キャリア相談室

みんながコンサルティング会社に転職したがる理由

少なくとも10年ほど前からコンサルティング業界は終わった業界だと言われ続けている。コンサルの元日本代表ですらそう言っていた。その一方、コンサルティング業界に新卒、中途で入社する人は後を絶たない。 なぜコンサルティング業界にみな転職するor転職したいと考えるのか、その理由を考察した。

なお、コンサルティング業界に転職する方がまず相談すべきなのは、キャリアインキュベーションだ。コンサルへの転職やコンサルからの転職では、国内最大級の実績を持っている。キャリアインキュベーションは入社するためのフォローだけでなく、入社後にも活躍できるようなフォローを行ってくれる。本当に勉強になるので、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加することをおすすめしたい。

加えて、ビズリーチに登録すれば、コンサルに強いエージェントからの連絡を多く取得することができる。

この2つのサービスは確実に登録すべきだが、足りなければリクルートエージェントも活用しよう。

転職市場は水物なので、求人サイトとエージェントを両方活用することで常に最新の情報を獲得できるように意識してほしい。そうすれば、円滑に転職を進めることができるだろう。

コンサルに転職する理由が「コンサルタントがかっこいい」

今回、コンサルタントとして述べるのは、いわゆる経営コンサルタントと呼ばれる人たちを指す。

戦略コンサルかITコンサルか業務コンサルか区別が曖昧になってきているが、 マッキンゼー、ボストンコンサルティンググループからアクセンチュアや野村総合研究所あたりまでを本記事ではさすことにする。

船井総合研究所とはあまり関わりがないため触れないでおこう。 上記のような企業群だと、働いているコンサルタントに優秀な人が多く、一緒に働きたいと思う人も少なくないだろう。

また、同年代と比較しても若いうちから裁量権をもち、プロとして活躍しているのを目にしているかもしれない。そもそもイケメンがコンサルタントになっているかどうかは検証できないがおそらくあてはまらないと思う。

さて、コンサルタントという職業は外部から颯爽とアドバイスをしているイメージをもっている方も多いため、知的で短時間で高い生産性を出していると勘違いしがちだろう。

給料も高く見えるのでコンサルタントという職業がかっこいいと思っているのだろうか。実際にコンサルタントは、精の限りをつくし、異臭がするプロジェクトルームで朝まで粘り、高いアウトプットを出し、充血した目でプレゼンをする。

労働時間も長く、アナリストのうちは給料も自給換算すると低い。福利厚生も商社やメーカーに比べると少ないため実は裕福な生活ができないが、ストレスからお金遣いは荒くなっている。

そういった裏事情を知ってもなおかっこいいと思うかさだかではないが、知的エリートたちがしのぎを削っているのがコンサルティング業界だ。

最近は働き方改革の影響で労働時間は少なくなっているものの人員の少ないファームやプロジェクトによってはかなりハードな状況は変わらない。某欧州系のファームは相変わらず大変そうである…。

この辺りの内情は、コンサルへの転職支援で国内最大級のキャリアインキュベーションや、ビズリーチに登録している各エージェントが詳しいので、聞いてみてほしい。

大学4年生の就活生もそうだが、「かっこいい」などのイメージが先行している場合、激務などの話を聞いてもどこか自分はできる、乗り越えられると思いがちだ。しかし入社してみるとそんなことは一切ないので、フラットに内情を知りにいってほしい。

なぜアクセンチュア・ベイカレントなど仕事量のやばいコンサルに転職したい人が多いのか?

基本的にコンサルが人気な理由としては上に記載したとおり、「若いうちから専門領域を作りやすく、成長環境である」からだ。また、仕事量が多い環境であるかに問わず、自身を成長させ、周りの友達以上に裁量権があるから、仕事量がやばい環境であっても問題なく、転職したがるのである。

基本的にコンサル業界に転職する人たちの多くは前職が成長環境として適切でなかったり、成長や仕事に飢えている層だ。上記のような理由からアクセンチュアやベイカレントなどの仕事量がやばいコンサルでも転職者に人気がある。

コンサルに転職すれば成長できるのか

コンサルに行くと成長できるという幻想をもっているのではないだろうか。実際、コンサルティング業界、特に戦略コンサルに行くと成長できるのは事実である。 ただし、一生懸命働き自分の頭をふりしぼり、限界まで追い詰めることで成長する。

こう書くとドMの人が多いのではと思うが実際そうだと思う。 コンサルに行くだけでは成長はできないが、コンサルで働き、しっかりと昇進しアウトプットを出し続ければ成長できる。

なんとなくコンサルという環境にいるだけでは、論理的思考なんて微塵も身につかないので、自分が身を粉にしてがむしゃらに働けるかを前提条件として考えた方が良いだろう。

コンサルで成長したからといって事業会社では通じない

コンサルから事業会社に転職する人は多い。その一方で、事業会社でコンサルのスキルを活かせるだろうと考え失敗している人もいる。

コンサルで活躍している人は、ほぼ間違いなく事業会社で活躍できる。しかしその理由はスキルではない。なぜかというと、コンサルで学んだハードワークの精神や、短期間でインプットしアウトプットする力がすぐれているのであって、コンサルタントとしてのスキルがいきているわけではないからだ。

そのため、エクセルで数字を動かしたところで事業会社が良い方向に向かうとは限らない。事業会社からコンサルに転職、そしてコンサルから事業会社に転職する人はどちらの論理もわかっているため事業会社では重宝される。

実際、事業会社からコンサルに転職し生き残る人は多くはないのだが。

ベンチャーに行く人もいるが、コンサルはなんでもできるよね!と期待され、法務、財務をはじめ全部丸投げされることもある。

コンサルから事業会社に行くと、思ったように自分のスキルを活かせないことが多いので、自分が事業会社のやり方を理解しているのかどうかを冷静に判断した方が良いであろう。

コンサルに転職する難易度は高い

読者のイメージの通り、コンサルに転職する難易度はとても高い。
基本的に人に依存した労働集約型のビジネスだからこそ、一人一人の能力の高さが問われる。基本的に人気のコンサル会社は相手にするのが規模が大きい会社の代表や役員クラスを相手にするため、すぐに能力が見抜かれる。そのため、前提となるコミュニケーション力はもちろんのこと、論理的思考能力や地頭の良さがかなり重要視される。

かなり高いレベルでの思考力がなければたとえ対策を入念にして、入社できたとしても活躍するのは難しい。

コンサルティング会社各社の偏差値

コンサルティングファームはどこが偏差値が高いか?という質問をうけたことがある。コンサルティングファームに就職する人は、学業の成績がよいことから優等生タイプが多くついつい偏差値で測ってしまいがちだ。

マッキンゼーが一番難しいと回答はしているがトップレベルのファームだと人材レベルに大きな差はないため自分に合うコンサル会社を見つけてほしいというのが本音だ。 それでも多くの人はより難しいところにチャレンジしたがる。

まぁ登山をする人を見てても富士山に登りたいと思う人が一番多いことからも、それが自然な考え方だとは思うが。

いずれにせよマッキンゼー、ボストンコンサルティンググループ、ベインアンドカンパニーあたりは「偏差値が高い」企業ではあるので、受ける価値がある。一方で活躍できずクビになる人もいるので、注意してほしい。

新卒でも中途でも、入社はできたが、活躍できないままアウトしていく人材は一定数いる。

入ることを目的にせず、入ってから圧倒的に活躍することを考えて転職活動をしよう。

とはいえ、コンサル業界にいない限り、各社間の違いは分からないだろう。この辺りの内情は、コンサルへの転職支援で国内最大級のキャリアインキュベーションや、ビズリーチに登録している各エージェントにヒアリングをすればイメージが湧くはずだ。各エージェントに相談して網羅的に情報を集めていくと、各社の特徴をどんどん理解していけるので、ぜひ行動に移していってほしい。

コンサルタントという職種に転職する志望理由は?

コンサルタントになりたい志望理由はそこまで深堀されない。他の業種でいくと志望動機を深くつっこまれるがコンサルティングという業界に関しては志望動機への深堀は多くはない。

それでも事業会社からコンサルに行く場合は、 明確な理由がないと活躍せず挫折してまうことが多い。実際、面接の前に会う転職エージェントに深堀された結果、コンサルに行くのはやっぱやめたということも多いにありうる。

コンサルと事業会社では働き方や考え方が大きく異なるので、理由を明確にしたうえで転職を決断しよう。人生を変える決断になりかねないので注意してほしい。事業会社は、特にベンチャーとかだと情熱などの感情的な面を重要視されるが、コンサルともなるといかに冷静にロジカルに考えられるかが優先される。これまでとは違う雰囲気の中で自分がやっていけるのかを見つめ直してみてほしい。

なお、事業会社以外の人だったとしても、最低限、「コンサルになぜなりたいか」という質問は当然されるので、一通り答えられるようにはしてほしい。深堀レベルが少ないというだけだ。

f:id:sportsmania:20170607180335p:plain

コンサルタントの転職先

コンサルタントになった後の転職先に関しても質問が多い。コンサルタントの転職先は一昔前ならコンサルティング業界をポジションをあげながらぐるぐるまわっていたのだが昨今は事情も異なってきている。

現在は、コンサルから、事業会社の経営企画はもちろん、ベンチャー企業に転職しIPOの支援や新規事業のたちあげ、社内改革、もしくは起業といった形もあり既存のあり方とは変わってきている。

従来のようにマッキンゼーからベイカレントに転職したり、ボストンコンサルティンググループからプライスウォーターハウスクーパースやアクセンチュアへの転職は減ってきている。

ちなみにベイカレントは日系コンサルで、かつ戦略と呼ばれる部類の仕事でないが高給のため人が集まっている。20代でも300万円から400万円の年収アップで転職している人がいる。お金がほしい人にはありな企業だ。また人が足りておらず採用されやすい。

一方、コンサルティング業界も成熟し、パートナークラスが埋まってきているという背景もある。

コンサルタントに求められる英語力

コンサルティング業界で働くコンサルタント、特に外資系は英語ができると思われている。しかし、日本企業をお客さんとしているコンサルティング会社が多い。そのために日本法人を設けているのだから当然ではあるが。

よって英語が求められる会社は決して多くはない。マッキンゼーのような会社はグローバルプロジェクトが多く、英語ができることは社内昇進においては必須となっている。 英語が必要な会社では、英語はTOEICレベルで最低900点はあったほうがいい。

TOEICで換算するのは野暮な話だが、ビジネスレベルで会話できることが必要となる。 メールでの作文はもちろん、議事録作成や、質問したり、回答したりと様々な場面で英語が必要になってくる。

どの会社でどれくらいの英語力が必要になるのかは、コンサルへの転職支援で国内最大級のキャリアインキュベーションや、ビズリーチに登録している各エージェントにヒアリングをすれば正確に分かる。ポジションや部署によって求められるレベルが異なったりするので、自分が目指すレベルだとどこまで求められるのかを確認するのが良いだろう。

なお、英語力を鍛えたい方は、PROGRITに通うか、スタディサプリENGLISHオンラインコーチで自主勉強すると良い。筆者もこの2つを併用して英語力を大きく改善することができた。とにかく量をこなすことで英語力はついてくるので、積極的に活用していってほしい。

コンサルへ転職した時の給料

コンサルタントの給料だが、決して高くはない。マネージャーになる前は、1000万円の年収を超えるところは少ない。先ほどあげた、マッキンゼーやベインはこえる。つまり5,6年間一生懸命働いても全く昇進しないということがあるわけだ。

家賃補助もないので高くつく。 タクシー代等は、経費で落ちやすいため深夜まで働いてもタクシーでさっと帰れるのは便利だがそれでも決して高い給料というわけではない点に注意しておいてほしい。

転職して給料がかなりあがったという事例はベンチャーからの転職をのぞくとあまりきかない。一流大手の事業会社から転職すると、むしろ一時的に年収がダウンしている。

日系コンサルだとマネージャーでも1000万円を超えないので労働対価としてどうか考えておこう。

アクセンチュアは最近戦略でもマネージャー未満は残業代を支給するようになった。時代を感じる。

コンサル=給与が高いという思い込みの元、転職してしまうと、そのギャップに戸惑うはずだ。評価(グレード)と給与がどれくらいなのかを理解した上で、転職を検討してほしい。

コンサルの給料が高い理由

コンサルの給料が高い理由としては、クライアントの経営課題を解決するという非常に高いスキルを求められるからだ。そのため、労働集約型になりやすく、その分激務な企業も多いため、その働き方や能力に対して、高い給料が支払われることになる。

また、ビジネスモデル自体がコンサルフィーで獲得しているため、ほぼほぼ人件費しかかからず、利益率も高いため、給料と仕事の成果をそのまま反映やすいことも要因となっている。

外資と日系で何が異なるのか

外資系と日系では基本的に異なることはないが、本格的な戦略コンサルは残念ながら日本発の企業では存在しない。ドリームインキュベータはトップ戦略コンサルと転職難易度が近しくはある。

外資系のいいところは、マッキンゼークラスのグローバルファームであれば日本企業の海外進出に積極的にかかわれることだ。とはいえ日本支社なので、日本の会社ばかりが相手なのは事実である。

日系コンサルのよさは政府や古い大企業に入り込みやすいところだ。経営者が古い考えだと外資に対してあまりよい考え方をもっていない場合があるからだ。中小企業の社長等とコネクションをつくりコンサルをやる船井総研等が有名だろうか。

野村総合研究所はIT企業となりつつある。

結局のところ、レベルの高い企業を求めれば求めるほど、外資系のコンサルを求めるようになるだろうし、日本的な雰囲気で働きたいと思えば、日系のコンサルを選んでいくというだけのことなのかもしれない。

コンサルタントに転職して成長できる人

コンサルタントになると成長するのかと聞かれるが、事業会社から転職した人は間違いなく成長したという。なぜならこれまでにない高いプレッシャーで高い生産性を求められるようになるからだ。

成長の定義を言われるとなんともいえないが、少なくとも転職した人たちが望んでいた成長は望めるようになることだけは間違いないだろう。

そのためなんとなく転職した人でも、入社してから緊張感に耐えながら目の前の仕事に向き合い綴られていれば、成長実感を得ることができる。

実際、その後のポストコンサルのキャリアに困っている人は多いのだが。

コンサルタントとして転職するためには

BIZREACH(ビズリーチ)がコンサルに転職するならば、最もよい転職サイトだ。【BIZREACH(ビズリーチ)】はコンサル企業の人事から連絡が直接くるので、 採用がかなり早く進む点も見逃せない。コンサル志望者は今すぐ登録してほしい。ほとんどのファームが今利用している。

なお、有名な外資系だけでなく、日系コンサルも含めた様々なコンサルティングファームへの転職を視野に入れるならリクルートエージェントをおすすめしている。

また、キャリアインキュベーションは未経験のコンサル転職に非常に定評がある。コンサルの選考を通るための支援はもちろんのこと、入社してからも活躍できるようなフォローを行ってくれるので、これからコンサルとして活躍していきたいという人は、ぜひ登録してほしい。

ビズリーチと併用で利用することで、かなり充実した情報を得られるだろう。

今日は以上だ。

2019年11月の転職トレンド

企業は10月に下期の採用を終えて体制が整い、今の時期は求人情報としては凪の状況であるという向きもある。11月の採用決定者数は、数字としては低調になっているのが事実だ。

転職希望者も、上半期末や下半期初の繁忙期を終えて一息つき、転職活動をなかなか始めない。実際に、転職メディアの閲覧数は、11月は決して多くない。

だからこそ、実は、11月に転職活動を休む、年末年始休みまで転職活動を始めなくていい、というのは誤りだ。管理職や、チャレンジングなポジションの転職を望む人がいれば、少なくとも情報収集は、確実に11月から開始したほうがいい。

日本の企業の多くは3月決算だが、上期の業績の着地結果が固まるのは今、11月の始めである。企業側では、業績の着地結果を踏まえて事業計画を修正し、下期の業績達成に向けて動き出していく。

業績を達成するため、欠員を急いで補充するケースもあるが、逆に、チャレンジが必要なプロジェクトで、クリティカルに必要な人を採用するので、重要な求人ポストの募集が意外と始まる時期なのが11月だ。

中途入社は4月がピークだが、重要なポジションは採用決定まで時間がかかる。重要なポジションを4月に確実に充足させるため、先行して、とりわけ非公開ポジションの募集を始める会社も多い。 重要なポジションは数も少ないので早い者勝ちだ。あっという間にクローズするので、多くの転職希望者が気付かない間に、募集が終わっていくのである。

→ビズリーチなどの転職サイトにまずは登録し、経験豊富なプロのエージェントに、非公開ポジションの情報を、直接ヒアリングすることをおすすめする。

11月のトレンドは、以上だ。

筆者のお勧め転職サービス

1位 ビズリーチ キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

2位 JACリクルートメント ハイキャリアに特化した転職エージェントであり、年収アップに繋がる転職支援に定評がある。年収が500万円以上の方や、その給与帯を目指したい方は登録すべきだろう。特に、年収1000万円前後の転職では日本有数の実績を有している。まずは、レジュメを登録し、キャリアコンサルタントとの面談に参加してほしい。
また、JACリクルートメントに相談した人へのインタビューは→こちら

3位 リクルートエージェント 日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

4位 アクシスコンサルティング お勧め度は4位としたが、コンサルティングファームに転職したい方には、一番お勧めしている転職エージェントだ。コンサルティングファームへの転職では日本有数の実績を有しており、主要なファームのほとんどと取引している。特に、事業会社に在籍するコンサル未経験者の支援には定評がある。どのファームでどのような選考が行われ、どうすれば合格できるかを熟知しているので、コンサルティングファームへの転職を視野に入れている方は面談に参加すると良いだろう。

5位 パソナキャリア 日本有数のHR企業であるパソナの転職支援サービスだ。丁寧な候補者支援に強みを有しており、候補者の性格や気持ちを理解しながら、ホスピタリティの高い転職支援を行ってくれることだろう。案件数はリクルートエージェントよりやや少ないが、仕事が丁寧で、自分に合った求人を丁寧に紹介してもらうことができる。他のエージェントの面談に参加し、違和感を感じた方には特にお勧めできるエージェントだ。