キャリア相談室

働き方改革の取り組みは何も変わらない

 働き方改革の波が日本に押し寄せてきている。電通で長時間労働による自殺問題が起きてから日本全国で労働環境の改善をはじめ一気に働き方改革が進んだように思える。働き方が変わっていくことは望ましいことだと思われる。しかし、働き方改革によって実際に変化するのか疑問がある。

働き方を改革しなければいけない理由

日本は働き方で先進国に比べて大きく後れをとっているといわれている。長時間労働、休日出勤、毎日の残業、サービス残業、接待といった形で諸外国よりも労働時間が長くなっているという事実がある。

海外は労働時間が短いかというとそうではなくて、外資系企業で投資銀行や戦略コンサルで働いていた人はわかるとおもうが欧米オフィスのプロフェッショナルファームはめちゃくちゃ働く。

日本人よりも働く会社も少なくはない。軍隊,MBAを経て投資銀行やファンドで働いている人たちの長時間労働への体制はまねできない。日本国内でも韓国の軍隊出身の人は労働へのパワーというか執念がすごく日本人を凌駕することがある。詳しくは知らないが弁護士事務所も海外のほうが働いているいるのではないだろうか。

このような場合はあるものの、その他の業種、製造業、サービス業においては圧倒的に日本が労働時間が長いものと思われる。

そのため労働時間を削減し、働き方を改革する必要は日本という国全体でみたときには改革する必要がある。過労死という言葉は和製英語となっているが、海外でも長時間労働による過労死は多く発生している。

働き方がおかしいのはなぜ

働き方に問題があるのはなぜかというと労働量の多さ、人員の少なさに起因するものではなく、多くの無駄によって長時間労働が発生し働き方に問題が発生している。典型的な問題の一つが上司との関係だ。

上司が働いているのに先に帰ることや、朝誰よりも早く若手は来るといった慣習、朝まで飲み会に付き合うといった変な風習が存在している。これらの風習がなくならない限り労働時間の削減は起こりえないと考えられる。

日本は~と一言でまとめるのは好きではないものの、昭和時代のお父さんたちは、深夜まで働き、休日はゴルフに行き会社内での付き合いを大切にして、背中を見せることが良い父親とすらされている。

そのため家庭内でのことはすべて女性に任されるという風潮は強い。日本は昔から存在する働き方のスタイルが変わっていないため遅れている感じは強い。一方、女性の社会進出に伴い、ごくわずかだが、男性が家庭に入る専業主夫といった形態や女性が管理職となり会社の中枢をにないはじめてきた。

本筋からはそれるが女性管理職はお飾り程度のところも少なくなく活用しきれていないのが現状だと私自身は考えているが。

働き方を変える気があるのか?

働き方改革をしようしようとがんばっているが、ただ単に時間的な制約を設けてこれまでと何も変わらない状況が散見される。

電通は22時までに帰りましょうとなっているが、その分、下請けが苦労しているしチーム内での飲み会は減っているわけではない。

働き方を変えるにも根本的な思想が整っていないために何も変わらないというのが現状だろう。労働の在り方を見直すことが今後も求められるだろう。

ブラック企業と気づけない現状

日本は労働市場の流動性が低いために転職経験者が少ない。そのため他社と体感をもって比較することが難しく、自社がおかしいことに気づくことが難しくなってしまう。

先輩の命令は絶対だから呼ばれたら0時からでもタクシーに飛び乗って飲み会に行くことであったり、朝の早い時間はサービス残業という扱いだったり、50時間以上は残業時間申請をしてはいけないというところだったりとブラック企業の要素が仮にあったとしても実は他社もそうだと思い込んでしまい会社がおかしいことに気付ける人は少ない。

おかしいからといって行動しようとしても、行動するよりは転職したほうが本人にとっては後々のっ職業人生において有利になることは言うまでもないだろう。社内で声をあげると後ろ指をさされることは少なくないからだ。

日本はどこへ向かっていくのか

国会で働き方を改革しようといっているが、国会を支えている官僚たちの涙ぐましい努力と理不尽に耐える力、ハードワーキングを目の前に見ていると長時間働くことが当たり前だと考えてしまう霞が関や国会の先生がいても何ら不思議はない。

朝まで徹夜で答弁書や資料作成をすることは当然だと官僚側も、国会や事務次官も思っているだろう。

よって、足元をしっかりとみた働き方改革がなされることは今後はまずないと思う。そのために民間レベルでまずは動いていくことを私個人としては求めていきたい。

f:id:sportsmania:20170608220146j:plain

労働市場は高まっている

現在の20代、30代は大手の東証一部上場企業で働いていたとしても転職することが珍しくなくなってきた。

トヨタや三井物産といった企業でも離職者が増えてきており、会社側としては問題だが転職市場に優秀な人が流れてきておりこれまでの経験を生かし新たな活躍の場所を探している人もいるため決して離職率があがることは悪いことではないだろう。

一方、ワタミのようなブラック企業と認定されたところは、離職率改善という指標を見る前に一人一人がしんどくならない環境を作らなければいけない。

労働市場はこれから流動性が高まっていき、転職することもおかしくない状況なので積極的に動く人がもっと増えていくとよいと思う。

転職をはじめたくなったら

働き方がおかしいと思ったら転職活動をはじめてもよい。その代わり転職をする前にしてほしいことが一つある。

現在の業務を効率化できないか考えて、その効率化の努力をしたうえで、改善が不可能だったら転職しよう。労働時間の長い人は非効率な人も多くいるため、どこの会社にいっても長時間労働になる人が多い。

よってタスク管理や、時間短縮の技をしっかりと身に着けたうえで次の機会に挑戦するとよい。

転職サイトは、【BIZREACH(ビズリーチ)】リクナビNEXTDODA に登録をして働きやすい求人がないかきいてみるとよい。今日は以上だ。

2019年11月の転職トレンド

企業は10月に下期の採用を終えて体制が整い、今の時期は求人情報としては凪の状況であるという向きもある。11月の採用決定者数は、数字としては低調になっているのが事実だ。

転職希望者も、上半期末や下半期初の繁忙期を終えて一息つき、転職活動をなかなか始めない。実際に、転職メディアの閲覧数は、11月は決して多くない。

だからこそ、実は、11月に転職活動を休む、年末年始休みまで転職活動を始めなくていい、というのは誤りだ。管理職や、チャレンジングなポジションの転職を望む人がいれば、少なくとも情報収集は、確実に11月から開始したほうがいい。

日本の企業の多くは3月決算だが、上期の業績の着地結果が固まるのは今、11月の始めである。企業側では、業績の着地結果を踏まえて事業計画を修正し、下期の業績達成に向けて動き出していく。

業績を達成するため、欠員を急いで補充するケースもあるが、逆に、チャレンジが必要なプロジェクトで、クリティカルに必要な人を採用するので、重要な求人ポストの募集が意外と始まる時期なのが11月だ。

中途入社は4月がピークだが、重要なポジションは採用決定まで時間がかかる。重要なポジションを4月に確実に充足させるため、先行して、とりわけ非公開ポジションの募集を始める会社も多い。 重要なポジションは数も少ないので早い者勝ちだ。あっという間にクローズするので、多くの転職希望者が気付かない間に、募集が終わっていくのである。

→ビズリーチなどの転職サイトにまずは登録し、経験豊富なプロのエージェントに、非公開ポジションの情報を、直接ヒアリングすることをおすすめする。

11月のトレンドは、以上だ。

筆者のお勧め転職サービス

1位 ビズリーチ キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

2位 JACリクルートメント ハイキャリアに特化した転職エージェントであり、年収アップに繋がる転職支援に定評がある。年収が500万円以上の方や、その給与帯を目指したい方は登録すべきだろう。特に、年収1000万円前後の転職では日本有数の実績を有している。まずは、レジュメを登録し、キャリアコンサルタントとの面談に参加してほしい。
また、JACリクルートメントに相談した人へのインタビューは→こちら

3位 リクルートエージェント 日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

4位 アクシスコンサルティング お勧め度は4位としたが、コンサルティングファームに転職したい方には、一番お勧めしている転職エージェントだ。コンサルティングファームへの転職では日本有数の実績を有しており、主要なファームのほとんどと取引している。特に、事業会社に在籍するコンサル未経験者の支援には定評がある。どのファームでどのような選考が行われ、どうすれば合格できるかを熟知しているので、コンサルティングファームへの転職を視野に入れている方は面談に参加すると良いだろう。

5位 パソナキャリア 日本有数のHR企業であるパソナの転職支援サービスだ。丁寧な候補者支援に強みを有しており、候補者の性格や気持ちを理解しながら、ホスピタリティの高い転職支援を行ってくれることだろう。案件数はリクルートエージェントよりやや少ないが、仕事が丁寧で、自分に合った求人を丁寧に紹介してもらうことができる。他のエージェントの面談に参加し、違和感を感じた方には特にお勧めできるエージェントだ。