キャリア相談室

転職で年収アップしたいと考えている年収800万円未満の人へ

年収を上げたいと常々思っている人は少なくないだろう。給料日をまったく気にせず生活する人もいる一方、給料日を気にする生活をし、収入と支出のバランスに苦しめられている人もいるだろう。

「あと月5万、10万円収入が高かったら」と考え転職をする人も少なくない。多くの場合年収が上がってもその分使うため生活が楽にならないのが常なのがおもしろいが。

結論を言ってしまうと、転職したら年収が上がるという誤解を正して欲しい。年収が上がるロジカルな根拠作りと、転職先との交渉が不可欠だが、忙しい転職活動ではなかなか大変だ。

そこで、候補者を大幅に年収アップさせた経験があり、内定先との交渉が得意な転職エージェントと、求人サイトをセットで併用することをお勧めする。

転職サイトや転職エージェントを活用したことがない方も多いだろうが、転職は情報戦だ。いかに正しい情報を身につけられるかが、キャリアアップできるかの分かれ道となる。今の時代は、サービスに登録するだけで十分に情報を集めることが可能だ。

また、経験がないと苦戦する年収交渉も、エージェントがいればしっかりとフォローしてもらえる。自分一人でやるよりもずっと安心して転職活動を進められるので、プロに頼りながら転職した方が絶対に良い。ぜひ、参考にして、行動に移して欲しい。

なお、まず登録すべきなのはビズリーチだ。企業から直接スカウトを受けることができるため、自分が評価される企業の特徴を把握することができるだろう。効率的に多くの就職情報を獲得することができる。

ハイキャリアの方は、JACリクルートメントに相談すると良いだろう。年収アップを実現する転職支援の実績がある。

もし、コンサルティング業界に興味があれば、一番お勧めしている転職エージェントはアクシスコンサルティングだ。コンサルへの転職では日本有数の実績を有し、主要なファームのほとんどと取引している。特に、事業会社に在籍するコンサル未経験者の支援には定評がある。

また、リクルートエージェントは日本最大級の実績を有しており、相談してほしい。

自分の希望の転職先に合わせて、上手くエージェントを選んで行動して欲しい。

Contents

転職で年収アップしたい人が読むべき理由

今回は、年収が300万円〜700万、800万円の人を対象に記事を書かせていただいた。年収800万円を超えてくると、専門性や、スキル、マネジメント経験などが問われ、そもそもベースとなる経験がなければいけないため、別の記事で説明する。今回は、管理職ではない人が年収アップを図るにはどうするかを論じている。

ちなみに、年収800万円以上の人には、未経験の業種にはいかず、今の専門スキルを磨いていこうとアドバイスをしている。未経験職種にいくということは、キャリアをほとんどリセットするということなので、かなりリスキーだ。出来るだけ、これまでの経験を活かせる職についた方が良い。

なお、読者の中で年収1000万円ある人はこちらの記事をご覧いただきたい。

転職で年収アップする理由とは

まず、「転職で年収が上がる」と言われているカラクリを説明しよう。下記で説明する条件を満たさない場合、転職したところで年収は上がらないので、しっかりと理解してほしい。

ベースの年収が現職より高い

転職先の企業の平均年収が、今の企業よりも高い場合、必然的に年収がアップする。企業によって年収は全く異なっていて、同じ業界・企業規模だとしても、新卒の年収で数百万円の差が出ることも多い。

企業は、経営陣の方針や事業の伸びを踏まえて、人件費にどこまで予算を割くかを決定しているので、企業によって全くベース年収は異なる。あなた自身の評価が横ばいだったとしても、年収アップすることが可能なので、もし実力にやや不安がある方は、ベースが高い企業を探すのが良いだろう。

スキルの希少性が高い

よく耳にするだろうが、エンジニアは引っ張りだこなので、大体転職すれば給与や待遇が上がる。これはどこの企業もエンジニア不足だからだ。

ビジネス職も同様で、カスタマーサクセスの立ち上げを経験したことがあるだとか、エンジニアスキルもありながらWEBデザイナーをやっているだとか、市場になかなかおらず需要の高いスキルを持っていると、転職するだけで年収が上がる。

厳密には、年収を高くしてでも採りたいという企業が多いので、好きなだけ転職先の候補を持つことができるのだ。

逆に、一般的なスキルしか持っておらず、かつ目に見える実績を出せていない場合は、転職だけでは年収アップを狙いづらいということだ。

経歴・スキルに対する評価が現職より相対的に高い

企業ごとに社風が違えば、経営陣・マネージャーの性格も異なるので、あなたの評価も変わってくる。

社会人になると、単なる仕事の成果だけでなく、仕事に向かう姿勢やマインドも重要視される。積極的な発言を好む会社もあれば、上司に従順な部下を評価する会社もあって様々だ。こうしたマインド面はもちろん、スキルの面でも同じように評価が分かれる。あなたのありのままを評価してくれる会社であれば、同じ実力でも評価が一気に上がるので、それだけ年収も上がる。自分がカルチャーフィットする会社を探して年収アップするのも一つの手だ。

資格を持っていれば転職で年収アップ出来るのか

年収をあげるためには資格が役立つという考えを批判する人がいる。しかし、資格は年収アップには割と有利である。USCPAや簿記一級、情報系の資格といったものは取っておいてまったく損はない。

また、TOEIC900点やTOEFL iBT 90点を超えると英語が最低限できると評価されるだろう。もちろん医師、弁護士、公認会計士の資格を働きながらとることはほぼ不可能だが、その他の比較的難易度の高い資格をとることは無駄にはならない。

特に高学歴でないというコンプレックスを持っている人や、今の仕事でくすぶっている人は資格をとって自信をつけるのがよい。ただ漫然と日常を過ごすよりは、資格試験という目標を立てて日々の自分を律して試験を乗り越えていくことは悪くない。

転職エージェントはレジュメを数百枚見る中で資格欄を意外とチェックしている。面白そうな資格や難易度の高い資格があればあなたのことをほかの候補者よりも良い扱いをしてくれる可能性が高い。

そのため、やることがなにもわからず困っているなら、資格を取ってもいいと思う。ただし時間は3か月から半年程度で成果を出せるものをお勧めする。資格はあくまで資格で人生をうまくいかせるためのきっかけにすぎない。

弁護士は、司法試験に合格したから優秀なのではなく、優秀だから合格できているのだ。

転職で年収アップするためには当然スキルも必要

転職で年収アップするにはスキルも重要となってくる。
特に専門職では何ができるのかを問われることが大半なので、スキルが特に重要となってくる。特にニーズが高いスキルの場合、市場でも獲得しにくいため、重宝される。
そのため、転職で年収アップを狙う場合は打算的にスキルを身に着けていくのも年収アップの鍵となる。

なお、先述の通り、市場価値の高いスキルを身につけなければ意味がない。何に使うかもわからないのに、なんとなくパワポやエクセルの勉強するなんて無意味だ。(そもそも出来て当たり前だが)

希少性の高いスキルを身に付けるために、社内で違う業務に挑戦するのも良いだろう。なお、転職の際に、どんなスキルが評価されるのはプロに相談するのがおすすめだ。これまでの経験と親和性のあるスキルを教えてもらえるだろうから、より効率的に転職活動を進めることができる。

ちなみに、こういった転職に関する質問はリクルートエージェントに相談すると良いだろう。業界最大級のエージェントなので、広くアドバイスに乗ってくれる。

もしコンサルに転職したいならアクシスコンサルティング、年収アップに関する相談をしたいならJACリクルートメントがおすすめなので、自分のニーズと重複すれば参考にしてほしい。

別業界・職種への転職は年収アップに繋がらないこともある

別業界や職種を変える場合は年収につながらない場合もある。
特に未経験の場合はほとんどがゼロからのスタートになるため、企業側にとっても一定育成にコストをかけていく必要がある。

また、同一業界であっても職種を変える場合も同様にスキルをゼロから身につけていく必要があるため、企業側から見るとおいしい人材とは言えない。

年収アップにつなげるとしたら、既存のスキルセットと掛け合わせた際に必要性が高いかどうかである。すでに持っているものの専門性が高い場合は掛け算を考えて動くと良い。

キャリアアップの転職は年収も上がりやすい

キャリアアップの転職の場合は年収も上がりやすい。ただし、これは同一業界や同一職種の場合によるものである。キャリアアップを考える場合、必要なのはキャリアアップに対する意欲とそのキャリアアップを実現できる理由を企業側のロジックを立てて説明できなければならない。
転職することでキャリアアップができる妥当性が示せれば、年収を上げる確率は変わる。

転職での年収アップ額相場

一般的に、転職する人の3割ほどは年収アップすると言われている。それ以外の人は、年収は横ばいで福利厚生や労働時間が改善されるパターンか、完全なる未経験職種への転職によってむしろ年収ダウンするパターンだと言われている。

ただし、筆者がかつて人材紹介会社にいた頃は、20代だと6割以上の人が年収アップしていた印象だ。そもそも年収アップを強みにしているエージェントだったことも大きいが、最優先事項が年収という求職者の方が多かったので、必然的に紹介しやすかったこともある。

結論、年収を最優先事項にすれば、アップすることはそこまで難しくない。ただ、そこに福利厚生や役職、労働環境など他の要望が入ってきた瞬間に、実現可能性がグッと下がるのだ。

人材紹介会社の代表が前に言っていたが「もっとも譲れない条件を100%満たしてくれる会社に転職しろ」というのは正しい。

人間は一番譲れない条件を少しでも妥協すると納得度が一気に落ちるので、自分が何をもっとも大切にしたいのかを考えて転職活動にのぞんでほしい。

転職しても年収が上がらないこともある

転職したら年収が上がると勘違いしている人もいるが、多くの場合、転職は年収が上がらない。特に、年収500万円未満の人が転職する場合だ。

なぜだろうか。年収500万円未満の人の転職でありがちな理由が、現職から逃げたい、とにかく今の仕事を辞めたいということだ。次の仕事は何でもいいと思って転職をする人が多いから、必ずしも年収が上がらないのだ。

よって、転職を初めてする人にありがちな勘違いが、「転職すれば、年収が上がる」というものだが、現実は厳しい。転職によって年収が上がる根拠をしっかりと考えよう。

自分で考えた根拠が不安な人こそ、転職エージェントの活用である。ハイキャリア、高年収案件を得意とする転職エージェントが多いビズリーチで、エージェントを見つけて、フィードバックをもらうといい。

また年収アップでは高額案件を多数保有しているJACリクルートメントも利用したい。

年収アップする要素は、市場価値が高い要素でもあるので、今後キャリアアップを狙っていく上で大いに役立つ情報をなるだろう。

「年収アップが転職理由だ」とは言わないほうがいい

年収アップが転職理由だと言うのは、一般的には辞めたほうがいい。稼ぎたいスタンスが好まれる、投資銀行のセールスやトレーダーや、インセンティブが給与のほとんどを占める保険のセールスなどであれば年収に言及しても問題ないが、一般的には言わないほうがいい。

本音と建前を使い分けるのは難しいポイントではあるが、入社前の、成果を出すかわからない人が給与だけ貪欲に求めているのもおかしなものだろう。

年収が低いから転職したいというのもネガティブな理由になるので年収については極力触れないほうがいい。

ただ、年収にまったく触れないと、オファーをもらうまで、どれくらいの年収が提示されるか全く想像が出来ずに不安だろう。もしあらかじめリスク想定しておきたい人は、エージェントを介して面接に臨むのが良い。キャリアアドバイザーから、大体の見込み年収を教えてもらえるし、その後の年収交渉も代わりに担ってくれる。

転職において一番危険なのは、見込み年収を予想できないまま比較検討を進めることだ。

JACリクルートメントなど、年収交渉に長けているエージェントを利用しながら、年収の懸念を払拭できるように進めていこう。

転職する際に年収に関して最低限確認すべきこと

ただし、求人情報に記載されている年収が「500万円〜1000万円」など、かなり広いレンジになっている場合は、だいたいどのような額になりそうかは聞いておいたほうがいい。あとで給与についてもめてしまってはもったいないので大体の温度感だけは把握しておこう。

特に、ポジションによって給与が決まっているのかそれともポジションが同じでも人によって年収のばらつきがあるのかどうかはしっかり把握しておいたほうがいい項目である。

この確認についても、面接の場で直接面接官に聞くのはおすすめしない。面接後に、転職エージェントから確認してもらおう。

ハイキャリア、高年収案件を得意とする転職エージェントが多いビズリーチなら、年収確認の交渉を得意とするエージェントに出会えるだろう。

転職で年収交渉する時は、根拠を明確に

家族を扶養している方など、年収は大きなイシューであることがほとんどだろう。まずは転職エージェントとも相談をして、年収アップの戦略をしっかり見極ることをお勧めする。

動機が年収アップだけだと伝えたらまず厳しいので、年収アップの理由をきちんと伝えるようにしよう。

自分のスキルは十分なのに、現職で評価を得られていない。もしくは、現職の業績の問題から給料が能力に見合うほどもらえていない。そういう時は、現在よりも年収をあげたいと伝えても問題ないだろう。

たとえば自分の今の年収から100万円の年収アップを求めるとしよう。差額の100万円は何が上乗せされるのかを考えよう。

現職の給与に対して、何がバリューかと言われることはほぼないが、昇給の場合はなんとなくが通じないので、昇給のロジックを考えておこう。相手任せにしてはいけない。

年収アップの交渉は転職エージェントに任せよう

年収をあげたくても、年収アップの交渉はやりたくないのが、通常の日本人的な感覚だろう。

転職エージェントにはわがままをどれだけ言っても損をするわけではない。転職エージェントに希望の年収を伝えて、年収をあげる戦略をきちんと練って、交渉をお願いしたほうがいい。

その理由は2つだ。

提示された金額の妥当性が判断できない

年収交渉をする際は、企業が何を根拠にその金額を提示したのか背景が分かっていないといけない。

求職者の年齢が若いと、すぐに昇進することを前提に、想定よりも1段階低い役職からスタートさせることもあるし、あるいは期待値を込めてかなり高い年収を提示することもある。スタートアップでは、若手に500万円の年収を提示したら、かなりの期待だと捉えた方が良い。

もし、企業が高めの年収を設定しているにもかかわらず、あなたが提示した年収よりもさらに上を希望する場合は、自分の経歴を過信していると思われる可能性がある。もうこれ以上のアップは厳しい場合に交渉されると、かえってマイナスな印象を受けてしまうので、交渉するだけ無駄である。むしろ入社後の印象を悪くする。

自分にとって妥当な年収の額を知らないまま年収交渉をすると、大抵成功しないので、年収の背景まで知っているエージェントの立場から話すのがもっとも良い。

交渉に失敗した場合に、気まずくなる

もしあなたが、その企業にいこうと決めた上で年収交渉した場合、失敗すると関係性が悪化し、入社後にも悪影響が出る。

企業として、もし高すぎるくらいの評価を出しているのに、さらにあなたが年収アップを頼めば、「自己評価が高すぎるのでは?」という印象をもたれてしまうかもしれない。その場合、社内でのパフォーマンスを厳しい目で見られることになるので、損だ。

変な印象を与えないためにも、エージェントから上手く伝えてもらう方が良い。

f:id:sportsmania:20170610194532j:plain

転職エージェントによって年収がアップするかは決まる

今まで伝えてきたこともあるが転職エージェントによって年収アップの幅が大きく変わってくる。年収アップの交渉ができる転職エージェントをしっかり探してほしいと思う。

転職エージェントにとっても年収アップはインセンティブになる。なぜならば転職エージェントは手数料ビジネスで成り立っているため、入社時の年収が高くなれば高くなるほど入る手数料もあがるからだ。

あなたの利害と転職エージェントの利害は一致すので、まったく遠慮する必要はない。

年収アップが得意な転職エージェントの見つけ方

転職エージェントにもそれぞれ得意不得意がある。

転職相談が得意な人、選考を受けた人を内定させる力がある人、はたまた内定後の交渉事に強みを発揮する人とさまざまだ。

よって、年収を上げたい人は、さまざまな転職エージェントに会って、過去の年収アップ交渉の事例を聞きまくろう。年収いくらからいくらに上がったのか、なぜその人は上がったのかを聞いて、転職エージェントの交渉力を推測しよう。

筆者の知人のうまくいった事例では、年収550万円から1,000万円になった人がいる。彼は、転職エージェントのことは嫌いだったが、年収を確実にアップさせてくれた点において感謝しているといっていた。

年収を上げるという点においていい転職エージェントは、ビズリーチを使うべきだ。ビズリーチでは企業からも直接メールがくるが年収を一気にあげたいときは人事と直接交渉するよりもエージェントを駆使したほうがいい。

最適な転職エージェントと出会うには、複数サービスを並行して活用し、比較するのが間違いない。

大手のリクルートエージェントは年収アップ事例が豊富なので実際に事例を聞いてみるとよい。

高年収の募集に的を絞りたいなら、ハイキャリア支援に特化したJACリクルートメントだ。

エージェント以外の転職時に年収をアップさせるポイント

転職時の年収アップのポイント①:年功序列型から成果報酬型に

年功序列型の賃金制度を設けている企業は依然として多い状況なので、もし読者が成果報酬型の賃金制度を設けているところにいった場合、実力次第では年収を大きく上げることができる。

転職時の年収アップのポイント②:ベンチャーや外資系企業も選択肢に

案外考えられていないことだが、ベンチャー企業や外資系企業にいったほうが年収が上がるケースは多々ある。ベンチャー企業でも多額の給料を支払って、人材の流出防止をしている企業がある。また、外資系企業は小さいところでも多くの給料を支払っているケースが大半なので見ておこう。

転職時の年収アップのポイント③:福利厚生もしっかり見よう

企業によっては子育て支援金など、家族に対して福利厚生として給料に上乗せして社員をサポートしているところもあるので見ておきたい。

転職時の年収アップのポイント④:転職先企業の財務諸表をおさえよう

業績によって賞与が大きく変わる企業が多いため、財務諸表をしっかり抑えた上で転職を検討しよう。

転職時の年収アップのポイント⑤:給与形態も確認しよう

給与形態は年収アップにおいては特に重要である。
営業の場合、年収が小さいケースでも歩合制で成果が出しやすいところであれば、一見給与が少ないように見えても結果的に、給与が高くなるというケースもある。
逆に給与に含まれるものが小さいと一見年収が上がったように見えても実はそこまで変わらないケースもある。

年収アップを目指すためにここだけの裏技

あまりお勧めしないがここだけの裏技を教えておく。それは転職エージェントを使わずに応募することだ。ビズリーチリクルートエージェントを使って転職マーケットの情報が集まったと判断したら自己応募で企業に応募しよう。

その際に、転職エージェントを経由しないため採用が成功したら企業は転職エージェントフィーが浮く。その分を年収に反映してくれと交渉はできる。裏技だが成功した人もいるので一応伝えておいた。

ちなみに、コンサルを受けるのであればアクシスコンサルティング、高い年収の企業を探しているときはJACリクルートメントから企業を紹介してもらうのが良いだろう。

これは、人材紹介を見てきた筆者の個人的な意見だ。あくまでも自己責任でやってほしい。普通の人は、ビズリーチから応募しよう。今日は以上だ。

筆者のお勧め転職サービス

1位 ビズリーチ キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

2位 アクシスコンサルティング コンサルティングファームに転職したい方には、一番お勧めしている転職エージェントだ。コンサルティングファームへの転職では日本有数の実績を有しており、主要なファームのほとんどと取引している。特に、事業会社に在籍するコンサル未経験者の支援には定評がある。どのファームでどのような選考が行われ、どうすれば合格できるかを熟知しているので、コンサルティングファームへの転職を視野に入れている方は面談に参加すると良いだろう。

3位 リクルートエージェント 日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

4位 JACリクルートメント ハイキャリアに特化した転職エージェントであり、年収アップに繋がる転職支援に定評がある。年収が500万円以上の方や、その給与帯を目指したい方は登録すべきだろう。特に、年収1000万円前後の転職では日本有数の実績を有している。まずは、レジュメを登録し、キャリアコンサルタントとの面談に参加してほしい。
また、JACリクルートメントに相談した人へのインタビューは→こちら

5位 パソナキャリア 日本有数のHR企業であるパソナの転職支援サービスだ。丁寧な候補者支援に強みを有しており、候補者の性格や気持ちを理解しながら、ホスピタリティの高い転職支援を行ってくれることだろう。案件数はリクルートエージェントよりやや少ないが、仕事が丁寧で、自分に合った求人を丁寧に紹介してもらうことができる。他のエージェントの面談に参加し、違和感を感じた方には特にお勧めできるエージェントだ。