キャリア相談室

通勤時間って無駄ではないかと議論をしたい

 通勤時間を1時間半以上かかっているという人を目にする。通勤時間は無駄ではないかと思い筆をとってみた。通勤時間は短いにこしたことがないと考える。

コンサル、投資銀行、弁護士などプロフェッショナルファームに所属する方たちはオフィスの比較的近く(タクシー15分圏内)に住む人が若手の間はほとんどだ。今回は賃貸の人を対象に書いている。

通勤時間に起因する疲弊具合をまずは解消すべき

転職の相談を受けていると、それほど働いていないにも関わらず疲弊していて仕事がつらいと話を聞く。

もう少し詳しく状況を聞いてみると、通勤がストレスだという話がでてきた。上司にも問題もなく、仕事も楽しいにも関わらず通勤距離が遠すぎて余計なストレスがかかってしまっているのだ。

通勤のストレスは想像以上で満員電車での衝撃や圧力が体力をうばい心身が疲弊する。こういった状況に陥っていたら解決策は一つで引っ越すしかないだろう。

お金がない、家族がいるから、といっていつまでも行動しなかった人で体調を崩してしばらく休暇せざるを得なかった人を知っている。それほど通勤時間でのストレスはストレスフルだしぜひ対処してほしい。

通勤における満員電車は苦痛以外の何物でもない

満員電車は苦痛以外の何物でもないだろう。朝のJR、東急東横線、東京メトロは乗ったことがある方はわかるだろうが非常に混んでいる。

汗臭いおじさん、痴漢が手を出しそうな露出度の高い若い女性、音楽を聴いて近寄るなオーラを出す若者と多様性に富んだジャングルがそこには広がっている。見るからに苦痛を与えるのは言うまでもないだろう。

そのため通勤時間は30分以内でおさめることがのぞましい。電車が混んでいない時間帯に必ず出退勤ができることや、グリーン車を毎日利用できる状況であれば問題はないだろう。

グリーン車はお金はかかるがお金で勉強する時間と安心した環境を買えるという点で素晴らしいと思う。以前、慶應大学の学生でグリーン車を頻繁に利用する方がお金を使って勉強時間を確保していると聞いて感心した。

家賃が都心は高いが対処しようがないのか

都心に引っ越せばよいのにと話しても引っ越せない理由が家賃だ。都心と23区外や埼玉、神奈川で2~4万円は賃料に開きがあるだろう。年間に換算すると20万円~50万円の差がある。

しかし、この20万円から50万円というのは払えない金額だろうか。本ブログの読者としている20,30代は成長の機会であるため時間を生かして将来成功してほしいと思っている。通勤時間が往復2時間短縮されたら一か月で、60時間、年間で720時間が余計に浮く。

この時間を生かせば何かのスキルを磨き別の稼ぎ方も得ることができるだろうし、英語の勉強でもして出世することもできるだろう。

個人的に若い人に伝えたいのは数十万の投資で快適な時間が得られるというのは素晴らしいことだと伝えたい。

お金とストレスと通勤時間と

お金でストレスを正しい方向で減らすことができるなら引っ越すべきだと思う。通勤時間が短くなればストレスが減る。

その一方、千葉や埼玉から港区に引っ越すと、余計なお金を使い始めお金がなくなることも気を付けてほしい。

まず何よりも優先すべきことは健康なのだ。よって健康のために限りあるリソースをどう使えばよいかは賢明な読者なら容易に想像がつくことだろう。

タクシー代の高さ

都心に住んでいるとタクシー代が安い。基本的に終電も遅くまであるのでタクシーに乗る必要もない。

私は山手線上の駅に住んでいるが1時過ぎても終電があるため遅くまで飲んでも200円足らずで帰宅できる。

一方、お金がないからと都心から離れたエリアに住んでいる人たちは、タクシーをよく使う傾向にある。終電も早くなくなってしまうためタクシーで帰るが、6000円、1万円と平気で使っている。

月にタクシー代に2万円以上使っている人がいたら引っ越したほうが確実によいだろう。タクシーの使い過ぎは支出の大きさを意外としめているので気を付けてほしい。

憧れは一瞬で終わる

~に住みたいと憧れで述べて、引っ越すがすぐに飽きる人がいる。吉祥寺は人気で引っ越すが中央線の混雑さに嫌気がさしてすぐに引っ越したくなっている人を非常に多い数を見てきた。

吉祥寺はいい街だが、通勤には向いていない。遊ぶところも意外にすぐ制覇できてしまう。また駅間隔も長いため気軽にほかの駅に徒歩では行きづらい。

エリアは大事

さてどのエリアに住んでいるかよく話になるだろう。都心にはやはり優秀な人やお金を持っている人がいるので何かの出会いで仲良くなったときに別の機会につながりやすい。

デートはしっかり日時、場所を決めるが、ふとした飲み会などは近隣の人とだとやりやすいだろう。

そのためほかの人が住んでいるエリアに住むのはいい戦略だ。 

https://bulk.co.jp/theblog/daisukewatanabe/04208118

面識はないが、上記のリンクの記事を書いているサイバーエージェントの渡邊大介さんという方は恵比寿の良さを語っているのでご一読してほしい。

イケメンに限らないと書いているがこの方は写真を見る限りイケメンなのでこの言葉に説得力がまるでない点にだけ注意してほしい。

恵比寿南は渋谷と民度が変わらないと書かれているが、個人的に好きなので検討してほしい。家賃は高い。

f:id:sportsmania:20170612152636j:plain

想像以上に問題な保育園

引っ越しにおいて保育園問題は深刻化している。子供の保育園が決まらず引っ越しをする人が現実にいるのだ。

保育園が埋まっておりなかなか入れないのだ。この少子化のご時世に保育園問題が起きているのはなんともやるせない。

配偶者や子供がいる状態では、動けなくなるのでその点は同情するが、都心に住むことはメリットが大きいのでおすすめだけしておきたい。

3~4人暮らしだと簡単に引っ越しもできないのでここではこれ以上言及はしない。

生活コストは本当に大きいのか?

都心に住むと生活コストが上がるという人がいる。だがスーパーにいけばわかるがそんなことはまったくない。

成城石井が家の隣にあった時もあったが、成城石井には全く行かなかったしスーパーはどこにだってある。恵比寿にも神楽坂にも、代官山にも、白金にも、麻布十番にもそこそこ安いスーパーはある。

たしかに数十円高いと感じるが一か月で見ても数千円に収まる差額だ。ほかに見直すべきところがあるため、生活コストの差はエリアによって誤差に感じる。松屋や吉野家はどこにでもあるだろう。私はファイナンシャルプランナーではないのでこれ以上は言及しない。

時間をお金で買う概念

学生のうちに時間をお金で買う概念を身に着けてほしい。お金である程度解決できることもあるため数千円、数万円でなんとかなるのであれば積極的に利用してほしい。多くのプロフェッショナルファームはお金を払って生産性を高くしようとつとめている。

社員一人のコストが高いためその意識がかなり高いように感じる。移動にタクシーを使うことや、食費の補助を出して出前をとりやすくする環境、オフィス内にカフェを設けてビルの外に出る時間を短縮する環境といったサポートがあつい。

社内にいると気づかないが、日本の一般企業からするとかなりコスト意識を感じる。日系企業は寮を都心からかなり離れたところにもっており通勤時間やタクシー代で疲弊させている印象をもっている。無駄を感じる。

引っ越しをしよう

あれこれいったが、今の状況に苦しんでいたのであれば積極的に引っ越そう。引っ越しコストは最初は高いが、現在の契約更新のタイミングで支出がどうせ発生するのであれば引っ越してみてほしい。

ストレスが大きく軽減されるはずでありますし、新しい発見もあるはずだ。不動産業者の広告みたいになったが私は若いころは5年間に5回引っ越していた時期もあるくらい引っ越しによって新しい環境で面白いことを吸収してきたからおすすめしたい。

安い引っ越し方法も研究しできるだけコストをおさえるようにつとめてきた。ちなみに不動産会社と交渉したら初期費用はかなりおさえることができる。2,3月の引っ越しを避けると交渉はある程度きく。

引っ越しと転職

転職をして通勤時間が長くなりそうなら迷わず引っ越ししよう。引っ越し費用を補助してくれる会社もあるので転職する際は事前に調べよう。特に転職直後はとにかく働く必要があるので家の近くにいることはかなりメリットになる。

やる気を見せる意味でも近くに引っ越して仕事にコミットすることを若い間はすすめたい。ポジションがあがって早く帰れるようになったら湘南に住んで、サーフィンを楽しみながら通勤をしてもよいだろう。

転職エージェントは何故か物件、引っ越しに詳しい

最後に転職の際に転職エージェントに引っ越しの話をするとよい。なぜだか知らないが転職エージェントは不動産にやたら詳しい。

個人でやっているエージェントは引っ越し経験があるのか、不動産を所有しているのか知らないが引っ越しや街事情を教えてくれる。かつて人材業に入る前は、引っ越しの相談をよくしていた。

転職の相談をせずに街の状況を解説してもらったことがあった。私が変わっていたのかもしれないが。

興味のある人は、【BIZREACH(ビズリーチ)】にいる個人でやっている転職エージェントに聞いてみよう。 今日はいつもと趣が違ったが以上だ。

2019年11月の転職トレンド

企業は10月に下期の採用を終えて体制が整い、今の時期は求人情報としては凪の状況であるという向きもある。11月の採用決定者数は、数字としては低調になっているのが事実だ。

転職希望者も、上半期末や下半期初の繁忙期を終えて一息つき、転職活動をなかなか始めない。実際に、転職メディアの閲覧数は、11月は決して多くない。

だからこそ、実は、11月に転職活動を休む、年末年始休みまで転職活動を始めなくていい、というのは誤りだ。管理職や、チャレンジングなポジションの転職を望む人がいれば、少なくとも情報収集は、確実に11月から開始したほうがいい。

日本の企業の多くは3月決算だが、上期の業績の着地結果が固まるのは今、11月の始めである。企業側では、業績の着地結果を踏まえて事業計画を修正し、下期の業績達成に向けて動き出していく。

業績を達成するため、欠員を急いで補充するケースもあるが、逆に、チャレンジが必要なプロジェクトで、クリティカルに必要な人を採用するので、重要な求人ポストの募集が意外と始まる時期なのが11月だ。

中途入社は4月がピークだが、重要なポジションは採用決定まで時間がかかる。重要なポジションを4月に確実に充足させるため、先行して、とりわけ非公開ポジションの募集を始める会社も多い。 重要なポジションは数も少ないので早い者勝ちだ。あっという間にクローズするので、多くの転職希望者が気付かない間に、募集が終わっていくのである。

→ビズリーチなどの転職サイトにまずは登録し、経験豊富なプロのエージェントに、非公開ポジションの情報を、直接ヒアリングすることをおすすめする。

11月のトレンドは、以上だ。

筆者のお勧め転職サービス

1位 ビズリーチ キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

2位 JACリクルートメント ハイキャリアに特化した転職エージェントであり、年収アップに繋がる転職支援に定評がある。年収が500万円以上の方や、その給与帯を目指したい方は登録すべきだろう。特に、年収1000万円前後の転職では日本有数の実績を有している。まずは、レジュメを登録し、キャリアコンサルタントとの面談に参加してほしい。
また、JACリクルートメントに相談した人へのインタビューは→こちら

3位 リクルートエージェント 日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

4位 アクシスコンサルティング お勧め度は4位としたが、コンサルティングファームに転職したい方には、一番お勧めしている転職エージェントだ。コンサルティングファームへの転職では日本有数の実績を有しており、主要なファームのほとんどと取引している。特に、事業会社に在籍するコンサル未経験者の支援には定評がある。どのファームでどのような選考が行われ、どうすれば合格できるかを熟知しているので、コンサルティングファームへの転職を視野に入れている方は面談に参加すると良いだろう。

5位 パソナキャリア 日本有数のHR企業であるパソナの転職支援サービスだ。丁寧な候補者支援に強みを有しており、候補者の性格や気持ちを理解しながら、ホスピタリティの高い転職支援を行ってくれることだろう。案件数はリクルートエージェントよりやや少ないが、仕事が丁寧で、自分に合った求人を丁寧に紹介してもらうことができる。他のエージェントの面談に参加し、違和感を感じた方には特にお勧めできるエージェントだ。