化やAI導入が進むにつれて、企業としては新しい知識をスピーディーに吸収できる、若い第二新卒のポテンシャルに大いに期待している。幹部候補の採用としてもぴったりなので人気が高い。

転職には必ずメリットとデメリットが存在する。しかし、そのデメリットを払拭して、メリットに転化することが出来れば、あなたの転職はきっと成功するはずだ。

転職活動をさっそく始めるなら、ビズリーチに登録するのが近道だ。エージェントと企業の両方から同時にスカウトを受けることができるので、仕事が忙しくて、効率的に転職活動を進められる。

さらに、日本一の転職実績があり、サポートが手厚いリクルートエージェント、ハイキャリア求人・グローバル求人や、収入アップのサポートに強いJACリクルートメントなどのエージェントを併用してほしい。

キャリアチェンジをするのはあり?オススメの業界はあるか

では、第二新卒で異業種への転職はありかなしか。

答えはありだ。どのような時期であっても他業種への転職(キャリアチェンジ)はありである。しかし、もし未経験の他業種に、と考えているなら、第二新卒での転職は大変意味がある。

なぜなら、まず新卒とさほどの差がないからだ。よって周りの人も手を差し伸べてくれるし、自分自身も若いうちの方が素直に他人の教えを受け入れやすい。つまり伸びしろが大きいのである。一つの区切りである30歳までに、まだまだ多くの経験を積むことができる。だから企業としても、第二新卒は、未経験でも潜在的なポテンシャルを評価して採用するのだ。

逆に、30代でのキャリアチェンジは必ずと言っていいほど即戦力を求められる。入社した時点で、同世代との差がついていたり、年下の上司がいたりと、環境としては多少やりづらいこともあるだろう。

昨今、第二新卒のキャリアチェンジでオススメの業種の1つはIT、WEB関連だろう。成長産業ではあるが人手不足が続いている。たとえば、サイバーエージェントは第二新卒専用の採用ページを設けている。また、未経験でも積極的に採用しているのがGoogleだ。楽天やDeNAも採用実績がある。トライする価値はある。

実績も現場経験がなくてもどんどんチャレンジできるのは第二新卒の強みだ。若いほど新しいことに挑戦しやすい。キャリアチェンジをするのであれば、第二新卒で転職することは有利だと言える。若いほど新しいことに挑戦しやすく、きっとプラスに働く。一生をかけて取り組める仕事を見つけられるのであれば、キャリアチェンジは有効だ。

第二新卒の転職成功術を知ろう

第二新卒の転職の成功と失敗の分かれ道はどこにあるだろう。

前に述べたようにメリットもデメリットもある第二新卒の転職。第二新卒で採用されるには、特定の職種や業界で通用する高度なスキルを取得している必要はない。

しかし、あなた自身が、企業はもちろんのこと、今まで関わることのなかった異業界の人から見ても、魅力を感じられるような人材にならなければならない。ポテンシャル採用で人物重視の採用が多いのは、企業としても扱いやすいからだ。

まず、成功するためには己を知ること。自己分析が必須だ。その仕事をする意味を自分自身に問う必要がある。これが最初の成功と失敗の分かれ道となる。

就職に一度失敗している分、前職での過ちを素直に真摯に受け止め、自分が目指すキャリアプランをもう一度考えてみる。どのように働くことが今より幸せなのか、正直に自身に問いかける。プライドを投げ捨てることだ。

自己分析なくして企業の分析が出来るはずがない。徹底的な業界や企業分析をするのはそれからだ。

本当に目指す姿、目的とするキャリアを決めることが出来たら、今度はそのキャリアを達成するために必要なスキルを考える。

例を挙げるなら語学能力だ。今や英語だけでなく中国語など得意な外国語があれば、非常に役に立つ。コミュニケーション能力が重視される時代、新しい環境で日本語以外の武器があると採用の可能性も上がる。

己を知り、己に磨きをかけること。これが成功へ進む近道だ。

内定を勝ち取る面接のポイント

前に述べた通り、自己分析をして今後のキャリア、実現したいキャリアを描き、具体的なイメージを持つ。これが転職の成功術だが、内定を勝ち取るにはそれだけでは不十分である。

転職の際に必ず行われる企業との面接。この「面接」対策こそが最終的に内定を勝ち取るポイントとなる。面接は、短い時間であなた自身を知ってもらう最大のチャンスだ。逆に企業があなた自身を見極める大切な時間でもある。人間力を試されたり、見られたりする時間だ。

目的意識、目指すキャリアとの一貫性はあるか。向上心はあるか。仕事に対する意欲、姿勢はどのくらいか。また新しい環境で同僚や上司と協力して仕事に取り組めるか、コミュニケーション能力は十分かなど、ありとあらゆる角度から追求してくる。

自己PRと志望動機は必ず聞かれる項目である。前職の期間が短かったとしても、アピールできる実績を具体的に話せると良いだろう。自分が長けているというエピソードを事前に用意して、面接で話せたら採用の可能性もぐっと上がるはずだ。

入社後、これから歩みたいキャリアに活かしたいというポジティブな理由をしっかりと面接官に伝えることがカギとなる。

もちろん良いことばかりではなく、前職での失敗を認め、失敗から学んだ内容を素直に伝える謙虚さも必要だ。同時に退職理由と応募企業への志望動機がつながっていることが大事になる。「なぜウチなのか?」面接官を納得させる理由を準備しよう。

どちらにせよ、転職の際の面接に対する準備は必須である。

第二新卒での転職で失敗しないために

自己分析や面接対策も含め、効率よく転職活動を成功させるにはエージェントを利用することをおすすめする。転職活動で成功することは、社会人経験が浅い第二新卒にとっては簡単ではない。また企業を見極めることもとても難しい。

そこで、その道のプロである転職エージェント会社のキャリアアドバイザーを大いに利用しよう。

まず必ず登録して欲しいのが、ビズリーチだ。何と言っても二卒案件が豊富だ。そしてリクルートエージェント。ここは専門コンサルタントのフルサポートで非公開求人も取り扱っている。

さらに余裕があれば、JACリクルートメントキャリアインキュベーションに登録するのも良いだろう。自分の市場価値を知ることで、転職する際の幅は必ず広がる。

これらのエージェントは、第二新卒ならではの悩み、応募する企業側の不安を払拭するテクニックはもちろんのこと、自己分析や面接についての適切なアドバイス、内定獲得のために必要なことを直に教えてくれる。

しかも一切無料だ。手厚い支援を受けながら、自分に合った企業を探すことが大切だ。

編集後記

まずは、転職する目的を明確にする。これは第二新卒であろうとなかろうと大切なことだ。そして、その仕事をすること意味を自分自身に問う。この2つをしっかりと自身で理解できていれば転職活動は何も厳しいことはない。

第二転職で企業を選ぶ際には待遇、やりがい、役職など様々な軸がある。大手企業ばかりを狙うのではなく、自分が大事だと思う軸から自分に合った企業、仕事を選ぶべきだ。

その転職活動を成功させるためにビズリーチや、キャリアインキュベーションなどのエージェントを利用し、頼れば良い。転職は、最終的なゴールにたどり着くための手段であることを忘れないのが何よりも大切だ。

今日は以上だ。

2019年9月の転職トレンド

2019年9月時点では、各社の採用意欲はおしなべて旺盛であるものの、ポジションの募集が減少する会社と、引き続き多くの社員を募集している会社に二極化している。景況感の悪化リスクが高まる中で、人材業やコンサルティング業など、労働集約的で「なくても困らない」サービスを提供している産業では、採用意欲が減退している。

また、大企業は採用を手控える時期に来ていることを、覚えておいてほしい。というのも、大規模な会社は採用人数が多く、個別研修を実施するのが難しいため、10月1日や4月1日など、期の切れ目に新入社員の入社を集中させたいと考える。今から内定を出したとしても、多くの候補者が10月1日入社に間に合わないため、一旦ポジションをクローズしてしまうのである。逆に言えば、今のタイミングでもポジションをオープンしている大企業は、よっぽど人数が足りずに困っている可能性が高いので、入社難易度が通常時よりも低くなっている場合が多い。

ビズリーチなどのサイトで、どのような会社がないかを探り、是非、積極的にチャレンジしていただきたい。
9月のトレンドは、以上だ。

筆者のお勧め転職サービス

1位 ビズリーチ キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

2位 JACリクルートメント ハイキャリアに特化した転職エージェントであり、年収アップに繋がる転職支援に定評がある。年収が500万円以上の方や、その給与帯を目指したい方は登録すべきだろう。特に、年収1000万円前後の転職では日本有数の実績を有している。まずは、レジュメを登録し、キャリアコンサルタントとの面談に参加してほしい。
また、JACリクルートメントに相談した人へのインタビューは→こちら

3位 リクルートエージェント 日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

4位 アクシスコンサルティング お勧め度は4位としたが、コンサルティングファームに転職したい方には、一番お勧めしている転職エージェントだ。コンサルティングファームへの転職では日本有数の実績を有しており、主要なファームのほとんどと取引している。特に、事業会社に在籍するコンサル未経験者の支援には定評がある。どのファームでどのような選考が行われ、どうすれば合格できるかを熟知しているので、コンサルティングファームへの転職を視野に入れている方は面談に参加すると良いだろう。

5位 パソナキャリア 日本有数のHR企業であるパソナの転職支援サービスだ。丁寧な候補者支援に強みを有しており、候補者の性格や気持ちを理解しながら、ホスピタリティの高い転職支援を行ってくれることだろう。案件数はリクルートエージェントよりやや少ないが、仕事が丁寧で、自分に合った求人を丁寧に紹介してもらうことができる。他のエージェントの面談に参加し、違和感を感じた方には特にお勧めできるエージェントだ。