キャリア相談室

とりあえずコンサルへ転職の危険性

コンサルティング業界は、ここ10年以上絶大な人気を誇る業界だ。これまでは、MBAホルダーや東大等一部の学生のみが入社するなど、オープンに門戸が開かれていなかった。

しかし現在は状況が変わり、多くの人に転職のチャンスが開かれている。ただし、とりあえずコンサルティング(コンサル)業界に転職することはリスクも伴う。今回の記事を通じて、それを知ってほしい。

なお、コンサルティング業界に興味がある方は、まずはビズリーチに登録してほしい。様々なコンサルティングファームやコンサルに強いエージェントから連絡が来るだろう。

また、コンサルティングへの転職といえばアクシスコンサルティングだ。コンサルへの転職では日本有数の実績を持つ転職エージェントだ。この2サービスは必ず登録してほしい。

とりあえずコンサルに行けば安心の幻想

新卒でもコンサルティング業界に進む人が増えた。非戦略コンサルティングファーム(総合系のデロイト、アクセンチュア、PwC、EY等)をいれると数千人の学生が新卒でコンサルティング業界に就職している。

最近では、もともとシステム系に強かったアビームコンサルティングや野村総合研究所(野村総研/NRI)なども採用を増やしている。戦略に限ると毎年100人もいない、限られた世界だ。

新卒でコンサルティング業界に行く人は優秀な人が多い。頭を使う仕事に見える、年収が良さそう、様々な業界を俯瞰できる等のもっともらしい理由をつけて就職する。もっともコンサルティング業界側も志望理由はあまり気にしていないので問題にはならない。

中途採用の段階になると志望理由はある程度問われるようになる。ただ、中途になると目指すべきキャリアが明確になるかというとそうではない。やりたいことを見つけるためにメーカーをはじめとする事業会社からコンサルティング会社に転職したいという人がほとんどではないだろうか。

あとは現職では満たされない思いがいろいろあるためコンサルに行けばそれが満たされる、もしくはコンサルティング業界にいると後々自分のやりたいことをやるために有利といっ志望動機もよく耳にする。

中途でとりあえずコンサルは危険

本サイト内のインタビューでも取り上げたが、中途の戦略コンサルタントは活躍できずに去る人が少なくない。

一方、新卒は入社後から戦略コンサルでのbehaviorを習得しているためすぐにキャッチアップできる。 つまり新卒のとりあえずコンサルと中途のとりあえずコンサルは意味合いが大きく変わってくる。

中途で、将来やりたいことや思考力を養いたいと思っている人は今一度考え直してほしい。友人が新卒からコンサルでやっているからという理由で転職しても同じように活躍できる可能性は低い。

また、コンサルティングと書くとかっこいい響きになるが、若手のうちはエクセルの分析が多くて、論点出しや仮説構築の議論に参加しにくいコンサルティングファームもある。転職前の会社の方が、実は裁量権があることもあるので気をつけてほしい。

この辺りの情報はコンサルティング業界への転職に強いアクシスコンサルティングのキャリアアドバイザーとの面談に参加して仕入れると良い。ビズリーチに登録しているさまざまな転職エージェントやヘッドハンターにヒアリングするのも良いだろう。 

コンサルに転職して成長できるのか

ただし、コンサルに転職して成長できる人が多い。一般的にだが、もともと激務の事業会社からコンサルティングファームに転職する人は活躍傾向にある。

いくら売り上げ数千億、有名な東証一部上場の企業といっても飲み会ばかりの会社では、ずっと働き続けるコンサルで生き残ることは難しくなる。 何も整っていないベンチャーであったり、もともと忙しいITコンサルから戦略コンサルへ転職する方は意外と活躍できる。

ベンチャー出身にとっては、事業会社経験が生かせて、コンサル的なフレームワークを学べる環境は、魅力が大きい。フレームワークは事業会社で役に立たないというコンサル出身者もいるが体系的に学んだ自負がある人は明らかに経験を生かしている。

有名大学からベンチャー企業に就職した人たちは、ベンチャーで一定期間働いた後、コンサルティング業界に転職し、活躍している人も少なくない。

ITコンサルから戦略コンサルへの転職の場合は、年収が上がり、コンサルタントとしての新しい業務機会も得られ、成長を実現し良い結果となっている人が多い。

逆に、大手総合商社、大手広告代理店、大手インフラ企業からコンサルティングファームに転職した方の中には、環境に適応できずに去ってしまう例も少なくない。想像とのギャップが大きすぎるのだ。

f:id:sportsmania:20170511200657j:plain

コンサルに転職する際は考えたほうがよい、でも早い方がいい

コンサルティング業界に転職するときは本当に考えて、自分が転職したいのか、今後のキャリアにつながるのかを考えてほしい。

一方で転職してみないと話を聞いてもわからないので、行きたい人はチャレンジしてよい。 ただし、できるだけ若い間に転職しないと適応の意味で苦しくなる。20代のうちに転職しておくべきである。

昔は30代中盤の転職もあったが、現在では若いポジションの採用が多いため、コンサルタントになりたいと思ったら早めに行動するべきである。

コンサルに転職するための面接は優秀層には簡単

コンサルの転職したい人は面接があるが、ケース面接であるため比較的容易に面接を通過する人がいる。やりたいことや志望理由よりも地頭を問われるファームもあるためそこで、うまくやれる人は面接が簡単に受かってしまう。

だが転職してから業務と面接は段違いに負荷が違うのでついていけない人がでてくるのだ。

コンサル転職の先にあるもの

コンサルへの転職後は、厳しい修業期間を経て成長することに集中してほしい。そうすれば、多くの事業会社から求められる人材になる。コンサルは事業会社から求められないという話を聞く人もいるかもしれないが、そんなことはない。多くの企業がコンサル出身者を求めている。

なぜかというとハードワークに耐えることができる精神力、頭を使って考えぬく能力、経営者視点で物事を見ることができる能力など、さまざまな面で強さがあるからだ。だからコンサルタントの採用需要は高い。

コンサルに来て、生き残れば良い未来が開ける。しかし、生き残れなかったときは選択肢の幅は当然せまくなる。20代であればやり直しはいくらでもきく。

30代で、かつ未経験でコンサルに転職する場合は、非常に気をつけてほしいと思う。

目安として1年半いれば転職市場で評価されるため2~3のプロジェクトは死んでも生き残ろう。クビになった場合、うわさは広まるので注意しよう。

コンサルティング業界へのチャレンジをするには?

それでもコンサルティング業界へ転職したかったら、【BIZREACH(ビズリーチ)】に登録ほしい。このときに必ず志望業界をコンサルティング業界にしよう。それだけでスカウトがたくさん届く。現在同サイトでコンサルに転職している人は本当に多い。むしろ登録しなかった人がいないくらいだ。

コンサルに特化しているといっている転職エージェントでも戦略コンサル、ITコンサル、Big4といったくくりで強い領域が異なってくるから気をつけよう。

あと、ビズリーチ上では外資コンサル、戦略コンサルの人事部が直接リクルーティングメールを送ってくることがある。

「俺の経歴では無理だ、、、」と思っている人にも急にメッセージがきて採用になった事例がいくつもある。世界的に有名な戦略系のトップファームが使っていることに私自身最近は驚きを書くせないところだ。企業の人事部のほうが学歴フィルターが緩いので、学歴を気にしている人ほどビズリーチに登録する価値がある。

すでにコンサルティングファームへの志望を決めている場合はおすすめなのがアクシスコンサルティングなので一度キャリアコンサルタントにあってほしい。余裕があれば、コンサルティングファームへの転職も含めて、ハイキャリアに強みを持つJACリクルートメントにも登録してほしい。面談に参加すればキャリアアドバイザーのレベルの高さが分かるだろう。

また、公認会計士からコンサルやFASへの転職も増えている。マイナビ会計士は会計士特化のコンサル転職を支援しているのでぜひご利用いただきたい。

【BIZREACH(ビズリーチ)】は多くのコンサルティング会社をカバーしているので今すぐに登録して利用をはじめていただきたい。

今日は以上だ。